世の中の人がすべて十分な貯金を持っていればいいのですが、そこまで都合のいい話はありません。給料日前に代表されるような「お金がない事態」に陥る人は多いはずです。
そんな時にどのように対応しているでしょうか。
クレジットカードのキャッシングサービスを利用している人もいるでしょう。消費者金融を利用している人もいるかもしれません。でも、いずれも利用限度額があり、それを超えてしまうと借りることができません。
また、消費者金融は審査が案外厳しく、増枠申請しようとしても思い通りにいかないことも多いです。
そんな人にとってクレジットカード現金化という方法は、非常に有用なお金を借りる方法だと言えるのではないでしょうか。

カードローンは高くつく

消費者金融の宣伝は電車内で大々的な露出度を誇っています。プロミスの森カンナさん、アコムの永作博美さんの顔を見かけることも多いでしょう。銀行系カードローンではレイクのAKBを見ることが多いのではないでしょうか。
しかし、実際にも消費者金融の審査を受けて、審査に通ったとしても金利は高いですし、信用情報として消費者金融を利用していることが登録されます。
案外知られていないようですが、将来銀行などで借入をしようとした場合に消費者金融などで借入をしている事績が残っていると審査上不利になります。他の借入が残っているというだけではなく、節操のない借入をするのではないかと疑われるのです。
銀行だってカードローンやってるじゃないかと思われる人もいらっしゃるでしょうが、銀行の消費者金融に対する視線はそのようなものなのです。
また、銀行自体のカードローンであっても、審査上の対応は似たようなものであり、カードローンを利用している人は「自由にお金を借りている」人であり、節操がない借入をしたがる人だという判断をされてしまいがちです。
消費者金融の申込で一番嫌がられるのは職場への在籍確認だと言われています。在籍確認がバレルと上司などから「お金に困っているのか」と詰問されることも少なくありません。
消費者金融に対する世の中の視線はそのようなものであり、銀行の審査でも同様なのです。消費者金融を利用して「高くついた」と思えるのは金利だけではなく、自分の信用も同様に「高くついた」という事になってしまうのです。

金利は高い

消費者金融の金利は高いです。
年利18%と聞いても高いという感覚を持たない人もいらっしゃるかもしれませんが、1万円借りて1日5円の利息と言えばちょっとはわかりやすいかもしれません。10万円借りたら1日50円、1週間で350円です。
銀行系カードローンの金利は消費者金融より低いですが、それでも最高金利は15%程度と決して低くありません。1日5円が4円に減る程度なのです。
カードローンの金利が高いのはリスクが高いためです。
銀行系カードローンを例にとると分かりやすいのですが、銀行のローン商品は通常借入をすると翌月から返済が開始され、残高は減る一方です。これに対し、カードローンは借入が自由なので残高が減るとは限りません、
銀行等の金融機関は、商売として貸付をしていますが、お金を貸しているという事は一つのリスクです。貸している間は金利収入が得られますが、同時に貸倒の心配もあるわけです。
通常のローンであれば残高が減るのでリスクも減っていきます。しかし、カードローンはそのような保証がないため、融資限度額いっぱいのリスクを常に持ち続ける必要があります。当然リスク管理のために金利を高く設定しないと貸出ができなくなるのです。
クレジットカード現金化と比較すると、クレジットカード現金化は否応なしに次回の決済日に支払をするというプレッシャーがありますから、返済のことを考えざるを得ません。しかし、そのような必要がないカードローンは残高が固定されがちなのです。

