【使うだけで+20%】PyaPayで現金化の還元率が100%以上に!100億円キャンペ

キャッシュレス決済が激化している中、後発組でもあるPayPay(ペイペイ)がとんでもないキャンペーンを打ち出しました。

なんと決済した20%が還元されるという耳を疑うようなキャンペーンです。

2018年12月4日から2019年3月31日までの間PayPayを利用した支払いに月5万円を上限に20%(総額100億円)のキャッシュバックを行うという内容です。

さすがソフトバンクグループ、さすがは孫正義です。

PayPayを通して買うだけで無条件に20%OFF

もはや説明の大盤振る舞いです。

例えば、1万円の商品をPayPayを使って決済します。

すると決済した額面の20%が還元されるというサービスです。

要は、1万円のものが無条件で8千円にディスカウントされるというものです。

永久的ではないので要注意

ペイペイの、この20%還元サービスは最大100億円のスタートアップキャンペーンです。

なので、未来永劫ペイペイを使えば20%還元されるわけではなく、100億円に達した時点でサービスは終了です。

詳細については公式サイトの「100億円あげちゃうキャンペーン」を見た方が早いですね。

あくまでも、サービスを開始したばかりなので利用者を囲い込む広告戦略の一貫ですが、今まさにチャンスです。

12月中がチャンス

ただ、あまりにも圧倒的な還元率のため、あっと言う間に100億円に達してしまうかもしれません。

まさに年末商戦真っ只中のこの12月中がチャンスではないでしょうか。

年末まで持つかな?というくらいの破壊力強いキャンペーンですね。

PayPay(ペイペイ)とは!?

2018年10月5日に「PayPay」を公開されたアプリサービスです。

PayPayを利用するには、事前のチャージが必要です。Suicaのようなものと考えて下さい。

銀行から振込でチャージするかクレジットカードでチャージするかのいずれかです。

基本的には皆さんクレジットカードを使用する事が多いのではないでしょうか。

PayPay株式会社はソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社です。

また、決済ツールはインドで最大の決済サービスPaytm(ペイティーエム)と技術提供を受け連携しているようですね。やはり目の付け所が違いますね孫社長。

ヤフーとの連携も忘れていないようで、Yahoo!JAPAN IDを連携させる事で、Yahoo!JAPANアプリからも利用できるようになっております。

ユーザーだけではなく加盟店や店舗にも有利

今回記事を書いていて実は一番得するのは、キャンペーンを利用するユーザーではなくて、実は解明店や店舗だったりするのです。

なんと、PayPayは店舗側決済手数料を、開始から3年間は無料としているのです。

他にも、Yahoo!ウォレットの実店舗スマホ決済機能は今後提供を中止し、PayPayに統合することも発表されております。

例えば、現在ヤフオクやヤフーショッピングに出店している人と特に恩恵を受けるかもしれませんが、現時点ではまだ正確な情報はありません。入り次第更新します。

ビックカメラで使えば最大28%OFF

前述の通りPayPayを利用して商品を決済すれば20%還元されますが、更にビックカメラでPayPayを利用すればビックカメラから8%が更に還元され、最大28%もの実質割引が受けられるのです。

1万円のものが7,200円です。

こうした流行ものにはビックカメラが付き物ですね。

ビットコインが暴騰した2017年にはいち早くビックカメラがビットコインでの決済を導入したりスピード感が半端じゃないです。

今回のキャンペーン中も買い物するならビックカメラがオススメ中のおススメです。ここでも換金率の高い商品を探せれば高い率で現金化が可能です。

PayPayで現金化が出来る!?

現在絶賛開催中の総額100億円還元キャンペーンの間に、PayPayを使ってどうにか現金化が出来ないものか考えてみました。

結果・・・

余裕やん!

ただでさえ20%分が還元されるんだから、80%で買取や換金できるものを買えば実質100%以上の現金化可能なのです。

と、思ってましたが、ちょっと問題が。そううまくは行きませんね。

PayPayでamazonギフト券の購入は不可

やはりこの手の現金化で一番ベストな方法はamazonギフト券を購入して、業者に売る事です。

しかしながら、換金率ナンバーワンのこのamazonギフト券はPayPayが正式に購入不可というアナウンスを出しました。

それじゃ何が可能なの?

iTunesカードは場所によって可能!?

amazonギフト券のように現金化目的利用される可能性が高いものはNGですが、次点でiTunesカードがあります。

iTunesカードはamazonギフト券の違い換金率が低いです。

  • amazonギフト券の換金率:平均90%
  • itunesカードの換金率:平均73%

このように、もともとiTunesカードはamazonギフト券と違い現金化には決して適してはいない金券になるのです。

なので真っ先に購入不可となったamazonギフト券とは違い、プロテクトから外されている可能性が高いです。

またPayPayでは基本的にamazonギフト券のような例外を除いて、決済可能な品目は解明店の判断に委ねている面があるのです。(※もちろんPayPayのガイドラインに沿っての範囲ですが)

例えば、PayPayでiTunesカード1万円分を購入したとします。この時点でPayPayから20%(2千円分)の還元があります。

そして、今手元にあるituensカードを買取率80%以上の業者で売れば実質換金率100%以上で現金化したことになるのです。

iTunesカード買取店【換金率ランキング】

おススメは新幹線回数券だがリスクも

実は現金化の中で一番のお勧めは新幹線回数券です。

平均買取率ははamazonギフト券を凌ぐダントツの93%超え。

PayPayと合わせると実質額面以上の現金化が可能であり、現金化の夢でもある100%超えを達成することになるのです。

  • 5万円分の回数券を4万6500(93%)で現金化
  • PayPayから1万円(20%)が還元

5万円の決済を利用する事によって、実質5万6500円が手元に残る事になるのです。

6,500円のプラスです。使わない手はないですね。

ただ、新幹線回数券はクレジットカードの利用停止リスクがあるのですが、PayPay(第三者)を通せば回避できる可能性が高いですね。

新幹線回数券で現金化は絶対にダメ!カード停止と詐欺リスク

他にも換金率の高いブランド品などで現金化が可能

上記では、金券系の紹介でしたが少し質屋事情に詳しければ、高い還元率で現金化できることは間違いなさそうです。

定番人気のブランド品のバッグや、ブランド以外でもカメラや家電などもおススメです。

意外と買値が付くので、下手に現金化業者を使うより高く換金できる可能性が高いです。

詳しくは関連リンクをご参照頂ければと思います。

確実に【90%】以上でクレジットカード現金化する方法|厳選11種完全比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です