クレジットカードの現金化をする際、どうしても目先の現金化を考えてしまうため、その手法や効率を忘れてしまいがちです。

パソコンの新製品を量販店で購入すれば、それを買い取ってくれる業者はあります。しかし、その際の買取率は6割から7割程度と非常に低いです。ヴィトンなどのブランドバッグであっても同様です。

クレジットカードの決済は、長いものでも締日から1か月程度ですから、締日翌日に購入しても支払猶予期間は2カ月にすぎません。買取率が3割であっても、これでは年利換算で180%と現実的な数字ではありません。

実際にクレジットカードの現金化をするのであれば、買取率が95%を超える新幹線回数券や信販会社の商品券が対象になります。

最近は、信販会社もクレジットカードの現金化を警戒しています。

しかし、利用するカードを分散したり、窓口を変えたり、更には万が一信販会社などから理由を聞かれた際の「言い訳」も事前に準備していれば心配はいらないのではないかと思われます。

 

クレジットカード現金化した場合、結局のところ金利は何%なの?

クレジットカードの現金化をしようとする場合、何を現金化するかが問題になります。

とにかく現金が欲しいとばかりに、後先のことを考えず買い物をして売却代金をゲットすると冒頭のような割の悪い買取に頼るしかなくなります。そんなことをしていると、クレジットカードの決済日に資金がないと慌てることになります。

どんな方法でクレジットカードの現金化を試みても、結局は最長でも2カ月程度経過したら支払日が到来するのです。

支払不能を起こしてしまうと、次回のクレジットカード現金化ができないどころか、クレジットカードの利用自体停止されます。これでは日常生活にまで支障が及ぶのです。

クレジットカード現金化は、形はどうあれお金を借りているのと同じ話です。と、すれば、いかに利率を低くするかが大きな問題点になるはずです。

金利が高ければ返済する際に苦しくなるわけです。

クレジットカード現金化で資金を借りるということは、利息をあらかじめ差し引かれて返済日に元本を返済する形式の借入です。現在の貸金業法などでは禁止されている形式の借入なので、ヤミ金等で借りた経験がある人でない限り知らない人も多いはずです。

しかし、10万円の家電製品をクレジットカードで買い、それを6万円で売却しても2か月後には10万円が預金から引き落とされます。つまり、2か月間で4万円準備する必要が生じます。

これに対し、10万円分のギフトカードや新幹線回数券をクレジットカードで買い、チケットショップに売却すれば9万5千円以上の資金をゲットできます。2か月後に5千円準備できれば10万円の決済ができるのです。

どちらが賢い選択かは言うまでないでしょう。

ベストの選択で年利20%!!

2カ月という期間で現金化した資金を決済する場合、金利はどの程度なのでしょうか。

おおよその計算ですが、2か月間の利率を6倍すれば年利率と考えていいでしょう。年利18%の消費者金融であれば、2か月間では3%と言うわけです。

つまり、97%の買取率の商品があれば大手消費者金融並みの利率で資金調達できるわけです。

この条件に合致する可能性があるのが新幹線回数券や信販会社のギフト券です。

両者ともに95%を超える換金率で金券ショップは買取をしています。金券ショップの買取率は時期により変動しますが、こまめにネットなどで調べることで有利な換金対象を探すことが可能です。

もっとも、クレジットカード現金化が目的なのでクレジットカードで買うことができないものは対象外です。

例えば、百貨店共通商品券はどこの百貨店でもクレジットカードで買うことはできません。一部の百貨店ではできた時期があったようですが、現在は百貨店間で取り決めがあるのか、できなくなってしまっています。

 

現実的な選択として、一番換金率が高いのは信販会社系の商品券か新幹線回数券になります。

換金率の高い信販会社系商品券として一例を挙げると、VISA系のVJAギフトカ-ドがあります。

三井住友カードのWEBからVJAギフトカードを買うことができます。

30万円以内という制限がありますが、ある程度の資金調達は可能でしょう。

JCBカードやNICOSカードなどのギフトカードも同様に換金率が高いです。三井住友カード同様にWEBからギフトカードの購入ができます。

新幹線回数券はさすがにネットでは買えませんから、みどりの窓口に行く必要があります。また、信販会社以外の商品券はクレジットカードでは買えないものがほとんどです。

特に換金率の堅い百貨店共通券やびゅう商品券などは現金でしか買えませんからクレジットカード現金化には適しません。

 

手段はいくつも準備しよう

上記のような条件を満たすクレジットカード現金化の対象物は多くありません。

しかし、対象物を信販会社のギフトカードだけにすると、まとまった金額を現金化したい場合に限界が生じます。できる限り手段はいくつか準備したほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化の対象になる商品券などで一番換金率が高いのは、信販会社系の商品券です。VISA・JCB・NICOSと3種類のカードを持っていれば、3つの手段を持つことになります。

