グーグルプレイカードをクレジットで購入する方法

グーグルプレイカードはアンドロイドスマホの利用者にとってお金のような存在です。
もっとも、値引き販売していることも多いので買い方ひとつでずいぶんお得と言えます。

ただ、現金がない時にはクレジットで買いたいのも事実です。
できればお得に買いたいのですがいい方法はないでしょうか。

コンビニで購入

グーグルプレイカードを売っている場所として、最初に思いつくのはコンビニでしょう。
お店の一番目に付く場所に釣り下がっているからです。

購入するとレジでカードに記載された番号を有効化してくれます。
有効化してくれないとチャージできないので万引きをしても無駄です。

ちなみにコンビニでグーグルプレイカードを購入すると値引きや割増しの特典があります。
結構お得ですね。
このようなお得情報はネットで検索するといっぱいヒットします。

コンビニならクレジットカードが使えますから問題なさそうです。
でも実際はどうなのでしょうか。

原則は無理

実はコンビニで売られているグーグルプレイカードをクレジットカード支払で買うことはできません。
金券購入は現金支払と決まっているからです。

金券購入をクレジットカードでできるようにしてしまうと現金化を容認することになってしまいます。
そのため、どのコンビニでもクレジットカードで金券購入ができないようにしているのです。

しかし、本当の理由は金券の利ザヤが低いので、クレジットカード支払を認めると儲からないからと言われています。
いずれにしても無理なモノは無理なんですね。

例外もあります

とはいえ、何事にも例外というものが存在します。
儲からないからという理由であっても、コンビニの戦略上容認しているケースがあるのです。
簡単に言えば自社カードの利用促進です。

セブンならnanaco

セブンイレブンではnanacoで金券を購入できます。

nanacoはご存知の通りクレジットカードからチャージ可能です。
しかも、系列のセブンカード以外のクレジットカードからでもチャージできます。

チャージをする際には、1回5万円まで、かつ1か月20万円までと制限があります。
しかし、この範囲内であればチャージすることでグーグルプレイカードを購入可能です。

もちろんグーグルプレイカード以外もamazonギフト券だってnanacoで購入できます。
nanacoはセブンイレブンでは最強の支払方法ですね。

ファミマならファミマTカード

こんな例外を認めているのはセブンイレブンだけではありません。
ファミマでもそんな例外があります。
ファミマTカードを使うのです。

ファミマも金券購入は現金支払しか受け付けません。
しかし、ファミマTカードだけは別格です。

セブンイレブンのnanacoとの違いは金額制限が緩い点です。
5万とか20万とかの制限はありません。
カードのショッピング限度額いっぱいまで使えます。

ちなみにファミマTカードはnanacoへのチャージができて0.5%のポイント還元まであります。

ファミマとセブンと二刀流で使える便利なカードです。

ミニストップならWAON

まだまだ例外はあります。
次はイオン系のミニストップです。

ミニストップはイオンカードがメインカードです。
ただ、ミニストップの例外はイオンカードではなくWAONです。
もっともWAONもイオンカードからチャージできるので話は同じでしょう。

チャージの上限は5万円です。
しかし、オートチャージなので回数を分ければ事実上無制限にグーグルプレイカードを購入できます。

正規購入

他にグーグルプレイカードをクレジットで購入する方法はないでしょうか。

クレジットで購入する方法として正規購入が挙げられます。
簡単に言えばGoogleから直接購入することです。

Googleから直接購入する場合でも「窓口」はいくつかあります。
正直にGooglePlayから購入する以外にもお得な方法があるのです。

GooglePlay

本当の正規購入手段としてGooglePlayから購入する方法があります。

発行元からの直接購入なので確実と言えば確実です。
amazonギフト券をamazonで購入するようなものでしょう。

ただ、デジタルギフト券をどのルートで購入しても変わりはありません。
別に「鮮度」が重視されるわけではないからです。
鮮魚を買うわけではありません。

携帯キャリア払いもできる

ちなみにグーグルギフトカードはauとdocomoは携帯払いでOKです。
各キャリアのオンラインシッョブで買えばそのまま携帯クレジットを使えます。
クレジットカード支払より締日が遅くなるので、支払を引き延ばすことができるでしょう。

ちなみにソフトバンクは、グーグルプレイカードを使わなくても「ソフトバンクまとめて支払い」を使えば携帯クレジットと同じことができます。

楽天でもお得に購入

支払手段の一つに楽天もあります。

楽天で購入すると楽天スーパーポイントが付くので、他の支払方法より若干お得です。

値引はない

もっとも、これらの方法はコンビニで購入する場合に比べるとデメリットがあります。
コンビニのような値引も割増もないのです。
これは「本家」が発行している以上仕方ないことでしょう。

携帯クレジットでどうしても支払いたいという場合や、楽天ユーザーの方以外はあまりメリットがありません。

クレジットカードが使えなくても…

ここまでの方法はクレジットカードを使った購入方法です。
しかし、人によってはクレジットカードが使えないことがあります。
そのような場合はどうすれば良いのでしょうか。

バンドルカード

バンドルカードはプリペイドカードです。
しかし、「ポチっと」チャージを使えば、チャージしなくても残高にチャージされます。

この方法でチャージをした翌月末までに支払えばいいのです。

月末締め翌月末払いという感じなのでクレジットカードと一緒ですね。

バンドルカードはVISAカードなのでクレジットカード同様に使えます。
nanacoへのチャージができないのでコンビニなどでグーグルプレイカードを買うことはできません。
しかし、GooglePlayで購入することは可能です。

Paydy

Paydyはスマホの後払いアプリです。

後払いなのでクレジットです。

1カ月の買い物代金を翌月10日までにコンビニなどで支払えばいいのです。
バンドルカードより支払サイクルが早いですが、分割払いもできます。
バンドルカードより使える店舗は少ないですが、オークションサイトのラクマで使えます。
もちろん分割払いも可能です。

ちなみにラクマでは金券の出品は禁止されています。
しかし、探してみると出品されています。

ラクマにはamazonギフト券の出品が多いのですが、たまにグーグルプレイカードも出品されるようです。

Paydyは支払サイクルが短いので一括払いでは難しい時もあるでしょう。
しかし、分割払いができるので心配無用です。
下手に支払が遅れると利用限度額を減らされたり、利用停止になったりします。

後払いである以上信用は大切です。

NP後払い

NP後払いもスマホの後払いアプリです。

利用すると請求書が届くので、届いてから15日以内に支払をすればOKです。
先ほどのバンドルカードやPaydyに比べると締日がないので、締日を使った支払の引き延ばしができません。
ただ、購入時期に関わらず支払サイクルが一定というのも一つのメリットでしょう。

NP後払いはauWowmaで使えます。
auWowmaもネットオークションサイトです。
ラクマ同様にグーグルプレイカードが出品されていることもあります。

NP後払いも後払いです。
支払期日はしっかり守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です