amazonギフト券買取を実行したら、次はamazonギフト券購入代金の支払が待っています。

猶予期間は最長でも2か月程度しかありません。
今日明日にも資金が必要だという緊急事態は回避できても、問題解決はまだ先です。

支払日までに何をすべきか、何をするかを考えてみましょう

あと2か月

クレジットカードでamazonギフト券を購入し、amazonギフト券買取店にamazonギフト券買取を依頼し、自分の銀行口座にamazonギフト券買取資金が振り込まれると一安心でしょう。

しかし、amazonギフト券買取は終わっていません。
むしろここからが勝負だとも言えるのです。

amazonギフト券買取には準備が必要であり、結構大変なこともあります。
ただし、一度準備をすれば実際にamazonギフト券買取を実行することは難しくありません。

しかし、amazonギフト券を購入した以上、返済をしなければいけません。

amazonギフト券買取の準備の際、資金繰りが悪化しがちな日の直前にクレジットカードの締日を設定しているでしょうから、amazonギフト券購入日から信販会社からの請求日までは最大2か月程度はあるはずです。
2か月間資金繰りのためにかけることができれば、何らかの結果は出るのではないでしょうか。

とは言え、2か月間もあるからと安心しきってはいけません。
日頃の仕事をこなしつつ、amazonギフト券購入代金の支払をどうするかを考えなければいけません。

資金調達方法はいくつかあるでしょうし、サラリーマンの方であれば給料日が1回は到来するでしょう。自営業者の方であれば、資金繰りを工夫することで資金調達ができるのではないでしょうか。

もっとも、これだけでamazonギフト券の購入資金をすべて確保することはできないでしょう。
2か月という期間内で、どれだけの資金を集められるかが勝負なのです。

最終的にはリボ払いにすることで解決できますが、支払が長期化しますし追加の手数料が必要なので最後の手段とすべきでしょう。

amazonギフト券買取後には支払が待っている

amazonギフト券買取はクレジットカード現金化の一つの手段なので、amazonギフト券買取が終わったら必然的に信販会社から支払の請求がされます。

amazonギフト券買取率は9割程度であることが多いため、調達した資金の1割増しの金額が信販会社から請求されるはずです。
信販会社の引落日から2週間前になると請求額が知らされます。
請求が来るときには支払の目処がついていなければいけません。

リボ払いにすることは最後の手段としてギリギリまで待つべきですが、リボ払いに変更するためには手続が必要であり、支払日の1週間前が期限であることが多いです。
自分の支払える額と請求額を比べて、不足する金額をリボ払いにすることも忘れてはいけません。

リボ払いに変更する期限は必ず確認することが必要です。

クレジットカードの支払が遅れると、信用情報機関に登録されます。
もちろん信販会社から督促がありますし、支払が済まない限りクレジットカードの利用ができません。

支払遅延の状態が半年続くと、代金請求が信販会社から保証会社に移ります。
保証会社にカード債権が移管されると、やはり信用情報機関に登録されます。
支払が遅れたという事実より重い扱いがされ、俗に言われる「ブラックリスト」の状態になります。

この登録がされてしまうと、どのようなことになるかはご存知でしょう。
支払をしたとしても移管された旨の情報は最低5年間消えません。
あらゆる金融機関から取引を制限されるきつい処分が待っているのです。

クレジットカードの支払猶予期間は最大2か月

amazonギフト券買取後、実際に信販会社から請求があるまでに2か月と述べました。

しかし、これは「最大」であり、amazonギフト券買取の準備をする際に登録したクレジットカードの締日がamazonギフト券買取の日とずれていると、これが1か月程度になっている可能性があります。
amazonギフト券買取から支払日までの期間は一度確認したほうがいいでしょう。

もし、締日直前にamazonギフト券買取をしてしまうと、支払日までの期間は非常に短くなります。
極論ですが、締日にamazonギフト券買取をすると、支払日までの期間は1か月もない事が少なくありません。

2か月あるから大丈夫と安心しきっていると、信販会社からの請求書を見て慌てることになりかねません。
また、気が付けばいいのですが、2か月後だからと請求書を確認もしていないと、信販会社から督促の電話があって慌てることになります。

amazonギフト券買取に利用するクレジットカードは、普段生活費の支払として利用するカードとは別にしてあることが多いでしょうから、請求額などを確認することは少ないはずです。

