クレジットカード現金化はちょっとした資金不足に対応する優れた方法です。
金券を買ってきて金券ショップで換金するわけですが、金額が少なくても換金できますから都合がいいです。
信販会社では金券の購入に対して警戒をしていると言われていますが、金額が少額ならば警戒しようにもしようがありません。
給料日にちょっとお金が足らないからという場合に、わざわざそれだけの理由で消費者金融に申し込んだり、クレジットカードのキャッシングサービスの審査を受けたりするのは面倒すぎます。
それならば簡単に資金調達ができるクレジットカード現金化の方がよほど便利です。

ちょっとした資金不足にも現金化

クレジットカード現金化というと、10万円とか100万円単位の現金化を思い浮べる人も多いようですが、実際に100万円単位の現金化をすることはできないことはないものの難しいです。
現実的には10万円単位、それも上限は30万円程度だと思われます。通常のクレジットカードの利用限度額の半分程度というところでしょうか。
しかし、この範囲内であればクレジットカード現金化は非常に便利な資金確保の方法だということができます。
給料日前にちょっとお金が足らないという場合にも便利です。
Amazonを利用している人は知っているでしょうが、Amazonにも商品券があります。Amazonギフト券と呼ばれています。これは額面の9割程度で換金できますから、1万円とか5万円とかを用立てたい場合に便利です。
このような時にはクレジットカードのキャッシング枠を利用すればいいのですが、手続と審査に時間がかかりますから急にお金が足りないという場合には向きません。
消費者金融を利用できる人はいいのですが、過去のクレジットカードの利用状況などが悪くて審査に通らない人も少なくないようです。そんな人にとってクレジットカード現金化は必要不可欠な資金調達方法だと言えます。

少額でもできます

クレジットカード現金化は自分が必要な金額だけすればいいのであり、最低金額というものはありません。そのため、1万円のクレジットカード現金化をすることも当然可能です。むしろ金額が少ないほうがリスクも少なくて好ましいのです。
一般的にクレジットカード現金化の方法として新幹線回数券が挙げられます。しかし、新幹線回数券で一番換金率がいいと言われている東京新大阪間の回数券は1冊8万円ほどするため、1万円程度のクレジットカード現金化には大きすぎます。
少額のクレジットカード現金化であれば、信販会社のギフトカードなどが一番です。JCBのオリジナルシリーズと呼ばれるクレジットカードを利用すれば、プレイガイドなどでJCBカードを利用してギフトカードを購入することができます。
信販会社のギフトカードは換金率があまり変動しないのが魅力で、大体97%程度が期待できます。5千円券を2枚購入すれば、9,700円の換金ができます。手数料が300円だと考えれば、さほど高利の借金というわけではないでしょう。
もっと大きな金額でクレジットカード現金化をしたければ、購入する金額を多くするだけでいいのですが、5万円とか10万円のギフトカード購入は信販会社からチェックが入る可能性があるため要注意です。
特に多額の現金が必要でなければ、5万円程度までのクレジットカード現金化に留めるのが一番無難です。

審査がないから機動的にできます

クレジットカート現金化の最大の利点は審査なしに事実上の借金ができることです。
クレジットカードの申込の際にキャッシング枠を同時に申込すれば別ですが、後でキャッシング枠を申し込もうとしてもすぐに対応できるとは限りません。
審査自体はスピーディーなので、平日であればその日に審査を終えることができるかもしれませんが、土日や夜間では対応できません。
これに対し、クレジットカード現金化であれば、会社帰りにプレイガイドなどで信販会社のギフトカードを購入し、そのまま金券ショップに持ち込むだけでいいのです。ちょっとした運動になる程度なので手間がかかるというイメージもないでしょう。
地方都市に住んでいる方で、近くに信販会社のギフトカードを売っている店がなかったりする場合はAmazonギフト券が有効です。換金率が9割と低くなるのが難点ですが、すぐに自分名義の銀行口座に振り込んでくれます。
銀行振込というと、平日しかダメじゃないかと思われがちですが、最近は一部のネット銀行などは24時間体制で営業しているため土日でも夜間でも振込対応ができます。Amazonギフト券は電子データのギフト券なので対応も素早いです。
換金率をさほど気にしないなら、信販会社などのギフトカードを利用するより便利さは格段に上です。
クレジットカード現金化を多額にする場合は、換金率のちょっとした違いで1万円単位の違いが出るため無視できません。しかし、1万円とか5万円程度の現金化であればさほど金額に差が出るわけではありません。

