クレジットカード現金化の目的は資金調達です。目的が明確なだけにその手法も限られてきます。
手法については金券を使ったり、買い物をしたりといろいろでしょうが、支払期日までに全額支払資金を確保できることが前提です。見込みがあれば、2回目の現金化も考えられますが、支払見込がなければ債務整理なども検討すべきでしょう。

消費者金融的な利用方法

クレジットカード現金化は、資金調達が目的だと考えれば、できる限り消費者金融などと勝負ができる水準で資金調達をしたいものです。
また、クレジットカード現金化という方法自体が面倒だったり、割が悪かったりする方法なので、別の方法があればそのほうがいいでしょう。
もっとも、クレジットカード現金化は、やり方ひとつでずいぶんと割のいい方法で資金調達ができます。消費者金融とほぼ同じ条件で資金調達ができるのです。それどころかクレジットカード現金化は審査がないのでかえって有利だと考えることができるでしょう。
消費者金融は便利な資金調達手段ですが、審査があるのが難点です。審査に通るかどうかという問題もありますが、利用すると信用情報に登録されることも一つの問題点です。
消費者金融を利用していても、返済をきちんとしていれば信用情報上は問題ないと考えている人もいるようですが、そうとは限りません。誰しも年収の金額は限られていますから、返済できる金額は限られており、他の融資に悪影響を及ぼす可能性があります。
銀行によっては消費者金融と取引があるというだけで審査を不利にしているケースもあると言われています。
住宅ローンなどを借りる場合、現在利用している消費者金融などの状況を確認されます。銀行によっては、銀行発行のクレジットカードを強く勧めることもありますが、これは信用情報機関であるCICなどのデータを照会する名目づくりだとも言われています。
住宅ローンに限らず、銀行融資を受ける際に消費者金融を利用している事実はマイナス要素にはなってもプラスの評価は得られません。できるだけ、消費者金融などは利用しないほうが自分のためなのです。

クレカのキャッシングサービス

クレジットカードにはキャッシングサービスがあります。利用したことがある人も多いでしょうが、返済期日が短いと思われた人も少なくないでしょう。
借りた日を利用日として締日後の支払日に返済するため、場合によっては借りてから返済まで1か月以下の場合もあります。要するに返済サイクルだけを考えれば、クレジットカード現金化とまったく変わらないのです。
信販会社はクレジットカード現金化を警戒していますが、これは必ずしも利用者が貸倒になることが多かったり、規約違反になったりするというだけの理由ではありません。増して、詐欺被害を防ごうなどと本気で考えているわけではありません。
クレジットカード現金化をされると、キャッシングサービスと競合し、せっかくの収益源が侵食されるためです。信販会社はキャッシングサービスやリボ払いなどを積極的にアピールしていますが、収益源となるためアピールしているのです。
クレジットカードのキャッシングサービスの金利は、必ずしも低くありません。消費者金融と同程度です。考えようによっては消費者金融を利用した方が、サービスは充実していると言えるでしょう。
しかし、先ほど述べたとおり、キャッシング枠があったり、消費者金融から借入枠があると他の融資を利用する際に不利になる可能性があります。
セゾンカードは入会時にキャッシング枠を作ると、キャッシュバックになるキャンペーンに参加できることがあります。そのためキャッシング枠を持っている人も多いかもしれませんが、使わないなら解約したほうが賢明だと言えそうです。

年利18%と勝負する目安

消費者金融の利率は最高18%です。
この利率と勝負するためには、どのようなクレジットカード現金化を考える必要があるでしょうか。
まず、クレジットカード現金化は利用日から約2か月後に支払日が到来します。セゾンカードなどの支払期日が長いカードの話なので、JCBやニコスなどのように支払日が締日から25日程度のカードはもう少し不利になります。
ここで、2か月と考えた場合、年利18%になるためには2か月で3%の利息支払に留めることが必要です。12÷2=6なので、18%の6分の1である3%が目安になるのです。言い方を変えれば、97%の換金率が得られる換金物を探せばいいわけです。
このような高換金率の商品は金券以外に考えられません。また、金券であれば何でもいいわけではなく、新幹線回数券で需要が高いものが対象です。一番人気の東京大阪間の回数券が該当するでしょう。
また、信販会社が発行しているギフトカードも買取店によっては97%程度の換金率で買取をしてくれます。
そのため、消費者金融度同様の条件でクレジットカード現金化をしようとすれば、このように人気が高い金券を換金することが必要になります。しかし、見方を変えればクレジットカード現金化で消費者金融並みの資金調達ができるのです。
クレジットカード現金化を警戒している割には、JCBなどのように自社サイトやプレイガイドで、クレジットカードによりギフト券を買うことができたりします。信販会社の「クレジットカード現金化」というキャンペーンの程度がわかりそうなものです。