そのため、いざという際に確認ミスが生じる可能性があります。
amazonギフト券買取を実行したら、それ以後の信販会社からの請求は必ず確認しなければいけません。

売上代金は最低1回入るけど…

資金確保のためにどうすればいいのでしょうか。

自営業者の方であれば、最低売上代金が1回は入金されるでしょう。
しかし、普段の売上代金は毎月必要とする支払代金に使ってしまうため、特別に資金が残るようなことはないはずです。
そこまで余裕があれば、amazonギフト券買取に頼らなくても、資金確保ができていたでしょう。

そのため、毎月生活費として店主貸として処理する金額を少なくしたり、極端な場合ゼロにしたりする必要も生じるかもしれません。
普段の生活費を節約しても追いつくものではなく、親族などに応援依頼をする必要が生じるかもしれません。

先ほどから述べている通り、最終的にはリボ払いにすることで「逃げる」ことは可能です。
しかし、リボ払いにすると手数料が必要なだけではなく、支払が長期化するため、追加の資金繰りを管理し続ける必要があります。

amazonギフト券買取は緊急時にしか利用しないものですから、次回までに完済すればいいのですが、災害はいつ起こるかわかりません。
自営業者の方の売上代金やサラリーマンの方の給料日は資金がまとまって入る機会ではありますが、同時に支出資金の予定も立っているため、簡単にamazonギフト券支払代金としてアテにすることはできません。

amazonギフト券の支払代金はいわば臨時支出であり、支払の目処が立たない以上は資金確保をしなければいけません。

先ほど述べた通り、クレジットカードの支払は手形支払同様に「義務」です。
支払ができないまま長期間経過すると、事実上の制裁が待っています。

資金確保は重要であることを再認識しなければいけません。

でも2か月は長くない

amazonギフト券買取の準備を完璧にしたとしても、支払日まで2か月しかありません。

この2か月間でamazonギフト券納入代金を確保することは簡単ではありません。

得意先からの売上代金回収が遅れたという理由であれば、一種の立替なので自分で負担すべき1割程度のロスだけを確保すればいいでしょう。
しかし、得意先が行方不明になってしまったような場合は、amazonギフト券購入額の全額を自分で資金確保しなければいけないと大変です。

また、サラリーマンの方が買い物をしすぎて給料だけでは支払ができないような場合も同様です。

2か月間で金融機関などに交渉をしたり、得意先などに資金的な応援を依頼したりすることは結構難しいです。
もちろんそれらの交渉がうまくいく保証はありません。

2か月間の支払猶予期間を取ることができても、必ずしも資金確保ができるとは限らないのです。
また、リボ払いにすることで当座の支払を回避することができても、手数料を支払い続け、支払残高が残り続けるリスクを回避することはできません。

amazonギフト券買取はamazonギフト券の支払代金をきちんと確保し、支払を完全に終わらせて初めて完了するのです。

amazonギフト券買取代金が自分の銀行口座に振り込まれるとホッとしますが、安心するのは早すぎます。

金融機関との交渉

amazonギフト券買取後にamazonギフト券支払代金の資金確保のために最初に考えるのは金融機関からの借入でしょう。

消費者金融や商工ローンが筆頭に挙げられますが、金利が高いのでダメもとで銀行融資を検討することも一つの方法です。

銀行融資は審査が厳しいと言われていますが、その反面、取引が長い顧客であれば優遇してくれることも確かです。
審査が厳しいと言われている銀行系カードローンに自営業者の方や派遣社員の方が申し込み、審査に通っている例は少なくありません。

昔から付き合いがあり、生活預金として利用している口座があれば万が一の支払不能にも貸金回収は難しくないと判断してくれる事があるのです。

銀行は消費者金融と違って、預金業務があります。
お金を借りていなくても銀行との付き合いが長いという人は多いでしょう。

銀行にとって預金は貸付資金調達のために必要不可欠です。
預金を長期間続けている顧客は、銀行にとって一種の出資者です。
そのようなありがたい顧客を融資で冷遇するようなことはないのです。
銀行借入は最初から検討もしていないという方が多いようですが、案外もったいないです。

もちろんサラリーマンの方で自分の信用に自信があれば銀行系カードローンの申込をしても大丈夫でしょうし、今までクレジットカードの支払遅延等を一度もしたことがないような人であれば消費者金融は信用してくれます。

