WebMoneyでAmazonギフト券を買う方法はたった一つ

WebMoneyは携帯キャリアのauが企画しているプリペイドカードです。
ネット上の支払に使えるばかりでなく、カードの形で使うこともできます。
そのため、クレジットカード同様に利用できる店舗が非常にたくさんあります。

そのためamazonギフト券を購入することもできます。
簡単ですね。

ちなみに現在PINCOMではWebMoneyでamazonギフト券を購入することができません。
WebMoneyだけでなく、他の携帯キャリア決済もamazonギフト券購入には利用できません。

現状では、amazonギフト券を購入したければ、マスターカードのプリペイドカード版のWebMoney Liteを使うしかありません。

WebMoneyプリペイドカードを作ろう

WebMoneyプリペイドカードはスマホアプリから申込をしますが、携帯番号を登録します。

そして、SMSで認証を求められます。

認証すると、カード発行の有無を問われます。

新規発行であれば、「持っていない」をクリックします。

WebMoneyプリペイドカードには2種類あり、ICチップが付いたカードと、磁気カードがあります。

クレジットカード現金化をする際にはクレジットチャージが必要です。
ICチップが付いたカードは現在クレジットチャージができません。

以前はWebMoneyカードケースというアプリ経由でクレジットチャージができました。
しかし、これができなくなってしまいました。

そのため、現在は磁気カードのWebMoney Liteを使うしかありません。
先ほどの画面の右側、グレーのカードになります。

ICチップの方は本人確認が必要ですが、WebMoney Liteは本人確認が不要です。
面倒でない点もWebMoney Liteの方がいいですね。

セキュリティが甘いと思われるかもしれませんが、利用額が月間10万円までに設定されています。
ちなみに本人確認を求めていないので子供さんでも利用できます。

なお、WEB経由でWebMoney Liteを申込むと申込特典として300ポイントもらえます。
amazonで使えますよ。

カードを申し込むと1週間ほどで届きます。

チャージしよう

WebMoney Liteはプリペイドカードなので、チャージしないと使えません。
クレジットカードからチャージする際は・・・

という具合にチャージします。

ただ、利用できるクレジットカードがかなり限定されているので注意が必要です。
マスターカードは全てOKですが、VISAとJCBは限定されています。

また、チャージできる金額は決まっているのでその中から選んでタップします。

使い勝手がいいとは言い難いのですが、こんな感じでクレジットカードからチャージします。

amazonギフト券を購入しよう

マスターのロゴが入っているのでわかるように、WebMoney Liteはマスターカードです。
amazonで普通に買い物ができます。
当然amazonギフト券も購入可能です。

ちなみにamazonではamazonギフト券を新規登録のカードで買う場合、すぐにギフト券番号を発行してくれません。
すぐにamazonギフト券の現金化が必要であれは別ですが、一度何か購入しておけば、必要な時にすぐ現金化ができます。

WebMoney Liteを使うメリット

では、WebMoneyを使ってamazonギフト券の現金化をするメリットは何でしょうか。

見かけ上、クレジットカードを使っても、WebMoney Liteを使っても、何も変わりません。
amazonギフト券を購入するというだけであれば、どちらの方法でも変わらないでしょう。

しかし、クレジットカードでamazonギフト券を購入すると信販会社が警戒するかもしれません。
これに対し、WebMoney Liteならプリペイドカードで購入するのですから、ある意味気楽だと言えるのではないでしょうか。

WebMoneyプリペイドカードは?