そして、東京大坂間の新幹線回数券もラインナップに含めれば4種類です。

新幹線回数券は、買い方を工夫することで怪しまれずに多額の現金化をすることが可能になります。

金券ショップはネット上で買取価格を公開していることが多いです。

競争が激しいため、ネット上の店舗の価格帯は大きく差が出ないのですが、品ぞろえの多い金券ショップをブックマークすることで、いつでも最新の情報をゲットすることができます。

また、金券の中には、意外に換金率が高めのものもありますが、そのような商品を見つけたら、クレジットカードで購入できるかどうかを確認すればクレジットカード現金化の手段が増えていきます。

クレジットカード現金化は、どこの信販会社も警戒しています。

しかし、同時に信販会社はギフトカードの拡販にも熱心です。

このことはWEB上でどの信販会社もギフトカードの販売をしていることからわかるでしょう。

クレジットカード現金化には何枚ものクレジットカードが必要です。

信販会社をバラバラにして持つことだけでも、クレジットカード現金化に必要なギフトカードを買う手段を増やすことができます。

1つの手段だけだと、怪しまれて買うことができなくなります。

怪しまれずに商品券を購入するためには、購入方法を分散させることが一番の方法です。

 

リサーチを怠らないこと

クレジットカード現金化で一番大切なことはリサーチではないでしょうか。

先ほど述べたとおり、クレジットカード現金化の対象物を分散して買う手段を設けたりすることも大切ですが、それとともに対象物を増やすことも大切なのです。

もちろん、換金率が低いものでは意味がありません。

現実的な換金率としては、95%がデッドラインです。この場合でも、年利換算で30%と非常に高利になってしまうのでお勧めはできません。96%から97%程度がギリギリのラインではないでしょうか。

この観点でクレジットカード現金化の対象物を探そうとすると、実はさほど多くありません。

換金率の高いものはクレジットカードで買えない場合もあるからです。

しかし、裏ワザとしてネットオークションで金券を探す方法もあります。

ネットオークションはクレジットカード払いができるため、クレジットカード現金化の方法として有用です。あまり出品されないので、探すのは大変かもしれませんが、探してみる価値はあります。

換金率が高いのにクレジットカードでは買うことができない全国百貨店共通券も出品されていることがあります。

ただし、ネットオークションで購入する場合は金券の状態には注意が必要です。

汚れていると金券ショップは買取をしてくれないためです。

オークションで金券を落札しようとする際は、写真を注意深く見る必要があります。

不鮮明だったり、すべての金券の写真が出ていなかったりする場合は、写真をアップしてもらうように出品者に依頼することが大切です。

もし、断られたり応答がない場合は、その出品者からの落札はやめた方が賢明です。換金できなければクレジットカード現金化の意味がないのです。

 

まず換金率の高い金券を探そう

このようにクレジットカード現金化をする際には、換金率の高い対象物を探すことが必須です。そして、現状ではそのような対象物は金券以外にありません。

金券がクレジットカード現金化に適している理由は、ただ単に換金率が高いと言うことだけではなく、全国の金券ショップで買取をしてくれることです。

買取はその場で現金だったり、振込だったりしますが、実績のある金券ショップであれば先に金券を送っても安心できます。

最近は、アマゾンギフト券の換金をしてくれる業者もありますが、アマゾンギフト券はギフト券番号なので信用ができない相手との取引はリスクがあります。

また、その割に換金率が高くても9割程度と高くはありません。

ちなみに9割の換金率で2か月間の支払猶予があると仮定した場合、年利率換算で60%の利率ということになります。それならもっと割のいい金券はたくさんあります。

世の中には金券の種類はいっぱいあります。金券の種類を知らないと言う人もいるでしょうが、WEB上で金券ショップを見つけ出し、買取価格を見てみるとこんなにたくさん金券の種類があるんだとびっくりすることでしょう。

しかも、9割以上の換金率のものがいっぱいあるのです。

もちろん探すのは一番換金率が高い金券です。そしてその金券をいかにしてクレジットカードで買うかを考えるわけです。

先ほど、信販会社系のギフトカードの話をしましたが、他のギフトカードでもクレジットカードで買うことができるものはあります。

ショッピングセンターのギフト券の場合、一般のクレジットカードでは買えないものの、そのショッピングセンターが発行しているクレジットカードでは買える場合もあります。

しかし、最近は信販会社の指導があるのか、徐々にクレジットカードで金券が買えなくなってしまっているのは残念です。

 

新幹線回数券がベスト

クレジットカード現金化をする人の中では、カード会社バレのリスクは一番高いものの「新幹線回数券での現金化がベスト」の対象物だと言われています。

なぜなら、金額が大きいので数冊で10万円単位の現金化が可能であることと、実際にその単位で買っていくビジネスマンが少なくないためです。

また、新幹線回数券は換金率が高いです。新幹線回数券の換金率は高いものですと96%程度です。2か月間の支払猶予とすれば、年利率24%ですからさほど高金利だとも言えません。

