クレジットカード現金化をしようとする人にとって、実はAmazonはネタの宝庫です。

なぜならAmazonギフト券は換金可能ですし、何よりもクレジットカードで購入可能という事。
amazonギフト券をそのまま買取ってもらって現金化するもよし、Amazon自体で商品を購入し、それを買取店へ売って現金化することも可能です。

その場合、Amazonで販売しているゲームソフトなどは、他の店舗より発売時期が若干なりとも早いた、普通に買って売るより買取店へ高めの売却が可能です。
また、購入した商品を自分のサイトで販売することも可能です。

自分の知識という付加価値をつけることで、同じ商品を高く売ることが可能になるのです。
クレジットカード現金化という観点だけでもAmazonには魅力的な要素がいっぱいです。

Amazonは現金化のネタがいっぱい

案外知られていないようですが、Amazonはクレジットカード現金化をしようとする人にとって魅力あふれる通販サイトです。
ただ単に商品アイテムが多いというだけではなく、決済が一度でできるという点で煩わしさがありません。他の通販サイトの場合、商品アイテムが少なかったり、アイテムが多くても店舗数が多いため、店舗をチェックしないと探せないということが生じます。
Amazonなら、複数の店舗が出店していても、アイテムから探すことが簡単なため、目当ての換金物を探すことが容易です。
また、基本的に配送料が無料である点もありがたいポイントであるとともに、Amazonプライムに申し込むことでハイスピードの即日配送に対応することも可能です。ゲーム機の新商品でクレジットカード現金化をしようとする場合には大きなメリットだといえるでしょう。

また、見逃せないのがAmazonギフト券です。
Amazonギフト券は、ネット上の商品券ですから普通の金券ショップでは買取をしてくれません。しかし、Amazonギフト券の専門業者に売却すればいいのです。ネットで検索すれば結構多くのAmazonギフト券の取り扱い業者を探すことができます。
クレジットカード現金化は、何を換金するかで勝負が決まります。
訳がわからずにWEBの記事だけを鵜呑みにしてブランドバッグを買うのではなく、Amazonで少しでも安い商品を購入して買取店で換金するのが一番賢い方法だといえます。
自分の得意分野で商品を探せば、案外換金率の高い商品を探すことができるかもしれません。

案外割のいいAmazonギフト券買取

Amazonでクレジットカード現金化をしようとする場合、一番換金率が高いといわれる方法はAmazonギフト券です。購入すると自分のEメールアドレスに番号が通知されますから、その番号が商品券になるのです。
この形式のAmazonギフト券は、換金業者が買取をしてくれます。

換金率は9割が相場で、オークション形式の業者であればもう少し高めの換金率になることが多いようです。ただし、オークション形式の場合、落札されないと換金できませんから、急いでいる場合は換金率を自ら下げる必要が生じます。
オークション形式の換金業者は手数料を徴収するため、サイトに表示されている換金率にあおられると思わぬ安値で売却することになりかねません。

無条件で買取をしてくれる業者は換金率が9割程度と一見割が悪いように見えますが、確認ができれば買取代金をすぐに振り込んでくれますから、急いでいるときは大変ありがたいです。
クレジットカードの決済日に資金が足りないという場合には力強い助っ人になるでしょう。

クレジットカード現金化で金券を換金すると、もっと高い換金率で換金することが可能です。
ただし、最近は新幹線回数券などをクレジットカードで購入することが難しくなっています。
その点Amazonギフト券なら、それほど厳しくはなく、50万とか100万のAmazonギフト券を換金しようとするのでない限り、問題は少ないです。
手軽にクレジットカード現金化をちょっとでも有利にしたいと思うなら、Amazonギフト券買取は非常にお勧めの手法だといえます。
さらに詳しくは、下部のブロックでもご説明しておりますので是非参考にされてみて下さい。

新商品はAmazonが最速

ゲーム機やゲームソフトは発売当初に注文が殺到します。買いたくても買えない人がネットで探し回るという話も多く聞きます。

そんな中で新商品を確実に発売日にゲットできる数少ない店舗としてAmazonが挙げられるのです。
人気商品は事前予約が必要な場合もありますが、それでも商品確保数が多いAmazonは予約がしやすいといえます。あらかじめクレジットカード現金化の予定があれば予約しておくのもひとつの方法ではないでしょうか。
また、CDやDVDも同様のことがいえます。Amazonで予約するのが一番確実だと考えている人も少なくないのではないでしょうか。
特にアイドルグループなどは「初回限定版」として一般発売の商品とは違う特典が含まれている商品をリリースする場合が結構多いです。

