クレジットカード現金化で一番大切なことは、最大でも2か月後に請求される金額と現金化によって得られる金額の比較です。
お金に困っているときは前後の見境なく現金化のネタを探したくなるものですが、自分の必要とする金額をゲットしたものの、クレジットカードの請求書を見て愕然とすることもあります。
また、現金化の際には信販会社のチェックにも注意が必要です。最悪の場合、現金化に失敗するばかりか、クレジットカード自体の利用を停止されてしまうこともあり得ます。

 

手堅い金券類

クレジットカード現金化で一番手堅い方法だと言われているのは金券です。
金券なら何でもいいわけではありませんが、しっかり金券ショップなどをリサーチすることで割のいい金券を探すことができます。最近はネットで価格を表示している金券ショップも増加しているため、歩き回る必要性は減ってきています。
多くの金券はクレジットカードで購入することができますが、百貨店の金券などのようにクレジットカードでは購入できないものもあります。事前にチェックすることで無駄な努力をしなくて済みます。
また、最近は信販会社が、クレジットカード現金化をかなり警戒しています。
クレジットカード現金化がそのまま債務整理などの回収不能に直結することが多いためです。信販会社では金券類をクレジットカードで購入してもすぐにはわかりませんが、金額などから怪しいと思われると確認の電話をしてくることがあります。
販売店側も信販会社から協力要請があると、それに協力することが多いです。もちろん積極的に金券類を買うと同時に信販会社に連絡をすることはありませんが、確認の電話があると決済ができないので結果として信販会社に協力することになるのです。
とはいえ、実際にクレジットカードで金券を買う人は多いため、信販会社も強硬な追及をすることはありません。あまり心配をすることはありませんが、万が一のトラブルに巻き込まれないようにすることも大切です。

新幹線回数券やギフトカードは高換金率

金券類で一番換金率が高いのは、新幹線の回数券や信販会社が発行しているギフトカードです。
特に信販会社のギフトカードは利用できる店舗が多いことから需要が高く、中元歳暮の前には在庫を持ちたい金券ショップが高めの価格で買い取りをしてくれます。
クレジットカード現金化を警戒している信販会社が自社のWEB上でギフトカードを販売しているのですから、クレジットカード現金化を奨励しているようなものだと言っていいでしょう。
一年を通じて人気が高い新幹線回数券は、東京新大阪間のようなドル箱路線の回数券が人気です。時期によってはこの回数券の買取率が97%程度に及ぶこともあり、クレジットカード現金化を利用する人には人気アイテムとなっています。
みどりの窓口で新幹線回数券を購入する際にクレジットカードで決済すると、信販会社からの連絡があることがありますというような注意文が掲示されることがあります。
JRも信販会社からの依頼には従順に協力するのでしょうが、実際に必要だから買う人のほうが圧倒的に多いため、さほど心配することはありません。
同じ金券でも金券ショップによって買取率は異なります。差があるとはいえ、1%程度だからさほど気にすることはないだろうと思われがちですが、最大2か月で支払をしなければいけないクレジットカード現金化ではこの1%の差は結構大きいです。
例えば、新幹線回数券を97%で換金し、2か月後に決済する場合の年利換算は18%ですが、これが96%になると24%になります。50万円の換金をした場合1%で5千円の差になりますから、あまり軽視しないほうが賢明です。

リスクが高いデメリットもある

このように人気が高い金券類は換金率が高いです。しかし、リスクがあることには注意が必要です。
冒頭に述べたような信販会社の確認は、実際に使うから買っているという言い訳をすれば回避できます。これについてはさほど心配はいらないでしょう。必要なことは度胸一発です。
しかし、それ以上にリスクと言えるのは、最大でも支払までに2か月しかないため、資金を準備できるかどうかという点です。
クレジットカート現金化の返済サイクルは、クレジットカードのキャッシング枠でキャッシングするのと似ています。
仕組みとしては、決済日に該当する締日の支払日に一括支払いをするという点では共通しているため、キャッシングサービスを利用したと考えればいいでしょう。
しかし、クレジットカードのキャッシングサービスは限度額が10万円単位であり、実際に利用する金額も1万円単位を給料日前にちょっと借りるというパターンが多いはずです。
これに対し、クレジットカード現金化は10万円単位での利用が多いです。クレジットカード自体のショッピング枠がいくらかによって変わるでしょうが、新幹線の回数券を2冊とか3冊買えば20万なり30万になります。
この金額を次回の決済日までに確実に支払う必要がありますから、返済資金の目途をしっかりと付けることが大切です。
クレジットカードの支払が遅れると、利用がストップされますし、信用情報にも載ってしまいます。支払の確実性を確保してからクレジットカード現金化を利用するようにすべきでしょう。

