AppleID超おススメの使い道!ストアクレジットを現金化できる?

iTunesは現金化ができます。
皆さんご存知の通りです。

では、登録してしまったら現金化ができるのでしょうか。
つまりストアクレジットの現金化です。
実現したら便利ですね。
使わなくなったiTunesを現金化できるのです。おススメのベストな方法をご紹介します。

iTunesカードの超おススメの使い道を5つ紹介!高額で現金に換金も出来る!

AppleIDの使い道

では、AppleIDのストアクレジットを使って一体何が買えるのでしょうか。
MacやiPadが買えれば現金化ができるでしょう。

App Storeなどで使える

AppleIDのストアクレジットはApp Storeなどで使えます。
コンテンツを購入したことがある人も多いのではないでしょうか。

無料ゲームだけではつまらないからと有料ゲームをインストールしたり、音楽や映像をダウンロードしたりすることもあるでしょう。

電子書籍ならApple Booksを使えばいいでしょう。
iPhoneやiPadがより便利になるはずです。

iCloud ストレージをアップグレード

AppleIDのストアクレジットはiCloud ストレージの容量アップにも使えます。
5ギガでは足りないという人も多いでしょう。
Apple Musicの課金支払にも同様に使えます。

使い道は意外とあるように見えます。
毎月課金がある人にとってはAppleIDのストアクレジットを維持することは必須です。
課金の支払いができなければ、自分のデータが消えてしまったり、音楽を楽しむことができなくなってしまったりします。

コンテンツばっかりで転売できない

ただ、結局使い道はコンテンツの購入か課金支払のどちらかです。
iPadやiMacは売っていません。

ハードウェアでない限り現金化のネタにはできないでしょう。
現金化をするためには、クレジットカードで購入したモノを他の人に売ることが必要です。

いくら人気のビデオをコンテンツで購入したとしても、ダウンロードした端末でしか楽しめません。
ゲームソフトやDVDを売ることができるのは、他の人でも同様に使うことができるからです。
他の人が使えないコンテンツを買おうとする人はいないでしょう。

売ることができないモノを買っても現金化はできません。

他に使い道はありません

では、App Store以外でAppleIDのストアクレジットを使うことはできるでしょうか。

残念ながらApp Store以外でAppleIDのストアクレジットは使えません。

AppleのサイトではiPadやiMacを販売しています。
同じAppleだから買えるんじゃないかと思われるかもしれません。
しかし、AppleIDのストアクレジットをAppleのサイトでiPadやiMacの代金として使うことはできないのです。

また、App Store以外でAppleIDのストアクレジットを使うことができるお店もありません。
これはamazonギフト券をamazonでしか使えないのと同じです。

もっとも、amazonは販売しているアイテムが多く、その気になればチャージ後でも現金化の道は残されています。
これに対し、App Storeではコンテンツ以外買うものがありません。
現金化の道は残されていないのです。

課金なども自分が申し込んでいるiCloud ストレージやApple Musicに限定されます。
見た目より使い道は限定されているのです。

買い物による現金化はできません

このようにAppleIDのストアクレジットで現金化ができる商品を購入することはできません。
自分が使っている端末で楽しむコンテンツにしか使えないんですね。

AppleIDのストアクレジットで現金化をするなら他の方法を探る必要があります。

AppleIDへの入金方法

では、AppleIDへはどのような方法で入金をしているのでしょうか。
うまくいけば別の方法で現金化ができるかもしれません。

iTuneカードからチャージ

AppleIDの入金方法としてiTuneカードからのチャージが挙げられます。

ご存じのようにiTuneカードは値引き販売が当たり前のようになっています。
使い道がないからです。
ただ、iCloud ストレージやApple Musicの課金が毎月ある人は、値引で購入することで負担を軽くすることができるでしょう。

また、iTuneカードはチャージ前であれば転売ができます。
amazonギフト券と一緒です。

ネット上の買取店では、amazonギフト券のみならずiTuneカードも買い取ってくれます。
そして、買取店が転売先としているマッチングサイトでは、値引された家電量販店やコンビニより安くiTuneカードを買うことができます。

iTuneカードはこのように転売することができます。
だから現金化ができるのです。

App Storeなどで入金

AppleIDの入金方法としてクレジットカードなどでの入金もあります。
経済的な観点からすると「割高」なのでお勧めできませんが、気軽にチャージできるためこの方法をとっている人が圧倒的に多いです。

もっとも、AppleIDのストアクレジットを現金化するなら、クレジットカード支払でチャージ現金決済で転売すればいいのです。

AppleIDのストアクレジットは現金化できるか

AppleIDのストアクレジットを現金化するのは難しそうです。
しかし、なんとかならないでしょうか。

出金できない

AppleIDのストアクレジットは出金できません。
iTuneカードを購入し、チャージしたらAppleIDを使った買い物しかできないのです。
間違えてチャージしたと言っても相手にされません。
つまり、AppleIDのストアクレジットが余っていても現金化することはできないのです。

App Storeでギフトを送ればいいじゃないかと思わせるかもしれません。
しかし、この方法も無理です。
App StoreでiTuneカードを送る際の支払方法にストアクレジットは使えません。

iTuneカードはチャージしなければ現金化ができるのですが、チャージしてしまったらどうしようもないのです。

現金化は無理?

実際にiTuneカードを買い取ってくれる買取店でも、AppleIDのストアクレジットは買い取っていません。
買い取っても転売する先がないからです。

買取店は買い取ったiTuneカードなどをマッチングサイトなどのオークションで転売しています。
iTuneカードの形であればどのAppleIDにもチャージできますから買ってくれる人がいるのです。

しかし、一度AppleIDにチャージしてしまったら出金の方法はないので転売できません。
見ず知らずの人のAppleIDを買おうとする人はいないでしょう。

AppleID を買い取ってもらう

では、知人などにAppleIDを買い取ってもらうことはできるでしょうか。

現金化業者では取り扱っていませんが、友人同士なら可能性があります。
AppleIDごと売って残額を現金でもらうのです。
この方法なら現金ができるでしょう。

AppleIDは登録したメールアドレスです。
また、1人1つと決まっていますが、実際には複数のAppleIDを持つことができます。
iPhoneとiPadを持っていれば、それぞれのAppleIDを設定して、それぞれiCloudの無料容量が使えるでしょう。

こんなメリットがあるので、知人などで2台持ちをしている人がいたらアプローチしてみるといいかもしれません。
もっとも、今まで自分が使った実績まで知人にわかってしまうので売る相手には注意が必要です。

iCloud ストレージ

iCloud ストレージは最大2TBまで拡大できます。
200GBと2TBのプランであれば「家族」で分け合うことが可能です。
iCloud ストレージの容量不足に困っている友人などに使わせてあげることができるでしょう。

もちろん誰が家族かなんてチェックしていないので、知人とともに使うことができます。

ただ、そんなことをするより、足らなければ自分で容量アップを申し込むでしょうから、現実的な方法ではないですね。

現金化は事実上無理

このようにAppleIDの現金化はかなり無理があります。

確かにAppleIDごと売ればいいかもしれません。
ただ、自分の利用事績まで相手に渡してしまうことになりますし、IDにしたメールアドレスも相手に渡す必要があるでしょう。
メールアドレスがないとAppleIDの再チャージなどができないからです。

こう考えると、ストアクレジットの現金化は不可能ではないとしても現実的ではありません。
AppleIDのストアクレジットの現金化はできないと考えた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です