現代人の多くは、クレジットカードの1枚や2枚は持っていると思います。

最近ではCMでおなじみの楽天カードのように、年会費無料、審査も無しといった会社も数多くあるので、本人がクレジットカードを持とうと思ったら簡単に持つことができます。

しかし、ただ財布の中に入ってるだけという人もまだまだ多いようです。

ちょっとした使い方でクレジットカードの有効活用

カード会社はそれぞれ、ユーザーサービスの一環でポイント還元があります。

カードを使うことでポイントがたまり、そのポイントで買い物をしたり商品と交換したりできます。

また、キャンペーンなどで、いつもより多くポイントがもらえたりもするので、定期的に所持しているカード会社のサイトなどをチェックすることでよりお得になります。

それくらい言われなくても知ってるよ、っていう方も多いと思われますが、光熱費の支払いなどは未だに口座引き落としにしている方が多いのではないでしょうか。

電気代や電話代などクレジット払いにすれば、クレジットカード経由で口座から引き落としになるので、ポイントが付きます。

例えば、光熱費のひと月の合計が3万円で、ポイントが1%だったとします。

・3万×1%=300円

・300円×12か月=3600円

ただ口座引き落としからクレジット経由に変えるだけで、年間3600円もお得になります。

支払いは何も変わらない上に、引き落としがクレジットカードの引き落とし日にまとまるので非常に管理もしやすくなります。

これだけでも支払いをクレジット払いに変えない理由はないでしょう。

たまったポイントはいつでも使えますが、カード会社によっては現金化することも可能です。

ただ手数料がかかるところがほとんどなので、ポイントで買い物をするほうがおすすめですね。

また、買い物を分割で購入できるのはご存知だと思いますが、一括で購入したけど、やっぱり分割にしたいなぁ、という時も、簡単に変更できるので便利です。

彼女との買い物で、気前よく一括で支払いをして、後でこっそり分割に変更ってなこともできますよ。

知り合いに、クレジットカードを持ちたくないという人がいます。よく耳にする情報流出が怖いのだそうです。

マイナンバー制度と同じで、個人情報が気になる方もやはり多いのでしょう。

こればかりはセキュリティ関係の人たちに頑張ってもらうしかありません。今やネット社会なので情報がどこから漏れるのかはわかりません。自分の情報を守るという意味ではカードを持たないという選択もあるのかもしれません。

あくまでも自己責任でということにんりますが、クレジットカードはやはり生活の中で便利だと思います。

コンビニでジュース一つ買うのにも使えます。ジャラジャラ小銭を持ち歩く必要もありません。

コンビニでの使用時はサインも必要ないので、現金のやり取りよりもスムーズに完了します。そしてポイントが付きます。
レシートをためて家計簿をチェックするより、カードの使用履歴を見てチェックするほうが簡単です。

今後は、より便利に進化していくでしょう。

もしクレジットカードを持っていない方がいましたら、所持の検討してみてはいかがですか。