この「初回限定版」は、文字通り初回だけなのでファンにとっては「お宝商品」です。
場合によってはオークションで定価以上の高値で落札されることもありますから、狙いが的確であればクレジットカード現金化で収益を上げることも可能です。少なくとも、一般的なクレジットカード現金化の換金率より高い換金率で換金が可能でしょう。
新商品なら何でも換金率が高いとは限りませんが、ゲーム機などは発売当初に品薄になるためこのような現象が起きます。家電製品やデジカメなどでも同様のケースがありますから、自分の知識で「売れ筋」がわかるならチャンスではないでしょうか。

オークションで高値売却もあり

Amazonで購入した、初回限定版のCDやDVDをオークションに出品して高値で売却したという話を聞くことはないでしょうか。
アイドルグループのファンの中には、熱狂的なファンも多いのですが、その中には熱狂的ながら「冷静」な判断をしている人も存在します。
そのような人は、限定版のCDやDVDを何枚か購入し、1枚だけ手元に残して残りはオークションに出品するのです。人気がありますから高値がつくことは間違いありません。「初回限定版」がAmazonなどで売り切れになった頃を狙って出品するのです。
このような知識があれば、これをクレジットカード現金化に応用すればいいのです。

難しいことではなく、狙ったCDやDVDを予約し、クレジットカードで購入すればいいのです。クレジットカードの決済日までは最大2ヶ月程度ありますから、その間に買ったCDやDVDは売り切れるでしょうから、出品すればすぐに落札が期待できます。
あとは自分が出品したオークションサイトを見て、値段が上がっていく様子を見ていればいいのです。
商品の配送が早いAmazonならではの離れ業といえるでしょう。

また、換金方法はオークションだけとは限りません。
ゲームソフトなどの買取店は、新商品の買取価格を結構高く設定しています。普通ではありえない高い換金率で買い取っても、商品を並べておくだけで宣伝効果は大きく、来客数が多く見込めるため店側もメリットがあるのです。
買取店によっては、買取アップのクーポンをスマホ経由で提供していることも少なくありません。Amazonギフト券ほどの換金率は期待できないかもしれませんが、案外高く売れたという話も少なくないようです。

付加価値を付けるのはあなたです

Amazonで購入した商品をそのまま換金してもそれなりの換金率で売却することは可能です。しかし、ちょっと自分に知識があれば、より高い値段で売却することが可能です。
趣味で利用している備品などは、物によってはメンテナンスが必要です。一般的に「道具」と呼ばれる物は手入れの有無で性能をフルに発揮できるか否かが決まることが多いです。

しかし、多くの人は手入れの方法を知らないことが多いようです。
ブログなどを開設している人の中には、このような知識をフル活用して、メンテナンスキットなどを「セット販売」をしていることがあります。ブログの購読者数が多ければ、売れ行きも結構大きくなります。
人の知らない知識を知っているということはビジネスチャンスです。このような事をクレジットカード現金化で応用することができます。

自分のブログで書いている記事に合致する商品をAmazonで探し、クレジットカードで購入して現金決済で販売するのです。購入後にすぐ販売することができれば、2ヶ月程度の支払猶予期間を稼ぐことができます。まさにクレジットカード現金化でしょう。
この方法は、実際に商品を購入していますから、信販会社などから文句を言われる筋合いはありません。また、「買い物代行」プラス「知識の提供」なので割引販売をする必要はありません。換金率100%のクレジットカード現金化が実現できます。
金額的に大きなものになるかどうかは別ですし、思ったような金額にならないかもしれません。しかし、現金を先にもらって後で支払いをするという事実上の借金が可能になります。

給料日前にちょっとお金が足らないという場合には絶好の方法ではないでしょうか。

Amazonギフト券の換金はどうか?

