GooglePlayカードの3つの使い道!高額で現金化できる

アンドロイドスマホを使っている人にとってGooglePlayカードは現金と同じです。
GooglePlayでアプリや音楽サービスの支払に使えます。

そんなGooglePlayカードはGoogleのみならず他のサイトでも販売しています。
つまりamazonギフト券同様に現金化ができるんです。

iTunesカードの超おススメの使い道を5つ紹介!高額で現金に換金も出来る!

買取サイトで現金化

GooglePlayカードは買取サイトがあり、そこで買い取ってもらうことができます。
ただ、amazonギフト券より換金率は劣ります。

買取サイトの換金率は7割から8割程度です。
お店によってばらつきがありますが、この程度でしょう。

もっとも、amazonでamazonギフト券を買おうとしても警戒されています。
また、amazonギフト券を購入しても使用済がamazonから送られたという口コミ記事も最近目にします。

何かとトラブルが多いamazonギフト券を避ける人も増えてきました。
幸い、GooglePlayカードにはそんなトラブルはありません。

一番スタンダート

GooglePlayカードを現金化する際に一番スタンダートな方法は買取サイトを使う方法です。
優良店と呼ばれる店舗もいくつかあり、安心して依頼することができます。

優良店と呼ばれる店舗はamazonギフト券の買い取り実績がありますから心配いりません。
買取スピードは必ずしも速くないかもしれませんが、確実に売れることは確かです。

GooglePlayカードのような金券は、慣れていると買取も換金も手際よくできます。
優良店に任せておけば間違いないという安心感があります。

買取店は結構多い

GooglePlayカードの買取サイトは意外とたくさんあります。
以前は少なかったのですが、需要が徐々に増えてきたからか、買取サイトも増えています。

もっとも、すべての買取サイトが優良サイトとは限りません。
口コミサイトなどで確認することをお勧めします。

実際にGooglePlayカードの買取を依頼する前に、サイトの人気などを口コミサイトでチェックしておくと安心でしょう。

amazonギフト券買取店が多い

GooglePlayカードの買取店はamazonギフト券買取店であることが多いです。
買取という意味では同じですし、買取サイトが換金するオークションも一緒だからです。

もっとも、amazonギフト券とGooglePlayカードでは需要が違います。
GooglePlayカードがGooglePlayでコンテンツ購入しか使えません。
これに対し、amazonギフト券はアイテム数が多すぎてわからないほどのamazonで使えます。
必然的にamazonギフト券の方が買取率が高くなるのは仕方ありません。

ただ、GooglePlayカードも買い取ってくれることは間違いないです。
いざという時に役に立ちますね。

amazonギフト券の優良店を探そう

GooglePlayカードの買取店はamazonギフト券の買取店であることがほとんどです。
優良店を探す際は、amazonギフト券の優良買取店を探すのが手っ取り早い方法でしょう。

amazonギフト券買取で実績と信用があるサイトであれば、GooglePlayカードの買取も間違いありません。
口コミだけでお店を選ぶのは不安がありますが、このような方法で選べば間違いがありません。

買取率はamazonギフト券より劣る

もっとも、GooglePlayカードの肝心な買取率はamazonギフト券より低いです。
時期によって違いはありますが、amazonギフト券より1割から2割低いのではないでしょうか。

それならamazonギフト券の方がいいじゃないかと言われそうです。
ただ、amazonはamazonギフト券の現金化を警戒しているので、購入時に不安があります。
また、購入したamazonギフト券が使えないというトラブルも若干ながらamazonサイトの書き込み記事に散見されます。

また、GooglePlayカードは安売り販売をしていることがよくあります。
現金でしか販売しないコンビニでは安売りが当たり前となっていますし、クレカで購入できるお店でも値引きをしていることがあるようです。

これらを考えれば、必ずしもamazonギフト券の方が有利とは言い切れないのではないでしょうか。

金券ショップで現金化

一部の金券ショップでもGooglePlayカードを買い取ってくれます。
ただし、カードタイプだけです。

現金化ですから、GooglePlayカードを購入する際は後払いで購入しないと意味がありません。
一部のサイトではクレジットカードでGooglePlayカード購入できるサイトもあります。
ただ、ちょっと怪しげなサイトばかりです。

それより、セブンイレブンでnanacoで支払うのが一番確実です。
セブンカードのみならず他のクレジットカードでもチャージできるので現金化の方法としては理想的でしょう。

検索すればヒットする

GooglePlayカードをネット上の買取サイトに売るのは不安がある人もいらっしゃるでしょう。
優良店ばかりではないことも事実なので不安はもっともです。

それならいっそのこと、金券ショップで買取依頼をしてはいかがでしょうか。

残念ながら全国どこでもGooglePlayカードの買取をしてくれるわけではありません。
買取をしてくれるお店は少ないです。
でも、ネットで検索すればいくつかのお店がヒットします。

カードタイプのみ

GooglePlayカードを買い取ってくれる金券ショップはいろいろあります。
でも、共通している点が一つあります。

それは、カードタイプしか買い取らないという点です。

GooglePlayで直接購入するGooglePlayカードは、シートタイプと言われます。
番号だけで流通するので、使用済みかどうかわかりません。

これに対し、カードタイプであれば、裏面のスクラッチが削られていない限り使用されていることはありません。
金券ショップ側が安心して購入できます。

購入時のレシートが必要

ただ、カードタイプのGooglePlayカードを金券ショップに持ち込んでも無条件で買い取ってくれるわけではありません。
購入した際のレシートを一緒に持って行かなければいけません。

これは、コンビニなどに売っているカードタイプのGooglePlayカードを万引きして持ち込むことを防ぐためです。

コンビニで販売しているGooglePlayカードは、レジでお金を払わない限り有効になりません。
その証明としてレシートを要求しています。

オークションサイトで現金化

GooglePlayカードは金券ショップに持ち込むのでなければシートタイプ、つまり番号だけで取引できるタイプが一番使いやすいです。
この場合、冒頭に述べた買取店に持ち込むのが一番です。

ただ、買取店が持ち込んでいるマッチングサイトと呼ばれるオークションサイトに自分で出品するのも一つの方法です。
換金率で比較すればこの方法が一番高いです。

DIYの現金化なので有利なのは当然でしょう。
もっともうまく売れるかどうかは別問題ですが…

換金率は一番高い

GooglePlayカードをネット上で買い取るサイトは、GooglePlayカードをオークションに出品していています。

このオークションは中古車オークションのような「業者専門」ではありません。
一般人でも出品できます。
勘のいい人はお分かりのように、自分で出品すれば換金率が一番高くなります。

売れるか否かは別問題

もっとも、オークションへの出品は簡単ではありません。
ヤフオクなどに不用品を売ったことがあるひとはお分かりでしょうが、値段をどうつけるかが悩みどころです。

安くすればすぐ売れますが、換金率が落ちます。
高くすれば換金率が上がりますが、なかなか売れません。

この選択は簡単ではありません。
買取サイトにGooglePlayカードを売る人が多いのは、買取サイトの人は出品が上手ですぐ落札されるからです。

自分で出品して実際に売ることができるかどうかは別問題なのです。

登録と出金に手間がかかる

また、オークションに出品するためには登録が必要です。
これは、GooglePlayカードの買取サイトでも同じですが、買取サイトより手際が悪いのか時間がかかることが多いです。

また、落札された後に出金しようとしてもちょっと手間がかかります。
買取サイトは落札されたことを確認すればすぐ振り込んでくれるのとは大違いです。

DIY精神で買取サイトを使ってもいいのですが何かと使いにくいことは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です