ぬるま湯の弊害で支払不能

このようにカードローンは残高が固定されがちなカードローンは「ぬるま湯」に入っているようなものだと言われることがあります。
消費者金融のカードローンは借入も返済も自由という点がメリットだと言われていますが、現実には借りっぱなしという人が少なくありません。毎月の定額返済をしてもお金が足りなくなったらすぐに借りるため、残高が限度額に固定されがちなのです。
つまり、融資限度額上限付近で高い金利で借りているというわけであり、金利が膨れ上がりがちになるのです。
しかも、カードローンの定額返済額は残高の5%程度と低く、そこから高い利息を差し引かれてから元本返済に充てられますから、残高が減りません。カードローンの返済ができなくなる人が多くなる一つの理由です。
繰上返済をすればいいじゃないかと言われるかもしれません。しかし、実際に「ぬるま湯」の状態に浸ってしまうと、借金というリスクを忘れてしまいがちなのです。クレジットカード現金化のような切迫感があれば返済の必要性を感じることがないのです。
カードローン利用者が返済不能になることが少なくないのは、返済期間が長引くため、返済ができなくなるリスクに襲われる可能性があるためです。
カードローンであれ、クレジットカード現金化であれ、返済原資は自分の給料や事業収入のはずです。しかし、そのような収入が持続的に入り続ける保証はどこにもありません。
何らかの事情で収入が途絶えてしまうリスクは誰にでもあります。そして、返済期間が長いとその間に収入が途絶え、返済不能になる可能性があるのです。
クレジットカード現金化のように返済の決着を早期につけることができれば、返済期間が短いのでそのようなリスクを最低限に留めることができます。

信用情報を損ねる融資枠

カードローンの最大の問題点は信用情報に登録される点です
そのようなことはわかっているという人も多いようですが、消費者金融を利用していることを登録されることがどのような結果をもたらすかを知らない人が多いようです。
消費者金融を利用していることがわかると、それだけで銀行の審査は厳しくなります。
低利でマイカーローンを借りようとして銀行などに申込をしても、貸してくれないという事態になるわけです。
消費者金融利用者に対する銀行の視線は結構冷たいものがあり、消費者金融を利用している人は金銭感覚がないと判断されがちです。お金に節操がないから高利の消費者金融を平気で借りていると判断されるのです。
このように消費者金融を利用し、問題なく返済を続けていても銀行などで借入の申込をしようとすると問題が生じる可能性があるのです。
クレジットカード現金化を勧める理由の一つに、信用情報に影響を及ぼさない点を挙げることができます。クレジットカード現金化は、クレジットカードを利用した買い物なので、その都度信用情報に登録されることはありません。
もちろん毎月の支払状況は登録されますが、期日通りに支払をしていれば、むしろそれは自分の信用を上げる方向に働きます。
返済を期日通りしているという点は同じであっても、利用しているだけで節操がないと疑われかねない消費者金融と、支払をすれば信用がついていくクレジットカード現金化の違いです。

それなら現金化の方が有利か?

消費者金融のカードローンは審査に通れば非常に使いやすい借入手段です。
海外の消費者金融ではまずありえない「30日間無利息」というおまけまでついていますし、日本全国のコンビニが消費者金融の支店と化していますから、使い勝手は抜群です。
しかし、ここまで述べたようなデメリットは案外知られていません。
お金を借りるという行為は自分の信用がベースになります。一生、銀行からはお金を借りることはないと言い切れる人は多くないでしょう。
住宅ローンもあるし、マイカーローンも銀行のものが一番低金利です。銀行のマイカーローンはディーラーのように車検証に担保登録をされることもありません。ディーラーと付き合い続ける必要がないのです。
しかし、銀行から将来お金を借りるかもしれないと思うなら、自分の信用情報をきれいにする必要があります。そのためには、消費者金融などを利用しないほうがいいのです。同様にクレジットカードのキャッシング枠も解約したほうが賢明です。
お金を借りたいときはクレジットカード現金化を利用するのです。そして利用額も最低限にして、支払日にきちんと支払をすればいいのです。クレジットカード現金化は利用する事で自分の信用を上げてくれます。
下手に消費者金融や中途半端なクレジットカードのキャッシングサービスを利用するより、クレジットカード現金化を利用したほうが、自分の将来を考えると有利だと言えるのです。

案外通らない審査

クレジットカード現金化をする人の中には、消費者金融の審査に通らないからクレジットカード現金化で資金調達をしているという人も多いのではないでしょうか。そんな人の中には「自分は信用がないんだ」と卑下している人もいるようですが、そんなことはありません。
大手消費者金融を例に挙げると、審査通過率は5割を切っています。上場企業である大手消費者金融は営業報告書の提出を義務付けられていますが、それを見ると審査通過率が5割を切っている現実をはっきりと見ることができます。
とはいえ、どうしても消費者金融の審査に通りたければ、信用情報をよく見せるためのテクニックのようなものは存在します。しかし、先ほど述べたとおり、消費者金融で融資枠を作ることは最終的に自分の信用を落とすことになりかねません。
審査に通らないと悔しい思いをするものです。宣伝を見て「誰でも通るんだ」と思い込んで申し込んだ人の中には、審査で落とされてしまい、資金調達をどうしようかと途方に暮れる人もいるのではないでしょうか。
しかし、審査に通すためにあえてテクニックを使うより、クレジットカード現金化を利用して資金調達したほうが、はるかに賢明な選択だという事ができるのではないでしょうか。

