Vプリカでamazonギフト券が買える!残高を現金化しよう

Vプリカはネット専用のプリペイドカードです。
ネット上のお店でクレカを使うのは怖いからとVプリカを申し込んだ人もいらっしゃるでしょう。

しかし、クレカを使い続けるとVプリカと併用するのが面倒になります。
するとVプリカの残額が余ってしまいますが返金はしてくれません
しかもVプリカには有効期限があります

どうすれば良いのでしょうか。

Vプリカでamazonギフト券が買える!

Vプリカはネット上のプリペイドカードです。
カードがないので実店舗では使えません。
コンビニなどでは使えないわけです。

でも、ネット上で使えるのであればamazonでも使えます。
実際にVプリカでamazonギフト券を購入できるのです。

もし、Vプリカが余ってしまったり、使い切れなかったりするのであればamazonギフト券を購入するのはいい手段です。
自分が使うだけでなく、換金もできるからです。

amazonギフト券は一種のお金です。
信販会社が発行するギフトカードや全国百貨店共通商品券より使い道があります。
「ギフト券」という言葉通り、贈り物にすれば相当喜ばれるのではないでしょうか。

もともとVISAカード

ではVプリカってどんなプリベイドカードなのでしょうか。

Vプリカの正体はVISAのプリペイドカードです。
VISAカードというとクレジットカードしか思いつかないかもしれません。
でも、VISAの加盟店で使えるという点でクレジットカードもプリペイドカードも変わらないのです。

もともとVISAカードであれば、ネットショップで使えることは当然です。
現金オンリーのネットショップなら別ですが、アメックスやダイナースが使えないネットシッョブはあっても、VISAが使えないネットショップはありません。

期限切れになる前に…

Vプリカには有効期限があります。
なんと1年です。

最近のamazonギフト券は有効期限が10年なのにちょっと短すぎますよね。
期限切れギリギリになって慌てて資金化を考える人も少なくありません。

ただ、Vプリカを新しく購入すれば、期限切れ間近の残額を併合できます。
慌てずにVプリカを使い続けることができます。

やり方はVプリカのWebに載っています。

下の方へスクロールすると、「3 カード情報」という項目があるので、ここの6番「残高合算」を参照してください。

amazonギフト券なら使い道が広い

ただ、残高合算をするくらいならamazonギフト券に交換した方がいいかもしれません。
期限が10年もあるからです。

もしamazonをよく利用するならamazonギフト券を自分のアカウントにチャージすれば問題は解決します。
残額を全てamazonギフト券購入にしてしまえばいいのです。

買いたいものがあればその購入資金にしてもいいのでしょうが、無理に買い物をする必要はありません。
Vプリカ消化のために無駄遣いをする必要はないでしょう。

現金化にも最適

また、amazonギフト券は現金化にも最適です。

amazonギフト券はamazonという大きな通販サイトで使うことができます。
何でも売っているamazonなので無駄になることはありません。

そんなamazonギフト券には買取店が存在し、実際にamazonギフト券を「取引」されているサイトがあります。
amazonギフト券として「貯金」しなくても、現金化することで本物の貯金とすることだってできるのです。

資金化の方法

では、どうやって実際にamazonギフト券を現金化するのでしょうか。
実はあっけないほど簡単です。

信用できる買取店を探し、初回だけ身分確認のため運転免許証を準備します。
そして、amazonギフト券を買取店にメールで転送すればいいのです。
買取店が「市場」に出品し、転売が成立したら自分の銀行口座に振り込んでくれます。