高リスク回避のコツ

クレジットカード現金化にはこのような大きなリスクがあります。
しかし、資金繰りさえしっかり確保できれば、高い換金率の金券を探すことで消費者金融より有利にお金を借りることができます。
次に大きなリスクとして信販会社のチェックが挙げられますが、先ほど述べた通り度胸一発で言い訳をしてクリアすることが大切です。
信販会社も決済をしてもらって初めて商売になるわけですから、牽制球を投げているだけだと考えればいいでしょう。もちろん、信販会社からの電話で慌ててしまい、挙動不審だと判断されると面倒なことになるため、事前準備をお勧めします。
ただし、大したことは必要ありません。
新幹線回数券を上司に言われて買いに来る若いサラリーマンは少なくないでしょう。最近は新幹線専用のICカードをJRが発行していますが、回数券は融通が利くため未だに人気なのです。
1週間に3人で1往復をすればそれだけで1冊の回数券が必要です。人気が高い東京大阪間の回数券は、82,140円ですが、これを一気に10冊買えば警戒されるでしょうが、2冊や3冊程度であれば怪しまれません。
必要であれば、いくつかのみどりの窓口で分散して購入すれば10冊分程度の現金化も可能です。
この回数券を3冊買えば約25万円ですが、金券ショップで現金化すれば24万程度の現金になるのです。消費者金融で借りるより、よほど効率的で低利率だと思いませんか?

努力は報われる

クレジットカード現金化を金券で行うのは、一番効率的な方法だと言われています。
確かに手間はかかりますし、時間も必要でしょう。
しかし、やっただけの効果があるのも金券を使ったクレジットカード現金化のメリットなのです。
とはいえ、価格調査はネットでできることが多くなりましたから、夏の暑い日に汗を流しながら歩き回る必要は少なくなったと言えます。
また、多額のクレジットカード現金化を必要とする場合には、何軒かのショップで金券を分散して買ったほうがいいのですが、この場合もクレジットカード自体を分けることが大切です。
信販会社は顧客がクレジットカードを利用しても、何を買ったかはわかりません。与信管理のために利用金額だけを把握するだけなのです。ただし、金額があまりに大きいと主に不正利用を警戒して電話をすることがあります。
先ほど、信販会社がクレジットカード現金化を警戒していると書きましたが、必ずしも現金化をシャットアウトするだけの目的で電話などをしているわけではないのです。
大々的に「ストップ現金化」などとキャンペーンをしているため心配している人もいらっしゃるようですが、不必要に心配することはありません。もちろん最低限の注意が必要ことは言うまでありません。
自分の努力で有利になることがクレジットカード現金化のメリットだということができます。

専門業者は玉石混合

クレジットカード現金化をする手法としては専門業者に依頼する方法もあります。
換金率は低いのですが、金券購入の際に信販会社から電話がかかってくことはありませんし、いろいろなリスクはすべて業者側が負担してくれます。
自分はクレジットカード番号を連絡し決済してもらうだけです。確認が取れれば資金が専門業者から自分の口座に振り込まれるでしょう。クレジットカードの決済日にお金が足りないという際にはちょうどいいのではないでしょうか。
クレジットカードの決済日に銀行口座のお金が足らないというのであれば、消費者金融でもできるじゃないかと言われるかもしれませんが、消費者金融で借りることができればクレジットカード現金化を考えることはないでしょう。
消費者金融は大々的な広告をしていますが、結構審査は厳しいです。大手の場合、申込者の半分程度は審査で落とされているというデータもあります。
それと比較すると、クレジットカード現金化の専門業者は審査なしでお金を融通してくれるのですから、力強い助っ人になると言えるでしょう。
クレジットカード現金化を専門業者に任せると、換金率は低くなります。
ただし、どうしても今日確実にお金が必要だという際にはスピードが勝負です。
金券を買って換金するのも一つの方法でしょうが、昼間に会社で働いているサラリーマンにとって、金券ショップの相場を調べたり、金券購入のために平日の昼間に何件ものみどりの窓口に行くことは現実的ではありません。
クレジットカード現金化専門業者の存在価値はここにあります。