給料日前のキャッシングなら

給料日前にクレジットカードのキャッシングサービスを利用している人も多いでしょう。
給料日前にちょっと足らないという場合、クレジットカード現金化は非常に便利だと言えます。しかし、クレジットカード現金化でも同様のことは可能です。
東京大阪間の新幹線回数券を1冊買うと8万円強します。1万円単位のキャッシングの代わりにするのはちょっと多額に過ぎます。気が大きくなって無駄遣いしてしまうことも心配です
この場合、信販会社のギフトカードが有用です。千円のギフトカードを10枚買い、現金化するだけであれば信販会社からマークされることはほとんどありません。クレジットカード現金化として警戒されるのは、10万円単位の金券購入なのです。
ネットの記事を見ると、1万円程度であれば、セブンイレブンのnanacoにクレジットカードからチャージをして、1万円分程度のコピーをスタートさせて課金と同時にストップボタンを押すという「裏技」が紹介されています。
しかし、このような手口は何度も使えるわけがないですし、必ずしも現金で返金してくれるとも限りません。信販会社のチェック以上に危険な方法だと言えるでしょう。それより、1万円程度の金券を利用したクレジットカード現金化の方が現実的です。

現金化して現金購入

クレジットカード現金化をした資金で、家電製品を買うというと自己矛盾していると考える人も多いでしょう。しかし、合理的な行動でもあるのです。
価格比較サイトを見ると「上位」の店舗はすべて現金決済専門のお店です。このような店舗がいくつか1円単位で最安値を競い合っています。クレジットカード決済ができる店舗は、このような現金決済の店舗より、1割程度割高で販売しています。
信販会社などに対する手数料が必要なためですが、クレジットカード現金化をして得た資金でこのような店舗で買い物をすると、1割安く買うことができるのです。
実際にどの程度お得かを考えてみると、50型程度の4Kテレビは現在20万円程度の価格で家電量販店は販売しています。しかし現金決済ができる店舗では18万円程度で買うことができます。
両者の差は2万円ですが、20万円のAmazonギフト券を9割で換金してもイーブンです。Amazonギフト券はオークションサイトであればもう少し高く売ることができますし、需要の高い金券であればもっと高い換金率で買取をしてくれるでしょう。
自分が欲しいと思った家電製品は、一度価格比較サイトで値段を確認するといいのですが、結構クレジットカード現金化をすることで有利な買い物をすることができるのです。

現金化は事業者の命綱

法人であれ個人であれ、事業をしている以上、事業資金は血液のようなものであり、資金不足は事業継続の停止を招きます。しかし、資金調達は思うようにいかないことも事実であり事業者の悩みなのです。
事業者にとって資金調達方法の多様化は、事業継続を安全にするための条件です。そして、その一つの手段としてクレジットカード現金化が挙げられるのです。
クレジットカード現金化は商工ローンなどのように審査があるわけではありません。金利が高い商工ローンはリスクを取ることができますが、金利負担が事業に与える影響は非常に大きいです。
消費者金融並みの年利18%という数字で資金調達ができれば、事業主も安心することができるでしょう。
事業資金調達で必要なことは、スピーディーさもありますが、確実性も必要です。クレジットカード現金化は、金券さえ確保できれば必ず買取をしてくれるため確実さが期待できます。
また、資金繰りは1か月の間でサイクルがあり、資金不足の時期は決まっているものです。資金不足の時期より少し早い時期に締日が到来するクレジットカードを選んでおけば、いざという際に安心です。
また、万が一に備えて複数の信販会社でクレジットカードを作っておけば、何度も現金化の必要が生じても対応できます。
備えあれば患いなしと言いますが、万が一に備えた対応に役立つことが、クレジットカード現金化のメリットだと言えるでしょう。事業主の方は無視できないことです。

