クレジットカート現金化という言葉から何を連想するでしょうか。
おそらくクレジットカードで金券等を購入して転売することを連想するのではないでしょうか。
しかし、クレジットカード現金化はもっと大きな可能性を秘めています。

クレジットカード本来の機能をフル活用し、さらにクレジットカード現金化を組み合わせることで手持ちの現金を減らさないことができます。

手持ちの現金を大切にすることをあまり意識していない人が多いようですが、消費者金融などの即日融資を頼ったり、給料日前にお金が足らなくなってキャッシングサービスを利用したりする習慣が続くと、借金生活から抜け出せません。

クレジットカード現金化で資金不足を解消し、余計な支払をなくす習慣をつけることがお金に困らない生活をする最初の一歩です。

クレジットカード現金化の用途は広い

このようにクレジットカード現金化は、ただ単に資金不足解消のためにお金を調達するだけではありません。貪欲にクレジットカード払いに拘るとともに、ポイントゲットやアフィリエイトサイトを利用したキャッシュバックを受けることで手持ち現金を増やすことが大切です。

そのためにいろいろな手段があります。

クレジットカード現金化を単なる借金の手段だと考えてしまうと柔軟な発想は生まれません。支払を遅らせるというクレジットカード本来の機能をフル活用し、更に支払が厳しければクレジットカード現金化で資金調達をするのです。

例えば、海外旅行の費用が20万円かかったとしましょう。

最初からクレジットカード現金化で20万円の現金を調達するのはあまり賢い選択ではありません。決済日までに2か月あれば、給料日を2回通過することになりますから、5万円ずつ資金を確保すれば決済日に10万円準備することができます。

足らない10万円だけクレジットカード現金化で資金確保をすればいいのです。

クレジットカード現金化を金券などの割のいい手段で実行すれば、年利換算で18%程度とさほど高くない負担で資金確保ができます。信用情報にも記録されないので有利な借入だと言えるでしょう。

しかし、多額の金券をクレジットカードで購入することは現在難しくなっています。金額が大きいともっと割の悪い商品によるクレジットカード現金化が必要になります。

クレジットカード現金化は有利な資金調達方法ですが、できるだけ必要額を減らすことがスムーズに実行するコツですし、そのためのツールは数多くあります。

金券ばかりが能ではない

クレジットカード現金化というと金券の換金を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、今日すぐに換金したいという差し迫った事態でなければ、もっと別の方法があります。

また、新発売直後のゲームソフトや電化製品をクレジットカードで購入し、すぐにヤフーオークションなどに出品すると結構値段が上がることがあります。場合によっては利益が出るほどです。
そこまでいかなくても、ゲームソフトは大手も含めて買取業者が競合しており、新商品の買取率は高いです。

またネット上の金券である、Amazonギフト券を例に挙げると、Amazonギフト券の買取業者に換金依頼すると大体9割程度の換金率です。
しかし、時間は若干かかるものの、マッチングサイトと呼ばれるオークションに出品すると93%程度の換金率が期待できます。

クレジットカード現金化を実行するにあたり、新幹線回数券や信販会社のギフトカードに頼る人も多いようですが、必ずしも賢い選択ではありません。

最近は信販会社のガードが堅いため、あまりに多額だと確認の電話が入り面倒なことになる可能性があるのです。もっと別の方法でクレジットカード現金化を実行することを模索することで、効率のいいクレジットカード現金化を実行することができます。

手持ち現金は死守しよう

クレジットカード現金化を実行する目的で多いのが現金不足です。

お金があればクレジットカード現金化などしないよと言われるかもしれませんが、そうならないようにクレジットカードをフル活用することもクレジットカード現金化の一つの手法です。
基本的な考え方は手持ち現金の確保であり、そのために徹底した支払の繰延をすることが大切です。

商売をする人はクレジットカード払いの売上を本音では歓迎していません。手数料が最低でも5%程度差し引かれますし、売上代金自体の入金も遅れるためです。

その反面、仕入代金は現金払いではなく掛け仕入れの方法を利用し、支払は1か月から2か月程度遅らせるのです。卸売業の会社が往々にして資金繰りが厳しくなる原因の一つです。