信販会社ギフトカードも可

ここで信販会社のギフトカードをクレジットカード現金化の対象とすることに驚いた人もいらっしゃるかもしれません。
ご存知のとおり信販会社などのWEBには「STOP現金化」というキャンペーンをバナー広告で貼っているためです。
しかし、クレジットカード現金化を警戒しつつ、ギフトカードを販売することも大切なのでクレジットカード払いでギフトカードの販売を認めているのです。
JCBやMUFGなどのサイトを見ると分かるのですが、ギフトカードをサイト内で販売しています。しかも支払はクレジットカードで可能であり、当然と言えば当然ですがリボ払いもOKです。
「STOP現金化」などとキャンペーンをしていますが、現実はこんなものです。
ただし、信販会社のサイトからギフトカードを購入すると、すぐに送ってくれません。信販会社によりますが、1週間程度かかることが多く、しかも送料が必要です。そのため、実際にギフトカードを利用するのはプレイガイドなどの店頭にしたほうがいいでしょう。
金券ショップの店頭を見ると、どこの信販会社のギフトカードが高換金率かがわかります。それにわざわざ店頭に行かなくてもネット上で買取を宣伝している店舗のサイトを見れば、そこでもわかるでしょう。
もっとも、信販会社がクレジットカード現金化を警戒していることは間違いありません。あまり甘く見てはいけないのですが、過度に警戒しすぎてせっかくのいい資金調達方法を避けるようなことがあってはいけません。

キャッシング枠は解約しよう

そんなことをするよりクレジットカードのキャッシング枠を使えばいいじゃないかと思う人も多いかもしれません。利用日翌月の支払日に一括払いで請求されるという点ではクレジットカード現金化もキャッシングサービスも差はありません。
しかし、キャッシング枠を持っていると、ちょっとした不都合が生じることがあります。
消費者金融などでお金を借りようとする場合、総量規制という融資制限があることはご存知でしょう。年収の3分の1までしかお金を貸さないという融資制限です。
他の金融機関で設定している無担保融資の残高や、キャッシング枠もこの計算根拠に入ります。つまり、キャッシング枠を持っていることは総量規制の枠を使っていることになるのです。
信販会社のキャッシング枠は最低10万円です。そのためあまり影響はないだろうと思う人もいるかもしれませんが、年収300万円の人は総量規制の枠が100万円です。このうち10万円が削られてしまうのです。
消費者金融に限りませんが、金利は融資限度額で決まります。ちょっとした差で金利が下がるのにという残念な結果になりかねません。
また、銀行などでマイカーローンを利用しようと考えている場合も融資で不利になることがあります。銀行融資では総量規制のことを考える必要はありませんが、キャッシングやカードローンの融資枠は既に借りているものとして審査をしています。
融資枠があるがために審査に落とされることも考えられうるため、できるだけクレジットカードのキャッシング枠は解約したほうがいいのです。

少額でも油断禁物

クレジットカード現金化を信販会社が警戒していることはすでに述べた通りですが、クレジットカード現金化の金額が少なければあまり心配する必要はありません。
しかし、気を付けるべきことはそれだけではありません。
クレジットカード現金化のために購入した金券の支払請求は、次回の請求日に必ずされます。少額であってもそれだけの追加請求がされるわけですから預金残高不足などにならないように注意が必要です。
クレジットカードの請求金額などを注意してみていない人が多いようです。しかし、だいたいこんなものだろうと予想しているとであっても、ちょっとした臨時支出で見込みが外れて引落ができないという場合があります。
クレジットカードの引落ができないと、改めて引落をしてくれないため自分で振込をする必要があります。新聞代などのように来月回しにしてくださいということはできないのです。
また、クレジットカードの引落不能は自分の信用情報を悪くします。知らない人も多いようですが、信販会社は信用情報機関に毎月のクレジットカード引落状況を登録しています。登録事績は2年間消えないので、一度の引落不能が後々まで響くのです。
1回程度であればまだしも、何回もそのような事績があると、新規のクレジットカードやカードローンの審査に通らなくなります。
金額が少ないからいいだろうと思っていると、思わぬ落とし穴があったりしますから要注意です。

