社会人であれば、一般的にクレジットカードの使い方や、仕組みなどはほぼお分かりかと思いますが、初めて利用する人やこれから社会人といった方にはまだクレジットカードのアレコレを知らない方も多いと思います。

カードビギナー向けに簡単にまとめましたので、今後のカードライフの参考にして下さい。

最低限知っておくべきこと

クレジットカードを使用する場合に必ず知っておく必要があるのが、使用時の支払い方法による金利などの違いということです。

基本的にクレジットカードを使用する場合、ショッピング枠とキャッシング枠の2つ使い方が出来るものと、ショッピング枠のみの使用が出来るものの2通りのクレジットカードが存在しています。

ショッピング枠のみのものは商品購入時の支払いのみが可能なクレジットカードで、カードによって支払い方法も一括払い、分割払い、ボーナス一括、二括払い、リボ払いなどが使用できます。

キャッシング枠がついているクレジットカードの場合は、利用限度枠のうちキャッシング枠として決められた金額までは商品代金の支払いではなく現金を引き出すことが出来るものとなっているため、急な支出があった場合にお金を借りることが可能となっています。

カードでお金を借りれるという点では、消費者金融などのカードローンに近いと言えますが、カードローンとの大きな違いはクレジットカードのキャッシングに関しては基本的に翌月一括で借りたお金を返済する必要があるため、カードローンのような毎月決められた金額を返済するというものとはその方式が大きく異なるものだと言えます。

ただし最近のクレジットカードのキャッシング利用に関しては、後からリボ払いに変更することも可能なものが増えているため、カードローンのような使い方も可能になりつつあります。

ただしリボにすると決められた金額のみを返済できるようになる代わりに、金利による利息が返済が延びれば延びるだけ増えていくことにもなりますので、使う上での注意が必要となります。

ショッピング枠の利用に関しては、分割やリボの使用に関しては規定の金利に対する利息が発生しますが、翌月一括払いに関しては手数料が発生しないため非常に使い勝手が良い支払い方法だと言えます。

ボーナス一括払いに関しても最大で約7ヶ月先に支払いを先送りに出来るのにもかかわらず、手数料が発生しないため使い方をよく考えて使用すればすぐに支払いをしなくても済みますし、ボーナスが出た後に支払いが出来るため、商品だけ先に手元に貰い支払いはゆっくり半年後ということが可能なわけです。

仮に分割で7回払いにした場合とボーナス一括で7ヶ月後に一括支払いをする場合とでは、分割7回の場合は必ず利息の支払いが必要となりますが、ボーナス一括に関しては同じ7ヶ月先の支払いなのに利息はゼロで良いため無駄な利息の支払いを抑えることも可能です。

クレジットカードによっては、【ボーナス二活払い】という方法も可能で、この場合は支払い金額を夏と冬のボーナス二回に分けて支払う方法となります。

この場合は多少利息の発生がありますが、分割やリボで毎月支払いを行なうよりも利息が少ないですので、無理はしたくないけれど利息の支払いも少ないほうがいいという人にぴったりの支払い方法となります。

そのためクレジットカードの支払い方法をしっかり熟知しておくことが重要ですし、自分の使い方ではどの方法が最も無駄が少なくて済むか、負担が少なくて済むかも考えながらクレジットカードを使用すると良いでしょう。