【30分でお金を作る方法】今すぐ現金化したい人は必見の厳選7種

クレジットカード現金化はスピーディーに資金調達ができる方法です。

やり方はいろいろとありますが、換金率に差があります。

また様々な方法があるため、その人の状況によって何が一番適しているのか分かりません。

ここでは現在できる現金化の中でもっともお勧めの厳選した7つの方法をご紹介します。

上からおススメ順に掲載していきますので、自分に一番合った方法で現金化作りましょう。

確実に【90%】以上でクレジットカード現金化する方法

信販会社のギフトカード

クレジットカード現金化で一番お勧めできる方法として信販会社が発行しているギフトカードが挙げられます。
換金率もいいですし、当然クレジットカードで購入可能です。

場所は限られますが、信販会社ギフトカードは信販会社の営業所以外の場所で購入できます。
そのため、アクセスしやすい場所で購入し、そのまま近くの金券ショップで換金することが可能です。

クレジットカード現金化が必要な場合は時間がタイトなことが多いでしょうから、この方法がベストでしょう。

換金率はダントツ

信販会社ギフトカードは換金率が90~95%以上とかなり高いです。

お歳暮やお中元の時期は需要が増えるため、5月から6月、10月から11月といった時期は「在庫確保」のために買取率が若干ながら上がる傾向にあります。
特に11月頃は日によって買取率が97%程度まで上がることもあるため、ほぼ額面通りの買取をしてくれるでしょう。

金券ショップの相場は「横並び」で買取率を決めています。
お店が密集している激戦区は、買取率が0.1%までピッタリ揃っているため、新橋や神田などのように金券ショップが多い地域でしたら、どこで売っても最高値です。

目についてお店で買取をしてもらっても大丈夫です。

お勧めはJCBのギフトカード

信販会社ギフトカードの中で一番クレジットカード現金化に適しているのがJCBギフトカードです。

JCBオリジナルと呼ばれる、JCB発行のクレジットカードでなければ購入できなくなってしまったようですが、該当するカードを持っている人はチャンスでしょう。

また、JCBギフトカードはJCBの営業所以外でも多くの店舗でギフトカードを購入できます。

ただ、JCBのギフトカードを購入できるお店でも、クレジットカード支払ができないことがあります。
JCBの公式サイトから、どのお店でクレジットカード購入できるかを調べる必要があるでしょう。
次のサイトから検索できます。

JCBギフトカード販売店検索

支払い方法の「JCBカード支払可能」にチェックを入れて検索すれば、お目当てのお店を探すことは簡単です。
結構、全国にクレジットカードでギフトカードを購入できるお店があります。

VISAギフトカードも可能

上記ではJCBギフトカードを紹介しましたが、VISAが発行する「VJAギフトカード」もクレジットカードで購入できます。
以前は、VISA系の信販会社営業所かネット申込でしか購入できなかったのですが、最近は購入できるお店が徐々に広がっているようです。

VJAギフトカードも換金率はJCBギフトカードと同じレベルの換金率ですから、クレジットカード現金化をする際には最適と言えます。
クレジットカードで購入する際には、次のサイトで検索可能です。

VJAギフトカード販売店検索

上記のサイトにエリアなどを入力し、最後に「カード支払可能先」というボタンをクリックすると店舗一覧が表示されます。
表示された店舗はすべてクレジットカードでVJAギフトカードの購入が可能です。

利用できるカードはVISAやMASTERカードです。
カード発行会社は問わないようなので、三井住友系のカードでなくてもできるようですが、不安であれば一度確認してから買いに行った方がいいでしょう。

現金化のしすぎには注意

もっとも、手軽にできるからといい気になって100万円単位の金券を一発で購入することは危険です。
信販会社は不正利用察知システムを24時間体制で稼働していますから、何か問題がありそうな場合はすぐに電話があります。

JCBでは金券類の購入可能限度額をショッピング枠の中に設定しています。
そのため、金券購入をする際には加盟店から金券購入の情報が同時に届くのでチェックが厳しいです。

多額のクレジットカード現金化をする際は、JCBとVISAを併用するというような気遣いも大切です。
50万円を超える場合は注意が必要でしょう。

amazonギフト券で資金調達

現金化をする際、2番目にお勧めできる方法として、amazonギフト券が挙げられます。
買いやすく、換金スピードが早いため、30分程度で資金化することが可能です。

amazonギフト券はご存知の通りamazonでギフト券を購入し、そのギフト券を買取業者に送って売却を依頼することができます。
買取業者はオークションサイトのようなサイトで売却をして売れると自分の口座に振込をしてくれます。