個人事業主に冷たい金融機関

では、銀行などの金融機関は資金不足に対して何も対応してくれないのでしょうか。
実際に事業をしている人であればお分かりでしょうが、銀行は個人事業主に対して非常に冷たいです。基本的にお金を貸してくれないと考えていいでしょう。貸してくれたとしても、個人の資産を担保として提供しないと貸してくれないことが多いです。
このような話は個人事業主に限りません。一般的に銀行は法人に対しては融資をすると言われていますが、決算状況によっては当然貸してくれません。貸してくれても、それ以後の決算で赤字が続くと貸しはがしが始まります。
銀行にお金を借りようとする際、一番審査に通りやすい理由は「事業拡大」です。事業を拡大することで資金が必要だと説明し、事業拡大のプランを出すことが一番の方法なのです。
これに対し、現状維持の会社に銀行融資は冷たいです。
現状維持なら、資金を追加投入する必要はないだろうというのが銀行の言い分です。資金繰りだけを考えるなら、短期の手形貸付で十分だと言うわけです。
しかし、短期の手形貸付に資金繰りを依存することは非常に危険だと言われています。銀行が継続して資金繰りを支援してくれればいいのですが、突然「継続できない」と言われると一発で資金ショートしてしまうためです。
このような不安定な状況に自分の大切な事業を置くわけにはいきません。もっと確実な資金調達方法であるクレジットカード現金化が必要なのです。

商工ローンは危険が多い

銀行がダメでも商工ローンなら大丈夫ではないかと考える人も少なくないようです。
しかし、銀行に比べれば審査面で融通が利くものの、商工ローンも安全確実とは言えない部分があります。
銀行によっては商工ローンから借入があるという事実を察知した瞬間に資金繰りが悪化しているのではないかと疑う場合があります。当然、このような疑義が生じると返済能力に疑問が生じるため、貸しはがしの可能性が生じます。
また、商工ローンは金利が高いので、事業に与える影響は無視できないものがあります。商工ローンで事業拡大資金を借りたものの、利息が高くて事業拡大のメリットが相殺されてしまい、誰のために拡大の努力をしたのかわからないというケースもあります。
確かに銀行に比べると審査面では融通が利く商工ローンなのですが、それは利率が高いことにより保証料を手厚く準備できるというデメリットを伴います。
銀行で資金調達ができれば確かに有利ではありますが、銀行がお金を貸すことかできる事業者は、返済能力があると認められる場合に限られます。また、利率が低いので、保証料を手厚く準備することもできないため審査は厳しくなるのです。
昔、商工ローンは甘い言葉で連帯保証人を募り、いざ返済できない場合にはなりふり構わず債権回収を行い、社会的な批判を浴びたことがあります。最近はそのようなことは少なくなったようですが、基本的に商工ローンは危険だということは知っておいたほうがいいでしょう。

大きな金額を調達できる

クレジットカード現金化は、やり方ひとつで案外大きな金額を調達することができます。
さすがに一枚のゴールドカードで100万円単位の現金化をすることは余りに危険ですが、30万円程度の新幹線回数券をいくつかのみどりの窓口で買ったり、カードを変えたりして買うのであれば問題になりにくいことも事実です。
事業主の方であれば、仕事で何度も東京大阪間を往復するとか、従業員が何度も使うという言い訳もできるでしょう。
法人用のビジネスカードが準備できる会社ばかりではなく、代表者個人のクレジットカードで会社の経費を精算することは珍しくありません。実際に会社の出張で必要な新幹線回数券を自分自身で買ったとしても、清算ができていれば問題はありません。
何度も繰り返してこの方法を利用する事は難しいでしょうが、ちょっとした根気があればできない手段ではありません。
事業用の資金は結構大きな金額が必要になることが多いです。月末締めのカードを使うなら、信販会社を3つから4つ程度利用して、100万円程度の資金準備をすることは難しくないでしょう。
事業用資金の調達は会社存続に必須です。しかし、事業をしているといつ何が起きるかわかりません。そんな際に2か月程度であっても支払猶予ができれば、その間に対処ができることも少なくありません。
万が一に備えて、自分自身で貯金をしている社長さんも多いでしょうが、クレジットカード現金化を資金調達手段として追加することで、いざという時の安心感が増すことでしょう。

