・クレジットカードの現金化

再三ブログにも記載してますが、誰もが一度は目にしたことのある「カード現金化」の文字。

しかし、クレジットカードを現金化するってどういうこと?と、まだまだ疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

クレジットカード自体は他人への貸与すら禁止されているもの。もちろんカードをそのまま売却して現金を得ることはできません。
そこで、クレジットカードの現金化とは、カードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法なのです。

カードの現金化は、専門の業者を利用して行うこともできますし、第三者の手を借りることなく自分で行うこともできます。
自分で行う場合は、ゲーム機や新幹線のチケットなどをカードで購入し、中古ショップや金券ショップに買い取ってもらうという方法を取ります。

業者にお願いする場合は、その業者が指定する商品を自分のクレジットカードを使ってカード払いで購入し、それによって業者からキャッシュバックを受けるという形で行うのです。

カードの現金化を行えば、クレジットカードのキャッシング枠が限度額に達している場合でもすぐに現金を手にすることができるため、上手に使うと非常に便利なものだと言えるでしょう。

・クレジットカードの現金化は禁止されている?

クレジットカードの現金化については、カード会社の利用規約によって明確に禁止されています。

カードを現金化に利用したことが分かった時点で、カードを利用停止状態にされてしまう場合もあるのです。
しかし、「自分で使うために」新幹線のチケットを購入することには何も問題はありません。直前で旅行の予定がキャンセルになったため、そのチケットを金券ショップに売ることになったとしてもおかしくはありませんよね。

同様にカード現金化の業者が指定した商品が、たまたま欲しくなってクレジットカードでを使って購入したとしても、カード会社に何かを言われるはずもないのです。

つまり、あなたが購入してもおかしくないモノをカード払いで買うだけでは、カード会社はそれがカードの現金化だと特定することはできません。よって、注意点を厳守すれば、カードが使えなくなってしまうということはありえないのです。

 

・カードの利用停止を防ぐためには

カードの利用停止を防ぐために最も有効なのは、自分で現金化を行うのではなく、業者を通すということです。

結局のところ、一番のリスク回避はここに落ち着いてしまうのです。

自分で現金化しようと思うと、どうしてもゲーム機や新幹線の回数券など、カード会社のチェックリストに入った商品を購入することになります。

その為、換金率の良い最新型のゲーム機を何台も購入したり、短期間に大量の新幹線の回数券を買ってしまうと、現金化目的ではないかとカード会社に疑われる原因となってしまうのです。

その点、現金化業者を通した場合、カード会社に通知されるのはあなたが普通のアクセサリーショップやブランドショップで買い物をしたという履歴だけです。
普段から買い物に利用しているクレジットカードなら、現金化に使ったとわかるはずもありません。

・賢く使おう!

クレジットカードの信用情報に傷がついてしまうと将来ローンを組めなくなってしまうこともあります。
そんな事態に陥らないように、カードの現金化を行う際には、良い業者を使ってカード会社に不正利用の疑いをもたれることのないよう注意深く利用しましょう。