消費者金融は半分落とす

大手消費者金融は50%以下の通過率だと聞いてショックを受けた人もいるかも知れませんが、上場企業でもある大手消費者金融は、WEB上で営業報告書を開示しています。普通は見ることがない株主向けのペーシです。
プロミスを例に挙げると、プロミスのWEBの上の方にある「企業情報」をクリックし、SMBCコンシュマーファイナンスに飛びます。そこから「当社について」⇒「業績情報」⇒「決算補足資料」と探し、各年度の「決算」というところから決算資料を出します。
この5ペーシ目に「SMBCコンシュマーファイナンス」の新規顧客があり、成約率も表示されています。実際に見ると分かりますが、2016年3月決算では、成約率が43.5%でした。
約6割が落とされているという驚愕の事実ですが、2014年3月期は成約率が39.6%と4割をも切っています。プロミスは大手の中では審査が厳しいと言われていますが、アイフルも45%前後、融資に積極的と言われるアコムでも50%弱なのです。
このように大手消費者金融の審査で落とされる人は非常に多いのが現実ですから、審査で落ちたからと言って悲観する必要は全くないのです。むしろ、下手に消費者金融のデータを自分の信用情報に登録されず、安心したほうがいいかもしれません。
これに対し、クレジットカード現金化を利用すれば、大手消費者金融程度の利率負担で資金調達をすることは難しくありません。否応なしに2か月後には支払日が到来するため、半強制的に支払をすることになりますが、同時に返済リスクも減ります。
下手に消費者金融を利用するより、クレジットカード現金化の方が何かと有利だと考えることができるのではないでしょうか。

高リスクのカードローンの矛盾

では、どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか。
答は簡単です。貸金業法の総量規制や利息制限法のためです。
総量規制を作ってしまったため、年収と比べて借入が多い人は無条件に審査から落とすことになります。審査に落とされる多くの理由はここにあります。
また、利息制限法によって消費者金融の貸付利率は事実上年利18%になってしまいました。昔はもっと高い利率だったため、多少危ないと判断しても保証料相当額を利率に含め、高い利率を取ることで信用が低い人にも貸すことができました。
カードローンは先ほど述べた通りリスクの高い貸付です。利率を高くしないと融資などできないのです。しかし、利率を下げてしまったら貸したくても貸せません。
一見「弱者の味方」のように見える貸金業法の規制ですが、結果として借りたい人が借りることができなくなってしまう矛盾を引き起こしてしまいました。
この矛盾を解決する手段は多くありません。お金を貸す人がいなければ、貸金業以外の人が貸すしかありません。貸金業法の改正によって一番潤ったのはヤミ金であるという笑い話もあるほどです。
しかし、ヤミ金など使う必要はありません。クレジットカード現金化を利用すればこの問題は解決します。消費者金融で無理にお金を借りなくても、クレジットカード現金化によって事実上の借金が可能になるのです。

貸したくても貸せない銀行

消費者金融が総量規制のためにカードローンの審査に通せないなら、総量規制対象外の銀行はどうでしょうか。
しかし、銀行の審査は消費者金融より更に厳しいです。理由は簡単です。金利が低いためです。
銀行系カードローンの金利は消費者金融より低いです。タダ同然の預金が資金調達先だから当たり前だと言われるかもしれません。しかし、消費者金融は銀行からお金を借りているとはいえ、プライムレートと言われる年利1%程度で借入をしているのです。
銀行系カードローンの金利が低いのは、ただ単に消費者金融との対抗です。後発組の銀行系カードローンは金利を下げることで知名度を上げて信用力のある顧客を引き付けてきたのです。
しかし、先ほど述べたとおり、金利が低いとリスクを取ることができず、審査が厳しくなります。信用力が低い人はドンドン落とされるのです。
最近の銀行は、メガバンクであっても昨今のマイナス金利の影響もあり、企業向け貸付の金利水準が低下傾向にあります。そのため個人向け融資に積極的に取り組んでいます。しかし、この状況では貸付を積極的にすることはできません。
貸したくても貸せないのが現在の銀行の姿です。
このように銀行でも消費者金融でも借りることができなければ、別の方法で資金調達をするしかありません。その手段としてクレジットカード現金化は非常に頼りになります。
審査がないので自分の必要に応じて金券などを購入することができます。信販会社のチェックはありますが、カードの分散などで対応することは可能です。クレジットカード現金化は審査という壁を突破するために力強い味方になります。