スピード換金と低リスク

クレジットカード現金化を専門に取り扱っている業者はスピーディーです。
クレジットカード現金化はクレジットカード自体のショッピング枠に余裕がある限り現金化が可能です。事実上審査はありませんから、カード番号を確認して決済OKとなればすぐに振込が可能です。
業者側では「商品購入」として決済処理をするため、何らかの「商品」を送ってきます。百円ショップで売っているようなおもちゃを送ってくることが一般的で、これの代金が10万円とか50万円とかになるわけです。
もちろん資金を融通してくれないと意味がありませんが、これは「キャッシュバック」として振込がされます。
申込をクレジットカード専門業者にする際、電話で換金率がどうなるかを教えてくれますが、その際に自分の振込口座とかを相手に説明することになります。
決済自体はあっという間に終わりますから、電話をしてから自分の口座に振込されるまで5分とかからないでしょう。
必要な書類はクレジットカードだけです。別に免許証をカメラで撮って画像データをスマホで送ってほしいと言われることはありません。職場に電話がかかってきたりすることもありません。
一般的に消費者金融や銀行でお金を借りると、在籍確認と言って職場に電話がかかってくることが多いです。働いているから返済できるわけであり、その「担保」になる「働いている実態」を確認したいわけです。
しかし、クレジットカードへ現金化の場合は、既に信販会社が審査を終わっています。専門業者は改めて審査をしなくても、クレジットカードの決済をするだけで信販会社からお金を回収できるのです。

低換金率のデメリット

このような話を読むと、クレジットカード現金化は専門業者に依頼するのが一番賢いと思う人も少なくないはずです。
確かに間違っていませんが、デメリットがないわけではありません。
最大のデメリットは換金率が低いことです。
クレジットカード現金化を専門にしている業者は、他の信販会社加盟店から加盟店の名義を借りていることが多いです。貸している業者のごとの内容はいろいろですが、飲食店の場合は手数料率が1割に近いことがあります。
更に名義を借りている以上、貸主にいくらか渡さなければいけませんし、自分の取り分も当然必要です。
そんな理由もあり、クレジットカード現金化を専門業者に依頼すると、額面の8割程度の換金率になることがあります。多くても85%程度ではないでしょうか。
もちろん自社で何らかの事業を営んでおり、信販会社などの加盟店になっていれば有利でしょうが、それでも85%程度の換金率になることが多いようです。
換金率の低さは、最長でも2か月程度しかない決済日に支払ができるかどうかのハードルを引き上げます。
85%の換金率として、年利換算で90%の率という話は別として、10万円の換金を依頼すると8万5千円振り込まれます。資金が必要な際は仕方ないとしても、2か月後には10万円準備する必要があるのです。
低換金率は便利さと低リスクの代償だとも言えますが、メリットばかりではないという点は知っておく必要があるでしょう。

換金率95%以上は何かおかしい

ところでクレジットカード現金化の専門業者の中には、換金率を非常に高く宣伝しているところがあります。
9割程度の換金率であれば、最近増加しているSquareなどの新しい決済代行業者で4%を切るような手数料率で決済していると思われますが、これが95%以上の場合は事業として成立しません。
とはいえ、スマホに端末をつけて決済するSquareなどは手数料率が低いのですが、基本的にクレジットカード自体を直接スキャンする形での決済になるため、クレジットカード現金化専門業者のような決済方法には向かないことが多いです。
このような業者は、最終的に自分の口座に振り込んでもらえる金額が95%ではなく、8割とかまで下げられてしまうことになります。名目はいろいろと付けることができるのです。
クレジットカード現金化の仕組みは先ほど述べたとおりですが、その仕組みから考えると、換金率が95%というのはどう見てもおかしいとわかるはずです。
そのため、換金率が高いからここで頼んでみようとは考えないほうが賢明なのです。

