捨て看板やサンドイッチマンの時代

一昔前、2000年頃でしょうか、大きな駅周辺の駅前には捨て看板や、サンドイッチマンがよく「カードでお金」「カードで現金」「クレジットカード現金化」「ショッピング枠現」という看板などを目にしました。

他にも雑誌や、新聞広告や、ポスティング、折込チラシなどにも、【現金化】という文字を見ない日がないほど、多くの業者がこぞって広告合戦を繰り広げておりました。

しかし、当時の15年、20年前は、金融業者全盛期です。

今も元気なアコムや、今はなき武富士など金融業者を筆頭に、ヤミ金などが台頭し【金貸し】と言われるジャンルがメインとなり、クレジットカード現金化業者は少し影の存在だったのです。

当時の金貸しからすれば、クレジットカード現金化は、お金がらみの業界の中では非常に下の存在であったのです。

現金化とは、お金関連では珍しい存在

ショッピング枠現金化は、業界の中では非常にニッチな存在で、隙間産業的立ち位置でした。

実際に、大手金融業者をはじめ、小さなヤミ金業者でさえも、爆発的に利益を残し、新宿や神田、池袋界隈などでは、明らかに普通のサラリーマンではない強面の連中が大きな顔をして闊歩しておりました。

今、30代後半から40代の人たちは、その時代をご存じではないでしょうか。

しかし、そんな脚光浴びるような時代の寵児たる金融業者は、何かとトラブルが絶えず、武富士やアイフルなど一般大手をはじめ、ヤミ金まで警察沙汰や裁判沙汰になることが絶えませんでした。

そうしているうちに、金融業者自体が社会問題となり、徐々にその勢いを潜めていったのです。

そして武富士のような、当時日本トップクラスの企業でさえも、社会に叩かれ最終的に完膚なきまで社会に抹殺されていきました。

そうなれば、ヤミ金のような小さな烏合の衆も必然と姿を消していきます。

ヤミ金が淘汰され新しい時代へ

こうした時代の中、地道にそして着実に生き残ってきたのが、何を隠そうショッピング枠現金化こと、「クレジットカード現金化業者」なのです。

ここがグレーゾーン畑を歩んできた現金化業者と、ブラックゾーンを突き進んできたヤミ金業者との大きな違いです。

一般的にな消費者金融も、過払い返金問題などで潰れる企業や、利息も法定利息内に下げ大幅に事業を縮小し何とか維持している企業が多発しました。

当時のテレビでは、金融関連のトラブルに関するニュースが流れない日はないほどの社会問題でした。

その派生で、総量規制など金融業者締め付け法案ができたのです。

ヤミ金業者は大きなグループや、暴力団などのフロント企業なども多数存在しましたが、全盛期に比べると100分の一から1000分の一ほどになったのではないでしょうか。

その分、今はやりの振り込め詐欺などに移ったのかもしれません。

そんなこんなで、どんどん存在自体が悪なるヤミ金連中のような悪循環とは別に、実はクレジットカード現金化業者は、むしろサービスが向上し顧客にとってなくては困る存在になりつつあるのです。

もうお客さんを泣かせてどうにかなる時代ではないのです。

現金化業界は、影の存在でしたがその分、ずっと昔から顧客の需要をしっかり捉え、本当に喜ばれるサービスを提供してきた、資金調達界の雄なのです。

もちろん、多くの業者が存在するため、中には悪質な業者もあります。

ただ、そうした業者は過去に消滅したヤミ金業者同様、必ず近い将来淘汰されていきます。

本当に必要な業者だけが残れる時代はもうやってきております。

当サイトではそうした、本当に人に必要とされる業者だけを厳選し紹介できる一つの参考ツールとして役立てられれば良いと考えております。

今はもう、昔のように「いつでも」「だれでも」「いくらでも」お金を借りれる時代ではありません。

今の時代ににあった資金調達をしなければならないという訳です。