amazonギフト券Eメールタイプを後払いで現金化する方法

amazonギフト券を現金化する際、ギフト券を後払いで購入することが必要です。
この場合、amazonでクレジットカードを使えばいいじゃないかと言われるでしょう。
しかし、他にも方法があります。

例えば、プリペイドカードにクレカからチャージして購入することもできます。
クレジットカードを使うとしても有利不利があることは確かです。

有利な方法をいくつか探ってみましょう。

クレカ以外のamazonの後払い

amazonギフト券をamazonで購入する場合、必ずしもクレジットカードで買わなければいけないことはありません。
もちろん口座振替で買ってもいいのですが、できれば支払いは後払いにしたいですよね。

amazonギフト券はクレジットカード以外の購入方法でも後払いで購入できます。
クレジットカードでamazonギフト券を購入するとamazonから警戒されるかもしれません。

そんな面倒なことを避けたければ、クレジットカード以外の方法を使う必要があります。

nanaco

コンビニでもamazonギフト券を購入できますが、たいていは現金支払しか受け付けてくれません。
コンビニの支払い方法はいろいろありますが、amazonギフト券のような金券は現金支払だけなのです。

しかし、セブンイレブンでamazonギフト券を購入する際はnanaco支払でも受け付けてくれます。

nanacoはたいていのクレジットカードからチャージ可能です。

つまり、手元に現金がなくてもnanacoにクレジットカードでチャージすればいいのです。
そのため、間接的ながら後払いでamazonギフト券を購入できます。

バンドルカード

先ほどのnanacoと似た方法ですが、バンドルカードと呼ばれるプリペイドカードでもamazonギフト券を購入することができます。

バンドルカードはチャージ方法がいろいろとある点が特徴です。
ATMなどから入金する方法のみでなく、ドコモ払いと言われる携帯クレジットも利用できます。

ドコモ払いの利用限度額は大きくありません。
しかし、クレジットカードを使ってamazonギフト券を購入するとamazonから警戒されにくいです。

また、ドコモ払いは携帯の利用料と同時に請求されるため、クレジットカード支払にしているのであれば支払をかなり遅らせることができます。
締日を目いっぱい使っても、一回払いであれば支払を1カ月半程度しか遅らせることはできません。
しかし、バンドルカードにドコモ払いでチャージすれば、ドコモ払いの締日までとクレカの締日までの2回分支払期間を延ばすことができます。

プリペイドカードはいろいろとありますが、チャージ方法が多く、かつ支払を伸ばせるという意味でバンドルカードはお勧めです。

amazon以外で購入

ここまでは、クレカ以外でamazonギフト券をamazonで購入する方法を紹介しました。

しかし、amazonギフト券を購入できる場所はamazonだけではありません。
他のネットショップでもamazonギフト券を購入できます。

Qoo10

Qoo10は韓国の通販ショップです。

通販ショップなので色々な商品を販売していますが、注目すべきは「エンタメ・eチケット」です。

ここをクリックするとチケットを売っています。
チケットショップと違い定価ですが、Qoo10はクレジットカードで支払可能です。
もちろんチケット類もクレジットカードで支払ができます。

常時ではありませんが、Qoo10にamazonギフト券が載っていることがあります。
何らかのチケットが出品されているのですが、時期によってはそんなこともあるのです。

わざわざ警戒されているamazonでamazonギフト券を購入する必要はないでしょう。

auWouma

auWoumaは、携帯電話のauが運営している通販サイトです。

auが運営しているのですが、パソコンからでもアクセスできますし、auを使っていない人でも利用できます。

支払方法は「auかんたん決済」だけでなくクレジットカード支払も可能です。
ちなみになぜか「ドコモ払い」もできます。
auなのに太っ腹ですね。

auWoumaは、チケットを売っています。
サイト左側のカテゴリーを下の方にスクロールすると「チケット・金券・カタログギフト」があり、ここで売っているのです。

ここに「オンラインギフトカード」が売られておりamazonギフト券が載っていることがあります。

ちなみにチケットショップが出品しているようで、換金率が高いJCBギフトカードなども販売されています。
販売価格は額面より高いのですが、換金率を考えるとamazonギフト券の換金率より高い場合もあるので要チェックかもしれません。

メルカリ

メルカリは「表面上」は金券の出品を禁止しています。
しかし、実際には出品されていることはご存知の通りです。

もっとも最近はメルカリもパトロールを強化しているので出品者はTwitterで「宣伝」しています。
メルカリでamazonギフト券を買いたい人はTwitterで探せばいいのです。

もっともやみくもにTwitterで探しても見つかりません。
検索のキーワードで「メルカリ Amazonギフト」と入力すると出品者が見つかるようです。

相手が見つかったら連絡を取ってみましょう。
条件が一致すれば「秘密の商品名」でamazonギフト券を購入できます。

後払い金券ショップ

金券ショップは現金支払が原則です。
しかし、先ほどQoo10やauWoumaでamazonギフト券が出品されていたように、クレジットカードなどの後払いでも購入できる店舗があります。

ネットで検索すればいくつか店舗が見つかるでしょう。
ショップによりますが、支払は1か月程度後でOKです。
つまり後払いにできます。

1カ月なので、amazonでamazonギフト券をクレジットカードで買うのと払い期間は変わらないでしょう。
しかも、amazonや信販会社のことを気にする必要はありません。

もっとも、どんな業者かはわかりません。
利用は自己責任でお願いします。

換金にも気を遣おう

このように後払いでゲットしたamazonギフト券は換金しないと意味がありません。
amazonギフト券の換金は専門の買取店があるので、そこに任せるのが一番です。
換金手続きなどをすべてやってくれるので自分は待っているだけで済みます。

9割前後の換金率

amazonギフト券買取店の換金率は85%から90%程度です。
時期によってはもう少し高いこともあります。

amazonギフト券買取店はオークションサイトに出品していますが、オークションなので「相場」があります。
その日によって換金率が微妙に違う理由です。

もっとも、現金化をしたい時にamazonギフト券の買取率が高いという保証はありません。
こればかりは「運」としか言いようがないでしょう。

ただ、大体85%~90%の換金率と考えておけば間違いありません。

初回は有利

amazonギフト券買取店は、たいてい何らかのキャンペーンをしています。
キャンペーンで注目すべきは「初回」の人向けのキャンペーンです。

amazonギフト券買取店は、初回の買取は換金率を上げています。
どの買取店でも同じようなことをしているので、いくつかの買取店をチェックしておくといいでしょう。

ただ、初回買取の際は身分確認などをするため、多少面倒な手続が必要です。
換金率はいいですが、ちょっと覚えておいた方がいいでしょう。

優良店は案外少ない

ネットでamazonギフト券買取店を探すといっぱいヒットします。
しかし、優良買取店と呼ばれる店舗は10店舗もありません。

ネットで大々的に宣伝している店舗は優良店と考えて間違いないようです。
しかし、たまに詐欺師まがいの悪徳店舗が混じっているため注意が必要です。

10分では換金されない

amazonギフト券買取店の多くは買取に要する時間を競っています。
5分とか10分とか載っていることが多いでしょう。
ただ、この時間をアテにしてはいけません。

amazonギフト券買取店の多くはオークションに出品しています。
そのため、落札されないと買取ができません。

本当に5分程度で落札されることもありますが、たいていもっと時間がかかります。
1時間程度は必要と考えた方がいいかもしれません。
クレカ現金化の専門業者とは違うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です