大抵の買取業者は15分から20分程度もあれば、オークションサイトで売却してしまいます。
もっとも、深夜や早朝はオークション参加者がいないのでもっと時間がかかります。

換金率の目安は90%

気になる換金率は大体90%前後が目安です。
時期によってはもう少し低くなる時もあれば、93%くらいまで上がる時もあります。

ただ、どの買取店も初回は買取率を上げているため、優良店と呼ばれるお店をいくつか探しておけば毎回「初回」扱いです。

なお、amazonギフト券を売る際、換金率を気にするあまり自分でオークションサイトに出品する人もいますが、お勧めしません。
値付けやタイミングが悪いといつまでたっても売れないからです。

簡単で買いやすい

amazonギフト券のメリットとして「買いやすい」点が挙げられます。
amazonでEメールタイプのamazonギフト券を購入すれば、そのまま買取店に転送できますから、スマホだけでクレジットカード現金化が可能です。

忙しい人やサラリーマンの人にお勧めです。

買取サイトが多い

amazonギフト券は買取サイトが多くあります。
悪徳店舗もあるため要注意ですが、口コミサイトなどを見れば評判のいい店舗はわかります。

俗に「優良店」と言われているamazonギフト券買取サイトは5~10サイト程あり、どこでamazonギフト券買取を依頼しても換金率はほぼ変わりません。

amazonギフト券買取業者ランキング【最新版】

新規クレカは待たされる

amazonギフト券を購入する際、一つだけ注意点があります。

amazonはamazonギフト券が現金化に利用されることを警戒しており、新規のクレジットカードでamazonギフト券を購入すると12時間発行を留保されることがあります。

急いでいる時にこんなことをされてはたまらないので、amazonのアカウントで決済実績があるカードを使うことが必要です。

新幹線回数券で現金化

昔からクレジットカード現金化の手段として有名だった新幹線回数券は、現在利用しにくくなっています。

amazonギフト券より換金率は高めですが、JRが新幹線回数券からスマートEXなどのサービスに軸足を移しつつあります。
また、信販会社からの要請でクレジットカードで新幹線回数券を購入する際には信販会社に照会していることもあるのです。

換金率は92~95%付近

新幹線回数券の換金率は結構高く92~95%の間で推移します。
人気区間と言われる東京から新大阪の区間であれば、最大95%の買取率が見込めるでしょう。

新幹線の駅が近い東京や品川などの金券ショップは新幹線回数券の需要があるため、買取率が高めです。
新幹線回数券でクレジットカード現金化をするなら、東京や品川で購入し、近くの金券ショップに持って行くのが時間もかからず換金率も高くなるベストの方法です。

最近ややこしくなっている

とはいえ、最近はJRが新幹線回数券をクレジットカードで購入する顧客に対して理由を聞いたりすることがあるようです。
1冊程度を購入するのであればいいのですが、2冊3冊と購入すると聞かれることがあります。

また、信販会社も金券購入の際には決済確認情報を送信する際に、金券購入の情報を同時に送っているようなので、電話照会をされる可能性が高いです。

多額の現金化は難しい

新幹線回数券でクレジットカード現金化をする際、多額の現金化を予定しているのであれば注意が必要です。

換金率が高いので魅力的なことは間違いありませんが、多額の現金化には向かないということは知っておいた方がいいでしょう。

あまりお勧めしません

新幹線回数券でクレジットカード現金化をするのは、このような理由もありあまりお勧めできません。

できれば、換金率は落ちてもamazonギフト券を利用したり、いっそのこと信販会社ギフトカードを利用したりすることをお勧めします。
信販会社ギフトカードは、取扱店舗のガードがJRほどきつくない様子です。

新幹線回数券で現金化は絶対にダメ!カード停止と詐欺リスク

クレジットカード現金化業者

次に現金化でお勧めする手段としてクレジットカード現金化業者が挙げられます。
ちょっとした手続が必要ですが、時間はほとんどかかりません。
たばこを一本吸っている間に終わってしまうかもしれないほどです。

クレジットカード現金化業者は、表向き「物品販売業者」です。
クレジットカードで商品を購入すると「キャッシュバック」を振り込んでくれます。
こうして現金化ができるわけです。

