今や、素人でもクレジットカードを現金化する方法はたくさんあり、ある意味個人で行うプロの現金化マスターなんかも存在します。

この「ショッピング枠現金化」というものについてまた少し説明したいと思います。

まず、ショッピング枠現金化とは、これはクレジットカードに元々ついているキャッシング枠を現金化するもののことです。

キャッシング枠がついているものもありますが、総量規制のせいで今やその額は、それほど多くはなくてすぐに枠いっぱいになるケースが大半です。

使い切ってしまうとそれ以上はお金を借りることができません。

しかし、ショッピング枠が残っていれば買物をする機能が残っているため、そのショッピング枠を使って現金化するのです。

つまり、何らかの商品を購入する形で現金化を行います。

ショッピング枠現金化の方法は様々ですが、業者を使ってキャッシュバック付きの商品を購入することによって現金化を行う方法もありますが、金券やギフト券を買って売るなどして自分で行う場合もあります。

どちらの場合でも、結果的に現金を得ることができます。

手間を惜しまない方は自分で、手軽に即金を求めるなら現金化業者を利用するのが良いと思います。

さぁ、ここで「現金化は自分でしたほうがいいのか?」それとも「業者に頼んだほうがよいのか?」という疑問が出てくると思います。

これらの両面のメリット、デメリットについて軽く説明していきたいと思います。

個人で行う場合

まず、自分でやる現金化のメリットはやり方によっては還元率を最大に高めることが出来ることです。

自分でやる現金化のデメリットは、換金率の高い商品はクレジットカード会社も目を付けているため、利用停止のリスクに常にさらされることがあること。換金率の高い商品を購入し、店に持っていかなければならないので非常に手間がかかること。

時間と手間がかかるため、すぐに現金を手に入れたい人には向かないこと。

店舗に行ったり、商品を郵送するなど、それなりの労力がかかることなどがあります。

このように見ると、個人での現金化は利用停止のリスクがあり、そして手間がかかるという特徴があります。

リスクを受け入れて、時間と手間がかかっても高還元率を実現したいという方にはオススメの方法だと思います。

業者を使う場合

では、業者でやる現金化についてを説明します。

まずメリットは、すぐに現金が振り込みで手に入ること。

店舗に行かなくていいこと。

スマホですぐに現金化できること。

手軽で簡単に何度も利用できること。

常連になれば高還元率の待遇が受けられること。

カードの利用停止のリスクが低いこと。

色々な業者を比較検討でき、高い還元率の業者を選ぶことができることなどたくさんのメリットがあります。

デメリットは、還元率は平均して80%前後になることが多いことや、まれに悪徳業者に当たってしまう可能性があることなどがあげられます。

これらを見ると、業者による現金化は、利用停止のリスクが低くて、手軽に即現金を手にできるというのが特徴だと思います。

今すぐ現金が必要で、80%前後の還元率でも問題ないという方は業者に頼むほうがいいと思います。

以上が簡単なメリット・デメリットです。

自分合ったスタイルで現金化すると良いでしょう。