Amazonで商品を購入して換金するクレジットカード現金化は、商品知識のある人にとっては非常にうまみがあるクレジットカード現金化になるでしょう。

しかし、そのような知識がない人にとっては商品の換金はあまりお勧めできません。
なぜなら、換金率が低いためクレジットカード現金化をしても、後で信販会社からの請求書を見ると換金した現金化の額との階差に驚くこととなるためです。

商品をクレジットカード現金化の換金対象とすると、たいてい7割から8割程度の換金率しか期待できません。もちろん商品知識があれば100%以上の換金率が期待できますが、誰でもできることではありません。
しかし、Amazonでもクレジットカード現金化で高い換金率を実現する方法があります。

Amazonギフト券そのものを売ることです。

非常に簡単な話であり、最初からそれにすればいいじゃないかと思われるかもしれません。
ただし、換金率はほぼ90%前後で確定と思ってください。
90%で換金できれば高い方なので、これ以上の高望みは厳禁です。
もう少し高く95%とかでの換金を狙っているなら、別の方法を優先すべきなのです。
個人的には一番安全で確実な換金方法なため、非常におすすめできる方法の一つです。

Amazon(クレジット)カードでの現金化は危険?

AmazonではAmazon自体が発行しているクレジットカードがあります。ゴールドカードにするとポイント還元率が高くなるばかりか、即日配送を可能にするAmazonプライムが無料になります。Amazonの買い物ならこのカードが一番有利だといえます。
しかし、Amazonが発行しているクレジットカードでクレジットカード現金化をするのはどうかと不安に思う人も多いのではないでしょうか。

現実にAmazonカードでAmazonギフト券を購入しようとした人に、実際の発行会社である三井住友カードから電話確認がされたという話を多く聞きます。
ただし、Amazonギフト券はJCBやMUFGなどが発行している紙タイプのギフトカードと違い、購入時点で信販会社の担当者がチェックするような体制にはなってません。Amazonギフト券はWEB上で自動発行されるためです。

そのため、Amazonカードの利用に限らず、他のクレジットカードを利用してAmazonギフト券をクレジットカード現金化の換金物として利用することをあまり警戒する必要はありません。

もちろん、一気に100万円単位でAmazonギフト券をクレジットカード現金化の換金対象としようとすると無理があります。一応信販会社も不正利用の監視という名目で利用をチェックしていますから、多額の利用をいきなりすると確認の電話がされます。
いくらならいいのかという基準があるわけではないのでしょうが、10万円程度のクレジットカード現金化ならさほど問題視されないのではないでしょうか。

なお、クレジットカード現金化をする際、クレジットカードを変えて、複数のみどりの窓口で新幹線回数券を購入すると信販会社のチェックがしにくくなるという事情があります。しかし、同じことはAmazonギフト券ですると問題が生じるかもしれません。。
基本的にクレジットカードを発行している信販会社を変えれば、チェックされる可能性は低くなりますが、Amazonの場合はアカウントごとの管理ですから、Amazon側で商品券を分散して買っていると気づかれる可能性があります。
信販会社に対するAmazonの対応は不明ですが、JRのように多額の購入をすると信販会社に確認依頼をするという体制になっていると面倒なことになるかも知れません。

もちろんメールアドレスを変えて複数アカウントを作れば解決する問題だとも言えます。Amazonは最初のアカウントを作る際に身分確認をしているわけではないためです。

需要はあるから高額でも可

Amazonギフト券は需要が多いです。
ネット上で発行している他のギフト券に比べると、換金業者が非常に多いことからそのことがわかります。
つまり、Amazonギフト券をクレジットカード現金化の換金対象としても換金場所があるため安心して実行できるということです。

また、需要が多いため、ある程度高額のAmazonギフト券でも買取をしてくれます。
実際には、できる限り500円とか1000円単位のAmazonギフト券を10枚とか100枚とか購入したほうがオークションに出品する際には買った側が使いやすいため人気があります。

しかし、買取業者はすぐに転売しますから、高額のほうが手間がかからず、かえって都合がいいことも少なくありません。
このことは結構重要で、クレジットカード現金化のためにネット上のギフトカードを買ったものの、換金業者がほとんどなく換金することができなかったり、非常に低い換金率で換金する羽目になったということがあるのです。

Amazonギフト券は需要があるため、換金業者が多く存在し、自分の希望する時期に買取をしてもらうことができるのです。また、需要が多いことは換金率が安定していることにもつながりますから、換金額の予想ができるという点でも安心でしょう。
一見当たり前のように聞こえますが、このような事を考えずにクレジットカード現金化をしようとする人がいるのです。