詐欺師に注意

このような換金率を高く表示している業者に依頼しても、最終的に換金率が80%とか85%になってしまうのですが、それより怖いのは詐欺師が紛れ込んでいることです。
クレジットカード現金化専門業者は、クレジットカード番号を確認して決済が終了すると振込をするわけですが、番号だけ聞き出して振込をしないこともあります。要するに詐欺なのです。
このような業者は携帯電話で「営業」していることが多く、逃げ足が速いです。
クレジットカードの番号を確認して決済手続さえすれば、最近は支払期間がずいぶん短くなっていますから、資金を信販会社から受け入れたらさっさと逃げてしまうのです。
ご存知の通り、携帯電話も銀行口座も当局の監視に関わらず他人名義や偽造された身分証明書で簡単に作ることができてしまいます。そのため、携帯電話の番号や銀行口座を確認しても詐欺師を捕まえることはできません。
結局「騙されたほうが悪い」ということになってしまいますし、信販会社や消費者庁がクレジットカート現金化を防止するキャンペーンを盛り上がらせることになってしまいます。
クレジットカード現金化は信販会社にとって貸倒の増加につながるため、何とか撲滅したいのですが、詐欺師の被害を強調することで役所である消費者庁を巻き込んでキャンペーンをしているのです。
貸倒が増加すれば信販会社の経営に大きな影響が及ぶため、信販会社の行動は当然のことですが、それがきちんとクレジットカード現金化をしている人に与える影響も少なくないのです。
詐欺師に関わらないように注意したいものです。

自分でやってみる現金化

クレジットカード現金化の仕組みは、お店でクレジットカードを利用し、買ったものを換金するというものです。
しかし、ここで発想を転換してみましょう。
自分が店主になったらどうなるかということです。
ちょっと考えにくいといわれるかもしれませんが、最近は小規模なビジネスでもクレジットカード決済ができます。
旅行先の商店街で小さな小物を売っているお店を見つけたとしましょう。
一昔前だと、このようなお店でクレジットカードを利用することはできませんでした。そのため、いつもはクレジットカード払いが当たり前の人でも、現金払いを見越して財布には現金をいっぱい準備していたでしょう。
しかし、最近ではこのようなお店でもクレジットカードを利用できるようになりました。
実際にお店で決済をしてみると、カードリーダーは非常に小型で中にはスマホの先に付けているようなものもあります。しかし、そんな小さなリーダーでもICクレジットカードの読み取りができるのです。
ちょっとびっくりする人もいらっしゃるかもしれませんが、このようなカードリーダーの値段は結構安いです。5千円程度で買えるケースもあるのです。
高いカードリーダーもありますが、決済代行業者によってはキャンペーンをしていることがあり、うまく乗ればリーダーの全額がキャッシュバックされます。つまり、タダでカードリーダーを手に入れることができるのです。

お店を開けばあなたも専門業者

このようなカードリーダーを利用するためには、決済代行業者と契約をする必要があります。代行業者も違法営業を補助していると言われないように、業法上の許可が必要な業者については許可などを確認しています。
しかし、そのような要件をクリアすれば審査はすんなり通ることが多いです。クレジットカードの審査は信販会社が買い物代金を立て替えるため審査はシビアになりますが、販売サイドの審査は、今までの信用などはさほど重視されません。
そのため、物品販売のように特に許可が必要ない業種であれば、心配なく審査が通ることが多いです。
つまり、このような決済代行業者に申し込みをして審査をしてもらい、審査にパスすればカードリーダーを購入することができます。このカードリーダーに自分のクレジットカードをスキャンさせれば自分でクレジットカード現金化が実現できます。
クレジットカード現金化の専門業者の中には、自分でクレジットカードの決済業者となっているケースもあります。最初に資金が必要になるのは仕方ないとして、ある程度「お客」ができると自分の取り分も増えてきますから、資金に困らないようになるでしょう。
もちろん、これを気にして本当にお店を開くのも悪くはありません。
ちょっと珍しいものを販売するのであれば、結構人気が出るかもしれません。もし、自分が本業で何らかの技術を持っているのであれば、副業としてやってみるのもいいでしょう。もちろん会社に禁止されているならば注意してやる必要があります。