このようなことを個人が実行するためにはクレジットカードが必要です。

スーパーの買い物を現金で支払っている家庭の主婦が、スーパーのハウスカードを利用することで支払が2か月程度伸びます。その間の買い物代金は通帳に留保され、同じスーパーでハウスカードを使い続ければ、資金は留保し続けます。

スーパーの買い物だけではなく、他の支払もクレジットカード払いにすることで留保される資金は増加します。
クレジットカード現金化は、新幹線回数券などの購入代金を信販会社に肩代わりさせ、それを転売して資金確保するという方法が多いです。しかし、自分の支払代金の繰延を信販会社に肩代わりさせれば、その効果は同じです。

いい人が成功するとは限らない

商売は実直で正直者であることが大切だと言われます。得意先や取引先を大切にすることが商売を延ばすコツだともいわれます。

この言葉は間違いではありません。いい商品やサービスを提供することが事業発展の秘訣であることに異を唱える人はいないでしょう。
しかし、資金だけはこのことが必ずしも当てはまりません。売上代金は少しでも早く回収し、支払はギリギリまで遅らせることが事業を安定して運営し続ける秘訣です。資金は事業継続の血液となるものです。不足すれば失血死します。

とはいえ、「実直で正直者」の経営者や事業者の中には、相手のことを考えるあまりに支払を現金でしてしまうことがあります。利息相当額の仕入割引を適用すればいいのですが、そのようなことをしていないことが多いです。
このような事業者は売上代金の回収も相手のお願いに乗ってしまい、資金確保が遅れがちです。黒字倒産という言葉がありますが、どれだけ業績が良くても資金確保ができなければ事業を継続させることはできません。

事業をスムーズに継続させるためには、資金確保には貪欲である必要があります。要するに手持ち資金をギリギリまで減らさない努力が必要なのです。このことは個人の生活でも同様であり、クレジットカード現金化が大切である一つの理由です。

あまり感心しない話だと言われるかもしれません。しかし、事業継続をするためには必須の法則です。いい人が成功するとは限らないのです。

一流社長は借金をしてギリギリまで払わない

事業を成功させている社長さんの多くは顧客が喜ぶ商品やサービスを提供しています。しかし、仕入先である取引先の評判は良くないことが多いです。

何かの本に出ていましたが、普通の経営者は借金を怖がってせず、小粒の経営者は借金をして事業拡大をしつつ早く返済するとのことでした。そして、一流社長は借金をして事業拡大をしますが、返済はギリギリまでしないのです。
こうすることで資金を自社に確保します。そして銀行との交渉では自社の資金繰りが良く、かつ大型の借入をすることで利率をギリギリまで下げる交渉をするのです。借金の返済が遅くなっても金利が低ければ負担額は大きくなりません。

同じことは個人生活でも当てはまります。

日頃の生活資金をクレジットカード払いにすることで支払をギリギリまで遅らせれば資金が自分の銀行口座に留保されます。そして、大型家電製品などを購入する際には家電量販店ではなく現金払専門店を使い1割引で購入するのです。

クレジットカード購入であれば2か月の支払猶予期間があるじゃないかと言われるかもしれません。しかし、1割引ははるかにメリットがあります。どちらがいいかは改めて言うまでないでしょう。
資金繰りの大切さは事業者だけの話ではありません。個人の生活でも資金繰りという意識を持つことで自分の資金を確保し続けることができます。こうすることで余裕のある生活を実現することができるのです。

一度自分の生活を見直してみませんか?

クレジットカード現金化の効果

クレジットカード現金化を意識したクレジットカードの利用をすると、自分の生活が変わります。

まず、お金に追われる生活から抜け出せます。クレジットカードの利用をするだけで、今まで自分が支払っていた現金を信販会社が立て替えてくれるのです。
公共料金の支払を口座引落やコンビニ支払にしていると、知らないうちに現金が財布から消えていきます。財布に現金が入っていないと、銀行口座から引き出すことになりますが残高がなくなってしまうと消費者金融などを頼る事になります。

しかし、このような支払をすべてクレジットカードに変えると支払を遅らせることができます。翌月には支払をしなければいけませんが、他の支払はすべて繰り延べられるので、信販会社からの請求だけを注意していればいいのです。
そして、どうしても資金が不足したらクレジットカード現金化を利用して資金調達すればいいのですが、今まで消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスを利用していた人は利用回数を減らすことができます。

