おそらく利用者の大半が恐れるであろう事態の一つに、現金化した事がカード会社に分かってしまったらという事です。

実際に現金化業者はこの手の質問を利用前に相談されることが多いそうです。

結論から言います。

現金化した事がカード会社にバレたら、カードの利用停止となります。

基本的に一時的に利用停止になってしまっても、また使用できるようになる事が多いですが、そのまま解約させられるなんてことも実際にあります。

もっと最悪のパターンは、カード会社に損害賠償請求などで訴えられることまで想定できます。

しかし、現金化でカード会社に訴えられたなんてケースは今まで一件もありませんので、その辺の心配はあまり必要なさそうですが、可能性は0ではありません。

だからこそカード会社には極力分からないように現金化することが大切なのです。

今の時代、現金化目的じゃなくても、換金性の高い商品を購入しただけで、カードがストップしたり、確認の電話がかかってきたりと、自由に買い物自体が出来なくなってきているのです。

そうした事もあり、逆に今の現金化の方法は、換金性の高いものを買ったりするわけではないので、この辺の問題でカードが止まる事はありません。

ただし、この辺に詳しく注意を払った業者でないと、実際に使ってみたらカード会社に現金化がバレる可能性も高くなります。

もしバレたら他に何か問題はあるのか!?

カードが使用できなくなるという問題の他に、もう一つ困ったことは信用問題です。

この信用問題に傷が付くことになります。

傷が付くとどうなるのでしょうか。

はい、金融機関からの信用がなくなります。

ローンが組みづらくなるなど、色々と金融機関に関する問題が発生します。

やはりこの問題も頭が痛いですね。

せっかく積み上げた信用実績も、一瞬で「現金化利用者」というレッテルを貼られ、金融機関で共有される与信情報に掲載されることになってしまいます。

こうなってしまうと、約5年~7年ほどは、ローンや新しいカードを作ったりが難しくなってきます。

だからこそしっかりした業者を利用する必要があるのです

バレる心配のない、信頼できる業者探しが、現金化を利用する上で何よりも一番大切なのです。

ある意味換金率の高さよりも、この辺の問題がしっかりクリアできて安心して利用できる業者の方が重宝しなければなりません。

実際に1、2%換金率が高くても、危ない業者で現金化して失敗すれば一番痛い思いをするのは利用者自身です。

妥協すべき部分と、妥協してはいけない部分の判断をしっかり見極めることが大切なのです。

しかしどうやって、安心して利用できる業者を見極めればよいのでしょうか?

判断するには様々な視点があります。

ただ、この全てを一件一件確認しながら、直接電話してなどとあまりにも手間がかかります。

そんな面倒な事がないように、当サイトは本当に安心して利用できる業者のみを厳選してランキングしております。

もし、トラブルがあった業者などの情報が入れば、即サイト上から抹消し更新します。

当サイトが推奨する業者は、カード会社に現金化が分からないように細心の注意を払った手法を用いてサービスを提供する業者が多数なので、まず安心して利用することができると思います。

ただし!あくまでもクレジットカード現金化はグレーゾーンの換金方法ですので、くれぐれも利用に関しては自己責任でお願いいたします。

それでは、またカードでお金情報をお楽しみに!