金融機関からの借入ができれば資金調達方法としてはベストです。
amazonギフト券買取で一番の難関である資金確保ができたわけですから、心配はなくなります。

後は借入資金を計画的に返済するだけです。

金融機関は甘くない

とはいえ金融機関の融資審査をあまり甘く見てはいけません。

自分の信用力に自信があっても信用情報の内容によっては融資を断られることも少ななくありません。
そのため、金融機関から借入ができるから大丈夫だと決めつけない方が賢明でしょう。

特に最近の大手消費者金融は、融資審査をする際に即日融資を原則としており、即日融資ができると30日間の無利息期間をおまけとして提供しています。
契約日翌日から30日間と決まっているため、即日融資でないと無利息期間がフル活用できず足切りされてしまうのです。

そのため、クレジットカード支払日に消費者金融の申込をして、無利息期間をフル活用しようとする人が多いのです。
しかし、消費者金融の成約率が大手でも5割を割っていることは案外知られていません。

上場企業であることが多い大手消費者金融は、自社の営業成績を公表しています。そこから審査通過率を月ごとに知ることができます。
ネットでも調べ方が出ているサイトが多くありますので一度参照してみるといいのではないでしょうか。

ともあれ、金融機関の審査は必ずしも甘いものではなく、自分の信用情報によって決まってくるという事実は知っておくべきでしょう。
少なくとも、クレジットカードの支払日に消費者金融に申し込むのはリスクが高すぎます。
確率2分の1以下のロシアンルーレットに等しいのです。

審査に通ればいいのですが、審査に通らなかったら、もう資金調達手段はありません。

日ごろの行いが成否を分ける

先ほど述べた通り、金融機関に融資を受ける場合は信用情報が大きな影響を及ぼします。

とはいえ、信用情報は自分の「日ごろの行い」で作られるものです。

信販会社が中心になっているCICという信用情報機関の信用情報を見てみると、各ペーシの下の方に毎月の支払状況が載っています。
期日通り支払われていれば「$」という記号が表示されており、きちんと支払がされていればどのペーシを見ても「$」か、取引がない「-」のどちらかが並んでいるはずです。

他の記号が表示されているという事は何らかの問題があったことを意味します。
1日遅れただけでも支払遅延という事で別の記号が表示されます。
1つか2つであれば別に問題はないかもしれませんが、最近支払遅延があったようだと審査では不利になります。

金融機関の審査は支払が確実であるかが重視されます。
利息収入より、貸金回収の方が大切なのです。
金融機関にとってお金は「商売道具」です。
貸金が回収できないことは絶対に避けたいのです。

amazonギフト券買取を実行する際、緊急時には金融機関の審査が必ずしもアテにならないから審査のないamazonギフト券買取を選択したはずです。
即日融資で消費者金融はお金を貸してくれると言われていますが、宣伝で流れている「最短30分」という文句は、一番早くても30分はかかるという意味だという事は知るべきでしょう。

信用情報の結果によっては翌日に審査結果が出るかもしれませんし、審査結果が遅くなった挙句、審査に落とされるようなこともあるのです。

地元の金融機関が助けてくれることもある

先ほど述べた通り、取引の長い金融機関は、審査では不利だけと言われている属性の方でも融資をしてくれる可能性が高いです。

前提条件として、先ほど述べたとおり信用情報の内容が良好であることが必要です。
しかし、その条件をクリアしていれば地元の信金や地銀が融資をしてくれることが多いのです。

金融機関は取引が長い顧客を大切にします。
そのような顧客を「支援する」という考え方があります。だからこそ「地域密着型営業」なのです。

小規模な金融機関は融資の審査が遅いです。
「銀行系カードローン」を手がけていることもありますが、即日融資どころか1週間程度の期間がかかる場合も少なくないようです。
しかし、それでも1か月から2か月の支払猶予期間があるamazonギフト券買取なので、十分間に合うと言えるのではないでしょうか。

地元の金融機関は取引が長いものの使い勝手が悪く、サラリーマンの方は給与振込銀行にもしていないケースが多いかもしれません。
しかし、給与振込銀行をその金融機関に変更して、融資の申込をすれば審査は思ったよりすんなりと通る可能性が高いです。

大手地銀やネットバンクの宣伝力に押されて、影が薄いこのような地元の金融機関ですが、困ったときに助けてくれることが多く感謝されるのです。

消費者金融は最後の手段

最初から消費者金融の融資を検討する人もいるでしょうが、その前にさつきほど挙げた通り、地元の金融機関などから融資を受けることができないかを検討したほうがいいかもしれません。

