iTunesカード買取店【換金率ランキング】2018年12月最新情報

実際に当サイトスタッフが利用調査した結果と、全国からの口コミや情報提供を元に作成したおススメランキングです。

全国でも非常に数少ない「iTunesカード買取店」の換金率ランキングです。

※基本的に換金率をメインに総合的なお勧め度順でランキングを付けております。

iTunesカードは、最近厳しくなってきた携帯決済(キャリア決済)などでも簡単に購入する事ができるため、携帯電話があれば簡単に現金化する事が出来ます。少しでも高く現金化するために是非ランキングを参考にしてみて下さい。

ただし、itunesカード買取は他のギフト券や一般的な現金化と比べて換金率やスピードが遅いという特徴があります。携帯決済以外で現金化を行う場合はamazonギフト券や一般的な現金化業者を利用する方が高く早いので確実です。コードの売り買いという点ではamazonギフト券と全く同じです。

関連:90%以上で換金可能な現金化業者ランキング

関連:amazonギフト券買取のランキング

iTunesカード買取「換金率ランキング」最新版

第1位≪ギフトグレース≫

実質換金率:77~86%

スピード:即日40分~3日間

営業時間:24時間完全対応

買取実績:15点

amazonギフト券の買取ではダントツNo.1のギフトグレースが、2018年9月よりiTunesカードの買取を始めました。

iTunesカードの買取ではかなり後発となるので、まだ買取実績は他店の比較にもならないくらい少ないですが、amazonギフト券での買取実績とサービス面をみれば十分です。

iTunesカードでもその高いポテンシャルと発揮してくれる事は間違いありません。実際に利用調査してみましたが、申込みから3時間ほどで振込まで完了しました。

時間の掛かるiTunesカード買取では破格の早さです。

買取率もamazonギフト券同様、どこよりも高い買取率を提示してくれるのでお得感と安心感が別格ですね。

実績がまだ少ないにも関わらず、早くもランキングトップに躍り出るくらい利用価値の高いサイトです。非常におススメです。

ギフトグレース公式サイトへ

 

第2位≪買取本舗≫

amazonギフト券・iTunesカード買取の老舗「買取本舗」

実質換金率:75~86%

スピード:即日40分~3日間

営業時間:24時間完全対応

買取実績:100点

買取本舗はどこよりもいち早くiTunesカードの買取を始めた老舗買取ショップです。

amazonギフト券買取でも業界トップクラスですが、iTunesカードやGooglePlayカードの買取に限って言えば、実績や安心感は圧倒的にダントツで業界No.1です。

換金率、スピード、実績のどれをとっても現時点では他のサイトに比べて頭一つ二つ抜けている感じです。

iTunesカードの換金率は本来日々の変動幅が大きいのですが、買取本舗の場合は常に高値で安定しております。

基本的に街の金券ショップや、一般的なamazonギフト券買取ショップではiTunesカードの買取は一切行ってくれません。その為基本的にWEBショップでの取引になります。

そうなるとやはり初めて利用する人は不安が大きいと思いますが、この買取本舗であれば確実に問題なく換金する事ができるはずです。

買取本舗のチェックは下のリンクから行けます。

買取本舗公式サイトへ

第3位≪アマイズム≫

amaイズム(アマイズム)

実質換金率:65~71%

スピード:当日~3日

営業時間:10時~18時(平日のみ)