新幹線回数券は需要が多いため、どの金券ショップでも買取をしてくれます。そのため買ったけど無駄になってしまったと言うことはありません。

ただし、最近は金券ショップ側も自己防衛のためか多量の新幹線回数券を一気に買取をしないケースが増えてきました。

また、時期的に需要が多い時期とそうでない時期が激しいことも事実です。買い取ってくれないと言うことはあり得ませんが、クレジットカード現金化を新幹線回数券でしようとする際には、必ず金券ショップの買取価格を確認する必要があります。

他の金券も同じですが、クレジットカード現金化は、変動相場制だと言うことは知っておく必要があります。

 

ギフトカードも95%越えがいっぱい

金券ショップの価格表を見ると、クレジットカードで購入可能な信販会社系ギフトカードが、かなりの高買取率で表示されています。

金券によっては98%近くの買取率が表示されているものもあります。

98%の場合、2か月間の支払猶予とすれば、年利率12%ですから消費者金融や銀行系カードローンより低利率という話になります。

時期によって需要が多く供給が少ないとこのような事態になります。

しかも、ギフトカードは買えばそのまま百貨店などで使うことができますから、常時ある程度の人気があります。

新幹線の回数券もビジネスマン相手に人気が高いのですが、最近はJR系のクレジットカードを使うことで回数券並みの価格で、座席指定などがしやすくなることが増えています。

これに対し、百貨店の商品券はプレゼントとしては効果がありますが、ちょっとでも安く買い物をしたい人にとっては信販会社系のギフトカードを額面の98%から99%で買う方がお得感があります。

ただ、信販会社系のギフトカードはクレジットカードで購入はできますが、現金化を警戒している信販会社で買うのですからどうしても気を使います。

2016年現在、東京と新大阪間の新幹線回数券は、1冊82,140円です。

回数券4冊で32万ですが、この程度の回数券をまとめて買う人は珍しくありません。

しかし、信販会社のギフトカードを30万円分一気に買う人は新幹線回数券を買うビジネスマンほどは多くありません。

法人用途でギフトカードを買う際は、100万円単位で大量に買い込みます。

実は法人も裏金作り目的でギフトカードを購入することがあるのです。

そのようなギフトカードが金券ショップに持ち込まれるのですが、一般の個人が30万円のギフトカードを一気に購入することは多くないため、怪しまれてしまう可能性が多少高いのです。

実際に信販会社のWEBでギフトカードを購入しようとする場合、前の方で述べた通り購入制限がある場合も少なくありません。

 

買ったらすぐ金券ショップへ持ち込もう

クレジットカード現金化はスピードが勝負です。

ベストの方法は、クレジットカードの締日翌日に購入することですが、締め日から支払日まで1か月以上のカードを使うことで2カ月間の支払猶予期間を作るのです。

しかし、信販会社のWEBから通販の形でギフトカードを購入する場合、必ずしもすぐに送ってくれることはないようです。とはいえ、スピード感が必要なのでそれでは都合が悪いです。

信販会社のWEBを見ると、ギフトカードの購入方法が出ています。

ネットでの購入方法に加えて、代理店なども照会されています。

例えばJCBの場合ですと「JCBギフトカード販売店検索」を使って自分の住んでいる地域に販売店がないか探すことができます。検索すると、場所だけではなく支払方法も出ていますから、クレジットカードを使うことができる店舗を探せばいいのです。

多くの販売店は現金だけですが、たまにJCBカードで購入することができる店舗もあります。

案外クレジットカードで購入できる店舗は多いのです。

ちなみにJCBカードの締日は毎月15日で、支払日は翌月10日です。

16日にJCBギフトカードを購入し、すぐに金券ショップに持ち込むと97%程度で買取をしてくれます。

購入日から支払日まで2か月もありませんが、日数換算で57日程度なので、1年365日とすると年利換算で19.2%とさほど高利率ではありません。

換金率が高ければ、多少支払期間までの日数が短くなっても異常な高利率にはならないのです。

また、新幹線の回数券には期限があります。

金券ショップによっては購入から10日以内に持ち込まないと買取価格が不利になるケースもあります。

それに金券購入の理由はクレジットカード現金化なので、金券を手元に置いていても意味がありません。購入したらすぐに金券ショップに持ち込んで換金しましょう。

 

買取してくれる金券ショップは複数比較

金券ショップの換金率は、どこでも同じということはありません。

極論ですが変動相場制のようなもので、昨日は一番高い買取率だったのに、今日は別の店がトップだと言うこともあるのです。

これは、各金券ショップが自店舗の在庫が少ないものは高買取率を提示し、ある程度在庫が確保されたら買取率を下げているためです。ちょっと考えてみれば当たり前の話ですが、早くお金に変えたいと気持ちが焦っていると肝心なところで損をしてしまいます。