銀行が自分のような零細な事業者に融資をするわけがないと言われるかもしれませんが、先ほど述べた通り銀行は案外律儀な部分があり、預金を持っている顧客を大切にするのです。

地方都市の中小規模の地銀や信金は、地元だけが営業エリアです。
最近は地銀の中にもネット支店を設けてケタの違う利率で定期預金を販売している例はありますが、それは少数派です。
一度検討すべきです。

しかし、そのような縁がなくなってしまったり、もともとメガバンクとしか取引をしていなかったりする場合は、いくら取引が長くても、融資を受けることは難しいかもしれません。
その際は消費者金融で借りることを考えたほうがいいでしょう。

ただし、消費者金融は事業用資金向けの貸付を禁止している例がありますから、自営業者の方は注意が必要です。
その点をクリアすれば消費者金融の申込は難しいものではありません。

注意点として消費者金融には貸金業法で決められている総量規制があり、年収の3分の1以上の貸付ができません。
これから借りようとする消費者金融だけではなく、他の金融機関で借りている無担保融資も含めますし、カードローンのような融資枠はその全額を借りていると判断されるため、引っかかる人が多いです。

事前にクレジットカードのキャッシング枠を解除しておくことが大切ですが、もしキャッシング枠が残っていたらそれを利用することも一つの方法です。
最近のクレジットカードはキャッシング枠をカードローンとして長期返済できる場合が少なくないのです。

得意先や取引先との交渉

金融機関との交渉が不調に終わった場合、次に取るべき手段は得意先や取引先との交渉です。

サラリーマンの方であれば勤務先に給料の前貸しや、職場の福利厚生制度による貸付制度を利用するのも一法です。

いずれの方法も他人にお金の融通を依頼するわけですから、交渉は大変です。
金融機関は資金の貸付が仕事ですから、審査に通るか否かは別として申込は難しくありません。
これに対し、他の人に対して資金的な協力を依頼する場合は、難色を示される可能性が高いです。

基本的に拒絶されることを前提にして依頼したほうがいいですし、変なことを頼んで今後の取引に支障が出かねない相手には最初から依頼しない方が賢明です。
このあたりの判断は、自分が一番よく知っているでしょうから、間違いのない判断が大切です。

しかし、このようなお願いをする以上は、自分の資金繰り悪化の事実を相手に説明する必要があります。
できるだけ他人には漏らさないように依頼することになるでしょうが、人の口には戸を立てられないというように噂はどこからともなく広がります。

つまり、風評被害のリスクが少なからず存在することは覚悟する必要があるでしょう。
相談相手を決める際には「口の固さ」も重要です。

売上代金の前貸を頼んでみよう

得意先に対して資金繰りの援助を申し出る際、最初に売掛金支払代金の前貸しを依頼することが多いです。

amazonギフト券買取を実行することになった理由として、得意先の支払が滞ってしまったことが挙げられますが、そのような事実は業界内で広まっていることが多いため、相談を受けた相手も理解しやすいと言えるでしょう。

もっとも、理解してもらっても実際に資金繰りの協力を得られるかどうかは別問題です。
自社の弱みを見せることになり、得意先が妙に強気になり不利な支払条件に変更しようとする可能性も否定できません。
このようなリスクがある点は知っておいたほうがいいでしょう。

とはいえ金融機関から融資を思ったように受けることができない場合、資金確保ができる一番の候補者は得意先でしょう。
支払時期はマチマチでしょうが、売上代金はいずれ自社に支払がされるものですから、支払時期を早めにしてほしいという事は難しいものではありません。

相手も支払債務があることは承知しているはずなので、問答無用で断りにくい事も確かです。
理由を明らかにして、今後の対応をどうするかを踏まえて交渉することでいい結果が得られることが期待できます。

また、このような交渉をすることで相手の本音も見えてきます。
通常は仕事だけの対応が多く、接待などで表面的な付き合いしかない相手でも、このような交渉をすると本音というか本性が見えてきます。

今後の取引継続などの参考にもできるのではないでしょうか。

支払の先送りを頼んでみよう

あまりこちらはお勧めできませんが、得意先から資金繰りに協力が得られない場合は取引先に対して支払の先送りを依頼することができます。

しかし、相手も資金繰りがあるので無理な要求は厳禁です。
人工を手配しているような取引先は支払額がそのまま従業員の給料となっていることが多く、支払を遅らせることは、そのまま彼らの給与遅配につながります。
自分の仕事に支障が出ることは想像に難くないでしょう。

