クレジットカード現金化をノーリスクで安全に行うための絶対条件5カ条

始めてクレジットカード現金化をする時は不安がいっぱいですが、実はたった5つの事だけ知っていれば絶対に安全に現金化を行う事が可能です。また、何よりも好条件で現金化するヒントにもなりますので、必ず参考になるはずです。

現金化は実際に一度やってしまえば案外簡単であっけないものだとわかります。
とはいえ、むやみにやっていいモノではありません。

絶対に気を付けるべき5つの約束事があります。

条件1|支払の事まで考えよう

支払いの事まで考える

クレジットカード現金化は一般的に言われるほど危険なのではありません。
確かに優良店をしっかり見極められなければ換金率は高くないので、請求の際はびっくりするでしょう。

しかし、審査なしで素早く資金調達できる手段は現金化の他にありません。
急な入用や、緊急事態には最適の方法と言えます。

ただ、クレジットカード現金化は、支払のことまで考えないと痛い目に遭います。
現金化をして資金調達ができたら「一安心」ではありません。
支払まで無事終わって、初めて「一安心」できるのです。

安全にクレジットカード現金化を実行するために意識すべきことでしょう。

振り込まれて終わりではない

クレジットカード現金化をする際はお金が足りないという緊急事態でしょう。
それだけに、資金調達ができると安心してしまう人も多いはずです。

しかし、カードの請求額を支払えなければ、カードが使えなくばかりか自分の信用も落ちてしまいます。
もちろん支払が遅れれば、差押を含む回収手段を取られるでしょう。

支払のことまで考えておかないと後で大変な事態に陥ります。

支払期日は最長2か月

クレジットカードの支払サイクルは、最長でも2か月です。
締日翌日から締め日までが1か月、締日から支払日まで最長でも1か月しかありません。
この間に自分が調達した資金以上の支払額を調達しなければいけないのです。

クレジットカード現金化をすると支払がすぐできなくなると言われています。
きちんと支払の準備をするのが難しいということもありますが、それ以前の問題として支払のことを考えていない人が多いことも一つの原因でしょう。

うまく支払できれば信用が付く

そして、うまく支払ができたら「高額の決済ができた」という実績が付きます。
信販会社は大口の決済ができるお客を大切にする傾向があるので、災い転じて福となるかもしれません。
ショッピング限度額が上がれば、ボーナス払いなども有利にできますし、クレジットカード現金化も有利にできるからです。

クレジットカード現金化も「カード利用」であることには変わりありません。
しっかり利用すれば、信用が付くのは当然です。

危なければリボ払いで逃げ切ろう

ただ、クレジットカード現金化をすると支払がきつくなることも確かです。
支払がきついのに、無理に1回払いをする必要はありません。

今は、どのクレジットカードでも1回払いをリボ払いに変更できます。
支払日の1週間程度前までにネットで切り替えが可能です。
リボ払いには手数料が必要ですが、もともと緊急事態で利用したクレジットカード現金化ですから、仕方ないでしょう。

条件2|業者をしっかり選ぼう

業者選びはしっかりと

基本中の基本ですが、クレジットカード現金化は利用する業者次第で換金率が変わります。

完全な詐欺師のようなケースは少なくなりましたが、換金率を異常に低くする「悪徳業者」はまだまだ存在しており、一定期間運営してはサイト前を変えつつ繰り返し出没しているのです。

このような悪徳業者に引っかかってしまうと、自分が必要とする資金の何倍ものクレジットカード現金化をしなければいけなくなりかねません。
支払が難しくなることは確実です。

このような気遣いも、クレジットカード現金化を安全に実行するコツと言えるでしょう。

事前準備が大切

このような悲劇を防ぐためには、事前準備が欠かせません。
事前準備といっても難しいものではありません。
ひょっとしたらクレジットカード現金化を使うかもしれないと思ったら、業者を事前に探せばいいのです。

換金率が高いという意味ではなく、正直という意味での優良業者は存在します。
クレジットカード現金化は、その仕組みから換金率は8割程度です。
高い換金率を期待すると、痛い目に遭います。