金券ショップの換金率は毎日変わるものだと思い、クレジットカード現金化をする際には、どこの店が一番高買取率かをチェックすることが大切です。

ちょっとした差で実質金利は変わるので、比較とチェックは欠かせません。

同時に、どの金券の買取率が高いのかのチェックも欠かせません。

ある時期は新幹線回数券の需要が多くて買取率が上がるものの、回数券が使えない年末年始が近づくと売れ行きが鈍くなるので買取率も下がるのです。

同じ理由で、中元歳暮の時期は信販会社系のギフトカードは需要が伸びますから、そのちょっと前には在庫確保のために買取率は高めに推移します。

金券買取率の情報は金券ショップのWEBなどで見るのが一番ですが、最近はたまに日経の記事になることがあるほどです。

クレジットカード現金化を考えている人のために記事化しているわけではないのでしょうが、日経の読者には新幹線回数券などの金券を買おうとする人は少なくないはずなのです。

 

クレジットカード現金化をする際には、次の3つのチェックが必要です。

  1. まず金券ショップの買取率を何社かチェックし、一番高い買取率の金券をチェックします。
  2. その金券がクレジットカードで購入するかをチェックします。
  3. 最後に金券を購入した日にその金券を一番高く買取してくれる金券ショップを探すのです。

ちょっと面倒な作業かもしれませんが、これだけで自分が少しでも低い実質金利でお金を調達することができるのです。

消費者金融の利率は自分で変えることはできません。

しかし、クレジットカード現金化であれば、自分の努力で低い金利で資金調達ができる可能性があるのです。

 

現金化するなら、クレジットカードは何枚か持とう

一般的にクレジットカードの保有枚数は少ない方がいいと言われています。

多すぎると管理が大変ですし、何かの都合で消費者金融に借入をしようとする際に審査で不利になる可能性も否定できないためです。

しかし、クレジットカード現金化をするにあたっては、クレジットカードが1枚では非常に不利ですし不便でもあります。

何枚かのクレジットカードを振り分けることで効率的、かつ問題のないクレジットカード現金化が可能になるのです。

もちろん作ったクレジットカードをすべて持ち歩く必要はありません。どこかにしまっておけばいいのです。

そして、いざクレジットカード現金化が必要になった際に使えばいいのです。

ただし、何枚かクレジットカードを作る際には注意点が一つあります。

作ったクレジットカードは、毎月少額いいので使ったほうが賢明です。

なぜなら、クレジットカードの利用状況は信用情報機関に登録されており、使っていないカードは信用情報機関のデータで「この月は決済がない」という空白欄が並ぶことで表示されてしまうためです。

ここでは金額は登録されず、決済の有無しか登録されませんから、決済金額を気にする必要はありません。

今後新しくクレジットカードを作る際、利用実績が全くないクレジットカードが多く存在することは審査上不利になっても、有利になることはあり得ません。

毎月1回千円程度の雑誌をカードで買うだけでもいいですし、スーパーなどで1回買い物をするだけでもいいのです。

この信用情報機関の決済記録は2年間表示がされます。とは言え、2年間毎月使い続ける必要はないのですが、できるだけ空白欄がないようにすることが今後の利用をスムーズにしますし、クレジットカード現金化のような高額利用をする際においても、きちんと利用実績がある人だと信販会社に思わせることが可能です。

また、当然のことですが支払は期日までに確実にすることが大前提です。

 

クレジットカード現金化が警戒されている理由

現在クレジットカードのWEBを見ると、信販会社がクレジットカード現金化は禁止されていると表示しています。

その割にギフトカードをクレジットカードで販売しているので一種の自己矛盾にもなっているのですが、クレジットカード現金化は警戒されていることは間違いありません。

そのため、新幹線回数券をクレジットカードで大量に買うとカード会社に照会されたり、JRの人に利用目的を聞かれたりすることがあります。

クレジットカード現金化が警戒されているのは、ただ単に規約上禁止されているからというだけではありません。

往々にしてクレジットカード現金化をすると、そのまま支払不能になってしまうからです。

前後の見境なしにクレジットカード現金化をすると、6割前後の買取率で電化製品やブランドバッグを換金してしまいます。

しかし、10万円で買ったものを6万円で売却して、2か月後に10万円の決済ができる人は多くないでしょう。

結果として支払不能になり、クレジットカードの利用が停止されます。

クレジットカードで買い物代金の支払をすると、通常は一瞬のうちに決済ができてしまいます。

しかし、ギフトカードや新幹線回数券をクレジットカードで買う場合、信販会社はいったん決済許可を留保することがあります。

その間に信用情報機関にデータ照会をして、今までに怪しい取引がないかをチェックしているのです。

先ほど、決済を毎月した方がいいと言う話をしましたが、このような場合に役立つのです。

もし信用情報機関にチェックをした際に、利用実績が全くないカードで急に10万円単位の利用があれば警戒されるのは当然でしょう。

もし、利用実績があるとわかれば、特に不審がられずに決済を通すことになります。

信販会社もクレジットカード現金化を警戒しているものの、本音は決済をして取引を成立させたいのです。

 