amazonギフト券買取を買取店に任せたら基本的に待つだけです。
さほど時間はかかりませんが…

優良店の探し方

では、amazonギフト券の優良買取店はどのようにして探せばいいのでしょうか。

実は「優良」と言われるamazonギフト券買取店は10店舗もありません。
ネットで検索するといろいろに買取店がヒットしますが、たいてい怪しい人たちです。

しかし、優良店は検索するとたいてい上位に表示されます。
SEO対策をしているという理由もありますが、それ以上に見ている人の数が多いのです。

サイトを覗いてみると、サイトの階層が非常に深く内容も充実しています。
ここなら大丈夫だなと思えるのでよくわかります。

amazonギフト券を購入

次にVプリカでamazonギフト券を購入します。
買取店が売りやすくなるという観点からすると端数のない金額が好ましいです。

Vプリカが1円単位で残っているとしても、amazonギフト券は他の支払い方法と併用できます。
できるだけ千円単位で購入することをお勧めしますが、本当は1万円単位の方が好ましいです。

amazonギフト券はいろいろなタイプがあります。
買う際には「Eメールタイプ」にしなければ買い取ってもらえません。

不安であれば自分が選んだamazonギフト券買取店に聞いてみるといいでしょう。
優良店であれば必ず親切に教えてくれるはずです。

amazonギフト券買取店に売る

amazonギフト券を買い取ってもらう際には、初回に身分確認があります。
身分確認は運転免許証の写真とSMSの認証が必要です。

これらが終了すると買取店に買取価格を聞きます。
優良店であればはっきりと明示するはずです。

自分が買取価格に納得できたら、買取店にメールでamazonギフト券を送ります。
後は待つだけですが、平均すると30分程度で振込がされるようです。

不安であればおおよその目安を聞いてみるといいでしょう。

多額の購入はNG

もっとも、Vプリカの残額が多いからと10万円単位で購入することはやめた方が賢明です。

amazonはamazonギフト券の現金化を禁止しており、実際に多額の購入者に対しては警戒をしています。
また、新しく利用するカードをamazonギフト券の購入に使う場合は発行をわざと遅らせているようです。
通常であれば1分程度で発行されますが、新規の場合だけはこうなっています。

最大でも5万円程度の購入にしないとamazonから変に警戒されかねません。

Vプリカのまま使うのがベスト

もっとも、Vプリカの残額を無理にamazonギフト券の買取店に買い取ってもらう必要はありません。

先ほど述べたようにVプリカの有効期限を延ばすことは可能です。
また、買取店に買い取ってもらわなくても、amazonギフト券を自分のアカウントにチャージしてもいいでしょう。

amazonギフト券の買取率は高いと言われていますが90%程度です。
1割損をすることを考えれば、他の方法を考える価値は十分でしょう。

換金すると損をする

amazonギフト券を買取店に売ると、初回は優遇買取率になります。
たいてい9割を超える換金率なので結構高いと思われるかもしれません。

しかし、1割弱のロスが出ることも確かです。

現金化を急ぐのであれば仕方ないでしょう。
しかし、Vプリカを将来使うかもしれないなら無理に1割のロスを発生させる必要はありません。
換金すると損をすることを忘れてはいけません。

amazonでも使えます

Vプリカはamazonでも使えます。
自分の買い物をamazonですることがあれば、その時にVプリカを使えばいいのではないでしょうか。

amazonギフト券を購入し、誰かにギフトとして贈るのもいいでしょう。
amazonは何でも売っているので贈られた方はかなり喜ぶはずです。
もちろん自分のアカウントにamazonギフト券としてチャージしてもいいでしょう。

amazonギフト券の有効期限は10年です。
1年で有効期限が到来してしまうVプリカより長く使えます。

無理に換金する必要はない

このようにVプリカでamazonギフト券を購入し、現金化することは可能です。
でも、あえて現金化する必要がなければ換金する必要はありません。

確かにVプリカは有効期限があります。
1年という有効期限は短すぎると言っていいでしょう。
しかし、有効期限を延ばす方法があることも確かです。

また、余ったVプリカは、amazonギフト券を購入することで自分のamazonのアカウントにチャージすることもできます。
この場合は、転売する時とは違い、Vプリカの残額ピッタリのamazonギフト券を購入すればいいです。
amazonギフト券は1円単位で購入できます。

このようにVプリカを無理に換金する必要はありません。
どうしても急いで資金化する必要がなければ自分で使い切ることを考えた方が賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です