なぜなら、クレジットカードの請求金額はある程度事前にわかるので、その月の生活費をある程度調整することで現金支出を減らすことかできるためです。飲み会など現金支出を強いられるような支出を減らせばいいのです。

世の中にはクレジットカードで支払うことができるものとできないものがありますが、そのようなものの支出を調整することで支払のピンチをしのぐことができるのです。

支払の繰延

支払の繰延と言ってもよくわからないという人も少なくないかもしれません。
しかし、クレジットカード支払をすることで自然と支払時期が遅れているのです。

コンビニで電気代を支払うと、自分の財布からすぐにお金が消えますが、クレジットカード払いにすると支払は2か月後になります。2か月後には支払の必要があるじゃないかと言われるでしょうが、その月の支払は繰り延べられますから、話は同じです。
つまり、最初の月に支払いが繰り延べられるとはいえ、その後に2ヶ月分一気に請求されるようなことはないのです。

また、自分の支出を管理したい人にとってもクレジットカード払いを増やすことは大きな効果があります。クレジットカードの明細を確認することで自分の支出が明確にわかるためです。
支払を銀行引落にしても同様の効果は得られますが、支払の繰延効果は得られません。やはりクレジットカード払いにして支払の繰延と支出の確認を両方したほうが有利なのです。

もしそのような意識がなければ、1か月だけでいいので、自分がコンビニなどで支払った明細書を取っておくといいでしょう。
電気代などの公共料金、ガソリン代などの支払、携帯電話などの料金、人によっては通販の利用代金もコンビニ払いにしているかもしれません。これらの全てはクレジットカード払いにできます。

現金支払をクレジットカード払いにすることは、一種のクレジットカード現金化だと言えます。外部から資金を調達するだけではなく、自分の持っている現金が流出することを防いでも同じ効果が得られるのです。

たかが2か月されど2か月

クレジットカードの締日から支払日までは大体1ヶ月です。締日を別にした複数のクレジットカードを利用すると、公共料金などの支払日をうまく伸ばすことも可能です。

たかが2か月じゃないかと言われそうですが、少なくとも1か月分の支払を繰り延べることはできますから、手持ち現金が永遠に1ヶ月分ずつ滞留し続けるのです。
今までクレジットカード払いを使っていない人であれば、一度この方法を使いクレジットカード払いにしてみてください。自分の口座残高が一定額ずつ残っていくのがわかるでしょう。もちろん残ったからと言って無駄遣いをしたら意味がありませんが…

信販会社も公共料金をクレジットカード払いにすると毎月利用してもらえるため、利用に対するインセンティブを強化しています。特に携帯電話のように毎月の支払額が多くなるものについてはキャンペーンの回数は多いし、内容も充実しています。
また、先ほど挙げたようなスーパーなどの買い物の支払代金もクレジットカード払いにすると効果的です。毎月の食費はそれほど変わるものではないでしょうから、スーパーのハウスカードを作るだけで資金が滞留する効果がさらにアップします。

クレジットカードを利用した買い物は、ただ単に資金が滞留したりキャンペーンに乗れたりするだけではなく、スーパーなどの場合はイオンカードのように毎月一定日に5%引きとなることも少なくありません。

独身の方はスーパーのハウスカードを利用することが少ないようです。しかし、一度使ってみると、食費が浮くので生活資金が楽になります。最近のスーパーは自炊経験のない人向けの食材も販売しているのでこれを機に家計の節約も狙えるでしょう。

現金化による借金にも有効

このようにクレジットカード現金化は、ただ単に資金調達するだけのものではありません。もちろんいざとなれば換金によるクレジットカード現金化をすることができます。

クレジットカード現金化をする際には何枚かクレジットカードが必要ですが、その際のポイントとして締日を分散させることが挙げられます。
クレジットカード現金化で金券等を購入すると、最大2か月の支払を繰り延べることができます。しかし、繰り延べた支払も支払日には銀行口座から引落がされます。

支払日と締日は一致していないことが多く、多くの場合は楽天カードのように月末締めで支払日は翌月27日ということが多いです。月末が締日のカードはセゾンカードのような例を除いてこのパターンが多いようです。