買取実績:75点

どちらかというとamazonギフト券買取がメインのサイトですが、iTunesカードを買取ってもらう事が可能です。

面倒な手続きも特になく、スムーズに買い取ってもらう事が出来る店舗の一つです。

こちらもバリアブルタイプのカードも対応しており、中途半端な額面のカードなどでも買取してもらう事が可能です。

ただし、買取率は基本的に70%前後と低いのが気になります。

また振込手数料が口座や額面によって158円または258円掛かってしまうので、厳密には70%を少し切る換金率となります。

良くも悪くも波のない安定した買取を行ってもらう事が可能です。

良く言えば確実に70%弱で売ることが出来るため計算が立てやすく、悪く言えばこれ以上の買取が期待できないため少し物足りない感が否めない。

良くも悪くも非常に分かりやすいため、ある意味安心して売ることが出来るが、やはり一番重要な買取率に幅がないため、若干だけ優先順位は低いかもしれません。

ちなみにGooglePlayカード買取の取扱いもありますので基本的な3大ギフトカードは換金可能です。

アマイズムのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

第4位≪西日本eチケット≫

西日本eチケット

実質換金率:70~73%

スピード:即日~3日

営業時間:9時~21時

買取実績:68点

西日本eチケットの公式サイトをみれば分かりますが、サイト自体が非常に貧相なため一見するとちゃんと買取してくれるのか心配になります。

オープン当時からほぼリニューアルをせず、このチープなサイトで運営しているのです。

そのチープさとは裏腹に買取ではしっかりした印象があります。

基本的にamazonギフト券の買取がメインですが、iTunesカードの買取もそつなく行ってくれます。

突出して評価できるものはありませんが、その分平均的な買取をしてくれるので安心できます。

まさに可もなく不可もない『ザ・無難』といった感じの買取サイトです。

西日本eチケットのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

第5位≪iGift(アイギフト)≫

iGift(アイギフト)

実質換金率:70~75%

スピード:即日~4日

営業時間:10時~19時(日祝休み)

買取実績:70点

各種金券やチケットの買取を取り扱うサイトです。

買取率の相場は、70~80%となっておりますが、買取には全てのiTunesカードタイプでレシートや購入証明書が必要です。

主にバリアブルカードの買取をメインに考えると実質換金率は70%と考えておけば間違いないでしょう。

店舗運営も行っているため、売却に際しては安心して任せることが出来る業者です。

WEB買取以外にも、郵送買取も行っているお店です。

申込みから振込まで、割とスムーズに買取を行ってくれる業者です。

ただ、アイギフトでは最近iTunesカードの取り扱いが縮小されてきているので、今後の換金率が心配な点もあります。

iGift(アイギフト)のチェックは下のリンクから行けます。


btn01

第6位≪金券買取EX≫

金券買取EX

実質換金率:72~73.5%

スピード:2時間~3日

営業時間:9時~19時

買取実績:60点

amazonギフト券では老舗の買取サイトです。

ずっとamazonギフト券だけを専門に買取しておりましたが、最近需要が増えたことによってiTunesカードやGooglePlayカードなどの買取も始めました。

実績でいえば、同じくamazonギフト券買取で老舗の買取本舗と比べると格段に落ちてしまいますが、少し早いか遅いかの問題なのでこの辺はすぐにカバーしてくると思います。

ただ意外なのは、予想以上に買取相場が低い事です。

amazonギフト券買取ではほぼ業界トップの買取率の金券買取EXも、iTunesカード買取ではかなり慎重な数字と言えるでしょう。

今後もっと実績を積んでいければ更にランキング上位に食い込むことができる信頼できる業者の一つだと思います。

金券買取EXのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

第7位≪アマプライム≫

アマプライム

実質換金率:50~70%

スピード:当日~5日以内

営業時間:9時~19時(年中無休)