支払日には絶対支払おう

このようなことがないようにするためには、日ごろからクレジットカードの請求日には全額支払うという習慣をつけることが大切です。
このような習慣をつけることで自分の信用が付きます。どんなに高い給料をもらっていても、支払が遅れがちの人は信用情報の内容が悪くなり、クレジットカードの審査に通りにくいです。
とはいえ、難しいことではなく、請求書が信販会社から届いたら内容を確認して預金残高が不足しないかチェックすることです。できれば、引落前日に再チェックすると確実です。
最近は銀行が引落不能を避けるためにカードローン形式の当座貸越ローンを積極的に営業しています。一見これを利用すればいいじゃないかと思われがちですが、先ほど述べた通り無担保融資なのでちょっとしたリスクを背負うことになります。
もっとも、クレジットカードのキャッシングサービスを申し込むよりは、このような当座貸越サービスを申し込んだ方が効果はあると言えるでしょう。銀行系の融資なので消費者金融や信販会社の信用情報には響きにくいという利点もあります。
ただし、このようなローンであっても審査を信販会社や消費者金融でしていると、信用情報をそちらに登録される可能性があり、総量規制の算定根拠に含まれてしまいます。総量規制の算定対象は消費者金融や信販会社に限定されていないのです。
いずれにせよ、クレジットカード現金化もクレジットカードを利用していることに変わりはありません。支払日には確実に支払がされるようにすることが必要です。

区切りのいい数字は警戒されます

少額のクレジットカート現金化はあまり怪しまれることはないのですが、金券を購入すると「区切りのいい数字」になりますから、警戒される可能性がゼロだということはありません。ちょっとは気を付ける必要があるのです。
もし気になるようであれば、金券購入と同時にちょっとした小物を買うのも一つの方法です。クレジットカードを利用すると信販会社にデータは流れますが、それは決済金額だけであり、買った商品や個別の金額までは情報が流れないのです。
クレジットカードの決済の仕組みは、加盟店から利用金額だけを流し、信販会社が会員の与信枠と照合し、与信枠の限度範囲内であればOKを出して決済されるというものです。
そのため、加盟店が買い物の内容を店舗のPOSレジに入力しても、信販会社はそこまで把握することができないのです。
ただし、多額の金券をクレジットカードで購入すると、信販会社にデータ上異常数値として注意メッセージが表示されます。これはクレジットカード現金化だけを警戒しているわけではなく、不正理由の警戒が主目的です。
主として多額の買い物を一気にした場合に注意メッセージが出るようですが、1万円とか10万円単位の区切りがいい数字になった際にもメッセージが出ることがあるようです。
メッセージの基準はわからないのですが、会員になってからの経歴なども影響しているようです。新規に申し込み、全く利用していないクレジットカードで金券をいきなり買うと信販会社から電話がかかってくる可能性があります。

必要以上に使わないこと

クレジットカード現金化は、借金であることには変わりありません。消費者金融などの宣伝で「ご利用は計画的に」と最後にテロップが流れますが、クレジットカード現金化にも同じことが言えます。
つまり、必要以上に使わないようにすることが大切です。
もっとも、給料日前にお金が足りなくなるのは日常茶飯事だという人も少なくないかもしれません。しかし、そのようなことが好ましいと言えないことも事実です。
いい機会なので家計簿などを付けて自分の無駄遣いを探し出すことをお勧めします。一人暮らしの独身なのに家計簿などいらないだろうと言われるかもしれませんが、そのような人にこそ家計簿が必要です。結構無駄な支出がいっぱい出てくるかもしれません。
家計簿と言っても難しく考える必要はありません。お小遣い帳程度でいいのです。それとクレジットカードの利用明細や預金通帳でも代用できるでしょう。保険の支払や有料テレビの視聴料などが多く含まれているのではないでしょうか。
その中には他の保険と重複していたり、見ていなかったりするものも含まれているかもしれません。家計の見直しをするわけです。
最近は自動車保険などにオプションとして生命保険のような保障がセットされている場合もあります。どちらかにまとめれば保険料を節約できます。有料テレビは必要最低限にすることも大切ではないでしょうか。
このようなことを心がけるだけで、ずいぶんと違いが出るのではないでしょうか。そうすることで給料日前にお金が足りないということも少なくなるでしょう。
もちろん給料日前に臨時の飲み会ができたという場合には対応できないかもしれません。そのような際にクレジットカード現金化を必要最低限の金額だけ利用すればいいのです。