しかし、支払日にお金が足りず再度クレジットカード現金化によって資金準備の必要が生じた場合、他のクレジットカードで現金化の必要があります。なぜなら、同じカードを利用すると、締日直前で買い物をすることとなり、支払日がすぐ到来するためです。

このようなことを防ぐために、締日が違うカードを何枚か持つといいのです。支払日の前に締日が到来するカードで再度呉十カード現金化をして資金調達をすれば、支払日はかなり先になり、支払猶予期間が延びます。

支払を極限まで遅らせよう

このようにクレジットカード現金化では締日直後に買い物をして換金することが一番効率のいい方法と言えます。しかし、このことは換金ばかりではなく日常生活でクレジットカードを利用する際にも応用できるテクニックです。

簡単な例として、月末締めの楽天カードと15日締めのJCBカードを組み合わせてみましょう。
この場合、毎月前半は締日が到来した後の楽天カードで買い物をすることで、支払日が翌月27日とかなり先になります。しかし、月末に楽天カードで買い物をすると翌月27日はすぐ到来してしまうと言えるでしょう。

そのため、16日から月末まではJCBカードを利用するのです。毎月15日締めで翌月10日支払のJCBカードなので、支払が翌々月10日になります。月末が旧利用日という人にとっては最高の組み合わせではないでしょうか。

このようにしてクレジットカードの締日を利用して自分の支払をギリギリまで先に延ばすことかできます。先ほど「一流社長」の話をしましたが、資金力がある会社は支払をギリギリまで遅らせることで社内に資金を滞留させているのです。

同じことを自分自身で行うことで資金をギリギリまで預金口座から逃がさないようにすることが可能です。

スーパーのハウスカードで値引を狙うなら別ですが、そのようなことがなければ締日を別にしたカードを何枚か使いこなすことでクレジットカード現金化のメリットを最大限に生かすことができます。

もちろんこのことは、実際にクレジットカード現金化で資金調達をする際にも大きな武器になるはずです。

こんなものまで現金化

クレジットカードで支払うことができる支払はすべて現金化の対象です。
ちょっと変わったクレジットカード現金化手法の一つにふるさと納税があります。

自治体によって対応に違いがありますが、寄付した金額の半額程度を「返礼品」として送っている例が増加しており、地元特産物の「販売」にも結び付くことから宣伝もヒートアップしています。
特に肉製品を特産品として持つ地域は、地元の牛肉などを返礼品としていることが多く、大人気です。ふるさと納税をすると、税金相当額を国税や住民税から引くことができるため、高額所得者はずいぶんと有利になるはずです。

高額納税者の場合、ふるさと納税をした金額のほぼ全額が翌年の税金などから引かれ、キャッシュバックのような効果が得られるのです。しかし、税金の申告は翌年ではないかと言われるかもしれません。
もし、寄付を年末ギリギリにして、支払をトヨタカードやエポスカードのような月末付近の締日になるクレジットカード払いにするとクレジットカードの請求は2月になります。しかし、申告の際にそれらの金額は控除されるのです。

それなら支払繰延のメリットはないじゃないかと言われるかもしれません。しかし、返礼品というメリットがほぼ無料で得られるわけです。年末には間に合わないでしょうが、年初めの新年会に豪華牛肉パーティーを開くことも可能でしょう。

ちょっとしたアイデアでクレジットカード現金化の可能性は無限大に広がります。

このふるさと納税はクレジットカードで支払うことができます。しかも、最近クレジットカード払いができるようになったこともあり、信販会社のキャンペーン対象になります。このキャンペーンに乗るだけでもポイントゲットができて、キャッシュバック対象になります。

支払うべき税金を安くすることができることは、自分の資金を留保することを意味します。ふるさと納税は税金の金額が減るわけですから、繰り延べどころか免除になります。返礼品のメリットだけが残るという大盤振る舞いに乗らない手はないでしょう。

税金の繰延は資金繰り改善になる

最近はクレジットカードの利用シーンが増加しました。その中で特に注目されているのは税金関係です。
自動車税などの税金はちょっと前からクレジットカード払いができるようになりましたが、来年からは国税までクレジットカード支払ができるようになりそうです。

事業をしている人にとって国税の負担はかなり大きく、確定申告の時期は自分の所得税だけではなく、消費税の支払にも悩んでいる人が少なくないでしょうが、クレジットカード払いにすることで支払を繰り延べることができます。