口コミサイトを利用する

では、このようなクレジットカード現金化業者はどのようにして探せばいいのでしょうか。

一番確実な方法は口コミサイトです。
それも、悪徳業者などが運営しているサイトではなく、本当の「口コミサイト」を探す必要があります。※当サイトのような口コミサイトです(笑)

まともな口コミサイトは投稿数が多く、かつ特定の業者の記事ばかりではありません。
逆に特定の業者ばかり持ち上げているサイトはアテになりません。

このようなサイトをいくつか探すと、評判のいいクレジットカード現金化業者はある程度分かります。

クレジットカード現金化総合ランキング

慌てると失敗する

これに対し、事前準備をせず、いきなり「お金が足らない」とばかりにクレジットカード現金化業者を探すと悪徳業者に引っかかる可能性が高くなります。

この手の業者ほどSEO対策をして検索順位が高い位置に紛れ込んでいるのです。
そのため、手っ取り早く現金化をしようとする人は引っかかってしまいます。

クレジットカード現金化業者のほとんどはネット上の業者です。
相手の素性が全く分からず自分のクレジットカード情報を提供するのですから、危険なことは当然でしょう。

事前準備なしにクレジットカード現金化をするのは非常に危険なのです。

新規業者は避けよう

そして一番避けるべきことは新規業者を使うことです。
先ほど述べたように悪徳業者は名前を変えて新規開業するので、新規業者は悪徳業者が多くなります。

口コミサイトを見れば、昔から営業している業者は名前が出ているのでわかりやすいでしょう。
少なくとも、歴史があれば「生き残っている」ということで「悪くはない」業者だと言えるでしょう。

条件3|利用金額は最低限に抑える

利用金額は最低限で

そして、クレジットカード現金化をする際には最低限の資金に留めることは必須です。
「余裕を持とう」などと考えてしまうと、決済額が大きくなり結果として支払額が増大します。

クレジットカード現金化は一般に言われているほど危険ではないと、冒頭に述べましたが、支払ができなくなる危険性はあります。
このリスクを最低限に留めるためには、現金化の金額を少額にすることが一番なのです、

リスクを抑えることで、クレジットカード現金化は安全な資金調達方法となります。

現金化は危険だと知っておこう

クレジットカード現金化を必要以上に危険視する必要はありません。
ただ、先ほど述べたように危険な要素があることは忘れていけないのです。

しかし、最大のリスクである「支払えないリスク」は、利用金額を最低限に留めることで軽減できます。
こうすることで、クレジットカード現金化の「危険性」も最低限に留めることができるのです。

最低限の金額なら支払も楽

必要最低限の金額であれば、支払も無理なくできることが多いです。
クレジットカード現金化をする金額が支払えないほどの金額であれば別ですが、利用額が少なければ、万が一支払不能になっても傷が浅いと言えるでしょう。

もちろんリボ払いにしても毎回の支払額は少額で済みますし、事情が許せば早期完済も可能です。
最低限の利用に留めることが、クレジットカード現金化を安全に行うコツでしょう。

多額になるほどリスクが増える

これに対し、多額になるほど支払ができなくなるリスクが高くなります。

「余裕をもって」必要以上のクレジットカード現金化をしてしまうと、締日から半月程度後に請求額を知って愕然とします。
この時では手遅れになっていることが多いです。

最悪のパターンは、支払日直前になって請求額を確認するケースでしょう。
リボ払いに変更もできず、どうしようもないまま支払不能になってしまいます。

10万以下なら問題になりにくい

クレジットカード現金化を最低限の金額にすることは、信販会社にバレずにクレジットカード現金化をすることにもつながります。
クレジットカード現金化がバレるのは、盗難カードかと疑われて電話などがかかってくる時です。

金額が10万以下なら、信販会社から電話があることはまずありません。
必要最低限の金額に留めることは、この意味でもクレジットカード現金化を安全に実行することにもつながります。

