ビックギフトは本当に手数料はなし!?使うとの危険な3つの理由

ビックギフトは手数料がないと宣伝しているクレジットカード現金化業者です。
換金率は他の業者より低いものの、本当に手数料がなければ差はないでしょう。

ただ、ビッグギフトには3つのリスクが隠れています。
リスクの存在を知っていればいいでしょう。
しかし、知らずに使うと危険なことになりかねません。

買取形式の現金化業者

クレジットカード現金化業者には2つの種類があります。

  1. 商品買取形式
  2. キャッシュバック形式

①の商品買取形式は、自分で商品を買って持って行く必要があります。
そのため、どうしても時間がかかるでしょう。

これに対し、②のキャッシュバック方式はネットショップの買い物に対しキャッシュバックをします。
決済を確認すればすぐ振込できるため、素早い資金化です。

また、①の方法は信販会社の規約違反に問われます。
見つかったらカード利用を停止されかねません。

ちなみにビックギフトではamazonギフト券を購入するよう指定しています。
amazonギフト券であればビックギフトに送信するだけです。
さほど難しくはないでしょう。

信販会社は購入商品の転売を禁止している

信販会社の規約違反と聞いてもよくわからないかもしれません。
しかし、信販会社はクレジットカードで購入した商品の転売を禁止しています。

そのためamazonギフト券をクレジットカードで購入し、転売すると規約違反です。
買取方式のクレジットカード現金化にはこんなリスクがあります。

信販会社から指摘されるのは利用者だけ

しかも、信販会社にバレると被害を受けるのは自分だけです
業者は何も文句を言われません。

なぜなら、クレジットカードでamazonギフト券を購入しているのは自分です。
ビックギフトはクレジットカードの決済をしているわけではありません。

つまり、業者は無傷で自分だけ信販会社から指摘されるリスクを負わされます。
ちょっと不公平な感じがしますが、これが現実です。

金券購入は警戒されている

また、クレジットカードで金券を購入すると信販会社は警戒します。
不正利用のパターンでもあるからです。

そのため、amazonギフト券を大量に購入すると信販会社から電話があるかもしれません。
規約違反を承知で現金化しているわけですから、ドキッとしますよね。

もっとも、それほど追及されるわけではないようです。
お祝いのお礼でたくさん購入したとでも言っておけば切り抜けることができるでしょう。

知った上で利用するなら問題はないが・・・

ビックギフトはこのようにamazonギフト券を使った現金化業者です。
リスクはありますが、方法としては難しいわけではありません。

リスクを承知の上で利用するなら問題はありません。
ただ、どうせamazonギフト券を購入するなら買取店の方が有利ではないでしょうか。

amazonが警戒している

ビックギフトを利用する2つ目のリスクとしてamazonが挙げられます。
amazonはamazonギフト券の転売をはっきりと禁止しています。

信販会社は不正利用を警戒しているだけですが、amazonはもっと厳しいです。
バレたら最後問答無用で「処分」します。

アカウントを止めてしまうのです。
これはきついですね。
特にプライムなどの特典を利用している人はダメージが大きいのではないでしょうか。

amazonギフト券の転売は禁止

amazonは公式WEBでギフト券の転売をはっきりと禁止しています。

amazonギフト券の細則には、amazonギフト券の利用制限として転売などを禁止しているのです。
これを知ったら、amazonギフト券を使った現金化をどうしようかと迷いますよね。

バレるとアカウント停止

しかも、規約違反をするとアカウント停止の対象になるともはっきり書いてあります。
これは脅しではありません。
本当にアカウントを止められてしまった人も少なくありません。

しかも、信販会社の話と同様に被害を受けるのは自分だけです。
自分のアカウントが止められても、ビックギフトには影響が及びません。

保証は一切なし

もちろん、このような事になってもビックギフトは何も保証してくれません。
文句を言っても取り合ってくれないでしょう。

当然、amazonから保証があるはずがありません。
全て自分のリスクでamazonギフト券の購入と転売をする必要があります。

多額の利用と短期間のリピートは避けよう

このようなリスクを避けるためには、amazonに怪しまれないようにする必要があります。

多額の利用と短期間のリピート購入は避けた方がいいでしょう。
10万円程度の購入であれば特に問題視されないです。
しかし、事業主の方が資金繰りのためにと多額の購入をすると怪しまれます。

amazonギフト券の購入は50万円が上限ですが、この金額を購入すると怪しまれることは知っておいた方がいいでしょう。

振込の時間が読めない

ビックギフトを使う3つ目のリスクとして振込の時間が読めないことが挙げられます。

普通のクレジットカード現金化業者は早ければ5分程度で本当に振り込まれることもあります。
これに対し、ビックギフトは運が悪いと1時間以上経っても振り込まれません。

ビックギフトはamazonギフト券のオークションサイトに出品することで転売します。
しかし、落札者がamazonのアカウントに登録しないと取引は設立しません。
登録後にOKの意思表示をして初めて入金が確定するのです。

そのため、ビックギフトは振込時間がどうしても遅くなります。
急いでいる時に、この時間差は無視できないでしょう。

転売しないと振り込まない

ビックギフトが利用しているamazonギフト券のオークションサイトはわかりません。

しかし、どのサイトでもやっていることは同じです。
amazonギフト券を出品し、落札者がギフト券番号を自分のアカウントに登録します。
そして、登録ができると取引成立のクリックをすることで入金できるのです。

この時間は最大30分かかります。
また、すぐ落札されるとは限りません。
落札まで時間がかかることを考えれば、振込が遅いのは当然です。

amazonギフト券は登録しないと真偽不明

では、どうしてオークションはこんな仕組みになっているのでしょうか。

amazonギフト券やiTuneカードのようなネット上の商品券は番号管理です。
番号を自分のアカウントに登録しないと有効かどうかはわかりません。
そのため、落札後に30分間のチェックタイムがあるのです。

もちろん、登録して問題なければ取引成立のクリックをしてくれることがほとんどです。
しかし、ギリギリまで登録しない人も少なくありません。

早ければ本当に30分

もっとも、すぐに落札され、落札者がすぐに取引成立のクリックをすれば早いです。
こんな条件が重なれば、30分以内に振り込まれるでしょう。

しかし、こんなラッキーなことが頻繁にあるわけではありません。
たいていの場合は、1時間以上かかるのではないでしょうか。

気長に待つしかない

もっとも、一度amazonギフト券をビックギフトに預けたら後戻りはできません。

ビックギフトにamazonギフト券が届くまではキャンセルできます。
しかし、amazonギフト券が届くと、すぐ出品するので戻せないのです。

こうなると早く落札されないだろうかと一種の神頼みになります。
気長に待つしかありません。

3つのリスクを承知した上で利用しよう

ビックギフトは悪徳業者でもないし、詐欺師でもありません。
利用して悪い業者ではないのです。

しかし、キャッシュバック方式のクレジットカート現金化より不利です。
時間も遅いし、リスクもあります。
ビックギフトをあえて利用する理由はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です