ギフト券の買取業者は多い

Amazonギフト券の買取業者って本当にたくさんあるのかと疑問に思う人もいるでしょう。しかし、ネットで検索すると多くヒットします。もっとも、この中には詐欺師がいることには注意が必要です。
Amazonギフト券がネット上の商品券である以上、取引もネット上ですることになります。必然的に詐欺師の活躍する場面も増えてきます。
クレジットカード現金化の専門業者に換金を依頼したものの、カード番号だけ聞き出されて肝心な資金が振り込まれないという被害が結構多く発生しているようです。Amazonギフト券の買取業者にもこのような詐欺師は存在します。
Amazonギフト券の買取業者が不安だというのであれば、一度少額のAmazonギフト券を売ってみるといいでしよう。何も自分で買う必要はありません。アンケートなどの景品を「Amazonギフト券で希望」すればいいのです。
一度買取をしてもらい、きちんと自分の銀行口座に振り込まれればOKでしょう。
実はこのようなチェックには、もうひとつメリットがあります。
Amazonギフト券の買取業者も初回取引の際には身分確認をしています。Amazonギフト券はネット上の商品券なので、危険だという認識は買取業者も同様なのです。

そのため、初回は時間がかかる可能性があり、すぐにでもお金が欲しいという緊急事態には対応できない可能性があります。しかし、一度小額であっても換金してもらえば、その時点で身分確認をしてもらえます。いざというときにも安心です。

確実さか換金率か

クレジットカート現金化を利用する人の多くは、すぐお金が必要でしょう。そのような人にとっては少しでも早く換金額を自分の銀行口座に入金してもらいたいものです。
Amazonギフト券の買取業者には、先に述べたとおり直接買取をしてもらえる場合と、オークション形式の場合があります。直接買取をしてもらえる場合は、Amazonギフト券の番号確認終了後にすぐ自分の銀行口座に入金してもらうことができます。
これに対し、オークション形式のサイトは落札されるまで待つ必要がありますから、時間がかかります。もちろん早期に落札してもらうために換金率を低く提示することは可能ですが、あまりに低ければ意味がないでしょう。

直接買取をしてくれる業者であれば、多くの場合24時間体制であり、振込銀行によっては土日を含めて24時間の振込が可能です。急いでいる場合には絶対の信頼感があるでしょう。
これに対し、多少時間がかかってもクレジットカード現金化の換金率を重視したいのであればオークション形式のほうがいいといえるでしよう。

どちらにするかは利用者の選択によりますが、急いでいるのであれば直接換金してくれる業者のほうがお勧めです。振込が早いというだけではなく、自分が待っている時間というのは結構不安が多いものだからです。

Amazonの品揃えは世界一

Amazonがクレジットカート現金化に適している一つの要因は品ぞろえが豊富なことです。
事実上独占販売体制を敷いているブランドバッグなどは別として、家電製品やゲームソフトの品ぞろえはどの通販業者もかないません。もちろんあれほどの品ぞろえを店舗で実現することは事実上不可能でしょう。
このような品ぞろえの豊富さがクレジットカード現金化を後押ししているのです。

Amazonは配送スピードも速いし送料も基本的に無料です。望めば即日配送のAmazonプライムを申し込めば、スピードが望まれるゲーム機やソフトの新商品にも対応できます。
ちなみにAmazonプライムの年会費は3,900円です。1か月300円程度でこのサービスを受けることができますが、Amazonを利用するのはクレジットカード現金化の際だけではないはずなので、Amazonプライムを申し込むとかなり便利だと言えるでしょう。

また、Amazonギフト券もクレジットカード現金化を後押ししていることに変わりはありません。Amazonを利用する事でクレジットカード現金化の手間をかなり軽減することができます。

新商品がすぐ揃う競争力

Amazonは新商品がすぐに揃うと言われるのは、その販売力です。売れる店は強いという話です。
ゲームソフトは発売当初の販売数が明暗を分けると言われており、後発の新商品が出ると相当のメガヒットにならない限り売り上げが落ちます。つまり、最初にどれだけの量を販売するかで利益が決まるのです。

当然メーカー側も、発売当初に多く販売できる店舗に商品を供給したくなります。新商品もAmazonに予約すれば確実に発売日に届くと言われるのはこのような理由なのです。
もちろんAmazonも全ての予約に対応できるわけではありませんが、クレジットカード現金化をAmazonですることは、他の人に先立って商品を手にすることができることを意味しています。オークションに出品すれば高値が付きやすいことはお分かりでしょう。

このことはゲーム機やゲームソフトだけではありません。
家電製品やカメラなども同じことが言えます。どんな商品でも発売前に販売見込を算定して生産計画を立てます。メーカーによっては多めの計画を立てて、営業部部門にプレッシャーを与えているケースもあります。

