今や誰もが一枚は持っているクレジットカード。

ご存知ない方が多いと思いますが、日本でのクレジットカード発行枚数は、2015年現在日本の人口以上の3億枚以上発行されているのです。この公式発表は一部水増しされている数字とされておりますが、それでもかなり多い枚数という事になります。

単純計算すると、平均して一人3枚は持っているという計算になります。

もちろん、未成年やカード自体持てない人もいるので、保持権利がある人の一人当たりの所持枚数は実際はもっと多い計算になりますね。

これでも日本は、世界的に見てクレジットカード後進国なんです。

外国などでは街でのショッピングなど、ほぼカードによる決済が多く「カード社会」と言われております。

その点日本は「ニコニコ現金払い」が昔から浸透しております。

爆発的に普及してきているクレジットカードですが、日本がカード社会になるまでにはまだまだこれからといったところです。

そんな日本だからこそ、現金の需要が多いという事。

「クレジットカード現金化」とは、こうした背景から需要が高まる要因の一つかもしれませんね。

このクレジットカードを使って今【現金化する】ということも日増しに浸透してきています。

【現金化とは】一体何?と思う方もおられるかも知れません。

本来ならば、クレジットカードはショッピングをする時に利用するといった利用法が主になっています。

ですが、このショッピング限度額を利用して、その金額相当に値する【現金を手にする】方法こそが「ショッピング枠現金化」です。

これが【現金化】と言われる所以です。

■ショッピング限度額をどうやって【お金に変える】の?

簡単に説明するならばこうです。

クレジットカードのショッピングの限度額を使い、まずお買い物を普通にします。そしてその買った物を「売る」これで現金化完了です。

いかがでしょう、拍子抜けするほど簡単ではありませんか!?

ただここで注意して頂きたいのが「換金性の高い、いわゆる売れる商品を選ぶ」ということが何よりも重要だという事。

このポイントこそ、【現金化】する際に大きく左右する部分になってきます。

換金率によって、手にする金額が異なってしまうからです。

コツといえば、最新の人気ゲーム機の発売に合わせクレジットカードでいち早くお買い物をしておけば、欲しいという人はまだまだ大勢いますので買い取り価格もほぼ購入時と変わらないといった金額になります。

または、購入時以上の買い取り価格がつくこともあります。

限定販売や生産が追い付かない人気商品で市販では手薄になっている商品こそが高額の金額を査定してもらえることになります。そしてクレジットカードで支払った以上の【現金化】も可能とすることができるのです。

 

【自分で売れる商品がわからないんだけど・・・】

一昔前までは、自分で行う現金化こそ本流でしたが、最近では【専門業者】を介すことによって、手間なく現金化する方法が主流になってきています。

自分で購入し、売却、そして現金を手にするといった段階を踏まなくても【現金化できてしまう】サービスを専門の業者が引き受けてくれる業者が非常に多いのです。

以前は街中の看板に「カードでお金」や「カードで現金」「ショッピング枠を現金化」などといった捨て看板や、サンドイッチマンをよく見かけた事があると思います。

ここ最近ではインターネットで簡単に現金化することが出来るようになってきました。

この手軽さが非常に受けており、利用者が日増しに増えてきているのが現状です。

専門の業者の行っている【現金化サービスを利用】する場合には、その専門業者が指定する物品を購入時にクレジットカードで決済する方法です。

これは専門の知識のある業者が指定してくれるので、買うものに悩む必要もないのが嬉しいメリットです。

さらに、インターネット環境さえあれば、自宅の中で外出する必要もなく【現金化】まで完結してしまうのが素晴らしい特徴になっています。
クレジットカードを作る際や、ネットに銀行口座を開く際にも現金がもらえるという特典がある時も利用すれば、家の中に居ながらお金を増やしていくということが可能になってきます。

 

【さいごに】

クレジットカードの現金化とは、知っていると本当に助かる金策方法であり、ある意味便利な錬金術です。

前もって、この知識を知っておけば来月出費がかさんでしまうという時や、ちょっとお金が今すぐ欲しい、という時にもさっとインターネットさえあれば現金を手にすることができるのです。

ちょっとお金を作らなくては、という時にキャッシングのカードをわざわざ作ったり、金融会社に出向いて身分を証明しながらカードを契約していく手間もかからないのです。

この【クレジットカード現金化】は、知っておかないと、いわば損ともいえる新しい資金調達方法なのかもしれません。