買取実績:65点

サイト名を見ればわかる通り、メインの取扱いはamazonギフト券の買取ですが、iTunesカードの買取も行うようになりました。

買取本舗と比べるとまだまだ買取実績は非常に少ないですが、これから取扱い幅を大きくしてくると思われます。

全国的に買取の取扱いが少ないiTunesカードなので、その中ではアマプライムは実績がある方だと言えます。

ただ問題は買取率の低さです。元々amazonギフト券買取でも買取率が低いサイトという事もあり、iTunesカードでもその傾向が強いです。

50%という買取率は一件酷い数字ですが、これは額面が2000円以下の場合のみです。平均すると70%弱くらいになります。

他の注意点としては、24時間営業と記載がありますが、実際には20時前後くらいまでの受付という事が判明しております。

夜間などの利用にあたっては注意して下さい。

アマプライムのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

第8位≪買取ボブ≫

買取ボブ

実質換金率:67~73%

スピード:30分~2日以内

営業時間:24時間完全対応

買取実績:50点

amazonギフト券の買取では業界トップクラスの買取ボブですが、2017年の終わりごろからiTunesカードの買取も始めたようです。

iTunesカード買取での実績は低い方ですが、amazonギフト券と同じようにしっかりした買取を行ってくれます。

買取レートは常に記載してありますので非常に分かりやすいです。

また、スピードも非常に早いので助かります。iTunesカード買取の中ではダントツに早い方です。

ただ買取ったカードの確認システムに不具合があるのか、あとになってエラーが出たから返金してくれと言われるようなトラブルが少しあるようです。当サイトへの情報提供の中にも実際にそうした報告がありました。

今後はamazonギフト券買取同様にもっとクオリティの高いサービスを期待したいところです。

買取ボブのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

第9位≪SmartCash(スマートキャッシュ)≫

スマートキャッシュ

実質換金率:70~73%

スピード:30分~2日以内

営業時間:9時~23時

買取実績:50点

スマートキャッシュはamazonギフト券買取や、iTunesカード買取ではまだ新しい新規参入サイトです。

そのため、まだ買取実績が少なく情報があまりありません。

利用調査したた結果、特に問題点もなく買取率も72%でしたので業界の中では高い方です。

ただ振込までの所要時間が非常に遅かったです。

かなり時間が掛かりましたので急ぎで利用した場合、スマートキャッシュは向いていないかもしれません。

1日、2日待っても大丈夫という人には非常におススメです。

SmartCashのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

同率10位≪ベストレート≫

ベストレート

実質換金率:70%

スピード:当日~3日以内

営業時間:9時~20時

買取実績:30点

ベストレートはamazonギフト券買取でも、iTunesカードでもまだ実績の少ない買取サイトです。

ただ実績はないながらも評判は肯定的な意見が多いです。

換金率もごく平均的な70%となっており、利用するに当たっては何ら問題もなくお勧めできるサイトです。

ただ振込までのスピードに関しては非常に遅く時間が掛かります。

このスピードの早さだけ改善できれば、ランキングでももう少し上位にいくはずです。

 

ベストレートのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

同率10位≪格安チケットコム≫

格安チケットコム

実質換金率:65%

スピード:2~3週間

営業時間:10時~17時(日祝休み)

買取実績:10点

このサイトはiTunesに限らず、様々な金券やチケットなど取り扱う総合売買サイトです。

iTunesカードやGoogleの取扱いもありますが、取扱いが非常に幅広いためiTunesカードの買取はかなり影が薄いです。そのため、他の買取サイトと比べるとあまり比較対象にはならないかもしれません。

ただ、基本的に納品書などの必要書類がそろっていれば80%確定で買取をしてもらう事が可能なのですが、これは実際にはかなり厳しいという結果が出ております。

iTunesカードで80%買取は非常に好条件ですが、レシートなど証明書を用意する手間が面倒です。

また用意したとしても少しでも不備があると指摘される可能性が高いようです。

このように書類に不備があったりサイト側が必要とする書類が揃っていない場合は、65%まで下げられてしまうため注意が必要です。

意外と購入時の納品書やレシートなどは捨ててしまっている場合が多いため、一般的には65%での買取がスタンダードと言えるでしょう。

また、WEB上で購入したiTunesカードなどにはレシートなどの書類関係が付属しないため、一番需要のあるWEB取引分も65%となってしまいます。

何よりもこのサイトの一番の問題は、買取を依頼してから現金が振り込まれるまで場合によっては2~3週間かかる時があるという点です。

これだけとんでもない長期間を要するため、利用者は非常に少ないのが現状ですが、全国的にiTunesカード買取を行ってくれる業者があまりにも少ないため、どうしてもこうしたサイトでもランキング上位となってしまいます。