税金は納付期限というものがあり、その日までに支払をする必要があります。自動車税も同じですが、ギリギリの締日まで手続を引き延ばすとともに、締日直後のカードを利用すれば無利息で支払を延ばすことができます。

税金の支払が遅れると、年利5%弱の延滞金がかかります。しかも、この延滞金は経費にならないのです。クレジットカード払いで2か月でも遅らせることができれば、そのメリットは非常に大きいはずです。

税金の支払が遅れると、延滞金の支払だけではなく、役所の追及も甘くありません。事業に必要なギリギリの資金だけを残して残額は全額納税しろと要求するのです。
相手には、裁判所の許可なしに差押できる手段があるので従うしかありません。ヤクザよりたちが悪いと言われることも多い役所の取り立てですが、クレジットカード払いにすることでずいぶんと楽に支払ができそうです。

税金の現金化

このように税金を現金化することができるようになりました。

事業をしている人にとって税金の支払額は結構大きいものがあり、これを繰り延べることができれば資金繰りの自由度がかなり高まります。しかも必要に応じてクレジットカード現金化を組み合わせることで、更に支払を延ばすことができます。

クレジットカードで税金の支払をすると、銀行でイチイチ支払をする手間も省けます。どんな税金でも支払をギリギリまで遅らせたいという気持ちは皆さん同じで、納付期限日の銀行は大混雑です。

しかし、クレジットカードで税金の支払ができれば、そのような長蛇の列に並ぶ必要はありません。最近はネットバンキングを利用した納税手段もありますが、先ほど下手通り、支払の繰延ができるメリットを享受することはできません。

事業者の方には、税金の支払のために積み立てをしている人少なくないでしょう。そのようにして積み立てた資金を税金の申告とともに流出させるのはあまりにもったいないのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の利用手段はいろいろとあるのです。支払を遅らせることができれば、極限まで遅らせることが事業を安定させるコツです。

自動車税の支払を延ばしませんか?

このようにして自分の支出の中で結構大きな割合を占める税金をクレジットカード現金化によって繰り延べることができます。

自動車税などの都道府県民税は既にクレジットカード払いができます。自動車の台数が多い事業者の方にとっては朗報と言っていいでしょう。
手数料が必要な点と、納付書の控がないため、車検の際に証明書を発行してもらう必要がある点がデメリットと言えるかもしれませんが、支払の繰延ができるといメリットと比較してどちらが有利かを判断するといいのではないでしょうか。

国税の現金化はもう間近

今年の税制改正で遂に国税もクレジット払いができるようになりました。確定申告の際に頭を悩ます消費税をクレジットカード現金化の手段として利用することができます。

個人事業主の方は、消費税の申告と納付を3月末までに実行する必要があります。今までは年末に慌てて納税資金の準備をする必要がありましたが、27日の締日であるエポスカードを利用すれば、支払を5月27日まで延長できます。

当然のことですが、クレジットカードの一括払いには手数料は不要です。税金のクレジットカード払い自体に手数料が必要ですが、数%のことであり繰延をするメリットの方がはるかに高いでしょう。
今までより2か月遅れることで資金繰りの計画もうまく立てることができるでしょう。

もちろん消費税だけではありません。事業者の方に必須の確定申告も同様にクレジットカード現金化の手段とすることができます。納税積立金として資金を留保した現金をより長期間確保し続けることができます。

また、積み立てをする際も支払時期が遅れれば積み立てのペースを和らげることができるでしょう。資金繰りが苦しい時に無理をして積み立てをしなくていいかもしれません。

来年からの国税クレジットカード納付は見逃せないチャンスです。

支払の繰延を積極化しよう

税金に限りませんが、このようにクレジットカード現金化を意識した支払管理をすることは非常にメリットが大きいです。

クレジットカード現金化で税金の支払をしようが、新幹線回数券を購入しようが、多くの場合はポイントも付きます。高還元率カードを利用することでポイントによるキャッシュバックも大きくなるでしょう。
特に高還元率カードと言われるカードの中には、一定額以上利用しないとポイント交換が不利になるケースもありますから、このような手法を取らないとメリットを完全にゲットすることができない場合も少なくありません。