これに対し、材料等の供給をしている取引先であれば、手形などの切り直しで支払時期を遅らせることができます。
材料の卸売店はこのような資金繰りの協力を依頼されることが多く、一定の条件を満たせば協力に応じてくれることが多いです。

ただし、取引先に支払の繰延を依頼する際には、得意先に対して資金繰りの協力を依頼するとき以上に相手を選ぶ必要があります。
また、得意先への協力依頼同様に資金繰りの協力を依頼するとともに不評被害の原因になることは否定できません。

せっかくamazonギフト券買取をして資金繰りの危機を回避したのに、変な風評被害のために再度資金繰りが悪化しては意味かありません。
得意先であれ、取引先であれ、資金繰りが悪化して厳しいという相談をする際には、相手を選ぶことが大切です。

どう選んだほうがいいかは、自分自身で判断するしかないでしょう。
少なくとも口が堅そうな相手であるかどうかの判断は必須です。

確実性のある資金計画を提示しよう

得意先であれ取引先であれ、資金繰りの協力を依頼する際は確実性のある資金計画を相手に提示する必要があります。

相手も付き合いがある以上、何らかの協力をしたいと考えることが多いでしょうが、その協力が自分の資金繰りに与える損害も無視できません。
そのため、一時的に資金繰りの協力をお願いするものの、協力を依頼する時期が一時的なものであることをきちんと相手に示すことが大切です。

特に取引先の場合は、事実上の支払条件の変更ではないかと思われかねず、そのような誤解を受けると取引自体を打ち切られたり、縮小されたりする危険性があります。

事業は自分だけで成立するものではありません。
得意先の存在も大切ですが、取引先の協力が得られないと事業は成立しません。
amazonギフト券買取はやむなく行う事ですが、その責任が得意先や取引先にはない事は明らかです。

そのため資金繰りの協力を依頼することは自分としては「お願い」です。
取引先は自分のおかげで生活をしているんだという態度が出てしまうことが多いかもしれませんが、協力依頼をするのにそのような態度は厳に慎むべきでしょう。

自分が得意先を見ている視線で、取引先も自分を見ているのです。

日ごろの行いが成否を分ける

このような協力依頼が成立するかどうかは、日頃の取引態度によります。

先ほど述べた通り取引先に対して強気一辺倒の対応を取り続けていると、相手も人間なので反感を買います。
表面上は反感を感じないでしょうが、裏でどのように思われているかは想像に難くないでしょう。

取引先がいきなり取引を打ち切って困っているという話を聞くことがあります。
取引先も安定して仕事を受注し続けているのであれば、仕事を断る理由などありません。

しかし、何らかの不満があるから仕事を断るのです。
他にもっと割のいい仕事があるからと取引を打ち切る例もありますが、取引先にしてみれば新しい相手と仕事を始めることは手間もかかるしリスクも増えます。
できる限り避けたいことではありますが、それでもあえて決断したという事はそれなりの事情があるのです。

取引先であっても日ごろから良好な関係があり、何か困っていることがあればできる限り協力していれば、自分が困っているときに協力してくれるでしょう。

これは得意先に対しても同じことが言えます。
得意先に対しては基本的に忠実に依頼された業務を行ったり、良質な商品を提供したりすることが大切です。

事業を急拡大させたい事業主の中には、接待攻勢で事業規模を拡大させようとしているのですが、そのような事業はそのうち無理が生じます。
そのようにして食い込んだ仕事は得意先にとって優先順位が低く、大切にされません。

往々にして接待優先の事業主は肝心な仕事の内容が劣っています。
仕事の内容に自信があればそのようなことをする必要はないためです。

得意先にとって一番欲しいものは正直さです。
自分がそのような態度で仕事をしていれば、得意先も自分の事業を大切にしてくれますし、万が一の資金繰りの悪化の際には喜んで資金繰りの改善に協力してくれるでしょう。

親兄弟からの資金融通

金融機関からの融資も得意先や取引先からの資金融通も不調に終わることがあります。
また、融資を受けてもその金額が必要額に満たない場合があります。

このような場合には、最後の手段として親族からの資金援助などを検討する必要があります。

ただし、文字通り最後の手段なのでできる限り使わないほうがいいでしょう。
事業で関係がある得意先や取引先は事業資金が不足すると事業が成立しないことを知っています。

そのため、事業を維持させるために自分の資金を融通しようという気持ちが生じるものです。
実際に協力できるかどうかは自分の資金があるかどうかに依存するため、事情が分かっていてもどうしようもないことは否定できません。