換金率には気を使おう

クレジットカード現金化は換金できればいいだろうと考えている人も多いようです。
1万円単位の現金化であればそれでもかまわないかもしれませんが、できれば換金率に気を使いたいものです。
昼間しか金券ショップは開いていないので時間的な制約はありますが、信販会社のギフトカードは結構換金率が高く、年を通じて変動が少ないです。これに対してAmazonギフト券は換金率が低いです。
しかし、Amazonギフト券の買取店は、金券ショップと違って営業時間が長いです。限定されているとはいえ、振込する銀行口座によっては24時間体制での換金が可能です。
換金率が低い点デメリットはあるものの、仕事帰りに飲み会に行こうという場合には絶好のクレジットカード現金化だと言えるでしょう。
必要に応じてどちらを利用するのかを考えればいいのですが、事情が許す限り高い換金率でクレジットカード現金化をしたいものです。

少額だから手段は増える

通常クレジットカード現金化をする場合、10万円単位で利用する事が多いため、それなりに計画性や手段を選ぶ必要があります。また、支払日に確実に決済ができるように資金の確保も考えておく必要があります。
しかし、1万円単位であれば、気を使う程度も低くなります。あまり油断するのは考えものですが、気軽に利用できると言えるのではないでしょうか。
クレジットカード現金化で大切なことは、換金率と資金調達ですが、換金率については10万円単位のクレジットカード現金化をする場合1%の差で千円の差になるためそれなりに注意する必要がありますが、1万円単位なら100円差です。
換金率が高ければ、必要とするクレジットカード現金化の金額も少なくなりますから、肝心な支払日に資金確保も容易となるでしょう。
これに対し、換金率が低いと同じ金額を調達するとしてもクレジットカード現金化による買い物の金額が多くなり決済日に苦労することになります。できるだけ換金率が高いほうがいいと言われる理由です。
しかし、少額のクレジットカード現金化であれば、1%の差では実際に調達できる金額に差が出ないため問題は生じにくいです。手段が多くなればクレジットカード現金化自体がやりやすくなります。
また、信販会社のチェックをあまり気にしなくていいため、利用できるクレジットカードに気を使う必要も少なくなるでしょう。最低限、同じ信販会社のカードは使わないということは守ったほうがいいですが、手持ちのカードで対処できることも増えるでしょう。

手間のかからないAmazonギフト券

換金率が低いため、クレジットカード現金化の手段としてあまりお勧めできないAmazonギフト券を使ったクレジットカード現金化ですが、金額が少なければお勧め手段の筆頭に挙げることができます。
先ほど述べた通りAmazonギフト券を使ったクレジットカード現金化はスピーディーで、かつ手間がかからない点が魅力です。すべてスマホで終わらせることもできますから、急に飲み会のお誘いがあったのに財布の中身が寂しいという場合には最適です。
ただし、どのAmazonギフト券換金業者も、最初だけは身分確認などをするため時間がかかります。そのため、あらかじめ少額のAmazonギフト券を換金しておくといいでしょう。
Amazonギフト券の換金業者は結構あり、比較サイトを探すといろいろな業者が出ていますが、一番有利なEメールタイプのAmazonギフト券は90%以上の買取率が多いです。
Amazonギフト券は「ギフト券」という名前がついているものの、Amazon自体がネット通販なのでギフト券も番号管理です。つまり買取業者もすべてネットショップです。
そのため信頼性に劣ると考えている人も多いようですが、この業界については危ない業者は少なく、ネットなどで紹介されている業者なら間違いないと言えるでしょう。もし、不安なら最初に少額のAmazonギフト券を換金してみるといいでしょう。
Amazonギフト券の換金はオークション形式の業者もあり、一見そちらの方が有利にも見えますが、手数料がかかるため結局どちらが有利かわかりません。また、落札されないと振込してくれないので、急いでいるときには向きません。
そのように考えるとAmazonギフト券を専門に買取をしている業者を選ぶのが一番ではないでしょうか。