審査は思い通りにならない

このように消費者金融も銀行も審査は思い通りにいきません。
消費者金融も銀行も落としたくて審査で落としているわけではありません。本当は貸したくても、リスクを考慮すると貸倒に備えるだけの利率を設定することができず、やむなく審査で落としているのです。
どの金融機関でも審査マニュアルというものが存在します。大手であれば当然のこと、中小規模の消費者金融であっても「店主の経験則」が一種の審査マニュアルなのです。これに違反した貸付は一種の「バクチ」です。
審査マニュアルから「これだけの貸倒リスクがあるから利率はこの程度上乗せしよう」という判断ができます。しかし、実行できなければ貸すことができないのは当然で、金融機関は慈善事業ではないのです。
よく、中小の消費者金融は審査が甘いと言われます。しかし、それは大手に比べてという前提条件が付きます。同じ18%でも、広告宣伝費などが多い大手と、そのような負担がない中小では、自社の利益として確保すべき部分に差が生じます。
つまり、大手は自社の取り分が多くする必要があるため保証料相当額が少なくなり、中小は手取り部分を少なくして保証料部分を増やすことができるのです。保証料の差は審査の差に直結します。大手で落とされた人も中小なら審査に通る理由です。
しかし、両者の差は大きいものではありません。中小の消費者金融でも審査で落とされることはあります。とはいえ心配はいりません。クレジットカード現金化があるではないですか。

消費者金融に挑もう

クレジットカード現金化は消費者金融でお金を借りるより割が悪いと言われています。しかし、やり方ひとつで互角に持ち込むこともできますし、場合によっては消費者金融よりいい結果を出すことも可能です。
やり方ひとつで有利にも不利にもなるクレジットカード現金化を利用すれば、給料日前にちょっとお金が足らないという場合にも、ずいぶんと有利に資金調達が可能です。
消費者金融の最高金利は年利18%です。これに対し、クレジットカード現金化で換金率97%の金券を換金し、2か月間の支払猶予期間があれば、3%×(12か月/2か月)という計算で年利換算18%になります。
金券の換金率は変動するため、時期によってはこれより悪い時もいい時もあります。そのため一概に言い切れませんが、クレジットカード現金化が一方的に不利な方法であるとは言えないのです。
もちろん、先ほどまで述べている通り、支払期間がズルズルとが延びることもないし信用情報にも影響しません。しかも、クレジットカードのショッピング枠を利用するため自分の信用が付きます。金額は小さいもののポイントだって付いてくるでしょう。
このようにクレジットカード現金化は、短期的に見ても年利換算で消費者金融といい勝負になり、長期的に見れば消費者金融では望み得ないメリットが得られます。
やり方ひとつで自分の一番有利な方法を選択できるクレジットカード現金化を実行してみましょう。

