現在、2017年4月24日以降に発行されたamazonギフト券の有効期限は、全タイプ一律で10年という長い期限に延長されました。

詳しくはamazonギフト券の有効期限は10年をご参照下さい。

4月23日以前のギフト券で有効期限が切れてしまった場合は以下の方法で、amazonギフト券の有効期限を延長する事が出来ますので、是非試してみて下さい。

ズバリamazonへ直接連絡する!

はい、たったこれだけです。

いかがですか?実際に2秒で延長とは言い過ぎかもしれませんが、方法としてはこれだけです。

非常に簡単です。

それでは電話した後、どのようにステップを踏めば良いか順を追ってご説明します。

⇒画像解説付きのamazonギフト券有効期限延長・復活方法はコチラです

※延長するには、いくつか注意点がありますので最後まで必ずご確認下さい。

まずは、自分が持っているギフト券の各タイプ別有効期限を確認してみましょう

amazonギフト券の有効期限

amazonギフト券の有効期限は、ギフト券のタイプよって有効期限が異なります。

Eメールタイプ発行(購入)日より1年間
シート(印刷)タイプ発行(購入)日より3年間
カードタイプ発行(購入)日より1年間
チャージタイプ発行(購入)日より1年間
法人向けタイプ発行(購入)日より2年間

ざっと大きく分けて5種類のギフト券タイプがあります。ここから更に各種類細分化されます。

ちなみに法人タイプは特殊なタイプです。何かのサイトのキャンペーンや、ちょっとした抽選の当選の品などでプレゼントされるタイプのものです。多いのが100円分とか500円分とかのものです。メールでギフト券番号が送られてくるタイプのものです。これが法人タイプという事になりますね。

▼更に細分化したギフト券は以下の通りです

有効期限を延長する前に自分のギフト券がどこに当てはまるかチェックしてみましょう。

amazonギフト券の細かい分類詳細内容有効期限の起算日
Eメールタイプ電子的に送信されるギフト券送信された日から1年
シートタイププリンターなどでPDFデータを印刷データが届いた日から3年
※印刷した日ではありません
グリーディングカードタイプ実際のカードが贈り相手に届きますアマゾンが発送した日から1年
※到着した日ではありません
チャージタイプ直接自分のアカウントにチャージアカウントに反映した日から1年
オートチャージタイプ任意で設定したものが自動でチャージアカウントに反映した日から1年
ボックスタイプ箱の中にカードが入っているタイプアマゾンが発送した日から1年
※到着した日ではありません
封筒タイプ封筒の中にカードが入っているタイプアマゾンが発送した日から1年
※到着した日ではありません
マルチパックタイプ10枚1セットのカードタイプですアマゾンが発送した日から1年
※到着した日ではありません
コンビニ(カードタイプ)コンビニで購入できるカードタイプレジで購入した日から1年
※レジを通さないと使えません
コンビニ(印刷タイプ)コンビニで購入できるシートタイプレジで購入した日から1年
※レジを通さないと使えません
法人タイプキャンペーンやプレゼントなどで配布購入元の法人が発行した日から2年
※その都度確認が必要です

以上が現在発行されているamazonギフト券の全てです。

このように細分化するとざっと11種類ものタイプに分ける事ができます。

 

あなたのamazonギフト券の有効期限切れてませんか?

amazonギフト券に限らず、商品券や金券類は、ポイントカードのポイント失効のようにかなり身近な問題です。

特にアカウントにチャージするようなamazonギフト券のようなものはちょっと使わずに放置してしまうと、存在自体忘れているなんて事が多いのです。

気付いた時には、既に有効期限が切れていて使えないなんて事が多々あります。

amazonギフト券は現金同様の電子マネーですから、有効期限切れになった瞬間お金をドブに捨てるのと同じことです。

まずは自分のamazonギフト券はいつまで使えるのかすぐにチェックしてみて下さい。

 