事業者の方はカード決済に対応しよう

もし、個人事業主の方が資金繰りの改善のためにクレジットカード現金化をしようとするならば、このような決済代行業者に登録することで売上アップに寄与する可能性が高くなります。
今までクレジットカードが使えない店舗が、使えるようになっただけでお客さんが増えて売り上げもアップしたということは結構多いです。特にカフェなどのように小規模な飲食店でクレジットカードが使えると気軽に利用してもらうことが可能になります。
個人事業主の方はクレジットカードを利用させると手数料がかかるし、代金回収も遅れると危惧していることが多いようです。しかし、決済代行業者によっては翌日入金を可能にしていることもあります。
また、手数料も心配するほど高くありません。
新興の決済代行業者の手数料率は4%程度です。信販会社と直接契約すると高い場合1割程度の手数料率のこともありますが、そのようなことはありません。
さほどの述べたとおり、審査はあまり厳しくありません。自営業者の方がクレジットカードや消費者金融の申込をすると、返済能力が低いのではないかと危惧されることがあります。
しかし、売上代金の回収を依頼するわけですから、決済代行業者もお金の面で不安を持つことはありません。むしろ、法律に基づいた時宜用をしているかという面での審査が主なのです。
もちろん自分の仕事上資金が必要な際には、自分のカードスキャナーでクレジットカード現金化をすればいいのです。

ハードルは低い

このようにクレジットカードの決済代行業者の審査は厳しいものではなく、これから事業を開始しようと思っていない人であっても、それなりに体裁を整えれば審査を通すことが可能です。
また、カードスキャナーも安いので最初の負担額も少額で済みます。今後、必要に応じてクレジットカード現金化をするのであれば、初期投資費用として高いものではないでしょう。
もちろん、クレジットカード現金化を必要とする知人などがいれば、必要に応じて一つのリーダーを使えばいいでしょう。その中に個人事業主の方がいらっしゃればその人にリーダーを買ってもらえば、その人のためにもなるはずです。
このようにクレジットカード現金化をするためにカードリーダーを買うことはハードルが低いのです。
こんなことが可能なのかと驚かれる人も少なくないようですが、実際にやってみるとあっけなく審査は通るし、現金化もできてしまいます。もちろん資金振込もスピーディーなため、スピードが重視されるクレジットカード現金化にはぴったりです。
また、手数料率も4%弱なので、換金率としても悪くはありません。もちろん金券をもって金券ショップを回る必要もなく、手間もかかりませんし現金化を24時間いつでも自分の都合のいい時にすることができます。

やり過ぎ注意

もっとも、いくら自分のクレジットカードをスキャンしても決済資金が振り込まれるとしても、やりすぎると怪しまれます。何事も程度問題がありますから、注意が必要です。
何度もクレジットカード現金化をしたい人の中には、他人のカードをスキャンすることで自分の現金化をカモフラージュしようと考えている人もいます。
このような人は、原価ギリギリ程度で物の販売をしていることが多いです。実際に販売をして実績があれば、決済代行業者も怪しむことはありません。
また、古物商の登録は警察でするのですが、非常にスンナリと登録ができます。特に犯罪歴とかがなければフリーパスに近い状態で登録できます。
古物商の登録をしていると、中古品売買ができます。中古品はフリーマーケットなどで「これぞ」と思うものを購入し、見栄えよくデジカメで撮影すれば通販でも販売できます。
このようなテクニックは、ネットで検索すれば簡単に探すことができます。デジカメでの撮影も本格的なスタジオセットがなくても太陽光の下で撮影すれば服などは非常にきれいに見えるものです。
実際に事業をしているように見せかけることがこの方法でクレジットカード現金化を成功させるコツです。
今まで自分で事業をしたことがなくても、ちょっとした趣味の知識で中古品の販売ができることが多いです。不特定多数の人に販売するのではなく、仲間内で販売するのでもいいでしょう。クレジットカードが使えればみんな喜ぶはずです。
こうしたひと手間をかけるだけで、必要な時にクレジットカード現金化をしても怪しまれるようなことはありません。