1枚当たりの購入額を減らそう

とはいえ、このようにクレジットカード現金化が警戒されている以上は、それなりに対応が必要です。

クレジットカード現金化の際には、できるだけ信販会社が不審に思わないような買い方をすることが大切です。新幹線の回数券はクレジットカードで購入すると信販会社に連絡があると考えて、1枚のクレジットカードであまりに多額の金券を買わないようにすることが大切です。

後で述べますが、例えば新幹線回数券であればJRの人などに使う理由を聞かれた際に「出張で使います」というような説明がすぐにできるようにしておくことが大切です。そのためには、あまり多い金額を購入することは避けたほうが賢明なのです。

特に信販会社でギフトカードを購入する際は、チェックが入ると考えたほうがいいでしょう。

実際に電話で使う理由を聞かれるかどうかは別にして、信用情報機関への照会をして、今までの利用状況に問題がないかを必ずチェックされると考えたほうがいいのです。少額であればチェックはされないかもしれませんが、それであればクレジットカード現金化の意味はないでしょう。

おおよその目安として、信販会社の人などから聞かれた際に「言い訳ができる理由」の範囲内で購入することが大切です。

このように信販会社に警戒されている中で、クレジットカード現金化をしているということは忘れないようにすべきです。

 

それでも3枚程度が限界か?

このように信販会社に警戒されないようにクレジットカード現金化をする際は、1枚当たりの金額を少なくすることが大切ですが、クレジットカードも無限大に申込をすることはできません。

また、1枚当たりの金額を分散するとはいえ、同一の信販会社が発行しているカードを何枚も持っていると、情報を共用されている可能性が高いのでやめた方が賢明です。

信販会社を別々にして、1つの信販会社で1枚のカードを作ったほうがいいわけです。

また、マスターカードはVISAやJCBのようなギフトカードを発行していないので、避けたほうが賢明です。

どのクレジットカードがお勧めかと言われれば、締め日から支払日まで1か月のクレジットカードということになりますが、この条件に合致している信販会社は結構多いです。

この期間が長いことをウリにしているセゾンカードだけではなく、審査が甘いと言われている楽天カードでも28日間あります。

また、隠れた高還元率カードとして有名なポケットカードも1日締めという変則的な締め日ながら、支払日は翌月1日なのでほぼ1か月の支払猶予期間があります。

JCBやNICOSのような老舗の信販会社のスタンダートカードは15日締め翌月10日払いとこの期間が短いのですが、スタンダートカードでないとWEBなどでギフトカードが買えない場合もありますから、ラインナップに入れたほうがいいかもしれません。

このような観点でクレジットカードを何枚か作ることになりますが、あまりたくさん作りすぎると1枚当たりの利用限度額が少なくなります。

ゴールドカードのような100万円単位の限度額は必要ありませんが、せめて50万円は欲しいところです。

10万とか20万とかの限度額では、クレジットカード現金化を効率よくすることはできません。

そうすると枚数だけを追い求めることは賢い手段ではありません。

信販会社を分散して、スタンダートなJCBやNICOSなどから1枚、セゾンカードを1枚、そして審査が甘めな楽天やポケットカードなどから1枚という3枚程度が限界かと思われます。

もっとも、ちょっとした規模の会社で正社員としてお勤めであれば、5枚程度までは現実的な利用限度額で発行してもらえるかもしれません。

 

ゴールドカードで100万円分の現金化は愚行

クレジットカード現金化をしようとする人の中には、ゴールドカートやプラチナカードなど、上位のカードホルダーの方もいらっしゃいます。

このような方の中には、みどりの窓口で100万円単位の新幹線回数券を購入しようとして信販会社のチェックに引っかかってしまった人もいるようです。

ここまでの話を読んでいただければ、このような行為がいかに危険化はわかると思います。分散することが大前提なのです。

また、信販会社のチェックに引っかかってしまうと、当然信販会社のデータにその旨が登録されますから、そのカードでは二度とクレジットカード現金化をすることはできません。

同じことをすればまず間違いなく取引が止まってしまいますし、場合によっては最初に信販会社からチェックが入った時点で取引停止になるか、利用限度額を引き下げられてしまうことになりかねません。

少なくとも、クレジットカード現金化の際に信販会社から怪しまれて、取引ができなくなってしまったらそのクレジットカードだけではなく、信販会社自体からブラックリストとして警戒されてしまうと言うことは忘れてはいけません。

クレジットカード現金化は、一時のお金を作るだけの手段ではありません。

あまり使うべき手段ではないことは事実ですが、必要な際に再度利用するかもしれない手段なのです。

そのためには、信販会社にできるだけ怪しまれないようにクレジットカード現金化を実行することが大切なのです。

 

