いくどとなくこのサイト内でも違法性やリスクについて、多角度から解説と分析をしてまいりました。

実際に違法であるという人と、違法でないという人がいます。

今日は違法でないという見方や認識をされている方の目線で、改めて簡単におさらいと、まとめをしてみたいと思います。

「クレジットカード現金化は何故違法でないと言えるのか」

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠のうち、ショッピング枠を利用した裏ワザ的なキャッシング方法と言えます。

キャッシング枠には限度額設定があり、その利用限度額が残っている場合にはその額までキャッシングが可能ですから、現金化を利用する人はほぼ100%キャッシング枠の限度額が一杯の状態といって良いでしょう。要は、すでにキャッシング枠の利用限度額を使ってしまっている人がほとんどです。

消費者庁や、弁護士団体などはクレジットカード現金化を違法で検挙された業者がすでにいるということをホームページなどに載せていることもあります。

確かに2011年にクレジットカード現金化業者が検挙された事実はありますが、これは出資法と貸金業法に違反した容疑で検挙されたものであり、クレジットカード現金化が違法であることが検挙理由ではありません。

検挙されたクレジットカード現金化業者は、許可なく金融業者として営業していることで検挙されました。

金融業者として営業するには貸金業者として登録することが必要ですが、その登録をしていなかったということです。

現在でも別の看板を出していても、実質的にクレジットカード現金化業者と言える業者は堂々と営業をしていることがほとんどです。

本当にクレジットカード現金化を違法とするならば、はっきりと法律の文言にあるような法律を作ればいいのですが、実際にはクレジットカード現金化を違法とする法律を作るのは難しいのです。

たとえば、クレジットカードで購入した商品を、質屋やリサイクルショップに持っていって換金する行為はもちろん違法と言うわけではありません。

クレジットカード現金化はこれらと同じような行為がされますから、合法と違法のラインを設定することは困難であると言わざるを得ないということになります。

よって、業者はともかくとして、クレジットカード現金化の利用者が違法と断定する事は考えにくいのです。

「クレジットカード現金化を利用する際のリスク」

クレジットカード現金化の利用者は違法にはならないと考えられますが、それでも利用するリスクは大きく2つ考えられます。

一つ目はクレジットカード現金化は違法ではないのですが、クレジットカード会社の規約には確実に違反しています。

クレジットカードを利用することはクレジットカード会社の規約に同意したことでもありますから、クレジットカード現金化をしたことがクレジットカード会社に知られれば、クレジットカードの規約違反と言うことで、間違いなくクレジットカードを強制解約させられてしまいます。

そして、強制解約させられるということはクレジットカードの利用残高分を一括返済を求められるというリスクがあります。

もう一つのリスクはクレジットカード現金化を利用すれば、自己破産ができない場合があることです。

自己破産を申請して、クレジットカード現金化に悪意がないと判断されなければ自己破産は許可されません。

債務者の最後の手段である自己破産ができないという状態に陥るというリスクがあります。

この大きなリスクが現金化を行う上で、一番の壁といえるでしょう。

ただし、この現金化がカード会社にバレたなんて声はあまりというか、ほぼ聞きません。

業者を通しての場合はさらに、そんなケースはあまり聞きません。

自分で行う場合でも、しっかり理解して行えば、リスクは最小限に抑えられるでしょう。