リスクを承知なら

クレジットカード現金化は金券ばかりを対象にするわけではなく、他にも現金化の対象物があります。
場合によってはクレジットカードで買った金額より高い金額で換金することができる場合があります。
新製品などは店頭に並ぶより、アマゾンなどで予約販売した人のほうが早く手にすることができる場合があります。非常に短い期間ですが、この間にオークションに出すと結構高値が付くケースがあります。
買取店などでもこのような商品は高い値段で買い取ることが多いため、クレジットカード現金化の対象としては最適です。
ただし、目を付けた新商品の人気が案外盛り上がらず、換金の際に思ったほどの高値で売れないこともあります。その際は換金率が結構悪く、クレジットカードの請求書をみてため息をつくことになります。
普段からネットなどでゲームソフトの新商品などをチェックすることが大切ですが、この手の情報は趣味にしている人が強いです。自分のお気に入りとしているゲームソフトなどは新商品のチェックを自然としているでしょう。
ネット上の掲示板などで盛り上がっているゲームソフトを狙っておけば、案外クレジットカード現金化の手段として有効なはずです。
クレジットカード現金化で必要なことは、他人が持っていない知識や情報でできるだけ安くものを買うことです。このことが効率的な換金を可能にします。
ただし、リスクも大きいことは十分に認識する必要があります。

ゲームソフト

クレジットカード現金化で案外人気がある商材としてゲームソフトが挙げられます。
しかし、通常販売しているゲームソフトをアマゾンなどで購入し、買取店に持って行ったとしても買った値段の6割程度でしか買い取りをしてもらえません。
最初からクレジットカードの請求が来ても踏み倒すつもりで買っているならともかく、きちんと支払をすることが前提であれば、このようなことはできないはずです。
年利240%相当になるという数字的な話より、10万円で買ったソフトが6万円でしか換金できず、最長でも2か月後に10万円の決済をしなければいけないことのほうが問題です。要するに2か月間で4万円準備しなければいけないのです。
しかし、新発のゲームソフトであれば換金率が100%を超えることがあります。人気爆発間違いなしのゲームソフトは競争率が高いです。幸運にも予約できたとしたら、他の友人に先駆けて新しいゲームに熱中することができるでしょう。
もっとも、どんなゲームに人気が出るのかは普通の人にはわかりません。そのためにはリサーチが必要です。そのゲームが好きな人であればそのようなリサーチは十分可能ですし、クレジットカード現金化をするか否かにかかわらず情報を収集していることでしょう。いざというときにその知識が役に立つわけです。
このようなゲームソフトは人気が集まるにもかかわらず商品が出回らないので、中古価格が上昇します。クレジットカード現金化のネタとしては最適と言えるのではないでしょうか?

買取店のキャンペーンに乗ろう

中古ソフトの買取店は、ソフトの買取をしないと商売が成立しません。
そのため、定期的に買取強化キャンペーンをしています。これは店舗の規模を問わず同じです。大手の中古ソフト販売店でも大々的にキャンペーンをしているのです。
このキャンペーンの中には、買取価格1割アップというものもあり、魅力的だと言えます。特に新作ソフトは上乗せキャンペーンをしていることが多いため、対象ソフトなどを買うことができると非常に有利です。
先ほど、クレジットカードで買った価格以上で換金できる場合があると述べましたが、このようなケースでは本当にクレジットカード現金化によって利益が出ることがあります。期間的には短いのですが、品薄の時はチャンスなのです。
新規店舗を開店する際には特にこのようなキャンペーンを強化しますし、会員になれば一定期間は買取率アップということも多いです。
このようなキャンペーンはゲームソフトに限らず、中古商品を取り扱う店舗ではたいてい実施しています。中古商品を販売する店舗は、売上も大切ですが、それ以上に仕入が大切です。
商品を買ってくれるお客さんは、値段目当てで来るため、ある程度サービスが悪くても品ぞろえが良ければ我慢して買ってくれるものです。しかし、中古品を売却しようとする人はちょっとでも買取価格が高い店を探しています。
中古品販売業者にとってどちらが大切かは言うまでないでしょう。