審査がなくスピーディー

言うまでありませんが、クレジットカード現金化には審査がありません。審査がないので自分が必要とするときにスピーディーな資金調達ができます。
資金繰りが危ないという非常事態には資金確保も緊急で必要になります。得意先の支払不能が現実のものとなった場合、資金繰りに大きな穴が開きます。自社の支払いまで止まったら連鎖倒産の危機に襲われます。
このような際には支払が遅れることが風評を呼び、会社自体の信用を不当に落とし込みます。支払能力があるのに、債権取り立てのために仕入先などが会社に押し寄せたり、商品の出荷などを停止したりすることもあるのです。
このような事態に審査を必要とする商工ローンを頼ることはできません。とか言って、借りる相手があるわけでもありません。普段から準備をしていない事業者はここで連鎖倒産となってしまいます。
そのような事態を避けるためにクレジットカード現金化の準備は必要なのです。クレジットカードを信販会社や締日を分散させて複数作っておくことが、いざという時の命綱となるのです。
クレジットカード現金化はスピーディーな資金調達を実現してくれるので、いざという際に自分の準備できる資金以上に対応ができるのです。緊急事態には力強い助け舟になります。

ボーナス前にはお勧め

クレジットカード現金化はボーナス前にお勧めできる資金調達の手法だと言えます。
ボーナスをあまりあてにできないという人は仕方ないのですが、ある程度ボーナスの時期や金額が決まっている人ならば、クレジットカード現金化は優れた資金調達の方法であると言えるのではないでしょうか。
2か月間という期間は、クレジットカードなどのボーナス払いの期間より短いのですが、ボーナス一括払いは販売店が利息負担をすることになりかねず、すべての加盟店が参加しているわけではありません。
それより、クレジットカード現金化によって資金調達をして、ボーナス前の閑散期に買い物をしたほうが自分の欲しいものを買えたり、セール品をゲットできたりします。
どんな店舗でも、ボーナス時期は消費者の財布のひもが緩みがちだと知っています。そのため、あまり値引きをしません。どちらかというと、質はいいものの割高な商品を展示することが多いです。
ボーナス前に現金を手にすることで、そのような時期を避けてより効率的な買い物を実現できるかもしれません。
クレジットカード現金化なら、消費者金融の審査を受けることなく資金調達ができます。カードローンなどを申し込む際に不安な職場への在籍確認の電話を心配することもありません。
このようなメリットがあるクレジットカード現金化を利用しない手はないでしょう。

逆算してみよう

ボーナスの時期がある程度予測できる場合、決済日とボーナスの時期を比べ、更に決済日と締日の関係を調べてみましょう。
ボーナスの日が月末だという会社であれば、ピーワンカードやセゾンカードのような翌月初めに支払日が到来するカードが有利です。月の後半だという人であれば、エポスカードや楽天カードが有利かもしれません。
利用するカードが決まったら、次は締日の確認です。
例えば、ピーワンカードを利用する場合、締日が1日になります。
6月末にボーナスがもらえると仮定した場合、7月1日請求分にボーナスをあてることになります。この支払日に対応する利用期間は5月2日から6月1日です。つまり、ボーナスをあてにして5月に買い物ができるわけです。
さきほど述べましたが、現金決済をすると有利に買い物ができる場合もあります。家電製品などは5月の連休後はお客さんも減って売れ行きが鈍ります。そのチャンスを狙って買い物をすれば、割安な買い物ができる可能性があります。
買い物をする時期によって、利用するカードは変わります。
5月中旬以降に買い物をする予定なら、15日締めのJCBカードが有利かもしれません。6月15日締めの期間は支払日が7月10日です。ボーナス時期が多少遅めの会社でも余裕ではないでしょうか。
締日を意識してクレジットカード現金化をすることで支払日をドンドンと遅らせることができます。
信販会社を分散させることで、クレジットカード現金化のリスクを減らすことができますが、それとともに締日を分散することで自分の買い物のペースにあわせることもできるのです。