しかし、売れ残ったら大損害です。メーカーの営業部門も早く売れたほうがいいので、新商品はAmazonなどの販売力が強力な店舗に優先して供給しているのです。このような現象が巷の店舗に新商品が届かない一つの理由となっています。
このようなギャップを利用してクレジットカード現金化を実現することができるのがAmazonを利用する一つの理由だと言えるでしょう。

買取り業者もAmazonで狙う

ゲームソフトなどについては、買取業者がAmazonで狙っているという話もあります。
誰かがAmazonでクレジットカード現金化をして売りに来てくれればいいのですが、そのようなことは実際には少ないです。特に大手は買取キャンペーンを定期的に実施とするだけではなく、スマホで買取キャンペーンのクーポンまで配布しています。

ただ、ゲームソフトなどを取り扱う販売店の店長やオーナーなどはゲームソフトの動向をよく知っています。どんなソフトが売れ筋になるかは予測できるのです。もっとも、販売力の差もあり満足に仕入をすることはできません。

そのギャップを埋める手段としてAmazonを利用していることがあります。動向がわかっているため、売れ筋ソフトの予約開始とともに店舗のオーナーなどが予約を入れてしまうのです。配送も早いので、発売日に店頭に並べることができるでしょう。
もちろんAmazonで仕入れた商品を販売しても利益は出ませんが「あそこは新作が揃っている」という評判が大切なのです。他店で見つからない商品をそろえることで来店客が増えれば、立派な広告宣伝費だといえるのではないでしょうか。

もちろんこのことはゲームソフトなどに限った話ではありません。小売店と違い、利益を出すことが目的ではないクレジットカード現金化ですから、このような事情が分かっていれば、Amazonで換金率100%に近いクレジットカード現金化を実現できるのです。
知識があればアマゾンでこのような離れ業を実現することができます。

配送も早いからタイミングよし

Amazonの魅力は配送スピードの速さにもあります。
Amazonプライムで大型家電製品を買い、Amazonプライムを利用するとちょっとしたショーを見ることができます。
Amazonプライムで購入すると、時間帯がうまく合えばすぐに発送されますが、配送状況をトラッキングすることができます。自分の買った商品が自分の家に近づいてくる様子がわかるのです。このトラッキングの様子は一見の価値があります。

配送が早いので換金のタイミングを逃しません。新商品のようにタイムリーな換金が換金率を上げるだけではなく、一般商品を換金したい場合でも商品が早く届けば、すぐに換金して資金を手にすることができるのです。
クレジットカード現金化を予定しているのであれば、年間3,900円のAmazonプライムは十分支払う価値があります。どんな家電量販店でも申込日に自宅に届くというサービスは提供していません。地方在住者には特にお勧めです。

クレジットカード現金化は都心部在住の人に有利だと言われています。これは金券の換金の際に特に言えることですが、換金する金券ショップなどの店舗数が地方都市と都心部ではずいぶん差があるためこのように言われます。

しかし、Amazonを利用する事で住んでいる場所による有利不利が少なくなってきたことも事実です。
Amazonを利用して買い物をし、すぐにオークションサイトに出品することでタイムリーな換金が可能です。Amazonギフト券を利用した換金であれば、スマホ上だけで換金が可能です。
何かとスピーディーなAmazonはクレジットカード現金化に最適なのです。

その日のうちに買取店に行こう

どんなにAmazonからスピーディーに商品が届いても、自分の手元に置いている間に時間は過ぎます。Amazonから届いたらすぐに買取店にもっていく必要があります。クレジットカード現金化はスピードが大事なのです。

その日のうちに買取店に持って行くか、写真を撮ってオークションに出品するわけです。新商品は鮮度が命なので早いほうがいいことは当然ですが、資金繰りに困って大口の買取を依頼する場合もスピードが大切なことは言うまでありません。
ただしゲームソフトの換金はちょっと面倒な話があります。

実際にゲームソフトを売ったことがある人はご存知でしょうが、大手のTSUTSYAなどは新品の買取をしてくれません。開封していないと買取してくれないのです。
ちょっと変な話のように思えますが、盗難品を売却に来る人を防止するための処置のようです。開封して持って行けばいいだけのことなので問題はないのですが、店頭で開封しても店員が「新品」と判断したら買取不可というマニュアルらしいです。
通常は開封するとともに価格が下がると言われているため、ちょっと信じられないことですが、知っておかないと買取を依頼した際に店頭でトラブルの原因になります。