限定品はチャンス

この方法でクレジットカード現金化をする場合の狙い目は新製品ですが、特に限定品はチャンスだと言えるのではないでしょうか。
ヴィトンなどのブランド品をクレジットカード現金化の対象にする場合も、買取店では結構買いたたかれるものですが、限定品は結構高い値段が付くことがあります。これは、欲しい人が多くても肝心な商品数がないためです。
この手の限定品は、ブランドの広告宣伝としての意味があり、あえて希少価値を出すため限定品としています。当然欲しい人が多いため商品数は不足します。
買うための予約をするのは一苦労でしょうが、予約ができればチャンスだと言えるのではないでしょうか。
ゲームソフト同様にブランド品に詳しい人であれば、この手の限定品に関する情報は多く持っているでしょう。
また、限定品とはいえ玉石混合なので、どんな限定品が「値段が付く」かも大切です。このような「目利き」が効くのは、やはりそのブランドを好きな人だと言えるのではないでしょうか。
このことは他の商品についても言えます。
持ち運びの問題があるため無理があるケースもありますが、家電製品などでも発売当初は値段が跳ね上がります。アイデア商品で人気集中しそうなものは特にそうでしょう。
ここでも自分の知識や情報がクレジットカード現金化に大きく役立つのです。

売却時には警戒を忘れずに

とはいえ、中古品の売却時には警戒も必要です。
直接大手の買取店で換金するのであればあまり心配はいらないのですが、換金率がいい現金化をしようとすると、個人間売買が一番です。大手に売却すると中間マージンを引かれるためです。また、オークションも手数料がかなりかかります。
そのため、ネットの掲示板などを利用した個人間売買を利用したくなるのですが、相手の素性がわからないし確実にお金を送金してくれるかもわかりません。
個人間売買はリスクが非常に大きいため、あまりお勧めできませんが、もしするのなら自分が知っている人に限定すべきでしょう。趣味のサークルなどで顔を知っている人なら問題は少ないと言えるのではないでしょうか。
また、通販形式で買取をしてくれる業者にも注意が必要です。荷物を送るために住所を把握しているため大丈夫だろうと思われがちですが、遠隔地の場合はお金を払わなくても遠方から請求に来ることはないだろうと思われている可能性があります。
先ほど、クレジットカード現金化の専門業者には詐欺師がいるという話をしましたが、このような通販形式の買取業者にも同様に詐欺師がいるのです。引っかからないように注意しなければいけません。
中古粗品の売却に限りませんが、クレジットカード現金化の際には、代金の回収を確実にすることを意識して現金化の手法を選ぶ必要があります。

確実な現金化の秘訣はカード選び

クレジットカード現金化は文字通りクレジットカードを使った資金調達の方法です。そのため、使用するクレジットカード選びが重要になります。
改めて言う話でもないでしょうが、一番有利に進めようとすれば金券等の購入日から支払日までが最大に長くなるクレジットカードがいいわけです。その意味で締日翌日に金券等を買うことが一番大切だと言えるわけです。
WEBで検索すると締日から支払日までが長いクレジットカードを探すことが出来るでしょう。
また、クレジットカード現金化は一発で終わらせるのが鉄則ですが、事情によっては支払日に全額資金を準備できずに2回目のクレジットカート現金化をする必要が生じることもあります。
そのような事態に対応するためには、締日をずらしたクレジットカードを準備しておくと便利です。
月末締めのクレジットカードで現金化を行い、資金不足でいくらか現金化をする場合、再度月末のカードで現金化をすると締日近くの買い物となり、支払日までが短くなってしまいます。
締日を分散したクレジットカードを準備することで、二回目以降のクレジットカード現金化をスムーズに進めることが可能になります。

決済期間が長いカードは有利

クレジットカード現金化を考える際、締日近くに金券を買う理由は、支払日までの期間が最長になるためです。
クレジットカード払いで買い物をする際、締日に買い物をすると1か月程度後に支払日になりますが、締日翌日なら2か月後に伸びます。1日だけの違いで資金繰りが随分違ってくるのです。
このことを意識して買い物をしている人は結構多いと思われますが、締日から支払日までの期間を気にしている人は案外少ないようです。
一般的なクレジットカードは、締日が15日だと翌月10日が支払日、月末締めだと翌月末付近が支払日となっていることが多いです。
自分の持っているクレジットカードをチェックしてみると、締日や支払日に差があることがわかると思います。
一度チェックしてみると、いざお金が必要になってクレジットカード現金化をしようとする際に役立つことになるでしょう。