クレジットカードを作る際のコツ

このようにクレジットカード現金化をする際には、クレジットカードを分散して高い換金率の金券を買うことが大切です。

ここで、クレジットカードを何枚か作る際に、何も考えずに一斉に申込をすると審査で落とされる可能性があります。その反面、信販会社では新規入会キャンペーンをやっている一面もあります。

同一の信販会社ではカードを1枚だけにすることも大切ですが、信販会社によってはポイント還元率の高いリボ払い専用カードを設定していることがあります。

クレジットカード現金化は一括払いが大前提なのでリボ払いは厳禁ですが、リボ払い専用カードも一括払いができるように設定を変えることが可能です。

また、クレジットカード自体の申込方法に一工夫を得ることで、思わぬ臨時収入を得ることができます。

クレジットカードは、文字通り「CREDIT」つまり信用が大切です。信用を増すためには利用が大切で、少額でも毎月利用することをお勧めしている理由です。

利用実績が積み重なると、信販会社も利用限度額を増加させてくれます。

クレジットカードを作る際には最初の更新期間は非常に短いのですが、その更新期間が過ぎると利用限度額が上がることがあります。利用を積み重ねていると上げてくれるのです。

今はクレジットカード現金化など必要ないと考えている人でも、将来必要になる可能性は否定できません。

この文章を読んでいる人の中にはそのような方もいらっしゃるでしょう。

もし、ひょっとしたら自分もと思われるのであれば、早めに信販会社を分散してクレジットカードを作っておくといいでしょう。何かの時に役立つかもしれません。

 

同時に何枚も作らないこと

クレジットカードや消費者金融のカードローンを申し込む際には審査があります。

クレジットカードの審査は形式的なものだと考えている人もいるようですが、実は信用がある人でも落とされることがあります。

その理由は短期間に多数のクレジットカードを申し込んでしまうためです。

一般的に「申込ブラック」と呼ばれているのですが、短期間に多くのクレジットカードを作るとクレジットカード現金化を考えているのではないかと警戒されるのです。

ただし、信用情報機関が一般に言われる債務整理をした人などの情報として登録をする「ブラックリスト」とは別です。

つまり、信用情報機関が「この人は申し込み過ぎている」という情報の登録をしているわけではありません。

「申込ブラック」として審査を落とすか否かは信販会社によって分かれます。

例えば、JCBやNICOSなどは結構気を使っているようで、同じ月に他のクレジットカードを申し込むと審査で落とされることがあります。

これに対し、セゾンは自社でいつもの提携カードを発行していることもあるのでしょうが、3枚程度ほぼ同時に申込をしても、審査に通ってしまうようです。

下手に信販会社に怪しまれても仕方ないので、クレジットカードは1か月に1枚程度の申込に限定した手方が賢明でしよう。

 

高還元率カードはチャンス

クレジットカード現金化をすると利用金額がどうしても多額になります。

その場合、高還元率のクレジットカードは大きなチャンスです。

例えば、ポケットカードのように利用の都度1%引きで請求してくるような場合、10万円利用しても請求額は9万9千円です。

具体的に言うと、10万円の金券を95%の買取率で現金化すると、通常は年利30%相当なのに、9万9千円しか請求されないため、年利24%相当まで落ちるのです。

計算方法ですが、

通常は

(1-(95/100))*(12/6)なのに、

ポケットカードを利用することで

(1-(95/99))*(12/6)という年利率になるためです。

 

ポイントでキャッシュバックを受けることができたり、商品券などに交換できる場合も同様のことが言えるはずです。

1%程度のキャッシュバックや商品券との交換を受けることができる場合、10万円当たり千円のキャッシュバックです。

最近は高還元率のクレジットカードが増加しています。

その中にはポイントをもらっても利用シーンが限定されているようなものもあります。しかし、ジャックスのREXカードやオリコカードのようにポイント還元率が高いカードもあります。

信販会社間で新規入会者の獲得競争になっている面もありますから、リボ払い専用カードのような形で年会費を無料にしたり、キャッシュバックの還元率を上げたカードも少なくありません。

老舗の信販会社でも、JCBのJCB EIT、NICOSのVIASOやDCカードのJizileなどがリボ払い専用カードに該当します。

老舗の信販会社は年会費を徴収する上にポイント還元率が低いのです。

還元率が上がるのもありがたいですが、年会費が無料になるのはもっとありがたいです。

どのカードもリボ払い専用カードですが、支払方法は全て一括払いに変更可能ですし、老舗の信販会社なのでWEBからギフトカードを購入することも、場合によっては可能です。

金券自体の換金率を上げることも大切ですが、同時にクレジットカード自体のキャッシュバックを受けることでより一層実質年利率を下げることができるのです。

 