最適な選択を狙おう

クレジットカード現金化にはいろいろな方法があります。
高額の現金化が必要な場合は、商品換金や専門業者を利用した現金化が要求されます。
しかし、この場合調達できる資金は100万円単位なので、急ぎの資金調達には心強いです。消費者金融などで100万円越えの限度枠を持つ人は少ないのではないでしょうか。クレジットカード現金化ならではの醍醐味です。
とはいえ、この方法は年利換算をすると非常に割高なので、必要最低限の利用に限定すべきでしょう。
実際に消費者金融に挑むだけの年利換算を実現しようとすると、新幹線回数券や信販会社のギフトカードという事になります。信販会社のギフトカードは信販会社に直接注文する方法と店舗で購入する方法があります。
店舗で購入する際には、現金でしか買えない店舗が多いので、事前にクレジットカードでギフトカードを買うことができる店舗を探す必要があります。このような店舗は数が多くないので探すのが大変でしょうが、一つ見つければ再度利用する事ができます。
クレジットカード現金化で最適な現金化の方法は金券購入なので、できる限りこの方法でクレジットカード現金化を実行する必要があります。もっとも、よく知られているように信販会社のチェックがあるため多額の現金化は避けたほうがいいでしょう。
すると、次善の策としてAmazonギフト券がクレジットカード現金化の対象になります。Amazonギフト券の換金率は90%~93%程度と高くはありません。年利換算をすると42%程度なので消費者金融と対抗することは無理です。
しかし、Amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化で10万円を調達しようとした場合、10万8千円程度のAmazonギフト券で実現することができます。
2か月間で8千円という金額は高いように見えますが、Amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化はスマホ上だけで完了するため、利便性の高さという面で見ればずいぶんメリットがあると言えるのではないでしょうか。

クレカのキャッシングより有利

クレジットカード現金化はクレジットカードのキャッシングサービスと仕組みは似たようなものです。利用日に対応する支払日に支払をするという点では全く同一なのです。しかし、キャッシングサービスは信用情報に影響します。
クレジットカードのキャッシングサービスは文字通り「サービス」であり、一種のおまけのようなものだと考えている人も少なくないでしょう。実際にそのような性格があることは間違いないのですが、お金を貸すサービスである以上は信用情報の影響を受けます。
信用情報に影響することが何を意味するかは先に述べた通りですが、それだけではなくキャッシングサービスの多くは信販会社からのサービスもかなり限定されています。
リボ払いやリボ専用カードに対する大盤振る舞いと呼べるような大サービスに比べて、キャッシングサービスを利用してもあまりメリットはありません。金融庁からの指導なのかキャンペーンも多くないようです。
しかし、キャッシングサービスもリボ払いも利息収入が得られることには変わりなく、リボ払いを利用したほうが大きなメリットを得られるという考え方もあります。
あまりお勧めはしないのですが、クレジットカード現金化を金券購入により実行し、リボ払いを後で選択すれば消費者金融より低利率で資金調達が可能です。リボ払いの手数料率は消費者金融の最高利率より低い15%程度が相場だからです。
もちろんクレジットカードのキャッシングサービスの金利も18%程度が相場なのでリボ払いにしたほうが有利です。キャッシングサービスをリボ払いで代用できるという意味でクレジットカード現金化は有利な資金調達方法だと言えそうです。

自分でコントロールできる

クレジットカード現金化は利用金額や返済ペースを自分でコントロールすることができます。消費者金融などでお金を借りると融資限度額の壁があるので、必ずしも自分が欲しい金額だけ資金調達することはできません。
また、消費者金融のカードローンは毎月の返済額が少ないので、返済ペースが緩くなりがちなのに対し、クレジットカード現金化は否応なしにスピード返済が要求される点は先ほど述べた通りです。借金を引きずらないことは最大のリスク回避です。
しかし、金額が大きいと必ずしもそのような理想論だけで片付けることはできません。リボ払いにすることで金利を下げることも可能ですが、ズルズルと返済期間が延びてしまいがちなのも事実です。
クレジットカード現金化は複数のクレジットカードを組み合わせることで2回目の現金化が可能です。1回目の決済のために不足しきれなかった資金を2回目の現金化で調達すればいいのです。
この場合、1回目より金額が少なくなるはずなので、多少割の悪い現金化をしても問題はないと考えられます。1回目は信販会社のギフトカードや新幹線回数券を利用し、2回目はAmazonギフト券というパターンでもいいのではないでしょうか。
クレジットカード現金化の換金物は1つではありません。金券ショップなどに表示されている金券を見て、どこに行けばそれらをクレジットカードで購入することができるかを調べればいいのです。
このようなリサーチをすることでクレジットカートへ現金化はより一層有利な資金調達方法に変わります。借金のDIY化と言っていいのではないでしょうか。