Amazonギフト券オークションの良し悪し

Amazonでクレジットカード現金化をする場合、Amazonギフト券を利用すると高めの換金率を実現することができます。特に商品知識を必要とするわけではなく、一番買いやすいEメールタイプのAmazonギフト券が一番高換金率だと知っていればいいのです。
ではAmazonギフト券をどこに売ればいいのでしょうか。
ネットで買取店を探すと、多くの業者がヒットします。あらかじめ少額の換金をすることで業者の信頼性をチェックすることも大切ですが、換金率が高いほうがいいことは言うまでありません。

その観点から探してみると、オークション形式の買取店が結構魅力的に見えます。「マッチングサイト」と呼ばれていることもあります。
買取店には、買取店自身が換金率を決めて直接買い取ってくれるパターンと、マッチングサイト形式の2つがあります。マッチングサイト形式の買取店のサイトを見ると、買取店の換金率より高い率で表示されていることが多いため、有利に思えるのです。

ただし、多くの場合手数料率が3%から4%程度かかるため、手数料率を考慮して有利不利の判定が必要です。もっとも、手数料率を考慮してもマッチングサイトの販売店の方が有利だと言えそうなことが多いです。
しかし、スピードが重要視されるクレジットカード現金化において、マッチングサイト形式の買取店は不利になることが少なくありません。
直接買取をしてくれるサイトであれば換金率がわかるので、必要な資金額から逆算してクレジットカード現金化をいくらすればいいかがわかります。また、番号を送信して店舗側が有効と確認すれば、すぐに自分の名義の口座に振込をしてくれます。
直接買取をしてくれるサイトは、スマホ対応していることも多く、先ほど述べた通りスマホだけでクレジットカード現金化を終わらせるという離れ業が可能になるのです。

換金率は買取店より期待できる

マッチングサイト形式の換金率は、買取店より高いと言われています。しかし、マッチングサイトでは自分で換金率を決めることができるため、ある程度の戦略が必要です。
マッチングサイトを見ると、実際にオークション形式となっている「板」が表示されています。この「板」をみると、買う側に便利なように値段が低い順に表示されています。売る側は高く売りたいでしょうが、買う側がいなければ取引は成立しません。

「板」の下の方を見ると、99%程度の値付けをした出品が表示されています。いつからの表示かはわかりませんが、なかなか売れないのは当然でしょう。
直接買取をしてくれる買取店の換金率をターゲットにして、どの程度の換金率を出せばいいかを決めればいいのですが、誰もが同じことを考えているため換金率は一定のゾーンに集中していることが多いです。

直接買取の換金率が9割であれば、手数料を加えた93%から94%に集中しているわけです。
このようなマッチングサイトは結構増加しているため、競合が生じていますが、中には手数料率を公表していないサイトもあります。手数料率を一定のルールによって変動させているようです。

ただし、大体3%から4%の中に多くのマッチングサイトが入っていますので、この程度だと考えておけばいいでしょう。
この手数料率を高いと考えるかどうかは人によって違いがあるでしょうが、大手のヤフオクが8.64%であることを考えると、このようなマッチングサイトの手数料が不当に高いとは言えないでしょう。

ちなみに楽天オークションではAmazonギフト券の取り扱いをしていません。
また、このようなサイトの存在を知っていると、自分が別の機会にアマゾンで買い物をしたい場合にも利用する事ができるでしょう。

時間がかかるから緊急対応は無理

とはいえ、マッチングサイトの多くはヤフオクほどの知名度がありません。ブログ経由などで知名度アップを図っていますが、知名度アップは難しいようです。
Amazonギフト券を安く買う事かできるという事を知らない人も多いようですし、知名度が低いため「大丈夫か?」と警戒されていることもあるのでしょう。
そのため、売れるまでの時間がかかることが欠点です。

クレジットカード現金化をする人は時間がないという人も少なくないでしょう。自営業の人が、今日の3時までに銀行にお金を入れないと決済できないという非常事態には対応できません。クレジットカードの引落が残高不足でできないという人も同様です。
もっとも、1日程度は様子を見ることができるというのであれば、これも一つの選択肢と言う事ができます。売れそうになければ出品停止にすればよく、そのあとすぐに直接買取をしてくれる業者に売却すればいいのです。

