もうすでに過去のブログでも、いくつかのメリットやデメリットなどをご紹介してきましたが、自分で行う現金ではなく、業者を使う現金のメリットやデメリットをご紹介しましょう。

まずはおさらいですが、クレジットカードのショッピング枠現金化というサービスが、昨今ではネットを検索するとよく見られるようになりました。
クレジットカードにはショッピング枠があり、加盟店でサイン一つでお支払することが可能です。

ご利用代金に応じたポイント還元があるクレジットカードなら、現金払いするよりお得です。

クレジットカードでショッピングするとカード会社がご利用者に代わり、加盟店に商品代金を立て替えしてお支払しています。

その後にご利用者がカード会社に1回払いや2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなどでお支払していきます。
どなたでもいくらでもショッピング出来るのではなく、支払可能見込額に応じたご利用可能枠が設定されその枠の範囲でのご利用となります。
現金化業者では、こういった仕組みを利用して独特なサービスを提供しています。

業者を使うメリット

メリットの一つに、「審査が無い」と言う点があります。

現金化は融資とは違い、既に審査済みのクレジットカードを使用して、現金を手にする方法なので審査不要が何よりも手間が省けて便利な点があります。

銀行や消費者金融のカードローンの審査ではブラックリストに掲載されていたり、借入件数5件以上と多重債務になっていると落とされてしまいます。

そんな審査に受かる自信のない方でもクレジットカード現金化なら大丈夫です。
審査が無いと言うことは勤務先への在籍確認も無いです。
在籍確認の電話連絡は個人名とは言えケータイやスマホが普及している今では会社の人に在籍確認だと分かってしまうことが多いです。

お金に困っていると知られる心配がありますが、審査が無いクレジットカード現金化ならその点では安心です。
さらにインターネットで来店不要で即日現金化できる点も大きいです。

わざわざ店頭窓口まで出かけて申込することは無いですし、消費者金融のように自動契約機でカードを受け取りする手間も無いです。
初めての方でも最短10分から30分ほどで、指定の金融機関の口座に振込して貰えるので、後は金融機関のキャッシュカードを使ってコンビニなどの提携ATMから引き出しするだけと、今日中にお金が必要なときでも間に合います。

クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、ご自身で金券ショップで換金すると言う方法もあります。
しかし換金性の高い商品を大量に購入すると、カード会社から連絡が来てカード停止すると言われることがあります。
現金化業者を使う場合なら、通常のショッピングと同じようなご利用方法なので、カード停止されてしまう心配が少ないです。

業者を使うデメリット

何かとメリットのある現金化ですが、もちろんデメリットもあります。
例えば上手く自分で現金化を行える人なら、金券ショップなどで90%以上で換金できることが多いものの、現金化業者では平均80%ほどの換金率が多く優良店を探すのが非常に大変です。

分割払いやリボ払いでお支払する場合は、さらに実質年率15%ほどのカード会社への手数料がかかります。
また、一部のクレジットカード現金化業者には高い還元率を提示しておきながら、その通りに還元しないところが見られます。

インターネットなどの口コミで評判が良いところ、長年運営されているところを選んでおけば、クレジットカード現金化業者の信頼性は高いことが多いです。

この手間は中々の労力なので、この辺は非常に大きなデメリットといえるでしょう。

当サイトではこのデメリット部分を極力回避できるように厳選した業者をご紹介しております。

是非参考までにご覧ください。

※ただし、取引などに関しては当サイトは一切責任を負いませんので、ご利用はご自身のご判断でお願い致します。