これに対し、親族の中にはサラリーマンの方もいらっしゃいます。
このような人に事業資金が不足しているから資金融通を頼んでも協力してくれないどころか、何か変なことを頼まれるからと疎遠になる可能性さえあります。

サラリーマンの方は自営業者の方を無謀な仕事をしていると考えている人が案外多いです。
「きちんと会社勤めしていればいいのに」と言われることも少なくないでしょう。
自営業者に対する視線は自分が思っている以上に冷たいと思ったほうがいいでしょう。

そのような親族に対して資金的な協力を依頼しても協力してくれる可能性は低いです。
頼み込めば応じてくれるかもしれませんが、完済するまで色々と小言を言われ続けるでしょうし、完済後も折に触れて悪口を言われることが多いでしょう。

親族に資金援助をする際には、得意先や取引先以上に相手を選ぶことが大切です。

最後の手段

このように親族からお金を借りることは非常に難しいし、借りた後も面倒なことが続くことを覚悟しなければいけません。

親族は別に自分に対してお金を貸す筋合いはありません。
銀行でもなければ得意先でも取引先でもないのです。

親族なので助けなければと考える人もいらっしゃるでしょうが、往々にして男性であり、奥さんが「そんなことに巻き込まれてはいけない」と止めるでしょう。事業が破たんしたらどこかで働けばいいのだから問題はないと思っているのです。

事業をしている人にとっては信じられないような話ですが、サラリーマンをしている人の考え方はこのようなものです。
だからこそ、事業資金を親族から借りることは最後の手段とすべきだという話をしているのです。

親族の中に自営業者の方がいらっしゃったら、協力依頼をする相手としては適しているといえます。
少なくともサラリーマンの方より先に相談すべきでしょう。

自営業者の方は、自分が資金繰りの都合で資金援助ができなくても、資金調達方法を知っていることがあります。
連鎖倒産を防ぐための公的な貸付制度や助成金などを申請できる方法を教えてくれるかもしません。

親族との付き合いを事業のために使うことは考えモノですが、困ったときは協力し合うのが親族でしょう。
そのような観点からすれば、自営業を営んでいる親族との付き合いは大切にすべきです。

事業の種類は違っても、資金繰り以上の収穫が得られるかもしれないのです。

事情を打ち明けよう

資金繰りの援助を依頼する以上隠し事があってはいけません。

最初からamazonギフト券買取をしたことまで言う必要はありませんが、取引先の倒産などで資金が枯渇していて、下手をすると資金不足で事業が継続できないという説明はすべきでしょう。

そして、実際に資金援助を依頼するのであれば、資金繰りと借りたお金の支払計画を立てる必要があります。
資金繰りをどうするかという核心の部分に話題が及んだら、当座の資金確保の目的でamazonギフト券買取をしていることを打ち明ければいいでしょう。

それと同時にクレジットカードの決済時期と、現在不足している金額を明示し、相手に協力を依頼するのです。
このような態度を示すことで依頼された相手も事の重大さに気が付くはずです。
そうすることで協力してあげようとする気持ちになるものです。

自営業者の中には、緊急事態用に自己資金を確保している場合があります。
このような場合は、その資金の一部を融通してくれるかもしれません。
資金援助の事ばかり考えていると表情に出てしまいがちなので、気を付けなければいけませんが「藁にもすがる思い」という気持ちはわかってもらう必要があるでしょう。

いかに相手に対して緊急性を説明し、何とかしてあげようと思ってもらうことが大切ではないでしょうか。

資力がない親族には絶対依頼しない

とはいえ、資金協力の依頼は協力できる人に依頼することが鉄則です。

親族の中には資金的に余裕がある人もない人もいます。
資金的に余裕がない人に対して資金協力をすることは相手に対して失礼ですし、下手に気を遣わせるだけであり効果はありません。
下手に気を使わせて、無理な資金協力を得ることは絶対にやめるべきです。
自分は助かっても、相手に資金的に問題が生じたら取り返しがつきません。