確実さか換金率か

このようにAmazonギフト券をクレジットカード現金化の換金物として利用する際に、どの業者を利用するかは、その人が置かれた状況によって決まります。
急いでいる人がマッチングサイトを利用すると緊急事態の対応はできませんが、時間に余裕がある程度ある人が慌てて直接買取の業者を依頼する必要もないでしょう。

突き詰めて言うと、確実さか換金率か、どちらを選択するのかというところに落ち着くのではないでしょうか。
クレジットカード現金化をする人のイメージとして、急いで資金調達がしたい人と思われがちですが、消費者金融などで借りたくないため利用しているという人も少なくありません。

あまり売却までの期間が長いと、クレジットカードの支払時期までの期間が短くなってしまいますが、換金率を重視すべきかどうかの判断は一度すべきではないでしょうか。

Amazonの使いこなしは利用者次第

クレジットカード現金化をAmazonですると、その可能性は非常に広がります。
何か欲しいものがある場合にAmazonで探せば、たいてい探し当てることができます。クレジットカード現金化に適している商品を探すことも容易でしょう。

Amazonの使いこなしをいつも工夫しているという利用者も多いでしょうが、このことはクレジットカード現金化についても同じです。Amazonギフト券だけをクレジットカード現金化の手段として利用してもいいのですが、金額が大きければ無理があります。
さすがに最近はAmazonもクレジットカード現金化を警戒しているという話を聞くようになりました。金額が少ないとしても、毎月のような利用する事はやめた方が賢明です。

Amazonは品ぞろえが豊富なので、自分の知識を利用して狙いを定めることができます。
ブログを持っていれば、そこ経由販売すればいいだけの話であり、難しいことではありません。自分の知識と商品を一体化させることで付加価値を付けることができるという話は、プロショップだけのことではありません。

また、クレジットカード現金化はプロショップより有利な値付けが可能です。
プロショップは利益を載せる必要がありますが、クレジットカード現金化は、あえて利益を載せる必要性はあまりないでしょう。載せるとしてもせいぜい相手に送る際の送料程度でではないでしょうか。でも、それだけで換金率100%を実現できます。
信販会社のギフトカードを苦労して買い求め、金券ショップに売っても97%程度であることと比較するといかに有利な方法かがわかるのではないでしょうか。

知る人とぞ知る使い道

世の中には「プロショップ」という店舗が存在します。
売っている商品は様々ですが、その道の「プロ」が知識をフル活用して店舗経営をしています。
値引きなどしませんが、知識が欲しい利用者が店舗に買いに来ます。他人が知らない知識や技能は「財産」なのです。プロショップはこのことを教えてくれます。

模型飛行機などの趣味がある人は、このようなプロショップを利用することが多いのではないでしょうか。ラジコンなどのコントローラーや飛行機自体を塗装するための塗料などを販売していますが、売りっぱなしではなく使用方法を教えてくれます。

場合によっては使い方の講習もしていることもありますから、初めてトライする人にとっては力強い味方になるでしょう。
また、このような趣味の道具は知らない人が使い始めると、手入れをしないため時間の経過とともに使えなくなってしまうことが多いです。ちょっとした手入れだけで長持ちするものも使えなくなってしまったらもったいないですね。
そんな人の力になるのがプロショップです。親切な店主であれば、売る際に手入れの方法なども教えてくれるはずです。
プロショップは店舗を構えているとは限りません。ネット上のブログを書いている人が、フォロワーからの希望によってプロショップとなってしまったという例も少なくありません。商品の紹介をするくらいなら自分で販売すればいいじゃないかというわけです。

何事も「道を究める」ことは難しいものですが、究めてしまうと究めることができていない人に対して大きなアドバンテージが生じます。俗に「ハイアマチュア」と言われる人たちのことですが、その人たちがプロショップを副業として経営していることも少なくありません。

Amazonにそこまで望めない

では、それらの商品を販売しているAmazonはそこまで面倒を見てくれないのでしょうか。しかし、いくらAmazonでもそこまでの対応は無理です。利用者からのレビューなどは載せていますが、それは参考記事程度の価値しかないことも多いのです。
プロショップの店主も実際に商品を買う際にはAmazonを利用していることが多いです。商品に付加価値を付けることがプロショップの存在意義なのです。

プロショップも仕入の際にはクレジットカードを利用して購入します。当たり前のことですが、クレジットカードの支払代金が決済されるまでに販売してしまえば自社の利益が取れますし、決済代金の支払もできます。