格安チケットコムのチェックは下のリンクから行けます。


btn01

 

なぜ、iTunesカードは買取ってもらえるのか!?

iTunesカードは、Appleユーザーにとってお金のような存在です。

そのため特に音楽やソシャゲなどを利用する人たちからの需要が高く売買が成立するからです。

また、売るのとは逆に、安く購入する方法もあるのでクレジットカードでiTuneストアやApp Storeで支払うよりお得です。
安売り情報はネットでも探せます。

iTunesカードはクレジットカードや、スマホの携帯決済でも支払でも買えるので、簡単に現金化出来るのも人気の一つです。

下記で更に詳しく見てみましょう。

そもそもiTunesカードって何?

iTuneカードは、iTuneストアやApp Storeで使える金券です。

iTunesカードのおススメの使い方を5つ紹介!なんと現金に換金も出来る!

オンライン上の取引で使う金券ですから、iTuneストアやApp Storeで登録をして使います。

amazonギフト券と使い方は同じですが、iTuneカードの方が使うことができるお店の種類が多いです。
もっとも取扱商品のアイテム数はamazonの方が多いでしょう。

このような特徴を持つiTuneカードは、売っている場所が多いです。
iTuneストアやApp Storeで売っているだけでなく、コンビニや家電量販店でも購入できます。

Appleの商品券です

iTuneカードは、Appleが発行する商品券と思って間違いありません。
もっとも、購入できるのは音楽や動画、そしてアプリといったデジタルコンテンツに限定されます。
iTuneカードでiPhoneなどを購入することはできないのです。

改めて言うことではありませんが、アンドロイドスマホのアプリはiTuneカードで購入できません。
アンドロイドスマホでは、Google Playギフトカードで購入します。

しかし、iPhoneやiMacを利用している人にとってiTuneカードは便利な存在です。
定価販売だけでなく、増量キャンペーンをしていることもありますし、マッチングサイトなどで安く購入することもできるからです。

Appleユーザーにとってはお金と同じ

iTuneカードは、Appleが発行する商品券なので、Appleユーザーにとってはお金と同じです。
額面より安く購入することができるので、金券ショップで商品券を買うのと同じ感覚でお得に使えます。

iPhoneを楽しく使うためにはデジタルコンテンツの購入は欠かせません。
無料サービスだけでは楽しめないことも事実です。
でも、iTuneストアやApp Storeで使いすぎるとカードの請求書を見てびっくりすることになりかねません。

ちょっとでも安くしたい人や予算制で利用したい人にiTuneカードはお勧めです。

売っている場所は多い

iTuneカードは、売っている場所が多いです。

Apple Storeだけでなく、コンビニや家電量販店でも買うことができます。
特に家電量販店でiTuneカードを購入するとクレジットカード支払で購入できるので、クレジットカード現金化をする際にはお勧めの購入方法です。
もちろん高還元率カードを使ったり、その家電量販店のクレジットカードで支払ったりする場合もお得ですね。

iTuneカードはiTuneストアやApp Storeでも購入できますが、コンビニや家電量販店で購入した方がメリットは多いです。

LINEスタンプも買える

iTuneカードは、Appleのデジタルコンテンツしか購入できないと思っている人も多いようですが、実はLINEスタンプも買えます。

直接iTuneカードでLINEスタンプを買うのではなく、LINEコインをチャージするのです。
LINEコインがあればLINEスタンプが買えるわけです。

LINEスタンプ限らず、着せ替えなども購入できるので、LINEを使っている人はお得にiTuneカードを購入することでお得になる範囲が広がります。

買う方法はいっぱい

iTuneカードを購入する方法はたくさんあります。
お得情報もあるので、一番お得で買いやすい方法を選択すればいいでしょう。

コンビニでも買える

iTuneカードはコンビニで買えます。

iTunesカード購入のメリットって何?格安で購入する方法など紹介

コンビニに入るとギフト券をいっぱい売っているのがわかると思います。
amazonギフト券がよく売れますが、最近は派手なイラストでニンテンドープリペイドカードも目立ちます。