事業資金が不足しているという事は、親族であっても公表するようなことではありません。
そのため、資金協力を期待できない人に話すことではありません。

それは資金力があっても援助してくれる見込みがない人は当然のこと、援助してくれそうであっても資金陸がない人も同様です。

資力の有無はある程度付き合いがあればわかるものです。
援助を期待しても無理な人には資金援助を依頼してはいけません。

約束は必ず守ろう

親族の中で資金協力をしてくれる人がいればありがたい話です。

この際、絶対に守るべきことは返済計画です。
事前に現実的な返済計画を立てて、相手の承諾を得ることは必須です。

いらないと言われても借用証を作成して相手に渡すことも、相手に対する礼儀だと言えるでしょう。
もちろん返済を約束した以上、その通り返済することは必要ですし、何らかの事情で返済が滞ることあったら事前連絡は必要です。

消費者金融などで一番嫌われるのは、事前連絡なしで支払が滞る人です。
支払を忘れていたという場合も含め、信用が一気に落ちます。
金融機関は約束を守らない人を信用しません。

親族から資金援助を受けた場合であっても同様です。
返済はいつでもいいからと言われても返済を確実にすることが自分の信用を上げます。

信頼してもらうべき相手は得意先や取引先、更には金融機関だけではありません。
親族は否応なしに一生付き合いをする相手です。

親族間にはいろいろと事情があり、疎遠になる場合もあるでしょう。
しかし、誰かの葬儀などでは顔を合わせることがきっとあります。
そんな時に嫌な思いをすることがないようにしたいものです。

身を切る努力も不可欠

金融機関からの融資を含め、資金協力を得るためには自分の努力がどのようなものかを相手に示すことが必要です。

要するに「身を切る努力」をしているかどうかが問われるのです。
大企業であっても、業績悪化で金融機関に援助を要請することがあります。
この際、役員の報酬カットや資産売却を条件とされることがあります。

同時に経費カットも要求されます。
たまに事業内容が悪化した企業で活動していた社会人のスポーツチームが休部するという記事を新聞で見かけます。
これは、往々にして銀行などに対して緊急融資や与信枠拡大を依頼しているケースであることが多いです。

宣伝効果とチームの維持費を比較し、宣伝効果が少なければ事業に貢献していないと判断されるのです。
通常は、そのようなことを外部の金融機関などから言われる筋合いはないと突っぱねるところですが、融資を受ける立場であれば意見を申し出る余裕などありません。

また、遊休資産の売却も条件とされることがあります。
高額な社用車を売却し役員が電車通勤をしているという例は少なくありません。

しばらく前の話ですが日航が経営不振になった際、社長が範を垂れる意味で電車通勤を実行し話題になりました。
警備の話もあるので経費がどの程度浮いたかはわかりませんが、外部に対する「アピール」としては十分な効果があると言えるのではないでしょうか。

このような努力が「支援をする側」に伝われば、資金援助を受けやすいことは間違いありません。

資産を売ろう

このような際、一番説得力があるのは資産売却です。

自営業者の場合、事業用の資産として売れるようなものはないかもしれませんが、自分の自家用車を売ることで一つのアピールができます。
資産売却は、外部に対するアピールが強いだけではなく、実際にキャッシュが入りますから資金繰りが改善するという効果があります。

amazonギフト券買取で購入したamazonギフト券の支払日が迫り、資金確保が思うようにいかない場合、自家用車を売ることで一気に資金調達ができたという例があります。
自家用車の利用が多ければちょっと考えモノですが、大型車を軽自動車に変えるだけで差額の資金はかなり生じるのではないでしょうか。
また、小型自動車に買い替えるだけで維持費も安くなります。

都心部に住んでいる人は営業用に自動車が必要なケースもありますが、必要な頻度によってはレンタカーに変えたほうが経費節減になることがあります。
このような場合、社用車を売却することが資金確保につながるとともに将来のコスト削減と資金繰りの好転につながることが少なくありません。

amazonギフト券買取後にamazonギフト券購入資金支払に困ることは歓迎すべきことではありません。
しかし、これを機に自分の事業で利用している資産を見直してみることは大切ではないでしょうか。

思わぬ資金化と共に将来のコストダウンに直結するかもしれません。

自分の態度が協力を得るコツ

先ほど大企業の役員に対する給与を下げる話をしました。

これはamazonギフト券買取によるamazonギフト券購入資金を調達する場合でも同じです。
amazonギフト券買取を実行した以上、何らかの資金不足が生じていることは間違いありません。そのために必ずとも割がいいとは言い難いamazonギフト券買取を実行したのでしょう。

amazonギフト券買取はamazonギフト券買取率が9割と、ソコソコの換金率なので人気が高いことは事実です。
しかし、1割のロスが発生することは否定できず、この1割を確保することがamazonギフト券買取の最後の障害だと言って過言ではありません。