後で自宅に「購入したもの」が送付されます。
すぐに捨てても構いません。

換金率は平均70%から75%

クレジットカード現金化業者の換金率は70%から75%と低めです。

よく「98%」とか表示されていることがありますが、信じてはいけません。
何らかの手数料を差し引いて、決済金額とキャッシュバックを比べると70%から75%になっているはずです。

ただ、数は少ないですがしっかりした優良業者さえ選ぶことが出来れば実際に90%以上の現金化が可能なのです。

クレジットカード現金化業者換金率ランキング

店舗もネットもあります

クレジットカード現金化業者には、店舗もネットもあります。

店舗型は指定店でクレジットカード支払により商品を購入し、それを買い取る形を取っています。
そのため、クレジットカード現金化業者とは言え、古物販売の許可を警察からもらっています。
ネットの店舗は単なる物品販売業なので、許可などは何も持っていません。

どちらのお店を使ってもいいのですが、買い取りの形を取るお店は、時間がかかる傾向にあります。
もっとも、30分を大きく上回ることはないでしょう。

優良店を探そう

店舗型であれ、ネット型であれ、クレジットカード現金化業者は数が多いです。
ただ、その実態は玉石混合と言っていい状態になっています。

ネット型の優良店はネットなどで検索すればすぐ探すことができますが、店舗型の情報はネットではあまりよくわかりません。
できればネット型のクレジットカード現金化業者を利用した方が安全と言えそうです。

楽に換金できます

ネット型のクレジットカード現金化業者は換金が楽です。
スマホ対応のお店ばかりですから、スマホ上で全て終わります。

amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化もスマホだけでできますが、amazonでamazonギフト券を購入して、そのまま買取店に送付する必要があります。
また、買取店とのやり取りも必要です。
30分以上かかることはないでしょうが面倒でしょう。

これに対し、全ての処理がワンストップでできるクレジットカード現金化業者はかなり利便性が高いと言えるのではないでしょうか。

携帯クレジットで現金化

クレジットカード現金化業者の別形態として、携帯電話決済すなわち携帯クレジットというものが挙げられます。

仕組みはクレジットカードと同じで、携帯電話会社のクレジット機能を使う点が違います。
ただ、利用代金は後日クレジットカードの請求に加算されますから、支払時期が遅くなるメリットがあります。

換金率は70%から75%

携帯クレジットを利用したクレジットカード現金化の換金率は、70%から75%とクレジットカード現金化業者とあまり変わりませんが、90%を超えるような優良店が存在しません。

カードの枠が一杯であったり、そもそもクレジットカード自体を持っていない人には割は悪いですが、それなりに助かるはずです。

消費者金融を新規に利用すると、契約手続に最低1時間は必要です。
それに比べると、10分程度で振り込んでくれる携帯クレジットは頼りになります。

ネット店舗のみ

携帯クレジットを使ったクレジットカード現金化業者はネット店舗のみです。

業者は、既にクレジットカード現金化をしている業者ばかりなので、手際が悪いことはありません。
前述しましたが「優良店」が存在しません。換金率が70%台で良ければ利用しましょう。

月10万円くらい

ただ、携帯クレジットの最大利用金額は一般的に月間で10万円程度です。
換金率が70%から75%なので、手にできる現金は7万程度と考えた方がいいでしょう。

利用シーンとしては、飲み会の会費が足らないというような小口の現金化ではないでしょうか。
平日午後3時以降や土日でも対応できる業者が多いのでずいぶん助かるでしょう。

3大キャリアどこでもOK

携帯クレジットは、ドコモ・au・ソフトバンクと3大キャリアはすべて利用できます。

ただし、携帯クレジットはあらかじめ申請をしないと使えません。
事前準備をしておけば慌てません。
支払が順調な方であれば、10万円の限度額がすぐもらえるのではないでしょうか。

今後、楽天も携帯電話事業に参入してくるのでこの辺の幅も広がってくるかもしれません。

ブランドバッグで資金調達

クレジットカード現金化の手段としてブランドバッグの換金も挙げられます。
ただ、若干時間がかかる場合があるので、ネットなどでの情報収集は欠かせません。

肝心な換金率は6割から7割と高くありません。
ただ、多額の現金化を特に気にせずできるメリットがあります。

ルイ・ヴィトンでも70%程度

ブランドバッグの買取率は、ルイ・ヴィトンなどの人気ブランドであっても最高で70%程度です。
売れ筋の商品であれば、需要があるのでもう少し高いかもしれませんが、8割程度を期待しても無駄です。