閑散期に有利な買い物をしよう

買い物は閑散期にしたほうが有利にできます。
セール時期は確かに安く商品を買うことができますが、自分のお目当ての商品があるとは限りません。また、セール用に品質を最初から落としたB級品なども投入されることがあり油断できません。
しかし、買い物客自体が少ない時期に買い物をすると、まずじっくりと落ち着いて買い物をすることができます。金額の高い安いも重要ですが、それ以前に自分が気に入った商品がなければ意味がありません。
通販などで商品を選ぶのであればいいのですが、通販は実際の商品を見ることができないという欠点があります。家電製品のように量販店で売っているものを実際に試してから、安い店舗を探すことができればいいのですが、できない場合もあるのです。
女性がスーツなどを買う際、男性用スーツと違ってデザインは多種多様にわたります。選び甲斐があると言えば聞こえがいいのですが、言い方を変えると目移りして何を買えばいいのかわからなくなるという事態に陥りがちです。
女性の中には、買い物自体が面倒だからと適当にスーツを選ぶ人や、ファッション雑誌の売れ筋商品を無条件に買ったりする人が多いようです。しかし、ゆったりと落ち着いて選ぶことができれば、そのようなことはなくなるのではないでしょうか。
お客さんの少ない閑散期は、値段が安めで商品の品質は変わらないというチャンスだと言えます。また、同時に落ち着いてじっくり自分のお気に入り商品を探すことができるチャンスだともいえるのです。

支払見通しが可能な額に限定

もっとも、クレジットカード現金化は支払日に絶対支払をすることが前提です。支払ができないような資金調達をしてはいけません。最終的に自分で自分の首を絞めることになります。
ボーナスは通常の給料以外にもらえるお金なので、楽しみにしている人も多いでしょう。ちょっとした値の張る買い物はボーナスですると決めている人も少なくないのではないでしょうか。
ボーナスをもらってからその金額に合わせて買い物をするというのであれば一番理想的な話です、ただし、もらえる金額がある程度わかるなら、その範囲内で早めに買い物をしたほうが何かと有利なのです。
ボーナス前にクレジットカード現金化をお勧めする理由は、このようなことなのですが、もちろん前提条件として支払ができる金額に限定されることは当然です。
クレジットカード現金化をして、その支払ができなかったということになると、利用がストップされるというだけではなく、信販会社から何に使ったのかと聞かれることにもなりかねません。
クレジットカードの支払が1回程度遅れても、次から支払をきちんとすれば問題ないだろうと思っている人がいるようですが、世の中そこまで甘くありません。信販会社は、今まできっちり支払っていた人の支払に問題が生じると監視態勢に入ることがあります。
これは、今まで安定していた職業だった人の境遇が変わったり、身分不相応な買い物を始める前兆になったりしたのではないかと思われるためです。
当然、監視態勢に入るということは何を買っているのかも調べられます。信販会社は直接買い物の内容をチェックすることはせず、基本的に金額しか把握していないことが多いのですが、利用店舗と金額を見ればだいたい見当がつくものです。
くれぐれも信販会社に警戒されるようなことがないように、自分が支払可能な金額に利用を限定する必要があります。

ボーナスは未確定なことも

また、ボーナスは不確定な支払であるということも忘れてはいけません。
会社の業績が悪ければ減額やゼロということもありうるのです。会社自体の業績がずっと良好であっても、地震などの自然災害によって話が変わることは十分考えられます。ボーナスは必ずしも確定した収入だとアテにすることができないのです。
ボーナスが毎回確実に出る大企業や公務員の方も注意は必要です。
会社などには問題がないとしても、ボーナスの査定をするのは会社側です。自分の思い通りにボーナスが出る保証はありません。組合などで給料の何か月分というような情報を得ることがあるでしょうが、それは「平均値」であることも少なくないのです。
また、同じ理由で前回のボーナスが良好であっても、その金額を今回ももらえるとは限らないという点にも注意が必要です。毎年良好な営業成績を出し続けることができる人は多くはありません。プロ野球などの選手同様に悪い年だってあるのです。
ボーナスは給料と違って未確定であるということは覚えておくべきでしょう。