ギフトカードも数枚なら気楽

現金化の金額が少額であればギフトカードを買う際も気が楽です。
新幹線の回数券はみどりの窓口で結構チェックが入ると言われていますが、ギフトカードを数枚買う程度であれば、さほど気を使わない点も大きなメリットだと言えそうです。
実際にギフトカードを婚礼などのお返しに使うためにクレジットカードである程度まとめて買う人も多いのですが、このような人であっても購入した窓口で信販会社から電話があったという話があるようです。
その人は、お返しに買うけどラッピングは自分でするからギフトカードだけ買いに来たという説明をしたようで事なきを得るようです。
ギフトカードを大量に購入する際にも、このような理由を言えば確かに問題なく決済できそうなものですが、信販会社から電話があるかもしれないと思うとちょっと気を使うものです。
気になるようであれば、先ほど述べたAmazonギフト券を利用すればいいのですが、金券ショップは土日であっても昼間なら開いていますから、休日に散歩ついでにクレジットカード現金化をするのも悪くはないでしょう。
クレジットカード現金化の金額が少なければ換金率をさほど気にする必要はないといえども、可能であれば換金率の高い金券を選択したほうがいいでしょう。
信販会社のギフトカードは5千円券が一番換金率はいいです。1万円程度のクレジットカード現金化なら2枚で済みます。

知識があれば商品の換金も

多額のクレジットカード現金化をする際、金券だけで実行することは結構難しいと言われています。しかし、さきほど述べたとおり少額なら可能なので、換金率のいい方法を利用したほうがいいでしょう。
ただし、商品知識が豊富な方であれば話は別で、特定のゲーム関連の知識が非常に豊富な人は新発売のゲームが人気商品かどうかを判断することができるようです。
ゲームによっては予約が大変だという事情もありますが、Amazonなら結構商品が揃っているため買える可能性が高いようです。配送もスピーディーなため発売直後にTSUTAYAのような買取店に持ち込むことができます。
また、アイドルグループのファンの方であれば「初回限定版」のCDやDVDに人気が集中していることはご存じでしょう。自分用に1枚と換金用に何枚かという具合に購入すれば、利益が出る換金が可能です。
一般的に「新発売」の時期は商品の換金時期としてはチャンスです。自分の知識をフル活用することでオリジナルのクレジットカード現金化の手法を編み出すことができるでしょう。

こんな方法もありますが…

あまりお勧めはしませんがこんな方法もあります。
百貨店で商品を購入し、次の日に返品すると現金で返金してくれることが多いです。売上当日に経理処理をするため、変更ができないことが多いためのようです。これは百貨店に限らず、他の大型店舗でも同様のようです。
もっとも、どの店舗でも同じことができる保証はないですし、返品を簡単に受け付けてくれるとは限りません。
また、よく言われるのがコンビニのプリペイドカードにクレジットカードからチャージをして、それを返品処理で現金化するという方法です。
コンビニの担当者が一番嫌がると言われているのですが、コピーを5000枚とかセットし、スタートキーを押すと同時にキャンセルキーを押すと5万円はスタートキーと同時に引き落とされるため、返金のシートが出力されます。
これを現金で返金してくれるのですが、もしやる際にはカウンターにどんな人がいるかを確認してから実行したほうが賢明です。
アルバイトのお兄さんやお姉さんならいいのですが、オーナーらしい人やちょっと強面の人だと何か聞かれると怖い思いをするかもしれません。

キャッシング枠のデメリット

クレジットカード現金化と似た資金調達方法としてキャッシング枠でお金を借りる方法があります。先ほど述べた通りキャッシング枠を設定することはあまりお勧めできません。
とはいえ、気軽に借りることができることは大きなメリットです。
キャッシング枠は10万円から付けることができるため、利用できるのであればそのほうがいいじゃないかと思われがちです。
もっとも、キャッシング枠を設定しようとしてもできない場合が少なくありません。
キャッシング枠もお金を借りることには変わりがないため、ショッピング枠とは別の審査があります。既に他の消費者金融でお金を借りているのなら、総量規制の制限によって借りることができない可能性もあるのです。
また、現在他のローンを一括したおまとめローンを利用している人もキャッシング枠を設定することはできないことが多いです。
なぜなら、おまとめローンを利用している人の多くは、通常のカードローンでは一本化できないため総量規制対象外のおまとめローンを利用していることが多いためです。
キャッシング枠を利用する事ができないならば、クレジットカード現金化を利用するしかなくなります。
では、キャッシング枠はどうして避けたほうがいいのでしょうか。