そんな中にiTuneカードも釣り下がっているのがわかるでしょう。
額面があるiTuneカードもあれば、自分で入金額を決めることができるカードもあります。

結構無造作に置いてあるので万引きされるのではないかと思いますが、レジでお金を払わないと有効化されません。
下手に万引きしたカードをチャージしようとすると一発で警察沙汰です。

家電量販店でも買える

iTuneカードは家電量販店でも買えます。
時期によっては目玉商品として売り出していることもあります。
家電量販店によってはポイントでiTuneカードが買えるようです。

この手の条件は複雑なので、実際にポイントでiTuneカードを買えるかどうかは、家電量販店で聞いた方がいいでしょう。
ちなみにiTuneカードを購入した際にはポイントは付きません。

家電量販店は利用することが多いので、ついでに買ってもいいですね。
利用頻度が高い人にもお勧めです。

携帯キャリアのオンラインショップでも買える

iTuneカードは携帯キャリアのオンラインショップでも購入できます。
ドコモ・au・ソフトバンクと3大キャリアはいずれもiPhoneを売り出しているので、オンラインショップでもiTuneカードを販売しているのです。

もちろん携帯クレジットで購入できます。
クレジットカード番号をスマホに入力する手間もなく、セキュリティレベルも高いので携帯払いができるのであればこの方法はお勧めです。

携帯の利用代金をクレジットカードで支払っている人であれば、支払をかなり遅らせることができる効果もあります。

安売り情報も多数あり

iTuneカードは、amazonギフト券などのプリペイドカードと違って「割引販売」をしています。
条件付き、かつ期間限定で大幅にお得に買えるなどキャンペーンも多数です。

こんな情報を知っているとお得でしょう。

安く買う為にはしっかりと情報のアンテナを張る事が大切です。

コンビニ・家電量販店・そして携帯のオンラインショップといろいろなところで割引販売をしています。

iTunesカードは高額で売れる!

クレジットカード現金化をしたい人にとって、iTunesカードのようなデジタルコンテンツ用の商品券は使い勝手がいいでしょう。

amazonギフト券同様に買取サイトがあれば、コード番号だけで取引ができるからです。

現在、amazonギフト券がamazonによる多少の規制があるにもかかわらず、クレジットカード現金化の手段として多く利用されているのは、使い勝手の良さが大きな理由です。

iTunesカードも買取店があり、amazonギフト券同様に「市場」が存在すれば売れるはずですがどうなのでしょうか。

買取サイトが沢山ある

上記で紹介したとおりiTunesカードは、買取サイトがあります。

いまでこそ、多くのサイトでiTunesカードを取り扱っておりますが、2016年ごろまでは買取本舗くらいしか取扱いがありませんでした。その後、徐々に需要と共に増えてきて高額で買取ってくれるサイトが増えてきました。

クレジットカードで購入したiTunesカードを買取サイトで売る際にはコード番号を知らせればOKです。
この点はamazonギフト券と同じ形式になります。

割引販売で購入したiTunesカードも換金可能です。
ただ、割引情報が多い時期は買取価格も下がります。
iTunesカードには市場があるため、割引購入した方が安ければ、市場価格もその金額に調整されるのです。

実は店頭買取しているお店もある

iTunesカードは買取サイトで売るのがベストですが、数はかなり少ないものの店頭買取ができるお店もあります。
店頭買取の際は即金で買取代金を手にすることができるため、資金化を急ぐ際には最適の方法でしょう。