勝負は2か月

クレジットカード現金化の決済期間は締日翌日から2か月程度です。この間に支払資金を準備する必要があります。支払日までの2か月間は長いようで短いので、計画的な資金準備が不可欠です。
クレジットカード現金化も消費者金融でお金を借りる場合と同様に、返済計画を立てる必要があります。支払サイクルという点で考えれば、クレジットカード現金化とキャッシングサービスは全く同じなので、返済計画の立て方は難しくないかもしれません。
キャッシングサービスを利用する人は、給料日前にちょっとお金が足らないというような人が多いではないしょうか。つまり、借りる金額はあまり多くなく、次回の給料日で資金を工面できればそれでいいのです。
クレジットカード現金化も、そのような少額であればあまり難しいものではありませんから、同様に次の給料で返済資金を準備すればいいやという考え方でいいでしょう。
とはいえ、利用金額が50万円とか100万円とか大きくなると話が変わります。
自分の給料だけでは対応できず、ボーナスをあてにすることになるかもしれません。又は、他の人の資金を立て替えするために現金化しているなら、その人からの回収計画も考えるべきでしょう。
もっとも、2か月しかないという意識があれば、自分自身で危機感を持つことにもなりますから、かえって返済不能になることは少ないかもしれません。
とはいえ、それは資金の工面ができればという前提であり、資金的な準備ができない人がクレジットカード現金化をしてはいけません。そのような人がすべきことはクレジットカード現金化ではなく、債務整理なのです。

支払日から返済計画を考えよう

クレジットカード現金化の支払計画を立てる際には、まず利用した「買い物代金」の決済日がいつかを把握することが大切です。
締日から対応する支払日を見つけることは難しい話ではなく、支払日を意識した返済計画を立てることは難しくないでしょう。
特に、クレジットカード現金化を締日翌日にするのであれば、支払日まで2か月間ありますから、ある程度余裕を持った資金計画を立てることができるのではないでしょうか。
しかし、支払日までの期間が10日間でも短くなると、資金調達の余裕がなくなってきます。ボーナスなどで調達すると決めているなら別ですが、誰かからお金を借りるとか、立て替えている資金を回収するとかいう場合は、計画性が必要です。
支払金額やクレジットカード現金化をした人の状況にもよりますが、100万円を超えるようであれば、確実に資金回収ができる見込みがない限り支払不能になる可能性が高まります。50万円を超えていても相当注意と覚悟が必要でしょう。
計画性がクレジットカード現金化を軟着陸される秘訣と言っていいでしょう。

支払の目処はありますか?

クレジットカード現金化をする前に自問自答していただきたいのですが、支払のめどは立っているでしょうか。もし立っていないなら、クレジットカード現金化はやめた方が賢明です。
クレジットカード現金化の支払資金は、給料やボーナスのように自分で稼いだお金だけではなく、親などからの借入資金や立て替えたお金の回収も挙げられます。事業主の方であれば、売掛金などの回収資金も支払資金に充てることになるでしょう。
どんな形であれ、クレジットカード現金化をした以上は、支払日に支払を完了させることが必須条件です。これができないと自分の信用問題にかかわります。事情によってはクレジットカードの利用ができなくなります。
このような場合、信用情報機関に登録されるため、慌てて別のカードを申し込もうとしてもどの信販会社も相手にしてくれません。支払が遅れただけならともかく、支払ができず、かつその期間が半年を過ぎるとブラックリストとして登録されることになります。
ご存知の通り、いったんブラックリストとして登録されると簡単にはデータは消えません。すべての滞納を解消しない限り消してくれないのです。
こんな時にクレジットカードの申込がしたいだけのために、虚偽の住所や生年月日を申込書に記入する人もいます。しかし、そのようなことをしても本人確認のために免許証などを確認すればすぐにバレてしまいます。
結局は正直に支払を継続している人だけが、クレジットカードなどを使いつづけることができるというわけです。