総量規制の障害になる

消費者金融はお金を借りるに際して非常に都合がいい存在です。大手であれば契約当初から30日間の無利息期間を設定してくれますし、キャッシングも返済も自由自在でコンビニATMやネットバンキングを利用する事ができます。
しかし、そんな消費者金融も金利が高いのがデメリットです。ただし、借入金額が大きければ金利が下がり、最高18%の金利も融資限度額が100万円以上になると15%に下がります。これは貸金業法の制限利率がそうなっているためです。
そんな消費者金融を利用しようとする際に壁になるのが総量規制です。年収の3分の1という制限があるため、借りたくても借りることができない場合が生じます。
特にクレジットカードのキャッシング枠は枠いっぱいを借りているものとみなして総量規制の算定をしますから余計に面倒なのです。
このような事情もあり、クレジットカードのキャッシング枠はないほうがいいのです。
また、同じことが総量規制とは関係のない銀行系カードローンでも言えます。
銀行系カードローンは一般的に年収の半分まで最大限貸すと言われています。しかし、それは信用がある人の話であり、現在キャッシング枠がある人はそこで借りるかもしれないと思われるため、信用がそれだけ落ちるのです。
キャッシング枠の金額は借りているとみなされるので、収入が多くてもその部分だけ与信枠が削られる結果になります。実際には借りていないのにもったいない話ではないでしょうか。
金融機関の審査はその金融機関の借入だけを見るのではなく、他の金融機関の利用状況も同時に確認されます。借金の少ない身軽な人が高い信用力を持つのはある意味当然でしょう。

将来のために身軽になろう

クレジットカードのキャッシング枠はこのように総量規制の障害になりますが、今すぐクレジットカードを作ったりするのでなければ直接問題が生じるわけでもありません。しかし、将来どのような借り入れが必要になるかわかりません。
特に車を購入しようとする場合、ローンの利用は必須だという人も少なくないので、その意味でもキャッシング枠は解約した方がいいのです。ディーラーのマイカーローンは車に担保を付けるため借りやすいのですが、金利が高めで回避する人も多いです。
当然銀行等のマイカーローンを利用する事になるのでしょうが、キャッシング枠の存在は審査を不利にする方向に働きます。車のように高額商品を購入するローンは、信用の有無で結果が変わります。
自分の将来のためにキャッシング枠は解約したほうがいいのです。

キャッシング枠がなければ審査も有利

このようにキャッシング枠があることで、他のローンの審査が不利になります。逆の考え方をすれば、キャッシング枠がなければ審査上有利になるのです。
このことは消費者金融の審査に通ろうとする人は意識していることですが、あまり知られていないようです。総量規制のチェックだけで審査が成立するわけではないのですが、総量規制をクリアしないと審査には絶対通らないことも事実です。
金融機関の融資審査は、他に融資がない人の方が有利であることは言うまでありません。
審査では家族状況から推定できる家計支出を算定し、収入からその家計支出を引きます。その残りが融資資金の返済原資になりますが、他に借入があればそれも返済しなければいけないので、新しい借金として返済できる返済額は減少します。
当然、その分貸すことができる金額は減りますから審査上不利になります。
キャッシング枠がなければ収入から家計支出を引いた金額がそのままの返済可能額と判断してくれますから、融資可能額は大きくなるはずです。しかもキャッシングは基本的に一括返済なので、返済可能額を減らす効果が大きくなってしまいます。
利用しているキャッシング枠であれば残す必要もあるでしょうが、クレジットカード現金化で代用できるのであれば解約したほうが賢明です。

だからクレジットカード現金化

このようにクレジットカードのキャッシング枠は使う時には便利であっても、使っていなくても使っているとみなされてしまう存在です。将来何らかの融資を考えている人にとっては無視できない問題です。
収入がある程度ある人であれば、10万円のキャッシング枠が問題になることはないでしょう。しかし、若い人で収入が多くなければちょっとしたことで審査結果が変わってしまいます。
消費者金融でカードローンを申し込む場合であっても同様で、有利に契約をしたければ限度額を高くすることが大切です。融資限度額が大きければ金利が低くなるためです。
クレジットカードのキャッシングサービスを軽い気持ちで申込んでいる人も多いでしょうが、案外デメリットは存在するものです。「借りることができる」ということが「借りている」と判断されることを知らない人も多かったのではないでしょうか。
このようなデメリットを解消するためには、クレジットカードのキャッシング枠を解約することが大切です。そして、お金がちょっと足りなくなった時にはクレジットカード現金化でお金を調達すればいいのです。やり方はいろいろあることはお分かりでしょう。
審査が必要なく、総量規制の対象にもならず、ちょっとした手間だけでお金を借りることができるクレジットカード現金化はメリットが大きいのです。