これをクレジットカード現金化とは言わないと思いますが、商品知識がある人がマージンゼロで同じことをすればクレジットカード現金化を換金率100%で実現できるのです。

東急ハンズのような店舗は、プロショップ的な販売形態を取っています。東急ハンズは販売員に知識があるため、お客さんの中には販売員に取り付いて熱心に話を聞いていることも多いです。その代わり東急ハンズは定価販売のことが多いでしょう。
これに対し、家電量販店ではこのようなことは少ないです。これはAmazonも同じことです。Amazonに深い商品知識まで望むことは無理があるのです。

だからこそ商機がある

Amazonのように品ぞろえが豊富な店舗には全国的な販売網を持たない中小の店舗が出品をさせてもらっています。
趣味などで利用する特殊な大きさの袋などを一般の文具店で探しても置いていないことが多いのですが、Amazonならあるかもしれません。商品の検索に一苦労するでしょうが、東急ハンズで店舗内をぐるぐる探し回るよりは手間はいらないでしょう。
自分が狙った商品が見つかったら、自分のブログなどで宣伝すればいいのです。この場合Amazonアソシエイトというサービスを利用して、自分が紹介したい商品をAmazonのアフィリエイトにつなげるのが一般的な方法です。

しかし、クレジットカード現金化という観点からすると、マージンゼロのプロショップ形式にしてしまったほうが定期的な資金化ができるという利点があります。調達した資金を利用しないこともあるかもしれませんが、換金率100%なので、自分のロスはありません。

クレジットカード現金化は、一種の支払の繰延です。いつも繰延を続けることができれば、繰り延べている資金は自由に使う事ができます。
仮定の話ですが、毎月10万円の売上をキープとしてれば、毎月10万円の請求が信販会社からはあるでしょう。しかし、請求は最長2か月後なので2か月分の売上である20万円の資金は常に自分の手元に置いてあることを意味します。

少なくとも、支払を準備すべき10万円を引いた10万円は自己資金としてアテにできるわけです。
自営業の人であればわかりやすいかもしれませんが、サラリーマンの方はちょっとわかりにくいかもしれません。クレジットカード現金化を一時だけの資金流用として考えている人が多いでしょうが、利用方法一つでこのようなことも可能です。
自らプロショップとなることが、割のいいクレジットカード現金化のチャンスをもたらすのです。

現金化から商売にできるAmazon

プロショップの例を挙げましたが、このようにして自分の知識をクレジットカード現金化の手段として利用する事は、同時にそのままプロショップとして商売にできることを意味しています。
店舗を持ったプロショップを開業することは、開業資金などの問題もあり、ちょっと大変です。

しかし、ネット上でプロショップを開業することは難しくありません。楽天でもヤフーでも難しい話ではありませんし、双方で開業している人もいます。
もちろん商品の仕入は品ぞろえが優れているAmazonですればいい話です。
現金化を商売に結びつけることができるなんて考えたこともないという人が多いのでしょうが、こんなこともできるのです。
クレジットカード現金化は突き詰めれば一種の借金です。借金とは、支払を繰り延べる手段です。お金を誰かに立て替えてもらうことで自分の懐からすぐにお金が出て行かないようにするわけです。

このようなことはサラリーマンだけではなく、商売をしている人なら誰でもしていることです。
先に挙げた通りAmazon経由で仕入をするのであれば、支払はクレジットカードでしょう。売上代金を現金で回収していれば正にクレジットカード現金化と変わりません。
自営業をしている人が運転資金不足をクレジットカード現金化で確保していることが多いですが、資金の流れという事を身をもって知っているため特に抵抗なくできるのでしょう。

まとめ

このようにAmazonは、クレジットカード現金化をしようとする人にとって魅力的な商材がいっぱいです。
知識がちょっとあれば、Amazonで購入した商品を高く販売することができるため、一般的にクレジットカード現金化で換金すると目減りするはずなのに、利益が出るという逆転現象もありえます。

また、クレジットカード現金化だけを狙うのであれば、あえて利益を出さずに販売するという事も可能はないでしょうか。一見無駄なように思われますが、電化製品などを買取店に買った値段の7割から8割で売るよりも効率がいいはずです。
売る相手がいなければ意味がありませんが、知識があればこのようなことができるという好例です。

また、Amazonギフト券を利用すれば、スマホ上だけでクレジットカード現金化が終了するという離れ業も可能です。
クレジットカード現金化ではAmazonの利用は結構利点が多いといえそうです。