回数を重ねるほどリスク急増

クレジットカード現金はこのように一回の支払で終了させることが前提です。しかし、場合によってはそれが難しいことがあります。資金不足が原因です。
クレジットカード現金化は、回数を重ねるたびにドンドンと支払不能になるリスクが高まります。もともと割の悪い換金をしていることが多いため、割の悪さが回数を重ねる都度増幅されるのです。
例えば、換金率9割のAmazonギフト券を例に考えてみましょう。
最初は10万円のAmazonギフト券を換金して、9万円の資金調達が可能です。支払日に10万円準備すればいいのですから、差額は1万円です。
しかし、10万円が準備できずに、再度クレジットカード現金化をすると、今度は112,000円ほどのAmazonギフト券を準備しないと10万円になりません。更に3回目となると、124,000円に、4回目になると138,000円に、という具合になります。
必要とするAmazonギフト券がドンドンと増加するため、泥沼にはまっていくのです。クレジットカード現金化をするひとで、支払不能に陥ったり、債務整理を余儀なくされたりする人の多くはこのようなワナに引っかかっているのです。
クレジットカード現金化が危険だと言われる理由は、このようなワナにはまる人が結構多いためです。
しかし、消費者金融でお金を借りると自己破産に陥ると言われているのと似たような話です。中には、きちんと返済計画を立てて繰上返済することにより、支払額を最低限にしている人もいるのです。クレジットカード現金化も同じことなのです。

返せないなら止めましょう

クレジットカード現金化をする際には一度立ち止まって、現金化をした資金を返済することができるかどうかを考えてみましょう。
事業を営んでいる事業主の方は、どうしても自分の事業を延命させようとするものです。そのために、一時しのぎであっても資金調達をしたいと考えるものです。しかし、それは自分の傷口を広げるだけであり、何のメリットもありません。
クレジットカード現金化は返済できる人がするものです。返済できない人がしてしまうと結局自分のためにならないどころか、周囲の人にも迷惑をかけることになります。そのようなことは絶対避けるべきでしょう。
クレジットカード現金化は、クレジットカードを利用した買い物がベースになっています。そのことは必然的に期日になったら支払をしなればいけないことを意味しています。債務整理直前の人が最後のあがきでクレジットカード現金化をすることがあります。
しかし、そのようなことをすると信販会社側の対応がかなり厳しくなります。
債務整理の中でも利用者が多いと言われる任意整理では、弁護士さんが仲介をしてくれるとはいえ、相手の信販会社の心証が悪いと相手にされなくなります。そのようなことにならないようにすることが大切です。
返すことができないと判断したならば、クレジットカード現金化をしてはいけないのです。そのようなことをしても何もメリットがなく、デメリットしかないことは知っておくべきでしょう。

債務整理のススメ

このようにクレジットカード現金化をする以上は支払ができることが前提になります。
では、支払ができないという場合にはどうすればいいのでしょうか。
もし、給料日前にちょっと飲みに行きたくてクレジットカード現金化を考えたとしても、次の給料日のお金をアテにすることができないというならば、現金化は中止すべきでしょう。
しかし、事業用の資金が調達できなくて、かつ資金の調達見込みが全くない場合は早めに弁護士さんなどに相談したほうが賢明です。
意地を張って返済見込みのないクレジットカード現金化をしても、事業を継続できるのは2か月間だけですし、すぐに次の仕入資金などの支払が到来するでしょう。
クレジットカード現金化は先ほど述べたとおり、回数を重ねるごとに不利になり、返済できなくなるのです。
こうなると、債務整理をすることで自分の支払をすべて一時停止することが必要になります。自分でそのようなことはできないため、弁護士さんに対応してもらうことになります。
債務整理というと暗いイメージがあります。
確かに明るいものではありませんし、できれば避けたいものです。しかし、債務整理を避け続けても事態が改善しなければ、結局債務整理をするしかなくなるのです。
しかも、早めに対応すれば任意整理で済むものが、意地を張ったために自己破産を余儀なくされることもあるのです。任意整理ならば決着も早く、弁護士費用も少なくて済みます。
任意整理であれば、官報などに載らないので、ブラックリストの期間経過後である5年後に「社会復帰」ができます。早めの決断が自分の将来を明るいものにします。

自転車操業の前に債務整理

クレジットカード現金化を題材にしたテレビ番組を見ていると、換金率80%程度の現金化専門業者に換金を依頼し、返済できないまま支払不能になっていくシーンが出てきます。
Amazonギフト券でも回数を重ねればドンドンと不利になるのに、80%の換金率のクレジットカード現金化を2回すると、25%増しの決済をし続けることになります。
具体例を挙げると、換金率80%の専門業者で50万円調達するには、62万5千円の決済が必要です。この程度なら決済は難しくないでしょう。しかし、決済日に資金の準備ができないと、次は78万円程度の資金準備が必要です
これを繰り返したり、金額が大きくなったりすると、どのようなことになるかは改めて言うまでないはずです。
結局債務整理をすることになるでしょうが、最初からクレジットカード現金化をしなければ、50万円の債務整理で済んだのに、現金化を繰り返すたびに債務整理の対象額がドンドンと増えるのです。
このような事態に陥る前に弁護士さんに相談して、債務整理などの手段を取るべきでしょう。自転車操業になってしまったら改善の余地はありません。債務が膨れ上がるだけなのです。