失効したamazonギフト券を復活させる方法

もしamazonギフト券の有効期限を切らしてしまい、既に使えない状態になってしまっても諦めないで下さい。

有効期限が過ぎてしまったamazonギフト券を復活させる方法が一つだけあるのです。

例えば、10,000円分のamazonギフト券の有効期限が過ぎていると、アカウント内のチャージ金は0(ゼロ)と表示され、ギフト券の残高・利用履歴をみるとこのように表示されているはずです。

日付利用内容金額
2016年〇月〇日有効期限切れ(ギフト券番号: xxxx-xxxxxx-EK8E)-10,000

▼実際の画像

amazongiftcard

有効期限が切れると赤枠にあるような状態になります。

しかし、赤枠の上に注目して下さい。なんて書いてあるか分かりますか!?

有効期限の延長

そうです、これが今回の記事の目的です。

画像をご覧の通り実際にamazonギフト券有効期限の延長は可能なのです。

それも画像のように期限が切れたのが4月で、延長手続きをしたのが半年ほど経過してからも復活させることが可能だったのです。

このように、基本どんな状態でもamazonギフト券の有効期限は復活させることが出来るのです。

 

それではどうやって期限を延長する?

もう既に一番最初に書いてありますね。

そうです、直接アマゾンに電話をするだけです。

amazonのカスターマーセンターへ連絡すれば、ほぼ期限切れのギフト券を復活してもらう事ができます。

一言にアマゾンと言っても、アマゾンはいくつも関連会社があり、各部門やカテゴリによっては運営会社が異なります。

amazonギフト券の発行や管理は、カスタマーセンターは「Amazon Gift Cards Japan株式会社」です。

住所は〒153-0064東京都目黒区下目黒1-8-1となります。

ギフト券の延長をお願いする時は基本的にamazonカスタマーセンターで問題ありません。

0120-999-373

上記の電話番号にかけ、期限切れになってしまった事を告げどうにか期限を延ばしてもらう交渉をしてみましょう。

十中八九というよりほぼ99%期限の復活が可能です。

 

延長できないケース

過去当サイトで募集したアンケートなどで調べたところ以下に当てはまる場合は、延長できない可能性があるとみられます。

①ブラックリスト顧客

使用しているアマゾンのアカウントで、以前買い物や何かでトラブルがあったり過去猛烈なクレームなどを入れて顧客としてブラックリスト入りしているような場合は断られる確率が高いです。

例えば「購入者の勝手な都合で注文した商品をキャンセルした」場合、一度くらいは問題ありませんが、何度も繰り返し行っていれば、これだけでも「問題有り」と見られてしまいます。

 

②複数のアカウントを利用している場合

※アマゾンは原則一人1アカウントしか持てません。ある程度黙認している面もありますが、実際には禁止なので複数アカウントを持っている疑いのある人には対応してくれません。

 

③既に一度期限を延長している

一度延長して、更にその期限内に使わず延長してもらおうとしても「そうは問屋が卸しません」

絶対に再延長出来ない事はありませんが、一度延長してもらったのであれば道徳的にしっかり期限内に使いましょう。

まとめ

基本的にamazonギフト券の有効期限は誰でも簡単に延長できるという事がお分かり頂けたと思います。

一度や二度であれば簡単に延長する事ができるでしょう。

アマゾンという企業はユーザビリティを優先しております。

顧客優先を理念にしているため、ちょっとした問題であればアマゾンが全部負担してくれる懐の深い企業です。

しかし何度も行っているとそのうちブラックリスト入りする事もありますので、ちょっとした裏ワザくらいに考えておいてください。

 

それでは良いアマゾンライフをお楽しみ下さい!

▼最後に注意事項です

  1. この方法はギフト券の有効期限の延長を100%保障するものではありません。
  2. 一度有効期限を延長したギフト券は、再度延長は出来ません。
  3. 同じアカウントで何度も出来ません。(1~2回が限度ですので、できれば一度限りにしましょう)