また、支払の繰延をすることで自分の預金残高が増加しますから、いざという際に借入をする必要性が少なくなるメリットもあります。
クレジットカード現金化を利用することで資金不足を回避することも可能です。しかし、割が良くない場合もあるのでできるだけ実行しない方がいいことは当然です。

とはいえ、利率が案外低いからと消費者金融を利用することも信用情報に記録されるというリスクがあります。銀行などで借入がしたい場合に大きなデメリットになる場合があるのです。
このような問題点を解消するためには、自分の預金残高などの現金残高を厚くすることが最適の手段です。クレジットカード現金化により繰り延べる支払が増えるほど繰り延べられた資金は手厚くなります。

クレジットカード現金化ができる支払をできるだけクレジットカード払いにすることと、締日を工夫することで支払日をギリギリまで遅らせることがポイントです。

税金の現金化はメリット多し

先ほど述べた通り事業者の方にとっては税金の繰延はメリットが多いです。

ただ単に繰延ができると言うだけではなく、支払が遅れることによる役所からのプレッシャーから解放されたり、経費として認めてくれない延滞利息の支払を回避したりすることもできます。
税金関係の役所にあまり手間をかけさせると心証が悪くなり、所得調査などの対象になることが多くなるとも言われています。そのようなことになっても特になることはありません。できるだけこのような役所と関わり合いを持たないようにする方が賢明です。

そのためにもクレジットカード現金化を利用して納付すべきものは納付してしまい、早めに縁を切った方がいいのです。クレジットカード現金化を利用した税金の支払にはこんな効果もあるのです。

仕入代金も現金化してみよう

事業者の方には商品の仕入を昔からの納入業者を利用して半ば機械的に続けていることがあるようです。

別に商品に問題がなければいいではないかと言われそうですが、支払サイクルによってはクレジットカード現金化の対象にしたほうがいい場合もあります。

この場合、クレジットカード払いができる店舗を探すことで結構安く仕入れることができる場合があります。
仕入れる商品によって違いはありますが、最近は楽天などの通販業者でも事業用の商品を売ることがあります。業務用の卸売業者が楽天に出店しているのです。

このような業者は、取扱数量が多いため製造元などから安く仕入れることができる場合が少なくありません。金額的なメリットを押し出して、販売数量を伸ばすために広告宣伝効果がある楽天に出店しているのです。

このような取引先を探すことでクレジットカード現金化の効果を狙うだけではなく、仕入代金自体を安くしてコストダウンを実現することができる可能性があります。

もちろん仕入代金だけではなく、販管費のような経費もクレジットカード現金化の対象になります。事務などに利用する消耗品などは少額なので現金で買っているケースも多いでしょうが、クレジットカード払いにすることで現金化対象になります。

少額だから効果がないのではないかと言われるかもしれません。しかし、少額であっても対象が多くなればちょっとした金額になります。無駄な経費を発生させることは論外でしょうが、必要な経費であれば積み重ねによる効果が期待できるでしょう。

クラウドワーキングはクレカ支払可

最近クラウドワーカーという言葉がよくWEBや新聞に出てきます。

結構安い料金で仕事を受けてくれるため、実際に利用している人もいるかもしれませんが、この支払はクレジットカードですることができます。当然支払は遅くなるためクレジットカード現金化の手段として有効です。
仕事を依頼する時期はまちまちでしょうが、締日を分散した何枚かのクレジットカードを持つことで極力支払時期を繰り延べることができます。

クラウドワーキングをしている人の多くは、他に職業を持っており、自分の趣味などで得た知識や技術を提供しているのです。そのため、必ずしもお金を稼ぐということを目的としていないこともあり、安価に仕事を請けることができるのです。
このような有利な仕事の調達方法がクレジットカード現金化の対象になるとは事業者の方にとっては大歓迎ではないでしょうか。

リボ払いを組み合わせるメリット

クレジットカード現金化はクレジットカード支払なのでリボ払いの選択も可能です。

リボ払いは買い物の都度選択できますが、最近は一括払いを選択し、あとで資金繰りを見つつ個別にリボ払いを選択するというパターンが多くなりました。
リボ払いは手数料が必要なので、必要最低限にしたほうがいいのですが、自分の資金でどこまで支払うかを決め、残額をリボ払いとするのです。