キャンペーンの活用

信販会社では、いつも何らかのキャンペーンをしています。

特に新規顧客に対しては、最優遇のキャンペーンをしています。

例えば、オリコカードなどは新規加入とともに携帯電話などの支払をオリコカードにしたり、高額の利用をすることで、最高1万8千円分のポイントゲットが可能です。

信販会社のキャンペーンは、一定額以上の利用を条件にしていることが多いです。

オリコカードの場合でも、入会後6カ月はポイント還元率が2%になります。この間にクレジットカード現金化をすれば、ギフトカードなどより若干換金率の低い新幹線回数券であっても、かなり有利な条件で現金化が可能です。

このようなキャンペーンをどの信販会社がしているかは、ネットで検索すれば比較サイトを見つけることができます。

多くの信販会社が6千円から7千円程度のキャッシュバックを提供してくれます。

信販会社を分散して、何枚かのクレジットカードを作ることも大切ですが、どうせ新規にクレジットカードを作るのであれば、キャンペーンを有効活用することも一つの方法ではないでしょうか。

特に利用金額によってキャッシュバック率が変わるようなキャンペーンはクレジットカード現金化をする際には大きなチャンスになるはずです。

 

ポイントサイトの活用

あまり知られていないようですが、信販会社にもノルマがあります。

しかも、時期的に「強化月間」というものも存在します。そのような際は、何が何でも新規加入者を増加させる必要があります。

また、信販会社の企画でちょっと変わったデザインのカードを作ることがあります。

タレントやアニメキャラなどとのコラボでクレジットカードの規格をすることもあります。

しかし、往々にして企画倒れになってしまい、入会者が集まりません。

とはいえ、入会者が集まりませんでしたと報告できるほど信販会社は甘い組織ではありません。

そのため、広告代理店が企画する「ポイントサイト」というサイトを利用することになるのです。

クレジットカードをそのサイトを経由して入会するだけで、サイトから6千円から8千円、カードによっては1万円のキャッシュバックを受けることができます。

もちろん、信販会社が企画する新規入会キャンペーンも受けることができます。

非常においしい話なので、この手のサイトの広告を見ているとクレジットカードを何枚も申し込みたくなります。

しかし、先ほど述べた通り「申込ブラック」として審査に落とされてしまうのです。

ポイントサイトを活用することで、クレジットカードの加入時にかなり有利な扱いを受けることができます。

ただし、1か月に1枚程度の加入にとどめ、キャンペーンを使いつくすほどのキャッシュバックを受け、それに加えてクレジットカード現金化をすれば、実質年利をかなり下げることができます。

ポイントサイトは有名どころとして、「GetMoney」「ハピタス」「モッピー」などがあります。

ただ、ポイントサイトには悪質なサイトもあります。ここに挙げた3つのサイトは確実にキャッシュバックをもらえるのですが、他のサイトの中には不必要に条件を付けることでキャッシュバックを受けることができないようになっていることもあります。

ポイントサイト利用時には、事前にポイントサイト自体の比較サイトで情報収集をしてから利用することをお勧めします。

 

現金化バレの言い訳を考えておこう

クレジットカード現金化は、カード会社に警戒されていると言う話は先ほど述べた通りです。

しかし、実際にクレジットカードで金券を購入する必要がある人も少なくありません。

もし信販会社が怪しんで確認しても、実際に必要があって買うような言い訳ができれば、相手も深く詮索しません。

信販会社も利用額が伸びないと商売になりません。

ただし、クレジットカード現金化をされると貸倒が増えるから未然に防止したいだけなのです。

このことがわかっていれば、言い訳を考えてから金券購入をすることでクレジットカード現金化を自然に実行することが可能です。買いに行く前に落ち着いて考えてればいいのです。

自分は金券を利用するために買いに来たんだと自分に言い聞かせ、クレジットカード現金化をすることで不自然さはなくなります。

 

新幹線回数券なら出張

新幹線回数券を買う人の多くはビジネスマンです。

東京駅の新幹線ホームを見ればわかる通り、始発からスーツ姿のサラリーマンでいっぱいです。

彼らの多くは新幹線回数券で出張しています。

一回程度の出張なら金券ショップで回数券を購入すればいいのですが、何回も往復するのであれば回数券を使ったほうが安上がりです。

また、クレジットカードでの購入が可能ですからポイントもたまります。

1つのケースとして上司と週1回東京大坂間を往復する場合を考えてみましょう。

二人で往復すると1週間で4枚の回数券が必要です。1冊の回数券には6枚の回数券がついていますが、1カ月だと16枚必要ですから2冊半必要になります。2カ月であれば5冊必要です。