ただ、店頭買取ができるお店は多くありません。
なぜなら、iTunesカードはamazonギフト券同様にアカウントに登録します。
言い方を変えれば、登録済みのカードを持ち込まれる可能性があるのです。
しかし、それを確認するためには実際に登録しなければわかりません。

買い取っても換金できるかどうかわからないのに買取などできないでしょう。

買取率を求めるならマッチングサイトもあります

先ほどiTunesカードには市場があると述べました。
その「市場」とはマッチングサイトのことです。

マッチングサイトでは、iTunesカードを売りたい人が出品をして、買いたい人が落札していきます。
一対一の取引になるため、落札するとその情報はサイトから消え、落札者が登録して問題なければ取引成立です。

直接売買なので買取店の利ザヤも自分のモノになります。
ただ、上手にやらないと資金化が遅れるどころか値下がりしてしまいかねません。

また、業者にお願いするとは違い、全ての責任は自分にあります。

万一相手方とトラブルになった時は自分で全て解決しなければなりません。

中には詐欺師のような連中もそんざいするため、正直言ってお勧めすることは出来ません。

iTunesカードの売り方

ネットと店頭での買取方法は異なります。

それでは、それぞれどのようにして売るのでしょうか。

実際にやってみると非常に簡単ということが分かります。

ネットの買取サイトはコード番号を買取る

ネット上の買取店では、iTunesカードのコードの売買を行います。

買取サイトの申し込みフォームから申し込んだ後、スタッフの指示に従ってiTunesコードをメールで送ります。

はい、たったこれだけで買取は終わります。

少額カードは買取率が低い

ネットの買取サイトのデメリットの一つに、額面によって買取率が異なるという点があります。

iTunesカード買取サイトなどが表示している買取率は額面が1万円以上のカードが基本となります。

額面が少ないカード、つまり千円単位のカードは買取率が著しく低くなるのです。

買取サイトも買取店も1枚のiTunesカードで必要な手間は同じです。
1,500円のiTunesカードも50,000円のiTunesカードも手間は同じなのに、手数料収入はかなり差が出ます。
だから買取率が違うのです。

千円単位のiTunesカードの買取率は50%を下回る可能性があると思ったほうがいいでしょう。

店舗型の買取店はカードとレシートを確認している

これに対し、買取店では有効なiTunesカードであることを確認するため、カードのコードが破られていないこととレシートの提示を求められます。

カードの裏面にスクラッチで保護されたコードが載っていますが、スクラッチの保護がされていることを確認することは当然です。
そして、万引きなどで不正入手されたiTunesカードでないことを確認するため、レシートを確認しています。

以前は大手金券ショップでも買取をしていたようですが、カードのスクラッチと、レシートを確認していたにもかかわらず利用できないiTunesカードがいくつも発生したようです。
そんなトラブルがあったため買取をやめたようです。

店頭ならすぐ現金化できるけど…

iTunesカード買取はネットの業者より、買取店の方が即日換金できるので近くに取扱いの店舗があれば非常に有利なのは言うまでありません。
すぐに換金できるメリットは資金化を急ぐクレジットカード現金化では欠かせない要素だからです。

ネットの買取サイトはスピード振込と述べていますが、マッチングサイトで落札されない限り売れる保証はありません。

そのため、最短でも数時間後から当日が限界です。

遅い場合3日ほどかかってしまうため、買取サイトを利用したiTunesカードの買取は振込がどうしても遅くなります。

どこに店頭買取店があるの?