ではクレジットカードチャージができないWebMoneyプリペイドカードはどうなのでしょうか。

クレジットカードチャージはできないものの、ネットバンクなどからチャージできます。
WebMoneyプリペイドカードもamazonで利用できるのでamazonギフト券を購入できるでしょう。

しかし、通常amazonギフト券を購入するのであればこんな方法を使わないでしょう。
自分のアカウントにチャージするなら、コンビニなどで支払えばポイントが付きます。
他人にギフトとして贈るのであればクレジットカードで支払うでしょう。

わざわざWebMoneyプリペイドカードに現金チャージをしてamazonギフト券を購入する意味はありません。

ではどう使うか

では、実際にWebMoney Liteでamazonギフト券を現金化する際にはどのようにすればいいのでしょうか。

金額が少額なので、amazonに警戒されるようなことはないでしょう。
10万円を超えるとちょっと注意が必要ですが、4万5千円であればチェックされる心配はありません。

もちろん信販会社のことを気にする必要はありません。
チャージは終わっているので信販会社からチェックされる理由はないのです。

クレジットカード現金化は、何かと気を遣うことも多いでしょう。
しかし、この方法であれば特に気遣いすることなく現金化ができます。

最大4万5千円

多額のクレジットカード現金化をしたい人には4万5千円という金額は余りに少額です。

しかし、amazonギフト券現金化業者を利用する人の多くは10万円以下の現金化を依頼しています。

給料日前にちょっとお金が足らなくて困っているという時に、わざわざ消費者金融の審査を受けるのは面倒でしょう。
割が悪いことは承知の上でamazonギフト券を使った現金化をしているのです。

飲み会の会費が足らないというのであれば2万から3万程度あれば十分でしょう。
それであれば、WebMoney Liteで十分ではないでしょうか。

月間10万円

WebMoney Liteをクレジットカードチャージする際、1回のチャージ上限は4万5千円です。

多額の現金化をするならチャージを繰り返せばいいと思われるかもしれません。
しかし、WebMoney Liteの月間利用上限額は10万円となっています。

何度も繰り返そうとしても実際に利用ができなければ意味がありません。
10万円のチャージをして現金化するのが上限です。

初回がチャンス

amazonギフト券買取店はいくつもあり競合が激しいです。

しかし、少額のamazonギフト券買取は換金率が下がります。
割が合わないからです。

ただ、amazonギフト券買取店も初回買取は換金率を上げています。
優良amazonギフト券買取店と言われる店舗は初回の買取率を上げているのです。

amazonギフト券の買取率はある意味「時価」です。
買取店が持ち込むオークションサイトなどの相場に左右されます。
それでも、初回の買取であれば90%程度の買取率が期待できるでしょう。

ちなみに、この初回買取率は額面に関わらず適用されます。
ただ、どの買取店もあまりに少額のamazonギフト券は買い取ってくれません。
1万円以上と考えた方がいいでしょう。

少額の現金化にお勧め

このようにWebMoney Liteを使ったamazonギフト券の現金化は1万円単位の少額現金化に向いています。

最近は信販会社だけでなく、amazonも現金化を警戒しているようです。
そんな中、WebMoney Liteを使えば気兼ねなくamazonギフト券の現金化ができます。

ただ、初回のカード利用でamazonギフト券を購入する場合、最長12時間はギフト券番号を送らないこともあります。
一度利用してからでないと、ギフト券番号がすぐ発行されないので、少額でいいので何か買ってから現金化に使いましょう。

ところでPINCOMは?

以前は、WebMoneyでもPINCOMを購入できました。
しかし、現在では購入できません。

それだけではなく、現在PINCOMではWebMoneyが使えないのです。
PINCOMはWebMoneyが運営しているのにおかしいような気がしますが、これが現状です。

PINCOMの今

PINCOMは携帯キャリアでamazonギフト券が買えると人気がありました。
しかし、今では買えません。

PINCOMでamazonギフト券を購入することはできますが、支払方法はVISAとMASTERだけです。

もちろんWebMoneyでも支払ができません。

ちなみに現在PINCOMでは次の商品を取り扱っています。

それぞれ決済できる支払方法は…

↓↓↓

↓↓↓

amazonギフト券以外はドコモ払いが使えますが、他の携帯キャリアで支払うことはできません。

amazonギフト券の現金化はPINCOMがあるから大丈夫と思っている人は要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です