クレジットカードの可能枠を把握しておこう

クレジットカードを利用する上で重要な事、それは今現在いくらまで利用可能なのか枠の確認をする事は非常に重要な事です。

これはショッピングはもちろん、クレジットカード現金化する際にも必要な情報となります。

まずは自分のクレジットカードがいくら利用できるのか知るっておく必要がありますね。

初歩的な説明ですが、全てのクレジットカードには、利用可能枠が用意されていて、この範囲で利用することができます。

多くの方は初期の金額が設定されているので、大体30万前後となります。

あまり収入を持っていない方は10万円の設定も多くなっていて、すぐに上限に達してしまい殆ど使えない形となります。

どんな時でも安心して利用したいのであれば、この利用可能枠を常に把握しておかないと、使いすぎの可能性が生まれることとなります。

このショッピング枠は、クレジットカードを利用することによってどんどん減っていくことになり、使えるのは現在の残高の数字までとなっています。

この数字を超えてしまうことはできず、超えているのであれば警告されて利用不可能となります。

そのため利用した後は、可能枠をしっかり確認して、後どれくらい使っても大丈夫なのかを自分で把握しておく事が大切なのです。

使いすぎを防ぐためにも、確認作業をしっかり行うことによって、自分で制限を加えていく作業も大切になっています。

 

便利な「リボ払い」もなるべく控えた方が良いでしょう

クレジットカードには、一括払いだけではなく、他の方法による支払いが可能となっています。

分割払いは良く知られていることで、何回かに分けて支払いをすることで、支払う金額を制限できるようになります。

それをさらに有効にしたのがリボ払いで、一定の金額以上の支払いを減らせるようになります。

しかしこのリボ払いこそが、クレジットカードで失敗する要因となっているので、間違っても大量に利用することになれば避けてください。

リボ払いについては、通常の支払い方法とは違い金利が適応されることとなります。

クレジットカードについても、キャッシングのように金利による分割が行われていて、リボ払いは比較的高い水準が適応されています。

またリボ払いは、初期の支払額がかなり小さくなっており、支払いをする金額があまり大きくないことが多いのです。

従ってクレジットカードを使い続けていると、返済ができない状態が生まれてしまうので、リボ払いでキャッシングのように失敗する可能性が出てしまいます。
できれば一括、無理なら分割などを利用して、返済する回数を決めておいたほうがいいです。リボ払いは無制限の分割となりますから、返済する額によっては何回も返済が待っています。

 

デビットカードに変更することも考える

クレジットカードというのは、使える範囲が利用可能枠までとなっていますが、似たようなカードでデビットカードがあります。

これは、指定した口座の中に入っているお金が利用限度額となり、使いすぎを防ぐことができるカードの1枚です。安心して利用できる背景には、使ってすぐに引き落としが行われて、利用していることがわかりやすくなっているからです。

クレジットカードの場合、指定されている日数まで引き落とし作業は行われることがないので、それによって金利が適応されて利息が発生します。一方でデビットカードは、そのまま引き落としが行われて、指定されている金額だけ支払うことになります。そのため返済に便利なカードの1枚となり、ただ買い物をしたいだけならこちらの方がいいケースもあります。

ただデビットカードは、利用できる範囲が狭いとされていることや、使えない場所が多く存在するので、利用する場合は説明を聞かなければなりません。

海外ではこのデビットカードは、クレジットカード同様大きく普及しているのですが、それと比べると日本はまだまだクレジットカード自体の普及は後進国なので、デビットカードが便利に使える世の中が来るのはもう少し時間が掛りそうです。