現金化は損をする!?

クレジットカード現金化というと、やはり一般的には業者などを介して行う為マージンなどが発生し、どうしても損をしてしまうイメージがつきまといます。

そして実際に多くの手数料などを取られてしまう場合がほとんどです。

例えば、先日記載した新幹線の回数券の転売でも良くて8割~9割弱程度の換金率ですし、専門の業者などではそれ以下の換金率になります。

また現金化業者の中でも悪質な業者になると、サイト上の還元率は90%以上を表示してますが、実際電話をしてみると

「それはその会社内での還元率であって、実際には法律的にもうひとつ会社を経由しないといけない。そのためにはそこでも手数料がかかる」などといった尤もらしい(いや、実際そうなのかも知れませんが…)理屈を並べ立てられて結局は相当低い還元率を言い渡されるボッタくり業者が多数存在します。

それも、身分証やクレジットカードの写真を送って、クレジットカード番号などを伝えた後にそういったことを言われるので、なかなか悪質な商売上手でもあります。

こちらの情報を全て伝えてしまって、キャッシングなどを利用しているという社会的な後ろめたさもあって、結局還元率が低くても取引してしまう場合も多いものです。

それなら自分で現金化してみよう!

そういったマイナスになってしまう方法ではなく、プラスにできる可能性のある現金化の手法、それが「せどり」です。

「せどり」とは、安く売られている中古品などを購入してそれ以上の価格で販売するビジネスのことです。

ビジネスとはいっても、一人で簡単にできます。

購入の際にクレジットカードを使えば、収入は現金で入りますので結果的に現金化ができることになります。

要するに、新幹線の回数券のように買値よりも売値が下がってしまうものではなく、安く売られている掘り出し物を見つけてきてクレジットカードで購入し、高値で販売するのです。

「せどり」とは転売である

ネットが発達した現代では、Amazonのマーケットプレイスやyahooオークション、楽天オークション、ebayなど、個人でもものを簡単に売ることのできるシステムがたくさんあります。

ブックオフなどの中古販売店に買い取ってもらっても良いでしょう。

とはいえ実際には、ブックオフなどの商品の価値にかかわらず状態だけで基本的な値段を定めるシステムが組まれているチェーン店などで商品を見つけてきて、オークションやAmazonで売るというのが一般的です。

世の中にはありとあらゆる商品がありますので、自分だけの得意分野というものもあるでしょう。

そういった分野を活用していければ、現金化できるだけでなく収入にすることだって狙っていけます。

もともと、現金化しようと思ったら良くても8割くらいの換金率にしかならない訳ですから、それ以上であればやったかいがあるというものです。

例えば、ブックオフでケースなしの中古ゲームを購入して、Amazonで売るだけでも90%から100%の還元率になりますし、うまく見つけられればプラスになる場合だって多いです。

カードゲームが好きな人はレアカードとかでも良いでしょうし、アイドルに詳しい人は写真集やCDなどでも良いでしょう。

初回限定盤などはAmazonで高値で取引されていることも多いですので近くの中古販売店で探してみるのも手です。手間はかかりますが、本格的にやるとビジネスにもなりえる一番健全なクレジットカードのショッピング枠現金化の手法だと言えます。

現金化をするなら、やはり自分が一番納得する方法で行う事が、何よりも大切な事でしょう!