買取店の買取率を見ると、ブランドバッグの税抜き価格と買取価格を比べて8割と表示していることがあります。
しかし、百貨店への支払額は当然税込みなので勘違いしないようにしてください。

カード会社にバレにくいのでリスクが低い

ブランドバッグを利用したクレジットカード現金化は信販会社にバレにくい点がメリットです。

金券を100万円単位で購入すると、ほぼ間違いなく信販会社から電話確認があります
しかし、ブランドバッグをたまに利用している百貨店などで購入しても電話確認はされません。

現金化で不安を覚える理由として、信販会社の電話を挙げる人が多いようですが、この方法であれば心配いりません。

ボーナス払いが使える

ブランドバッグでクレジットカード現金化をするメリットの一つにボーナス払いができることが挙げられます。
高額商品を購入すると、支払に苦労することがありますが、ボーナス払いであれば支払日がはるか先なので気が楽です。

また、百貨店のクレジットカードを持っていれば、ポイントがかなり貯まります。
これは意外と大きなメリットです。

買取店を探しておこう

ブランドバッグで現金化をする際には、事前に買取店を探すことをお勧めします。
百貨店の近くに大手買取店があればベストですが、周囲にない場合にはどこまで行けばいいかを調べないと30分以内に現金化ができません。

ただ、大手買取店はネットで店舗案内を表示していますから、スマホからでも簡単に調べることができます。
ブランドバッグを買いに行くついでに調べてもいいでしょう。

ブランド時計で現金化

ブランドバッグ同様に多額の現金化が必要な際にお勧めできる方法としてブランド時計が挙げられます。
百貨店の時計売り場で恭しく売られているでしょう。

ブランドバッグ同様に7割程度の換金率が期待できますが、人気商品の場合は8割に近い換金率になることもあります。

買取店ではロレックスなどのブランド時計について買取を強化しています。
そのため、事前にブランド時計の買取率を大手買取店のサイトでいくつかチェックしておくといいでしょう。

換金率は70%から75%

ブランド時計の換金率は実は思いのほかと高く70%から75%となっております。
ロレックスなどのような売れ筋時計を買取依頼すれば、換金率は安定しています。

時計マニアの方は、もっといいブランドがあると言われるかもしれませんが、買取店の視点は「ブランド」ではなく、「売れるかどうか」であることは忘れていけません。
売れる商品であれば、換金率が高く、いくら評判が高くてもそのブランド価値が知れ渡っていなければ買う人が少なくなり、換金率は下がります。

多額の現金化が可能

ブランド時計のメリットとして多額の現金化ができる点が挙げられます。
ブランドバッグのスーパーブランドであるヴィトンでもバックの価格は20万円程度でしょう。
エルメスのバーキンであれば100万円程度しますが、商品在庫がいつもあるとは限りません。

これに対し、ロレックスの時計は通常50万円程度の商品でも在庫はいつでもあります。
資金が必要な時に百貨店の時計売り場でロレックスを購入し、すぐに買取店へ行けば30分程度で多額の資金調達が可能です。

ボーナス払いが使える

多額の資金調達をすると支払が気になります。
しかし、百貨店でロレックスなどの時計を購入するとボーナス払いが使えます。
百貨店発行のカードであれば、ボーナス払いの期間が長いので、ほぼいつでもボーナス払いが可能です。

ボーナス払いが必要なければ一括払いでもいいでしょう。
高島屋カードの場合、ポイント還元率が10%になることがあります。
かなりの「おまけ」が期待できますよ。

買取店を探しておこう

ブランド時計はブランドバックより買取店が少ないです。
そのため、ブランド時計でクレジットカード現金化をするかもしれないと思ったら、買取店をピックアップすることをお勧めします。

大手買取店であれば、たいていブランド時計も買取対象になっていますが、鑑定が難しいので店舗が限定されていることがあるようです。
あらかじめ調べておいた方が無難です。

クレジットカード現金化の方法として

  1. 金券
  2. 専門業者
  3. 商品

が挙げられます。

どの方法も30分程度で資金ができる頼りになる方法です。
ただ、一長一短があります。
どの方法が自分にとって都合がいいかを考えておくと、いざという時に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です