iTunesカードはいくらから購入可能?500円?1000円?1分で分かる

iPhoneユーザーにとってiTunesカードはお金と同じ存在ではないでしょうか。

もっとも買い過ぎると余ります。
iTunesカードの使い道は限定されているからです。

できるだけ少ない金額のカードがあると便利ですね。
iTunesカードはいくらから買えるのでしょうか。

iTuneカードの額面っていくら?

iTuneStoreで音楽購入をしたり、App Storeで有料アプリを購入したりする資金にできます。
また、Apple Musicの支払も可能です。
利用頻度が高い人はいくらあっても足りないかもしれません。

ただ、利用頻度が少ない人が高額のiTunesカードを買っても無駄になることが多いです。
iTunesカードを一度AppleIDに登録すると「引き出し」はできません。
無駄遣いになってしまう可能性が高いです。

では、iTunesカードの最低金額は一体いくらなのでしょうか。

コンビニでは1,500円から

コンビニに行くとiTuneカードを売っています。
一見するとぶら下がっているように見えるので、万引きしたらどうなるだろうと思うかもしれません。

しかし、万引きしたiTuneカードはレジでアクティベートしないと使えません。
万引きしても無駄なんですね。

iTuneカードを見ると1,500円のカードが一番安いです。
それ以上は、3千円、5千円、1万円とあり4種類の額面が準備されています。
自分が必要な金額のカードを買えば無駄になりません。

コンビニなら金額指定できる

また、コンビニには「バリアブルカード」と呼ばれる特殊なiTuneカードも売っています。
このiTuneカードはカードに書いてあるように1,500円から5万円の間で自由に額面を決めることが可能です。

Apple Bookで読んでみたい本があったらその金額を指定することもできます。
普段は有料サービスを利用しない人も、たまに有料ゲームや書籍を買いたくなることもあるでしょう。
とはいえ、額面が固定されると無駄が生じます。

そんな人にバリアブルカードはお勧めです。

携帯キャリアの公式サイトでは500円も

コンビニのiTuneカードは1,500円以上しか買うことができません。
しかし、携帯キャリアで売っているiTuneカードは500円という額面もあります。

コンビニ同様にバリアブルタイプもあり、500円から5万円と選択できる範囲も広いです。
画面はドコモのサイトですが、auやソフトバンクでも同様に購入できます。

安く買えます

では、iTuneカードはどこで購入するとお得に買えるのでしょうか。

iTuneカードのような金券は、額面販売しか通常はしません。
しかし、iTuneカードは販売促進のためか「額面増量」や割引キャンペーンをしていることがあります。
コンビニの場合は、ほぼ毎日お得に買えると考えてもいいのではないでしょうか。

また、安く買えるのはコンビニだけではなく家電量販店でも同じです。
よく行くお店の掲示などを注意しているとラッキーかもしれません。

コンビニではいつも安い

コンビニではiTuneカードを割引していたり、「額面増量」していたりします。
割引してもらった方がお得感はありますが、増量の場合はボーナスコードをもらえるのでヘビーユーザーの方にはお勧めです。

コンビニではたいてい何らかのキャンペーンをしていますから、いつでも安いと思っていいでしょう。
もし、安くないコンビニがあったら別のチェーン店に行けばお得に買えるはずです。

家電量販店で安売りをしている

また、家電量販店やドラッグストアでもiTuneカードの割引や増量をしていることがあります。

iTuneカードは需要があるため、家電量販店に限らず大型スーパーやドラッグストアでも販売しています。
また、販売だけではなく「目玉商品」として客寄せに使うこともできるので安売りが多くなっているのです。

時期によってはコンビニより有利なこともあります。
また、お店によってはポイントが付いたり、ポイントで支払ができたりすることもあるのでよく使うお店の条件はチェックした方がいいでしょう。

情報サイトもある

このような安売り情報は情報サイトがあります。
情報サイトはいくつかありますが、お店をリストアップしているサイトもあるので自分がよく利用するお店の情報だけチェックすることも可能です。

コンビニでもキャンペーンの内容に差があるので、自分に都合がいいキャンペーンを探すのもいいですね。

クレカ現金化ならiTune Store

また、iTuneカードはクレジットカード現金化にも使われています。
amazonギフト券よりは換金率が低いのですが、それでも7割から8割程度の換金率で買い取ってくれるようです。

この際、コンビニでiTuneカードを購入しても現金化は難しくなります。
iTuneカードの価値は「コード」です。
amazonギフト券がギフト券番号で流通しているのと変わりません。

クレカ現金化目的でiTuneカードを買うなら、iTune Storeか先ほど紹介した携帯キャリアのオンラインシッョブがお勧めです。
携帯キャリアのオンラインショップであれば携帯クレジットカード使えます。
支払タイミングを遅らせる効果も期待できるので、クレカ現金化にはお勧めです。

使い道は?

では、このようにして購入したiTuneカードはどのようにして使うのでしょうか。

Apple IDにチャージしてiPhoneで使う人が圧倒的に多いでしょう。
もともと、iTuneカードはそのためにあるのです。

しかし、他の用途にはほとんど使えません。
iTuneカードはAppleのプリカとも言えるので、AppleのサイトでMacを買えそうにも思うのですが実際には無理です。

iTuneカードで購入できるのはApple ID経由のコンテンツに限定されています。
だから購入する際には買い過ぎないことが大切なのです。

Apple IDからの支払だけ

iTuneカードを使う際には自分のApple IDにチャージして使います。
他の使い方は基本的にありません。

もっともApple IDで楽しめるコンテンツはApp Storeなど非常に広範囲にわたります。

使い道が限られているとはいえ、iPhoneやiMacで楽しむのであれば一通りの機能が揃っています。
その支払手段がiTuneカードなので、限度いっぱいの5万円額面でバリアブルカードを作る人も決して少なくありません。

もっとも、自分が利用したいサービスによって課金される金額は違います。
iTuneカードを買う際には額面を確認することは大切です。
他の用途に転用できませんし一度登録すると引き出しできないので、この点は要注意でしょう。

なお、割安に購入したiTunesカードとクレジットカード支払を組み合わせる事でも効率よくiTuneカードを使えます。
買ってきたiTuneカードの額面が少なすぎた場合は、下手に追加で購入するよりいい方法かもしれません。

外部サービスはLINEスタンプだけ

なお、iTuneカードをApple以外のサービスで使う方法としてLINEスタンプが挙げられます。

LINEはiPhoneユーザーだけではなく、アンドロイドユーザーも使っているはずです。
そのため、LINEスタンプの課金にiTuneカードを使うことができれば割安購入することでお得に使えるのではないでしょうか。

チャージの方法はApp Sroreで売っているLINEコインでします。
そのため、LINEの他のサービスではiTuneカードが使えません。

現金化はできますが…

iTuneカードを現金化のツールとして使っている人も多いでしょう。
換金率は必ずしもいいとは言えません。
換金率を追うならamazonギフト券をお勧めします。

ただ、iTuneカードは携帯クレジットで購入できます。
携帯クレジットには締日がありますが、決済用のクレジットカードの締日と違うなら締日の差で1カ月支払を遅らせることが可能です。
利用できる金額は多くありませんが、給料日前のピンチには有効でしょう。

もっとも、換金率がよくないことから、iTuneカードを現金化のネタにすることは積極的にお勧めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です