こうすることで支払をさらに繰り延べることができますし、毎月の支払額も少ないので大きな買い物をした際には非常に使い勝手がいいと言えるのではないでしょうか。

しかし、リボ払いには欠点もあります。
支払がいつまで続くのかわかりにくい点です。

毎月の支払額が合計で千円単位に固定されている場合、たいてい手数料相当額が支払の多くを占めるため、実際に買い物代金である元本部分の返済に回る部分が少なくなるのです。

毎月の支払額が少額なら資金の留保ができるではないかと言われるかもしれませんが、リボ払いの手数料は完済まで発生し続けます。税金をクレジットカード現金化の対象とする際に支払う手数料は1回だけですが、リボ払い手数料は続くのです。
これでは支払を繰り延べている意味がありません。

クレジットカード現金化で資金を繰り延べる意義の一つに無利息で支払を繰り延べることが挙げられるためです。
リボ払いを併用することでクレジットカード現金化による資金調達を回避することができるかもしれませんが、その反面借金が長期化し、返済リスクが生じる可能性も否定できません。

リボ払いが必ずしもすべて問題だというわけではありませんが、使いすぎるとリスクがあるので、どのタイミングで完済させるかを決めるとともに、どのようにすればリボ払いの繰上返済などができるかを確認してみるといいでしょう。

ビジネスカードと現金化

事業者の方の中には経費管理に効果的だという理由でビジネスカードを利用していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
特にガソリンスタンドが積極的に営業攻勢をしているようです。

このビジネスカードは、個人的に利用しているクレジットカードと請求を分けてもらうことで事業用の経理処理が簡単になるというメリットが強調されています。しかし、ここまで述べた通りクレジットカードを利用する事で資金的なアドバンテージを受けることができます。
ビジネスカードをフル活用することで、自社の資金をできるだけ外に逃がさないようにすることが本当のビジネスカードのメリットです。

先に述べた通り、資金は事業の血液です。流出しつくしてしまうと事業は継続できません。流入する資金を確保するだけではなく、流出を少しでも遅らせることが「一流社長」への第一歩です。

もちろんビジネスカードのクレジットカードとしての機能は一般的なクレジットカードとまったく同じです。改めて言うまでありませんが、必要に応じて資金不足の際にはクレジットカード現金化による資金調達手段として利用できます。

自社の信用を支払繰延に使おう

クレジットカードには言うまでなく審査があります。個人のクレジットカードの審査であれば、収入や今までの支払実績などがポイントになります。事業用のビジネスカードであっても同様です。

しかし、ビジネスカードはどちらかというと事業による資産状況が重視されます。個人事業であれば、事業主個人の資産などが審査対象ですが、法人名義のビジネスカードであれば法人自体の決算書が審査対象です。
特に貸借対照表上の流動資産がどれだけあるかという点は重視され、現金や預金残高がどれだけあるかは大きなポイントです。支払はできるだけ繰り延べるべきであるという理由の一つです。

個人名義のクレジットカードは、案外高い利用限度額を決定してくれることが多いです。しかし、ビジネスカードは結構審査が厳しくて、特に法人名義のクレジットカードは資産状況が悪いと審査自体に通りません。
しかし、クレジットカード現金化の手法をフル活用し、預金残高が潤沢である状況であれば信用が付きます。そのため、ビジネスカードの審査を通し、かつ高い利用限度額をゲットすることができます。

自社の信用をクレジットカード現金化という支払繰延の手段として使うことができるのです。

ビジネスカードの信用枠を上げよう

ビジネスカードの利用限度額は、個人向けのクレジットカード同様に最初は少額です。しかし、利用と返済を繰り返すことで信用が付きますから、次回の更新時に利用限度額を上げてくれることが多いです。

信用枠が上がれば、クレジットカードで決済できる対象が増加しますから、販管費のような少額経費だけではなく、仕入代金のような多額の資金をクレジットカード現金化の手段として利用する事ができます。
個人の生活費も事業用の原価や経費も支払という面では相違点はありません。支払を繰り延べることで自社に資金留保をすれば、銀行等が「魅力的だ」と判断するような貸借対照表を作ることができるのではないでしょうか。

