【ロータリーギフト】の換金率は少し低い!実際に利用してみました

店舗型買取店ロータリーギフト

サイトURL:https://alpharotary.com/

買取率スピード営業時間おススメ度
90%1時間10時~20時B

amazonギフト券買取は、ネット取引がほぼメインです。

実際に店頭買取をしているお店は全国を探しても、恐らくこのロータリーギフトのグループくらいしかありません。

また、ネットの取引は少し不安で怖いと思っている人には最適なお店とも言えます。

ネット取引は、気軽にできるメリットがある半面、なかには悪質なサイトの存在がデメリットとしてあります。
そんな中、リアル店舗でamazonギフト券買取をしてくれる店舗がここなのです。

都内5か所に店舗を持ち、店頭でもネットでも買取をしているどちらでも対応しているのが特徴です。

ちなみに買取率はEメールタイプで最大90%です。ネット上の専門店と比べると低い部類に入る為、利用優先度はおのずと低くなります。

amazonギフト券買取業者【換金率ランキング】2019年3月最新版

リアル店舗がある安心感

ネット上だけの取引に比べると実際に店舗があるという事は、相手の存在を確認できるという点で安心感があります。

ロータリーグループの店舗は以下の通りです。

この5店舗がロータリーグループ直営のようです。店舗のホームページは完全に死んでます(笑

amazonギフト券の専門店ではなく、他のタイプの電子マネーの取引もしており、種類によって買取率などに差があります。
そのような表を見ていると、やはり一般的な街の金券ショップならでわす。

ロータリーギフトのホームページ上には、amazonギフト券を含む様々な金券の買取率が表示されてます。

当然のことですがamazonギフト券買取店で対面買取をすることは少ないため、ちょっと珍しいイメージを受けます。
しかし、金券ショップに新幹線回数券や信販会社のギフトカードを持って行くのと話は同じです。

今では警戒が多くてクレジットカード現金化の手段として利用しにくくなっている新幹線回数券や信販会社のギフトカードは、換金率がいいし、金券ショップで即金買取ができるため人気がありました。
しかし、最近では信販会社などの監視が多くなり難しくなりました。

その代替手段として人気を集めているのがamazonギフト券買取です。
しかし、冒頭に述べた通り、ネット取引なので信用できる店舗なのか、詐欺店舗なのかの区別がつきません。
それに対し、ロータリーグループのように都内にamazonギフト券を買取る店舗があると安心です。

ちなみにロータリーグループの本店は新宿西口にある金券ショップの「ロータリーギフト」です。

ロータリーグループのWEBに本店所在地が表示されていますが、グーグルマップのストリートビューで見るとロータリーギフトという店舗を確認することができます。
実在する店舗なので、安心して取引ができます。
ただ、本店ではamazonギフト券買取をしていない様子ですから、一度確認してみるといいでしょう。

他社の口コミサイトでは、優良店と呼ばれる買取店の口コミが多く、このような店舗では安心して取引できると言えるでしょう。

少し低いながらも現実的な買取率

現在、多くのamazonギフト券買取店は、依頼者から預かったamazonギフト券をマッチングサイトと呼ばれるオークションに出品しています。
オークションとはいえ、見ている人が多いため、価格が適正であれば出品と同時に「瞬間蒸発」します。
そのようなサイトでは、amazonギフト券が額面の90%から95%で落札されています。

ロータリーグループのamazonギフト券買取率は「時価」であるマッチングサイトの落札率に入っており、現実的なゾーンだと言えます。

一つだけ大きな特徴があるとすれば、ネット上では取扱店が激減したamazonギフト券カードタイプの買取率が高い事です。

ただカードタイプの場合は、まだスクラッチを削ってない実際のカードと購入した時のレシートがなければ買取ってくれません。

でもこれをわざわざ売る人ってかなり少ないはずです。なぜならamazonギフト券を換金する人の多くが現金化するためにクレジットカードが購入する事が多いのですが、カードタイプの場合コンビニなどで現金でしか購入できません。

そのためこのケースはレアケースという事になります。

振込手数料が掛かります

ロータリーグループでamazonギフト券買取を依頼すると、振込手数料が必要です。
ネット上の優良店の多くは振込手数料が無料になっているため、この辺でも少しマイナス要素の差が出てしまいます。

  • ジャパンネット銀行:54円
  • その他の銀行:270円

決して高い金額ではありませんが、この辺はやはりサービスしてほしいものです。

この辺はネット上だけの取引の不安を取り除く事ができる「安心手数料」だと思って妥協しましょう。

リアル店舗がある安心感は、やはり他の店舗と比べてもダントツに高いものがあります。
手数料が必要であることは間違いありませんが、最高でも270円の振込手数料だけです。

ネット取引は堅い店舗が一番

ロータリーグループはネット取引もしています。
そのため、わざわざ都心部のロータリーグループの店舗に行かなくてもamazonギフト券買取を依頼することができます。
先ほどから述べている通り、amazonギフト券買取店はネット上の取引になりますから、店舗選びが一番大切です。

amazonギフト券買取の成否はamazonギフト券買取店の選択でおおよそ決まります。
そのためにamazonギフト券買取店の口コミ記事をいくつか見たり、初回取引時の身分確認をクリアするために少額のamazonギフト券買取を依頼したりするのです。
このようにすることで、amazonギフト券買取をより安心して行うことができますが、正直言って、ちょっと面倒だという事も事実です。
しかし、面倒だからとamazonギフト券買取店をネットで検索して、ろくに確認もせずにamazonギフト券買取を依頼してしまうのは余りに危険です。

ネット取引である以上、危険があっても仕方ないという人もいるかもしれません。
しかし、ネットで千円単位の衣類などを購入するのと、10万円単位のamazonギフト券買取依頼をするのでは話が違います。
ネット通販で買ったものの返品や交換を受け付けてもらえないとしても、悔しいという心の痛みは別として、金額的な被害は大きくないことが普通です。
しかし、10万円単位のamazonギフト券買取を悪徳店舗であるamazonギフト券買取店に依頼してしまうと悔しいというだけでは済みません。

amazonギフト券買取は少しでも確実性が高いamazonギフト券買取店に依頼することが大切です。

そうした観点からみるとこのロータリーギフトは非常に安心感と信頼感のあるサイトと言う事が分かります。

一点だけ換金率に関しては他店と比べて劣ってしまうので、この辺をどう見るかが利用のカギだと思います。

ただネット上の買取サイトでも老舗の有名どころなら同じように信頼度は抜群なので、個人的にはロータリーギフトの利用優先度は低い判断をしております。

ロータリーギフト公式サイト