条件4|現金化は最後の手段

現金化は最終手段として使う

先ほど必要最低限の金額に留めることと述べましたが、それ以前の問題として、クレジットカード現金化は最後の手段とすることも大切です。

必要最低限の金額に留めるとともに、必要以上に利用しないことも安全にクレジットカード現金化をすることには大切です。

現金化をする前に他の方法を探がしてみよう

クレジットカード現金化は、お金の緊急事態に実行することです。
ただ、安易にクレジットカード現金化に頼るのではなく、他の方法はないかを探ることも大切でしょう。

例えば、自分のクレジットカード支払をリボ払いにすることで資金が浮きます。
クレジットカード現金化をするより、リボ払いの手数料の方が間違いなく負担額は少ないはずです。

このように、支払を調整することで資金が浮くこともあります。

確実に【90%】以上でクレジットカード現金化する方法

消費者金融の方が有利

また、可能であれば消費者金融を利用するのも一つの方法です。

よく、消費者金融は審査が厳しいと言われます。
実際に大手の審査通過率を公表データから見ると5割を切っているようです。

しかし、それは総量規制、つまり年収の3分の1を越えて借りようとする人が多いからでしょう。
今まで消費者金融を利用したことがない人は、案外通ります。

給料の前借も一つの手段

事情が許せば給料の前借をお願いすることも一つの方法です。
給料の前借ではなく、会社の福利厚生制度を使ってお金を借りることもできます。

親や兄弟からお金を借りるのも一つの方法です
資金調達の手段は、自分が気付かないだけでいっぱいあります。

友人からの借金はやめよう

ただ、あまりお勧めできないのは友人からの借入です。
たいてい返済できなくなることが多く、友情が壊れます。
貸してくれと言われると相手も断りにくく困ってしまうでしょう。

別の借入をトライするか、クレジットカード現金化を決断するかすべきでしょう。

条件5|警戒を怠らない

しっかりと警戒すること

何度も言いますが、クレジットカード現金化は信販会社が非常に警戒している行為です。

規約で禁止しているということもありますが、利用者が支払不能になる可能性が非常に高いためです。
もしバレたらカードの使用は停止され、信用もガタ落ちです。

こんな悲劇にならないようにクレジットカード現金化をする際には、極力警戒を怠らないことが大切でしょう。

安易な現金化はすぐにバレる

そんなことはないだろうと油断していると、クレジットカード現金化業者との取引をしている最中に信販会社から電話がかかることがあります。

この時、慌ててしまって相手の問いかけに対してまともに答えれないと不正利用と思われてカード利用が停止されるでしょう。

信販会社は、盗難カードの利用を警戒しています。
そのための警戒システムを信販会社は構築しているのです。

amazonギフト券買取もやりにくくなっている

クレジットカード現金化業者ではありませんが、現金化の手段としてamazonギフト券が挙げられます。
ネットで購入できる金券であり、換金率も90%を超えることが多いため大人気ですが、こちらは信販会社だけでなくAmazonも警戒を始めました。

Amazonは「不正利用を助長している」と非難されたくないため、クレジットカード現金化を警戒しているのです。
結果として、amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化も難しくなっているのが実情です。

amazonギフト券買取業者【換金率ランキング】

新幹線回数券での現金化は特に危険

現金化する上で最も危険なのが新幹線回数券を使った方法です。
一昔前まではクレジットカード現金化の最適な方法と言われていました。
しかし、JR各社が信販会社とともに警戒を始めたのに加え、ネット予約ができるようになったため需要が減りました。

結果として、新幹線回数券を利用する人が減り、クレジットカードで大量購入しようとすると警戒されるようになったのです。

新幹線回数券で現金化は絶対にダメ!カード停止と詐欺リスク

バレたら大変なことになる

クレジットカード現金化が信販会社にバレると、単にそのカードが使えなくなるだけでなく、信用情報機関に登録される可能性があります。

CICなどの信用情報機関は、支払事績などのデータを登録するだけでなく、特定の情報を「備考」欄に記載することもあるようです。
クレジットカード現金化をすると、一発で書かれてしまうでしょう。

ある意味、これがクレジットカード現金化をする際の最大リスクと言えます。

まとめ

クレジットカード現金化をする時はお金の緊急事態でしょう。
そんな時だからこそ、慎重に振る舞わないと失敗します。

クレジットカード現金化は取扱額が多いので、失敗すると大変なことになります。
必要とする予感がしたら早めの準備が成功するコツです。

クレジットカード現金化を安全に利用する第一歩は事前準備だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です