クレジットカードの利用枠が増加し、利用する対象が増えれば繰り延べられる資金も増加するでしょう。こうして社内に留保される現金がドンドンと積みあがります。当然そのことは自社の信用を更に上乗せし、信用増加の好循環となるでしょう。
ビジネスカードは1枚だけにしなければいけないという事はありません。自動車を多く利用する会社であれば、普通のビジネスカードとガソリンスタンドのビジネスカードを併用してもいいでしょう。締日が違えば、支払繰延を更に充実することができるでしょう。

ガソリンカードは各従業員に渡すため、使い込みが心配だと言われることも多いようです。しかし、ガソリンカードの親カードは一般的にクレジットカードと同様に利用できても、子カードの利用可能範囲を制限することができます。

いざという際には高額の利用限度額をフル活用してクレジットカード現金化による資金調達が可能になります。何枚かのビジネスカードを持っていれば、有効な資金調達ができるでしょう。

年会費は取り戻せます

ビジネスカードの中には、ガソリンスタンドが発行している年会費1,200円程度のカードもあれば、年会費が1万円単位のゴールドやプラチナカードも存在します。

限度額が大きければ利用対象が多くなりますから、繰延効果も絶大です。

先ほど述べた国税のクレジットカード払いも消費税などの支払に利用する場合には、それなりの限度額が必要です。限度額が低いと、ちょっとしたことで納税額が100万円を超える消費税のような税金には対応できないためです。

実際にクレジットカードを利用する上で一番使い勝手がいいクレジットカードはVISAやMASTERカードです。手数料の値下げのため、最近はVISAとMASTERしか使えないという店舗も増加しています。

VISAの日本における「総本山」は三井住友カードです。ここではビジネス用のプラチナカードを発行しています。最高限度額は500万円です。
会社自体の信用と規模にもよりますが、先ほど挙げた今回の税制改正で、消費税もクレジットカード払いができるようになったため資金繰りがちょっと大変だという会社にとっては福音だと言っていいのではないでしょうか。

もちろんゴールドやプラチナという事であれば年会費は必要です。三井住友のビジネスプラチナは年会費5万円であり、子カード1枚当たり5千円の追加会費が必要です。

しかし、これらのカードはサービス内容が充実しています。ただ単に利用限度額が高いだけの理由で年会費を高くしているのではありません。

ビジネスカードは現金化以外にもメリット多し

ビジネスカードはクレジットカード現金以外にもメリットが多いです。

ゴールドやプラチナの場合、一流レストランのおすすめ料理を最高半額で味わうことができるという利点があります。空港ラウンジの利用ができることも出張の多い社長さんなどにはメリットが大きいのではないでしょうか。

また、ビジネスカードには福利厚生サポートが付いていることもあります。当然、その内容はゴールドやプラチナの方が豪華であり、利用する従業員から驚きの声が上がることも少なくないようで大好評です。
販管費などの経費をサポートするサービスも含まれており、自然とクレジットカード現金化が達成できるようになっています。

しかも、ポイントも付きますし三井住友のビジネスカードのように半年で50万円以上すれば、0.5%のギフトカードでキャッシュバックすることもあります。

ビジネスカードはガソリン会社が力を入れていることもあり、一般的に発行していないのではないかと思われがちです。しかし、実際に三井住友に限らず、JCBやMUFGのような老舗でもビジネスカードを発行しています。

一度自分の利用しているカード会社でビジネスカードの発行がないかをチェックしてみるといいのではないでしょうか。そのカードを問題なく利用しているようであれば信用も付いているでしょうから、審査も通りやすいと言えるでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化はこのようにいろいろな手段や効果が期待できます。
これらの効果を最大限にするポイントは、やはり支払日を少しでも遅らせることではないでしょうか。
先ほど述べた「一流社長」の話で張はありませんが、やはり支払うべきものを気前よくドンドン支払ってしまうのではなく、多少顰蹙を浴びることを覚悟の上で支払を遅らせることも大切です。
事業継続という面でも役立つ話ですが、個人の生活でも借金の必要性を減らすという効果があります。資金を少しでも留保されることは、事業をしている社長さんなどだけではなく、だれにとっても大切なことなのです。
なんとなくクレジットカードを申し込み、財布の肥やしになっていませんか?
もったいないですよ。