審査がないから心配無用

クレジットカード現金化の最大の魅力は審査がないことだとも言えます。
審査に通らない人にとっては当然のことですが、消費者金融などの審査に通る人でも利用しないほうが自分の信用情報に汚点を残すことがありません。
自分の信用情報は手数料を支払うことで開示を受けることができますから、一度開示を受けてみるといいのですが、信販会社や消費者金融ごとに今までの利用実績が表示されます。
ここで注意して開示内容を見てみると、既に解約済みのクレジットカードなどが載っていることがわかります。つまり解約したから事績が消えるというわけではないのです。消費者金融を利用したという事績は、解約後も引き続き残るわけです。
クレジットカード現金化は、既に終了しているショッピング枠の審査結果を利用し、ショッピングをしたものを換金するものです。そのため、新しい審査は発生しません。期日通り返済すれば返済実績として残りますから、自分の信用を上げる効果があります。
クレジットカード現金化を実行し、期日通りに返済することで自分が思ってもみないような効果が発生しているのです。

総量規制の壁

先ほど消費者金融で借りることができない一番の理由は総量規制だと述べました。
これは大手に限らず、中小の消費者金融でも同じ規制があるため、収入が少ない人は大きな金額を借りることができないのです。
貸金業法改正当初に金融庁からは「返済能力に合った融資に限定する」というような説明をしていました。確かに正当な話でしょうが、どうしても資金が必要な際にはそのようなことを言っていられないことも事実です。
一応、総量規制の対象外になる条件の中に病気治療などで臨時に多額の費用が必要な場合というような規定があります。しかし、実際にこの規定を適用する場合には「臨時で多額」なのかどうかという判断が必要になります。
消費者金融にとって一番怖いのは金融庁の検査です。検査で問題が発生し、営業停止などの処分を受けると業務がストップしてしまいます。該当店舗の店長はかなりの処分を受けるでしょう。そんな危ない橋を渡る店長はいません。
結果として、定型的な年収の3分の1というコンピューター審査でふるい落とされる結果が5割以下という審査通過率なのです。
また、総量規制は1つの金融機関だけではなく、他の金融機関から借りている無担保融資も合計して判断します。そのため、クレジットカードのキャッシング枠があると含まれてしまいます。
しかし、自分の持っているクレジットカードの中にキャッシング枠がどれだけ入っているか正確に知っている人は少ないでしょう。しかし、信用情報にはこれらのデータが登録されているため無常に審査から落としていくのです。

年収は毎年チェックされる

総量規制は年収を基準にした融資制限です。そのため、消費者金融は毎年年収のチェックをしています。もちろん強制的に確認することはできないため、任意での資料提出要請になります。
プロミスは消費者金融にしては珍しいポイント制度を設けています。この制度のポイントで追加の無利息期間をゲットできるのですが、ポイント付与条件として年収が確認できる書類の提出が挙げられています。
消費者金融に限らず、金融機関も信販会社も年収チェックは毎年したいのが本音です。年収が上がっていれば融資限度額などを上げればいいですし、下がっていれば貸し剥がしをすることで危機回避の必要があるためです。
クレジットカードなどを定期的に申込している場合、年収を記入する必要がありますが、このデータは信用情報機関に登録されます。金融機関によっては定期的に信用情報を照会し、自社の持っているデータと突合していることがあります。
消費者金融でお金を借りるとこのようなデータチェックを毎年されることになります。年収が下がれば限度額を引き下げられ、場合によっては金利が上がるでしょう。このような実態は一つのリスクだと言っていいのではないでしょうか。
クレジットカード現金化を利用する事で資金調達ができることを知っていれば、消費者金融を利用する必要はなく、このようなデメリットやリスクを受けることはありません。

年収は上がるとは限らない

年収が上がれば融資限度額が増加するのが総量規制のメリットだという人もいます。ただし、年収は必ずしも毎年上がるとは限りません。今のご時世、そのようにことを期待している人は少ないのではないでしょうか。
多くの方は、自分の年収は将来下がる傾向にあると感じているでしょう。希望的な観測であっても現状維持でしょう。
そのため、何らかの事情で自分の年収が下がったと信用情報に記載されると、消費者金融の融資限度額が下がってしまうことになります。
外国では年収を上げるために夜学に通ってMBAを取ろうとする意欲がある人が多いようです。その資金として消費者金融を利用している人も多いようです。香港のように総量規制がない国ならできることですが、日本では難しいですね。
ちなみにこのことはクレジットカードのショッピング枠でも同様のことが言えます。
クレジットカード現金化では、複数のカードを利用する事で便利に使うことができるため、必要に応じて新しいカードを申し込むことになりますが、この際に年収を書き入れる際に注意が必要です。
下手をすると現在利用しているクレジットカードの利用限度額に影響が及ぶ可能性があります。減給になっても直近に申込んだ申込書の年収を記載しておいた方が賢明です。
源泉徴収票などを要求される提出することはありませんが、現状維持なら下手に怪しまれることはないでしょう。