早めの決断が傷を浅くする

クレジットカード現金化は、確かに便利な資金調達手段です。
しかし、ここまで述べたとおり、一歩間違うと雪だるま式に債務が増加してしまいます。支払債務が増加し始めると収拾がつきません。誰も助けることができないほど債務が膨れ上がり、周囲の人も気が付いた時にはての施しようがなくなってしまうのです。
これは弁護士さんでも同じであり、基本的に将来のある若い人には官報に住所や氏名が載ってしまう自己破産などの法的整理は避けたいと思っていても、それ以外に手立てがないということになってしまいます。
自己破産や民事再生のような法的整理は、官報に名前が載ってしまうため、一生の傷となる可能性が高いです。官報なんて誰も見ないよと言われるかねしれませんが、最近はデジタル官報の時代なので、その気になれば簡単に検索ができてしまうのです。
債務整理を得意としている弁護士さんなどこのような事情を知っているため、若い人に法的整理をさせたくないと思っているのです。
また、任意整理と法的整理では、債務整理にかかる費用も時間も大きく違います。1件当たり4万円程度で済む任意整理に対し、自己破産は40万から50万程度、民事再生なら60万円程度必要なことともあります。
このような差があることから、できる限り任意整理で対応できるうちに債務整理を決断したほうがいいのです。
何事もそうなのですが、早めの決断が傷口を浅くします。自転車操業でクレジットカード現金化をするくらいなら、早めに弁護士さんに相談すべきです。

債務整理は怖くない

債務整理のイメージが明るくないことは当然として、怖いというイメージを持っている人も少なくないようです。弁護士さんに法律問題を依頼するということ自体に抵抗がある人もいるようです。
しかし、債務整理は怖いものではありません。任意整理なら、早くても1か月程度で終了します。もちろん、相手との交渉などは弁護士さんがすべてやってくれるので、自分は通常通り仕事などの日常生活を継続すればいいのです。
自己破産については「人生の墓場」と考えている人も少なくないようですが、実際には今までの債務をすべて免責してもらい、新しい人生の再出発のきっかけれとする手続なのです。
特に住宅ローンだけを残して他の債務を10分の1まで減額できる民事再生は、住宅ローンを苦にした自殺者を著しく減らした功労者でもあります。従来は団信をアテにして、ローン支払ができなくなったお父さんが自殺する例が少なくなかったのです。
そのような悲劇をなくしてくれるのが債務整理です。事業用の資金が底をついて、どうしようもなくなったら事業廃止を検討すべきでしょう。もし、債務が残っていたら無理をせずに弁護士さんに債務整理を依頼するのです。
弁護士さんに依頼するとお金がかかるからと躊躇している人も多いようですが、債務整理を専門にしている弁護士さんは依頼者の懐事情も知っています。
債務整理をすることで支払に余裕ができますから、そこから弁護士費用などを分割払いしてくれればいいという弁護士さんがほとんどです。
また、債務整理をスタートすると一時的にすべての債務支払がストップしますから、その間に今まで返済に充てていた資金を弁護士費用の支払いに充ててくださいという弁護士さんもいます。
債務整理に対して必要以上にネガティブなイメージを持つ必要はありません。

まとめ

クレジットカード現金は、突き詰めていえば資金調達の手段に過ぎません。
必ずしも割のいい方法だとは言い切れませんし、信販会社のチェックがあったりしてリスクもあります。
しかし、他の方法で資金調達することができなかったり、消費者金融などでお金を借りると面倒なことがあったりすると考えている人にとっては、クレジットカード現金化は非常に都合がいい資金調達方法です。
どのような理由で、そしてどのような方法でクレジットカード現金化をするかは人それぞれです。しかし、一つだけ覚えておくべきことは、支払ができなければクレジットカード現金化をしてはいけないということです。