QUICPayで現金化できる?amazonギフト券は買える!?

JCBユーザーの方はスマホなどにQUICPayを入れている人も多いでしょう。

JCBカードをAmazonのアカウントに登録すれば、Amazonギフト券を購入できます。
でも、クレジットカードを持たずに出かける人も少なくありません。
コンビニなどの支払ならQUICPayで支払えばいいからです。

しかし、そんな時に限って現金不足になるものです。
慌ててもクレジットカードが手元になければ支払ができません。

そんな時にQUICPayでamazonギフト券を購入できれば助かりますね。
QUICPayは一度に2万円までの支払に使えます。
ちょっとした現金化であれば十分でしょう。

では、QUICPayでamazonギフト券を購入することはできるのでしょうか。

電子マネーでamazonギフト券は買えない

QUICPayはコンビニで使うことが多いでしょう。
JCBユーザーの中にはスマホのおサイフケータイ機能を使い、カードを出さずに支払をしている人もいます。
混み合うコンビニでスマートに支払ができますね。

ところでコンビニにはamazonギフト券を売っています。
スマートにQUICPayで支払ができるでしょうか。

そもそもクレカは無理

しかし、残念ながらamazonギフト券は現金支払でしか購入できません。
セブンイレブンではnanacoでamazonギフト券などの金券を購入できますが、あれは例外です。

金券は利ザヤが低いなどの理由があるようですが、昔からクレカなどを使って換金する人が多かったためできないようにしているのです。

じゃあnanacoはどうなんだと言われそうですが、nanacoは5万円が限度です。
また、天下のセブンイレブンだからという事情もあるのでしょう。

PINCOMも無理

amazonギフト券などを購入できるサイトとしてPINCOMが挙げられます。
ここではクレジットカードなどでネット上の金券が買えるのです。

しかし、現在PINCOMでamazonギフト券を買う場合はクレジットカード決済だけしか使えません。
QUICPayは使えないんですね。

もともとQUICPayを使うためにはおサイフケータイが必要です。
ネット上のPINCOMで使うのはちょっと無理がありますね。

だからQUICPayでamazonギフト券は買えない

このようにQUICPayでamazonギフト券を購入しようとしても無理です。

ちょっと面倒ですが、楽天EdyやiDならamazonで支払ができます。
amazonギフト券も購入できるようです。
でも、QUICPayは使えないんですね。

QUICPayを使った他の現金化は?

このようにQUICPayではamazonギフト券を購入できません。
つまりQUICPayでamazonギフト券を使って現金化ができないわけです。

でも、現金化はamazonギフト券だけではありません。
他の方法もあります。
いい方法はないものでしょうか。

1回の利用額は2万円まで

ここで注意していただきたいのは、QUICPayの限度額です。
QUICPayの利用限度額は1回2万円とnanacoより少額になっています。
ただnanacoと違い、何度使っても元のJCBカードの限度額まで利用可能です。

QUICPayはコンビニなどで「ちょっと使う」ことを前提にした電子マネーです。
電子マネーなので多額の決済を予定していないんですね。

もっとも、QUICPayプラスは、JCBが利用限度額の上限を決めていません。
上限額はお店が決めているのです。

ただ、QUICPayで現金化しようとする金額は少額のことが多いでしょう。
クレジットカードの支払日などに口座残高が足りないというのであればクレジットカードを持って行くのではないでしょうか。
現実的には2万円程度の限度額で十分なことがほとんどのはずです。

買った商品を転売しよう

QUICPayは2万円が上限でも、QUICPayプラスが使えるお店なら高額商品を購入できます。
家電量販店や百貨店などは「プラス」にも対応しているので、高額商品を購入できます。

もし、高額の現金化をする場合でもQUICPayプラスであれば可能でしょう。

宴会の幹事になる

QUICPayは飲食店で多くしわ導入されています。
「プラス」に対応しているかどうかは別として、財布を出さなくても支払がすぐできるので便利だからです。

居酒屋ではQUICPayが利用できることが多いです。
宴会の幹事になり、みんなから現金で会費を集め、支払はクレジットカードという場合も多いでしょう。

ただ、他の参加者に見つかると白い目で見られることがあります。
財布が入っているカバンなどを持って精算に行くと付いてくる人もいるかもしれません。

しかし、スマホだけ持ってトイレに行くふりをして精算すれば案外バレません。
換金率100%の現金化が成立します。

返品してみよう

あまりお勧めできませんが、返品という方法で現金化をすることができます。

例えば、QUICPayで買った商品を返品すると通常はカードを提示して返品処理をします。
しかし、お店によっては面倒だからと現金で返金してくれる事も少なくありません。

書店などでQUICPayを使って購入し、1時間程度してから返品するのです。
スマホは家に置いてきちゃったなどと言えばQUICPayをまた出してくれと言われることはありません。

お店としては現金で返金するしか方法がなく、換金率100%の現金化が成立します。

そんなことならJCBカードを使おう

ただ、いくらQUICPayプラスが使えるお店であっても、現金化をするのであればクレジットカードを使った方が便利でやりやすいです。

JCBカードを使って現金化した場合はどうなのでしょうか。

amazonギフト券で現金化

amazonではJCBカードが使えます。
amazonギフト券はクレジットカードで購入できるので、JCBカードで購入すればいいのです。

QUICPayではamazonギフト券は購入できないものの、JCBカードであればできます。

とはいえ、出先でカードがなかったらどうするんだと言われるかもしれません。
ただ、amazonは自分のアカウントにカード情報を登録できます。
JCBカードを登録していれば、カードの有無を問わずスマホからamazonギフト券を購入できるはずです。

こうすることで財布を持たずに外出してもamazonギフト券で現金化することができます。

JCBギフトカードで現金化

JCBのクレジットカードを使い、JCBギフトカードが購入できるお店があります。

JCBギフトカードは金券ショップで95%以上の高換金率で買取をしてくれる「優等生」です。
現金化には理想的でしょう。

ただ利用できるJCBカードは限定されており、全てのJCBマークがついているJCBカードが使えるわけではありません。

また、JCBギフトカードを販売している店舗のほとんどは現金決済のみです。
JCBカードで支払ができる店舗は公式WEBから検索できます

サイトの中に次のような絞り込み条件があるので、ここをチェックすればJCBカードで支払ができるお店を探すことができます。

現金化業者で現金化

ある意味一番手っ取り早い現金化の方法です。

昔のクレジットカード現金化業者はJCBカードが使えないということがありました。
しかし、最近はそんなことはありません。

amazonギフト券の現金化は換金スピードが遅いことがあります。
オークションサイトに持ち込んでいるからです。

しかし、現金化業者は別サイトで買い物をさせるだけなのでカード決済を確認したらすぐ振り込んでくれます。
急いでいる時にはありがたい存在でしょう。

ヴィトンで現金化

先ほどの方法に比べて換金率は落ちますが、百貨店でヴィトンのバックを購入して現金化する方法もあります。

全ての百貨店でQUICPayプラスが使えるとは限りません。
むしろ、使えない店舗の方が多いでしょう。

なお、JCBギフトカードも多額の購入をするとJCBから確認の電話があります。
盗難カードの不正利用防止が目的ですが、あまりいい気持ではありません。

amazonギフト券買取店や現金化業者はネット上の業者です。
どうしても一抹の不安がぬぐい切れません。

それより、百貨店で10万円程度のヴィトンのバッグを購入した方が気は楽です。
換金率は7割をちょっと割り込む程度なので、必ずしも割が悪いとも言い難いでしょう。

百貨店の近くには案外買取店があります。
スマホで検索すれば近くの買取店が見つかるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です