一昔前と異なり、今となっては現金化業者の換金率や、サービスの質が非常に高くなってきました。

それに伴い、少し不安なイメージは以前ほど気にならなくなり、気軽に利用する人が非常に増えているのです。

ただ、やはり現金が絡む事ですので、なんでも安易に行動するのは危険です。

最低限の知識と、しっかりした判断のもと利用しなければなりません。

そんなショッピング枠現金化を利用するにあたって、実は業者選びより前に気を付けなければならない事がいくつかあります。

本日のその中でも非常に重要な2点をお伝えいたします、

現金化後の返済金利はクレジットカードによって異なる

ショッピング枠現金化を行い現金を手にすることが出来たは良いけど、その後返済する時はどのように行うかご存知でしょうか!?

返済については、クレジットカードの返済をそのまま行って行くことになるので、業者に払うのではなく利用したカードの会社に払うこととなります。

金利についてはクレジットカードに要因することとなり、カードが持っているリボ払いの数字を利用して、返済時の金利が決定することとなります。
クレジットカードによって、実はリボ払いの金利が多少異なっており、返済がしやすいものについては結構低く設定されています。逆にかなり金利の高いクレジットカードを利用することになると、返済についてはかなり苦労する要因となり、利息の支払いだけでも苦労することになります。出来る限り利用するカードについては、リボ払いの金利が低いものを選ぶようにして、あまり返済額を多くしないような工夫を取ることとなります。

また、一括払いというのは基本的に難しいことであり、ショッピング枠現金化を行うのであれば、リボ払いを使うことが基本となります。

業者側もリボ払いによる返済方法を取っているので、一括払いにするとかなり大きな返済を1回で行うことになります。

ショッピング枠の全てを現金にすると、50万円くらいの一括払いとなってしまうので、これは返済できないものと同じです。リボ払いを利用することは、返済を容易にする大きなポイントなので、この方法を活用してください。

利用可能枠の多いカードを活用する

もう1つ気を付けなければならないのが、ショッピング枠は広いものと狭いものに分かれており、利用可能枠があまり無いと借りられません。

クレジットカード現金化を行って行くなら、クレジットカードの残高を見ておくよりも、最大でどれくらい利用出来るのかを見てください。この数字が大きくなっていることは、基本的に借りられる額が多くなることに繋がるので、ちょっとした借入以外でも活用できます。

10万円程度しか利用できないカードだと、借りられる額は9万円以下となってしまい、使い勝手が悪いです。

自分が持っているクレジットカードを全て持ってきて、その中で一番枠が大きくなっているカードを利用するようにしてください。

一般カードでも100万円とされているカードが一応あるので、そうしたカードを持っているならかなり有利となります。

ない場合は50万円以下でも十分に可能ですが、自分が借りたいと思っている金額まで出せるのかどうかを見ておくこととなります。その上で使っている部分が無いかを確認し、使っている額があるならそのカードは避けるようにしてください。

利用することでお金を借りられる良い方法ですが、借りられる額を決めるのは持っているクレジットカードとなります。そのためショッピング枠現金化を考えていくのであれば、可能な限り大きな利用可能枠を持っているカードを選ぶようにして、間違ってしまうような選択を取らないよう、最初のうちに確認をしっかり行ってください。