paidyで現金化する3つの方法!後払いで出来るお勧めを厳選

paidyはスマホがあれば後払いで買い物ができる決済手段です。

後払いだから当然現金化ができます。
しかも、クレジットカードを使わないのでショッピング枠がいっぱいの人も大丈夫です。

多額の現金化はできませんが、1万円単位の現金化には最適でしょう。
2万から3万円程度のブランド品を購入するのが一番お勧めです。

では、paidyを使った現金化の方法を3つ紹介します。

登録は簡単

paidyの登録は非常に簡単です。

アプリのインストール

スマホでpaidyの公式WEBを検索し、一番下までスクロールするとAppStoreやGooglePlayのボタンがあります。
ここからインストールするだけです。

インストールするとメールアドレスと携帯の番号を求められるので入力するとSMSにコードが送られます。
そのコードを入力すればログイン画面です。

住所氏名の入力

ログイン画面が表示されたら住所氏名を入力します。
これでpaidyの準備はOKです。

口座振替がお勧め

住所氏名を入力すると、最後に口座振替の画面が出てきます。
登録は任意です。

もっとも、支払はコンビニなどでできますが、その都度350円の手数料が必要です。

これに対し、口座引落であれば手数料はいりません。
そのため口座振替の登録をお勧めします

締日と支払い日

paidyで現金化をするためには締日と支払日を知っておくことが必要です。
クレジットカード現金化でも同じですが、締日の翌日に買い物をすれば支払を最大限に引き延ばすことができます。

締日

paidyの締日は毎月1日の13時です。
1日から3日の間にメールで請求書が届きます。

1日の13時以降にpaidyを使えば支払を最大限引き延ばせるでしょう。

逆に月末付近の資金不足でpaidyを使う場合は、支払日がすぐ来るので気を付ける必要があります。

支払日

支払日は請求書が届いた月の10日です。

ただし、口座引落であれば12日引落ですから若干有利と言えます。
更に1月と5月の引落日は20日なのでかなり余裕がありますね。

分割払いもできます

paidyの利用額が15,000円以上であれば分割払いもできます。
支払がきついと思ったら早めに分割払いにした方がいいでしょう。
一括払いを選択しても後から分割払いに変更可能です。

ちなみにpaidyの手数料率は年利換算で15%。
クレジットカードのリボ払いと条件は同じです。

BAYMAでヴィトン

さて、実際にpaidyで現金化をしてみましょう。

paidyで現金化をするのであれば一番のお勧めはBAYMAです。
BAYMAでブランドの財布やカバンを買い、それを換金するのが一番効率的でしょう。

ヴィトンが一番

BAYMAではヴィトンも売っています。
海外の正規店舗で購入した新品もあるのでお勧めです。

中古品を買取店に査定依頼すると結構値切られるものですが、新品であれば値切ることは難しいでしょう。
もちろん天下のヴィトンなので買取率が高いことは言うまでありません。

BAYMAで現金化をするなら、ヴィトンが狙い目です
もちろん新品を選びましょう。

もちろんBAYMAには他のブランドもあります。
エルメスのバーキン、ケリーバックなども買えるでしょう。
ただ、paidyで買えるかどうかは別問題です。

限度額に注意

もっとも、ヴィトンは海外からの購入であっても安いものではありません。
ミニ財布でも10万円近くします。

paidyの限度額は登録をするとわかりますが、paidyで最初から10万円単位の買い物をすることは難しいでしょう。
自分の限度額をチェックすることは欠かせません。

paidyで自分の買い物をするなどして、信用を高めれば利用可能額は上がっていくはずです。
限度額を上げるためには日ごろの努力が大切です。

ちなみにキーケースであれば、ヴィトンでも2万円程度で新品が売られています。
少額の現金化であれば最適でしょう。

paidyで現金化をするなら、無理をせず2万円あたりの価格帯を狙うことをお勧めします。

換金率は6割から7割

ただ、天下のヴィトンであっても買取店の換金率は高くありません。
6割から7割と考えた方がいいでしょう。

買取店の中には、税抜の定価と税込の買取価格を比較していることがあります。
こうして見かけの買取率を上げているのです。

しかし、何事も「相場」があります。
1つのお店だけ買取率が高いことはあり得ません。
注意しましょう。

しかも、BAYMAのヴィトンは日本未発売なので買取価格が低くなっていることがあります。
BAYMAであってもあまり効率のいい現金化ではないことは承知しておく必要があるでしょう。

ラクマで金券

先ほどヴィトンなどを換金する話をしましたが、paidyで金券は購入できないのでしょうか。

実は楽天のラクマでpaidyを支払方法として使うことができます。
望む金券がラクマに出品されているとは限りませんが、タイミングが合えばお勧めです。

出品が多い

ラクマの「カテゴリ一覧」から、チケットを選択すると金券の出品状況がわかります。

出品されているチケットの種類も多いので、こまめにチェックすれば掘り出し物があるかもしれません。

オークションなのでチケットショップで購入するより安いです。
それに、チケットショップで後払いはできませんが、paidyならできます。

売れるチケットを買おう

もっとも、ラクマで取り扱われているチケットが全て金券シッョブで買い取ってもらえるとは限りません。
買い取ってもらえないケースもあるようです。

百貨店共通商品券などのように需要があれば買い取ってもらえます。
しかし、飲食店チェーンの商品券は需要が低いです。
そのため買い取ってもらえなかったり、買取率が非常に低くなったりすることがあります。

金券ショップなどで買い取っている金券を日ごろからチェックしておくといいかもしれません。

ネット上の金券はやめた方がいい

ラクマにはたまにamazonギフト券が出品されていることがあります。
しかし、amazonギフト券は使用済みであれば価値がありません。
しかも、その確認をするためには実際に登録する必要があります。

登録してしまったら換金することはできないので現金化の意味がありません。
とはいえ、そのままマッチングサイトなどに出品しても使用済みであれば落札者から強烈な苦情が届きます。

このようなリスクがあるので、amazonギフト券のようなネット上の金券をラクマで購入することは避けた方が賢明です。

家電も買えます

paidyの加盟店の中には家電を取り扱うお店もあります。
さすがに量販店はありませんが、casioのオンラインショップもあるので現金化のチャンスです。

Gショックは人気

paidyの加盟店には大手と言える店舗は多くありません。
しかし、家電カテゴリの中にGショックなどを取り扱うカシオのオンラインショップがあります。

Gショックは高い商品もありますが、2万円程度の商品も揃っています。
また、電子辞書は現在カシオの独走状態なので人気が高いです。

これらの商品で現金化をすることは十分可能でしょう。

買取率は低い

ただ、Gショックも電子辞書も買取率は低いです。
商品によっては買取率が5割を切ることもあります。

同じGショックでも10万円を超えるような商品であれば買取率は高いでしょう。
しかし、10万円を超える商品をpaidyで購入するのは無理があります。

他の方法が使えない場合の手段として考えた方がいいでしょう。

 

paidyは現金化の手段として優れています。
ただ、現状では利用できる店舗が少ないので現金化の方法は限られるのが現実です。
現状ではBAYMAでヴィトンの財布やバッグを買うのが一番の選択肢ではないでしょうか。

ただ、BAYMAなどで買い物をしても自宅に商品が届くのは2日~3日後となります。
急いでいる場合の現金化には向きません。

もっとも、paidyは少額の現金化をするのであれば実用的です。
一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です