貸し剥がしの危機

このように年収が下がったことがわかると、消費者金融利用者は生活の危機に直面することになります。
カードローンの利点は必要に応じて借りることができる点にありますが、融資限度額が下がると追加借り入れができなくなってしまう可能性があるためです。特にボーナスまでカードローンの追加借入で資金不足をしのいでいた人は大打撃でしょう。
このような貸し剥がしの危険性と隣り合わせになっているのが消費者金融なのです。
しかし、消費者金融が悪いわけではありません。貸金業法に沿って営業をせざるを得ないため必然的にこのようなことになるのです。悪いのは総量規制であり、貸金業法なのです。
とはいえ、これは一つのリスクであることは言うまでありません。
クレジットカード現金化は、このようなリスクと無縁で資金調達をする方法として有効です。必要とする資金によってクレジットカード現金化の方法も変わりますが、きちんと支払日に支払ができれば問題なく継続することができて信用も厚くなります。
貸し剥がしの危険性は、年収が下がることはあっても、上がることがあまり期待できない今のご時世では身近にある危機です。このような危機回避をするためにクレジットカード現金化が必要なのです。

それでも立ちはだかる総量規制

貸金業法の総量規制は「理論的」には正しい規制ですが、現実に実行すると問題が多い規制です。先ほど述べた通り改正当初はヤミ金の勢いを伸ばしただけであり、現在もその実情は変わっていません。
ヤミ金被害者が今も減らない要因として総量規制が挙げられることを知らない人も多いのではないでしょうか。
また、年収低下による貸し剥がしは債務整理も増加させています。貸し剥がしをされることで生活費が捻出できず、任意整理の方法で消費者金融などの支払をストップさせる人が増加しています。
消費者金融などに相談すればおまとめローンを紹介されるでしょうが、利率はさほど下がらないし、追加借入ができないので生活は改善されません。結局、任意整理を選択する人が増加してしまうのです。
おかげで消費者金融も信販会社も利息収入が減ってきています。自己破産されるよりはマシですが、それでも被害甚大であることは間違いありません。
一時期、自民党で総量規制のマイナス面が問題になり、総量規制の緩和が検討されていたようですが、下火になってしまったようです。
総量規制のおかげでこのような危険性があることが分かった以上、あまり消費者金融に頼ることは危険です。クレジットカード現金化を利用する事による危機回避をお勧めします。

カードローンか現金化か

消費者金融を利用するか、クレジットカード現金化を利用するかの選択は、以上のような話からすると迷うところです。このような話を知らなければ、お金が足らなくなったら消費者金融を利用すればいいやと思っていた人もいるでしょう。
しかし、案外審査が厳しいと分かるとどうしようかと考え込むことにもなるかもしれません。
とはいえ消費者金融の審査は、総量規制の限度内の借入しかしておらず、過去にクレジット地カードの滞納があったりした経歴がなければめったに落とされることはありません。いくらかの限度額は付けて審査を通してくれるのです。
しかし、その条件を満たしていない人が案外多いというだけです。
とはいえ、信用情報に消費者金融を利用していた事績が残ることはちょっと考えモノです。将来、銀行等で多額のローンを予定している場合、このような信用情報が審査で引っかかる原因になりかねません。
消費者金融は頻繁に資金の借入と返済を繰り返す人には便利なことは間違いありません。クレジットカード現金化で毎月のように金券を購入して現金化を実行することはさすがにちょっと無理があります。
これに対し、いざという時のためにカードローンの申込だけでもしておこうというならば、消費者金融を利用するのではなく、クレジットカード現金化の準備をしたほうが賢明です。カードローンの申込時には職場への在籍確認があります。
一部の消費者金融はこれを省略していますが、そのような消費者金融でもすべての申込に対して職場への電話確認を省略しているわけではありません。職場への電話確認をされるとどのような結果になりかねないかは、ちょっと考えていただければお分かりでしょう。
クレジットカート現金化であればそのような心配は無用です。