そのような関門を突破して初めてamazonギフト券買取を無事完了したと言えるのです。
そのためには、やはり自分の態度が大切になります。

資金援助や支援を要求しつつ、従来から乗っている自動車を変えていないと相手から顰蹙を浴びます。
お願いをしているのに自分は何の努力をしていないようであれば相手も協力しようという意欲は出てこないでしょう。

得意先であれば別の業者を探し始めますし、取引先であっても同様です。
要するに自分が見捨てられるのです。

先ほどサラリーマンの親族の方は事業ができなくなったら別の仕事をすればいいじゃないか言われる話をしました。
そのようなことが現実的に難しいことは言うまでないでしょう。

技術があっても就職先があるとは限らず、今までの仕事とは全く別の職種の会社に就職することも少なくありません。
また、今まで上司という人がいないのに対し、会社に勤めれば上司の時に従う必要もあります。
このような状況に対応できず転職を繰り返す人も少なくありません。

周囲に見捨てられないように自分自身が資金援助を受けるために身を切る努力をして周囲にわかってもらう必要があるのです。

金融機関の条件はきつい

資金繰りが悪化した際に銀行へ資金援助を申し出ても融資に応じてくれないことが多いです。

しかし、その銀行との付き合いが長いと資金融資に応じてくれることがあります。
とはいえ、その条件は甘いものではありません。
先ほど役員の給与カットや資産売却の話をしましたが、個人事業主や中小企業の場合、融資に個人保証を付けることを要求されます。

また、貸金回収が滞った場合に備えて売掛金からの貸金回収を認める旨の念書を書かされます。
自分の事業の生殺を完全に銀行に握られるのです。

売掛金を差押さえられると事業は一気に止まります。即死状態です。
そのような事態になることは銀行側も承知の上ですが、それほどリスクが高い貸付であることも事実なのです。

銀行融資は基本的に貸金が回収できる対象にしか審査を通しません。

貸金が回収できることが見込める融資とは設備投資の事です。
設備投資をして事業拡大が見込めれば、売上が拡大して返済資金が確保できます。
利息とともに貸金を回収できるため問題なく審査が通ります。

これに対し、資金繰りが悪化したことにより融資を受ける場合は、貸金回収の見込みがないまま融資をすることになります。

このような場合だけではなく、運転資金が不足したことを理由にすると銀行融資は難しいと言われるのは同じ理由です。

そのため、取引が長いため支援しようということで融資をしてくれても、貸金回収のために万全の手段を取られてしまうのです。

それでも事業を守る責任がある

amazonギフト券買取は事業を守るために必要な手段です。

クレジットカード現金化は信販会社からは目の敵にされている資金調達方法です。
それでもamazonギフト券買取を実行するのは、資金繰りの悪化で事業を消滅させるわけにいかないためです。

自分一人でしている事業であっても、得意先から任されている仕事があり、取引先は自分の支払で生活を維持しているような場合もあります。
自分だけで事業が成立しているわけではありません。

amazonギフト券買取は、事前準備をすれば難しくありませんが、その後に控えるamazonギフト券の購入代金支払はかなり手ごわいです。

クレジットカードの支払日までに資金調達できなれば、リボ払いでやり過ごすしかありません。
この場合、支払が延々と続きますから、毎月のように資金繰りに悩むことになります。

amazonギフト券買取の規模が大きいとクレジットカードも複数利用しているでしょう。
ほとんどのクレジットカードで決済ができ、一部のカードだけでリボ払いとしているならまだしも、ほとんどのクレジットカードでリボ払いになってしまったら支払という観点ではかなり危険です。

事業を守るためにはそのようなリスクを追い続けることはできません。
事業を展開している以上、取引先や得意先に対する責任があり、事業を守り抜く必要があります。

もちろん自分の家族も守らなければいけません。

amazonギフト券買取を実行したら、amazonギフト券の購入代金を絶対か確保しなればいけないのです。

まとめ

amazonギフト券買取からamazonギフト券の代金支払までにすべきことはいくつかあります。

資金的な確保が見込めていても、確実に確保してクレジットカードの決済口座に入金されるまで油断はできません。
また、資金調達方法は多種多様にわたりますが、時間との闘いとなることも知っておくべきでしょう。

くれぐれも「返済なんかできないから放置しておこう」とは考えないでください。