では、実際に店頭でiTunesカードを買取ってくれるお店の一例をご紹介します。

ネット上ではiTunesカードを買取っているお店は多く、激戦となっています。

これに対し、実店舗でiTunesカードを買取ってくれるお店は殆どありません。
以前はもっとたくさんあり、東京に限らず名古屋や大阪にもあったのですが、今ではやめてしまったようです。

アマゾンギフト新宿西口 電子ギフト店

都内に6店舗ある「ロータリーグループ」のひとつです。
amazonギフト券は全店舗で買取をしているようですが、iTunes カードを買取るお店の一つが「アマゾンギフト新宿西口店」です。

このお店は、隠れたところでトラブルが続出しているamazonギフト券の利用停止トラブルに対しても対応をしてくれています。
売る側としては関係のない話ですが、このような話はお店の信用を判断するうえで大きな手掛かりとなるでしょう。

得々市場 小岩店

先ほど紹介したロータリーグループでiTunes カードを買取るお店の一つです。
店頭でiTunes カードを買取ってもらえば、すぐに資金ができるため心強いですね。

問題が多い直接買い取り

iTunes カードの直接買取は、使用済みだったり、コンビニなどで「レジを通していない」こともあったりするため問題が多いです。

特に万引きをされたiTunes カードを持ち込まれると、購入したお客さんが警察などから事情聴取を受けると言った不都合があります。
そのため、お店ともトラブルが起きるのです。

先ほど紹介したロータリーグループのようにトラブルがあっても保証するという対応をするお店であれば別ですが、そこまで手間をかけるお店は殆どありません。
結果として、iTunes カードに限らず、ネット上のギフトカードを取り扱うお店は少なくなってしまったのです。

 

買取率はamazonギフト券ほど期待できない

では、実際にiTunesカードを買取ってもらうと、どの程度の買取率が期待できるのでしょうか。

amazonギフト券の方が有利

iTunesカードの買取率はamazonギフト券の買取率より10%~20程度下がります。
その日の「相場」によって違いはありますが、amazonギフト券の買取価格と比べてiTunesカードはまだまだ低いです。

実際に買取サイトの買取率を見るとこのことがよくわかります。
amazonギフト券が90%としたら、iTunesカードは高くて80%となります。

買取率だけを考えたら、iTunesカードよりamazonギフト券の方が有利でしょう。

もっとも、現実にamazonギフト券でクレジットカード現金化をしようとすると、信販会社だけでなくamazonのチェックも厳しくなっているためやりにくくなっています。

そのため、多少の買取率には気をかけず比較的ガードの緩いiTunesカードを利用したクレジットカード現金化が増えているのです。

需要の多さが違うので

この価格はどこから生じるのでしょうか。

まず、iTunesカードは割引販売されています。
そのため、割引販売で購入した金額がベースとなってマッチングサイトの価格が決まるのです。

これに対し、amazonギフト券は値引きを一切していません。
そのため、amazonギフト券の買取価格は高めになります。

また、需要量の違いも大きいです。
マッチングサイトを見ればわかりますが、amazonギフト券のサイトは出品数が非常に多いにもかかわらず、iTunesカードはさほど多くありません。

需要が多ければ価格が下がりにくくなります。
値下げしようとする人がいれば、すぐに買ってくれる人がいるためです。
これに対し、iTunesカードが売れないからと値段を下げ始めると、買う人が少ないのでズルズルと価格が下がってしまいがちです。

使い道が限定されている

また、iTunesカードは使い道がある程度限定されています。

取扱品目が1億点以上あるAmazonとはスケールが違うのです。
使いやすいお店のギフト券が有利であることは間違いありません。

これもiTunesカードの買取率が低めになっている一つの原因です。

それでも優良店なら8割に迫る買取率

このようにiTunesカードは、amazonギフト券に比べれば買取率は不利です。
しかし、ガードが甘いことからクレジットカード現金化には適していると言えます。

また、肝心な買取率も80%に迫る買取率を提示している買取サイトが多いことから、下手に百貨店などでヴィトンのバッグを買って買取店に持ち込むより有利です。

今までクレジットカード現金化の手段はamazonギフト券ばかりでしたが、今後はiTuneカードにもちょっと希望が持てるようになってきました。

まずは自分にあった方法で換金する事をお勧めします。