審査に通るから有利とは限らない

消費者金融や銀行の中には、有利な契約内容によるカードローンを提供していることがあります。融資限度額が高くなれば自然と利率も下がるのですが、最初から信用が高い顧客を対象にしたカードローンもあるのです。
しかし、このような有利な条件によるカードローンが、必ずしも自分のためになるかどうか限りません。先ほど述べたとおり、審査を受ければ信用情報機関に登録されるためです。信用情報機関の登録は審査を受けただけでも登録されるのです。
審査に通ればカードローンの方が有利じゃないかと考えている人も多いかもしれませんが、一度借り始めると返済が遅くなりがちなのがカードローンなのです。
定期的に資金不足の時期が生じて、そのたびに借入と返済を続けているのであれば別ですが、そうでなければクレジットカード現金化を選択したほうがかえって有利です。
また、定期的にカードローンを利用している生活は、必ずしも正常な経済状態だとは言えないでしょう。現在の生活に無理があると思われるため、何らかの改善は必要です。
ごくたまに資金不足が生じ、その際にはクレジットカード現金化で対処するという生活をしている人の方が、よほど正常な経済状態ではないかと思われます。

緊急事態に絶対の信頼

先ほど述べたとおり、大手消費者金融の審査通過率が5割以下という事実は、借りたいときに申込をしても芯に通らなければ意味がないという事でもあります。
困ったときに消費者金融に申込をしてお金を借りることができたという話をよく聞きます。とはいえ、本当に借りることができたのであれば結構な話ですが、審査に通らなければ悲劇としか言いようがないでしょう。
クレジットカードの決済日に資金不足になり、消費者金融の「即日融資可能」という宣伝を信じて申し込んだ人が、審査に落とされたらクレジットカードの支払日に間に合わず支払遅延になります。
消費者金融でお金を借りるという人は、既に審査に通っていて融資限度額に余裕があるなら別ですが、そうでないならば結構不安定な資金調達の方法なのです。
これに対し、クレジットカート現金化には審査がありませんから、このような心配はいりません。いざという時にすぐ資金調達が可能なので心強い味方になるでしょう。
クレジットカード現金化は緊急事態にも絶対の信頼を置くことができます。

選択はあなた

クレジットカード現金化かカードローンか、どちらを選択するか決めるのは人それぞれであり、置かれた状況にもよるでしょう。
しかし、借金はできる限りしないほうがいいことや、自分の信用情報をきれいにしておくという観点からすると、安易に借金ができる環境に自分を置いてしまうカードローンはあまりお勧めできません。
しかし、毎月のように給料日前にお金が足りなくなり、ボーナスで補てんしているという人は当座の資金調達手段としてカードローンを利用する事もやむを得ないでしょう。とはいえ、できるだけ早く現在の状況から脱出する必要があります。
家計簿というほど大仰なものは必要ありませんが、自分かの預金通帳やクレジットカードの請求明細を見れば、毎月あるいは半年とか年払いでどのような支出があるかを調べることが来ます。
その中には「ムダ」な支出が混じっているかもしれません。
生命保険の中で医療保険は会社の健康保険と内容が重複しています。入院したら「メリットがある」ような保険に入るより、日ごろの生活習慣を変えることの方が重要です。そして、そのことは往々にして支出を減らすのです。
このようなことを繰り返すことで自分の経済状態が正常になります。そして、毎月のようにカードローンの必要がなくなったら解約すればいいでしょう。それ以後、もし資金不足が生じるようならクレジットカード現金化を利用すればいいのです。

まとめ

お金が足りなくなったら消費者金融がありますよという甘い宣伝をしていても、実際に借りる際には審査という壁が立ちはだかります。クレジットカードのキャッシングービスは限度額が低いし、翌月返済なので融通が利きません。
それなら、下手にこれらの審査を受けて信用情報に登録されてしまうより、クレジットカード現金化を利用したほうが有利だと言えるのではないでしょうか。
いくら借りたいかによって話は変わりますが、10万円単位の借入のために消費者金融を利用するより、クレジットカード現金化を利用したほうが賢明です。そして、もっと大きな金額を借りたい際に銀行などの審査に臨めばいいのです。