給料日前の資金調達

クレジットカード現金化の一番の出番は給料日前ではないでしょうか。
このような際に資金調達をする機会は結構多く、しかも金額が少ないのでクレジットカード現金化をするにはちょうどいいと言えます。
数枚のギフトカードを買ってきて金券ショップに持ち込んだり、スマホ上でAmazonギフト券を購入して、そのまま転売したりすればいいのです。時間もかからず手軽に資金調達ができます。
できれば、家計簿などをつけることで自分の資金管理をしっかりして、給料日前にお金が不足しないようにしたり、貯金をしたりすることでこのようなピンチを回避できるようにしたほうがいいのでしょう。しかし、そうできない場合もあるはずです。
もっとも、クレジットカード現金化は頻繁にするものではありません。もともとクレジットカードのキャッシング枠の代わりとしてクレジットカード現金化をするのですから、できるかぎり回数は少なくすべきです。

その金券があなたを救う

クレジットカード現金化は換金率が高いほうがよく、その手段として金券を利用する事が多いです。
ただし、給料日前に最低限の金額を調達するのであれば、新幹線回数券のような高額の金券を購入する必要はありません。5千円の信販会社が発行するギフトカードを2枚か3枚購入すればいいのです。
この換金率は信販会社を選べば、大体97%程度の換金率が確保されます。JCBやVISAのギフトカードであれば間違いありません。売っている場所はネットで調べれば探すことができます。
この程度の金額で信販会社からチェックされることもないでしょうから、気軽に購入できます。購入した金券はすぐに金券ショップに持ち込めば換金できます。あっという間にクレジットカード現金化が完了し、資金不足のピンチを脱出することができます。
給料日前にお金が足りなくなることは誰にでもあります。
毎月同じことを繰り返すのは問題ですが、急な飲み会のお誘いや結婚式の出席などでお金が足りなくなることはあり得ます。このような場面ではクレジットカードで支払うということは当然できませんから、現金が必要です。
クレジットカード現金化をするにあたり、一番問題なく、かつ本当に役立つパターンではないでしょうか。気軽に買った金券ですが、給料日前の資金不足を救う救世主となったのです。
いつも使っているクレジットカードがあなたを救うのです。

クレジットカードで買える金券

もっとも金券をクレジットカードで買うことは難しいのも事実です。
一番換金率がいいと言われる百貨店の共通商品券は、どの百貨店でも現金でしか買うことができません。また、百貨店やショッピングセンターの商品券も同様に現金でしか買うことができません。
ただ、そんな中でAmazonギフト券や信販会社のギフトカードはクレジットカードでも購入することができます。
信販会社のギフトカードは換金率が高いので、買いに行く手間は多少なりともかかりますが、メリットがあります。Amazonギフト券は換金率こそ低いもののスピーディーな換金を手軽にできる点が魅力的です。
給料日前に少額のクレジットカード現金化をするのであれば、このどちらかを選択することをお勧めします。
クレジットカード現金化の方法は他にもありますが、10万円単位のクレジットカード現金化をするのでない限り、他の方法を検討する必要はないでしょう。
特にAmazonギフト券の換金は土日でも夜間でも可能という点で非常にメリットが大きいです。給料日前だけに限らず、休日の旅行先でお金が足らなくなったという際にもクレジットカード現金化で対処できる可能性を秘めているのです。
あらかじめ換金業者が指定している銀行口座などを確認し、一度換金をして身分確認手続を終わらせておく必要がありますが、あっという間に自分の銀行口座に換金額が振り込まれるので安心感があります。
クレジットカード現金化は金額が少額であれば、一般に言われるほど難しいものではないのです。