東京大坂間の回数券は82,140円なので、5冊で410,700円です。

クレジットカードの限度額にもよりますが、このような理由で購入すると言えばさほど不審がられないのではないでしょうか。

限度額の関係で5冊も買えないなら3冊でもいいでしょう。246,120円です。

東京大坂間の買取率を96%と仮定すると、5冊なら394,272円の現金化が可能です。

オリコカードの新入会キャンペーンで2%の還元率をゲットできるなら8千円近くのキャッシュバックを受けることができる計算になります。

キャンペーンのキャッシュバックは入会後、半年程度経ってからしかもらえませんが、それでももらえることは間違いありませんから大きな臨時収入です。

日常の買い物だけではこのようなキャッシュバックを受けることはできません。

クレジットカード現金化の隠れたメリットと言っても過言ではないでしょう。

新幹線の回数券はJRや信販会社が神経をとがらせていると言われています。

しかし、実際にクレジットカードで買っている人はいるのですからできないことはないのです。必要なことは事前準備なのです。

 

ギフト券なら冠婚葬祭

結婚式をする際、祝儀のお返しとしてギフトカードを送る人が多いようです。

以前は信販会社の化粧箱を利用していた人が多かったようですが、最近は自分たちでオリジナルのラッピングをしてお返しをすることも少なくありません。

このような際は、ギフト券を10万円単位で購入することも珍しくありません。

式に出席しない人でも1万円程度の祝儀を出してくれれば、5千円程度のギフトカードを返すことが少なくないでしょう。

20人に返すなら10万円ですし、40人なら20万円です。

結婚式のお返しに使うと言うことであれば、ギフト券を10万円単位で買っても全く不審ではないのです。

信販会社のWEBでギフトカードを買って、クレジットカード現金化をするのは危険すぎると言う人もいるようです。

確かにクレジットカード現金化を警戒していることは間違いないのですが、新幹線の回数券と同様に、実際にギフトカードを必要としている人もいるのです。

もし、信販会社から「何に使われますか?」と聞かれたら「結婚式のお返しに5千円のギフトカードを送るんです」といえば、別に不自然ではありません。

もちろん理由は結婚式だけではありません、冠婚葬祭関係なら何でもいいのです。

出産祝いであったり、葬儀であったり理由はいくらでもあります。

ラッピングは自分でしたいと言えば信販会社も怪しむことはありません。逆にラッピングサービスを提案されるかもしれませんが「安くしたいから自分たちでします」と答えればいいのです。

 

申込書の内容を覚えていますか?

ただし、言い訳をする際には「現実性」がなければ意味がありません。

年齢的に若くない人が「結婚しました」と言っては一概には言えませんが、一般認識として少しばかり不自然です。

息子が結婚したと言ったほうが自然な人もいるはずです。

同様に出産とは言えない年齢の方もいらっしゃるでしょうが、孫が生まれたと言えば不自然ではない年齢の方もいらっしゃるでしょう。

また、新幹線の回数券をクレジットカード現金化の対象とする場合も注意が必要です。

クレジットカードの申込書には必ず仕事内容を記入しているはずです。

内部事務をしていると申込書に書いたりした人が、いきなり新幹線の回数券を買い込んで「出張に使います」と言ったらあまりに不自然です。

クレジットカードの申込書に嘘を書くことは勧められませんが、仕事内容は「営業」という名目にしておいた方が新幹線の回数券を買い込んでも「仕事で必要になったから上司の分も一緒に買いに来た」と言いやすいでしょう。

クレジットカード現金化の際には、言い訳をきちんと準備することが大切です。

しかし、その言い訳が不自然ではないかというチェックも自分ですべきです。

もし、自分が信販会社の担当者だったら、この言い訳をされて不自然だと思わないだろうかと、ちょっと考えてみるのです。

このようなチェックをするかしないかで、信販会社の人から電話があって「何に使うのですか?」と聞かれた際に自信をもって答えることができます。

相手も嘘発見のプロではありません。場合によっては「形式的に」聞いているだけかもしれないのです。

巷で言われるほど心配する必要はないと思われますが、万が一に備えた対応は必須です。

 

まとめ

クレジットカードの現金化は、資金不足だけど借りる先がない際の緊急手段です。

カード会社に借入をしていることと同じなので、2カ月程度後の資金確保は必須です。

クレジットカードの支払日に口座引落ができないとカードの利用を止められたり、信用情報機関に支払遅延情報が登録されたりしてしまいます。

そのような事態になってしまうと次回以降のクレジットカードの現金化に支障が及ぶ可能性が生じます。

もちろん自分の信用が落ちると言うデメリットを忘れてはいけません、

クレジットカードの現金化は、支払期限にきちんと返済ができることが前提です。

効率よい現金化と支払日の資金確保が必要です。

どうしても仕方ないならリボ払いにスイッチすることも考える必要がありますが、危険性が高いので極力お勧めできません。

クレジットカード自体の申込だけでもキャッシュバックが得られることがあったりしますから、クレジットカード現金化だけではなく、こちらの面からもクレジットカード現金化の負担を少なくすることを考えることができます。

もちろん、万が一信販会社などの人に何か聞かれても、怪しまれない準備が大切なことは言うまでありません。