具体的なおすすめカード

この観点からお勧めしたいクレジットカードはセゾンカードです。
たいていのクレジットカードは締日から支払日までの間が1か月以下なのですが、セゾンカードは1か月を超えています。一時期この点を大々的に押し出した宣伝をしていたこともあったほどです。
セゾンカードは他の信販会社同様に「ハウスカード」を発行しています。
その中で一番有利だと思われるのが「出光まいどカード」です。
セゾンカードが締日の翌々月4日払いなのに対し、出光まいどカードは翌々月7日払いなのです。両方とも月末締めであり、ちょっとの差ですが、資金繰りが厳しい時期には助かります。
また、締日から支払日まで1か月程度のカードとしてお勧めしたいのが「P-ONEカード」です。
締日から支払日まで1か月のカードは隋分多いように思われますが、よく調べてみると月末締めのクレジットカードの支払日は楽天カードのように翌月27日のことが多いです。3日間の差ですが、資金繰りは1日の差が明暗を分けることがあるのです。
また、P-ONEカードは支払日に1%引きで請求されます。
買い物代金がすべて1%引きになるわけですから、クレジットカード現金化をするにあたっては年利換算で随分とお得度が上がります。返済も楽になりますからお勧めの一枚です。

締め日分散のコツ

クレジットカードを発行している信販会社は、クレジットカードの種類に比べると随分と少ないです。昔からの老舗であるJCBは15日締めですし、楽天カードなどのように後発系の信販会社は月末のことが多いです。
更に10日とか20日とかを締日としたカードもあります。いろいろ調べてみると、分散させることはさほど難しくないことがわかります。
先ほど述べたとおりクレジットカードの締日は分けたほうが有利なのですが、実はもう一つ締日を分散することによるメリットがあります。
それは信販会社自体を分散することが出来ることです。
ご存知の通り信販会社はクレジットカード現金化を極端に警戒しています。そのため、多額の買い物をすると電話確認をすることで何を買ったか確認したりすることがあります。
確認の電話自体は定型的なものですが、同じ月に2度も3度も確認するような事態になるとさすがに相手も警戒します。カードは違って信販会社が同じならば同一システムで管理しているためなおさらです。
しかし、締日を分散したクレジットカードを使うことで信販会社も異なりますから、そのような心配はいりません。
また、締日を変えてクレジットカード現金化をすることで必然的に支払日も分散できますから、支払日がずれることで支払いが楽になるメリットもあります。

クレジットカードはペアにしよう

これらの観点からクレジットカード選びを考えると、締日をずらし、信販会社をずらすことが必要だとわかります。
そうすると、クレジットカード現金化をするにあたっては、クレジットカードをペアにすることが有用だと言えるでしょう。
先ほどのポケットカードとJCBというペアでもいいですし、JCB同様に15日締日のMUFGカードでもいいでしょう。信販会社もバラバラになりますから都合がいいはずです。
ちなみに10日締めのカードとしてはイオンカードが挙げられますし、トヨタカードは選択すると20日締めを選ぶことができます。ポケットカードと合わせて3枚ペアで準備しておくと、いつ資金不足が起きても締日まで一番長いカードを準備することができます。
クレジットカード現金化は、ただ単に自分が持っているクレジットカードを使えばいいというものでもありません。少しでも効率よく、かつ自分の負担を減らす方法を考えることが重要になります。
そのために、クレジットカードの締日と支払日の関係を調べておき、必要に応じて新規に申し込みをすることが大切になります。キャンペーン時期に申込をしてキャッシュバックをゲットできると更にいいですね。

まとめ

クレジットカード現金化にはいろいろな手法があります。
金券の現金化が一番確実で換金率も高いのですが、平日の昼間に金券を買いに行って金券ショップで換金するというのはサラリーマンには厳しいものがあります。
他にも方法としてはいくつかクレジットカード現金化の方法は存在します。
自分の置かれている事情に合った現金化の方法を選択しましょう。
また、クレジットカードの選択も重要です。選択を誤ると現金化をしたクレジットカードの決済に支障が出る可能性もあります。1日でも支払日を遅らせる努力をすることは資金繰りの上で非常に大切です。