多用は禁物

とはいえ、クレジットカード現金化は無理がある借金の方法です。
もともと金融機関などで借金の申込をせずに資金調達をしようとすることが目的なので、多用は禁物です。
何らかの事情で毎月のようにお金を借りる必要があれば、クレジットカード現金化を利用するのではなく、クレジットカードのキャッシングサービスや消費者金融を申し込むべきでしょう。
少なくとも、2か月連続でクレジットカード現金化を利用する事は避けるべきです。
ご存知の通り、信販会社はクレジットカード現金化を警戒しています。1回だけ少額の金券を購入してクレジットカード現金化をしても目立ちませんが、2か月連続で現金化らしき買い物をしていると気づかれる可能性があります。
信販会社では必ずしもクレジットカード現金化だけをターゲットにしてチェックをしているわけではありませんが、不正利用のチェックをする際にクレジットカード現金化らしき取引を把握する可能性はあります。
何事もそうですが、目立つとチェックされがちです。何度も繰り返しクレジットカード現金化をしていると見つかる可能性が高くなります。必要最低限にとどめることは必須なのです。

家計簿をつけてみよう

とはいえ、給料日前にお金が足りなくなるのは誰でも同じでしょう。
そんな事態になっても対処するためには貯金をする必要があります。貯金があれば万が一お金が足りなくなっても貯金を取り崩すことで対処できます。
しかし最大の問題点は貯金をしようとしても続かないことではないでしょうか。
貯金をするためにはお金が必要です。しかし、給料日前にお金が足りないと言っている人に貯金をする資金などないでしょう。まずは毎月の家計を改善する必要があります。改善の手段として家計簿を付けることが挙げられます。
家計簿は毎日の現金支出をいちいち付けるだけが目的ではありません。給料日前に家計簿を見直して、1か月の間に無駄な支出がなかったかを確認することに意義があるのです。無駄な支出を見つけることが目的なのです。
家計簿を付ける目的はこのようなことなので、クレジットカードの利用明細や預金通帳を確認するだけでも効果があります。
試しに自分のクレジットカードの利用明細や預金通帳を確認してみてください。
先ほど述べたように保険や有料テレビの視聴料などで無駄なものはないでしょうか。又は車にはほとんど乗っていないのに車を持っていないでしょうか。
車に乗っていない人が車の維持をすることは、非常に無駄が大きいです。
車検や税金などの費用は結構大きいですし、安い車検をしてくれる業者が増加したとしても諸費用の金額が結構大きいため、結局10万円単位の支出になります。車検の際にクレジットカード現金化を試みる人も多いのではないでしょうか。
車を利用している人であれば、車検に備えて積み立てをする必要があります。しかし、利用していない人であれば車を処分することで大きな支出項目がなくなります。一時的ではありますが、車の売却代金も入るため貯金の原資とできるでしょう。
あえて家計簿を付ける手間をかけなくても、手元にある資料だけで結構多くのことがわかるものです。
また、クレジットカードを多く持っている人は、主として利用するクレジットカードは1枚か2枚にまとめたほうが賢明です。
将来、多額のクレジットカード現金化をする場合に備えて解約する必要はありませんが、毎月多くの明細書をチェックすることは手間がかかります。
家計簿を付けると、毎月お金の使い方を反省する機会ができますが、その前に毎月とか毎年とかに支払っている定期的な費用が役に立っているかを確認することが大切です。
無駄だと思った支出をやめるだけで支出が減ります。そして、給料日前になっても余裕ができるので貯金ができるようになります。そうすることで万が一給料日前にお金が足らなくなっても対処できるようになります。
クレジットカード現金化をする必要性がこうして少なくなります。

まとめ

クレジットカード現金化は、本来このような少額の資金調達に適しています。
多額の資金をクレジットカード現金化で調達しようとすると、あれこれと気にすることも多くなりますが、10万円程度までの資金調達であれば全く問題がないと言っていいでしょう。
信販会社のことをあまり気にする必要はないので、一番割がいい金券を金券ショップで換金することができます。クレジットカード現金化の方法としては一番気が楽だと言っていいのではないでしょうか。
もっとも、次回のクレジットカード請求明細には、その金券の購入も入ってきます。
クレジットカードの支払が遅れると、指定口座への振込が必要だったりして何かと面倒なことになります。口座残高不足だけは十分注意しましょう。
また、クレジットカード現金化はあまり使いすぎないようにすることも大切です。給料日前にお金が足りなくなってクレジットカード現金化をしたならば、一度自分のお金の使い方を見直してみることをお勧めします。