クレジットカード現金化によって資金調達をしようとする場合、クレジットカードの選択が成否を分けることは言うまでありません。また、クレジットカードを決める際には、必ずしも1枚に集中させることが賢明だとは限りません。

クレジットカードには、締日や支払日というものがあります。これをうまく組み合わせれば、支払日を繰り延べることができます。家計簿を付けている家庭は、資金が流出しにくくなることが実感できるでしょう。これも一つのクレジットカード現金化の手法です。

また、クレジットカードにはカードごとにメリットがあります。イオンカードのように値引の日を設けているカードもありますし、銀行のキャッシュカードと組み合わせることでカードの枚数を減らすことも可能です。

クレジットカードはクレジットカード現金化のツールとして資金不足の際や、支払繰延の手段として利用する事が最優先です。しかし、カードごとの特徴を生かしてお得な買い物をしたり、より便利に使いこなしたりすることも大切です。

一度自分の利用しているクレジットカードを見直してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードで現金化は決まる

クレジットカード現金化は、資金調達のために利用する場合でも、支払の繰延として使う場合でも、どのクレジットカードを利用するかで効果が決まります。

クレジットカード現金化をする際には、1枚のクレジットカードを使うだけでは効果が薄く、最悪の場合は信販会社から規則違反だと言われる場合や、支払不能に追い込まれることもあります。

クレジットカード現金化を資金調達の方法、つまり借金の代わりとして使う場合には、クレジットカードで購入した商品を換金することになります。
クレジットカードの請求日は買い物をしてから1か月から2か月後ですが、買った品物を換金すればすぐに現金を手にすることができるため、事実上の資金借入ができるのです。

しかし、これは信販会社の規定に違反しています。とはいえ、実際には買った人が自分のために利用しているのか転売目的なのかを判断する手法はありません。警戒はされているものの、ある程度の対策をしていれば、どうこう言われる筋合いはないのです。

ただし、クレジットカードには利用限度額があります。
自分が普段利用しているクレジットカードでクレジットカード現金化をすると、当然利用限度が少なくなります。携帯電話などの利用代金をカード払いにしている場合は、支払ができない事態に陥ります。
携帯電話の支払不能を甘く見ている人も多いようですが、携帯電話の支払額の中にはスマホの分割払いが含まれていることが多いです。ただ単に携帯電話の利用代金が遅れただけではなく、買い物代金の支払遅延という事で信用情報に悪影響を及ぼします。

このようなことにならないようにクレジットカードは複数枚準備していたほうがいいのです。そして、使い分けをすることで日常生活での支出の繰延も可能になるのです。

何を選ぶべきか?

ではどんなクレジットカードを選べばいいのでしょうか。

クレジットカード選びの際に頭に浮かぶのは「高還元率カード」ではないでしょうか。
利用額の1%以上をキャッシュバックしてくれる高還元率カードはお得だと宣伝されています。
しかし、高還元率カードは利用限度額が少なめです。あまり多額の利用をされると還元額が多くなるためです。それより、ベーシックなサービスが充実しており使い勝手もいいJCBやMUFGなどの老舗信販会社のカードの方がお勧めです。

ただし、クレジットカード現金化という観点からすると、もう一つ気にすべきポイントがあります。
それは、締日と締日から支払日までの期間です。

JCBやMUFGは15日締めで翌月10日支払です。締日から支払日まで25日程度です。しかし、セゾンカードは月末締めで支払日は翌々月4日なので、締日から支払日まで35日あります。
たかが10日じゃないかと言われる人もいるでしょう。しかし、クレジットカード現金化で資金調達をしたり、家計費の支払を繰り延べようとしたりする場合は、給料日などとの関係で、この10日間が生きる場合が少なくありません。

また、15日締めのJCBやMUFGとセゾンカードを持っていれば、月初から15日まではセゾンカードで支払い、16日から月末まではJCBやMUFGで支払うライフサイクルを徹底すれば、支払時期の繰延ができます。
このように、クレジットカードは還元率に惑わされるのではなく、カード自体の使い勝手や締日・支払日の組み合わせで一つのペアを作ることが大切です。

審査を有利にするポイント

とはいえ、何枚ものクレジットカードを持つことは審査では不利になります。
誰しも収入が決まっており、毎月無尽蔵に自分の銀行口座に資金が流入することはないためです。

しかし、審査をスムーズに進める手法がないわけではありません。
それは、毎月の支払を確実にすることです。そして、必要以上のクレジットカードを持たず、消費者金融の利用をしないことです。これだけでクレジットカードの審査結果は驚くほど変わります。

自分の持っているクレジットカードを一度机の上に出してみてください。
使っていないようなクレジットカードが何枚かありませんか?
また、クレジットカードの中にはキャッシング枠が設定されているものはありませんか?
自分の信用は無限大ではありません。限られた自分の信用を有効活用するために、余分なものは切り捨てるべきです。

利用していないクレジットカードも審査では「利用できる」とみなされて、与信枠から控除されてしまいます。つまり、使っていないクレジットカードの利用限度額だけ、本当に利用したいクレジットカードの限度額が差し引かれてしまうのです。
また、キャッシング枠は「借金ができる」枠なので、借りていないのに「借りている」とみなされてしまいます。当然、審査では不利になります。同じ理由で消費者金融のカードローンも利用しない方がいいのです。

このような話をすると、給料日前などにお金が困ったらどうするのかと聞かれるでしょう。
その際にはクレジットカード現金化によって資金調達をすればいいのです。

金券をクレジットカードで購入すると信販会社からすぐ電話があり、カード利用を停止されると言われますが、ゴールドカードで100万円単位の新幹線回数券を一気に買おうとしない限り、そのようなことはありません。

締め日分散のメリット

先ほど述べた通り、クレジットカードを利用する際には締日を分散することが大きなメリットになります。

クレジットカードの多くは、締日が15日と月末に分散しています。イオンカードのような10日締めやトヨタカードのような20日締めは珍しいのです。
そこで、月末締めのセゾンカード、10日締めのイオンカード、20日締めのトヨタカードと3枚のクレジットカードを組み合わせれば、締日直後のカードを使い分けることですべての支払を1か月ずつ遅らせることが可能です。

そんなこと面倒じゃないかと言われるかもしれませんが、支払が1か月ずつ遅れるという事は、自分の銀行口座に1か月分の家計費の支払が残り続けることを意味します。

ここまで面倒なことをしなくても、先ほど述べた通りJCBやMUFGとセゾンカードを組み合わせるだけでも資金が口座に残り続けるでしょう。

クレジットカード現金化必勝パターン

このようにして何枚かのクレジットカードを持ち、締日に応じて使い分けると、すべてのカードで毎月請求が発生します。

信販会社は発行したカードが使われず「休眠」している状態を嫌がりますし、そのようなカードがいきなり利用し始めると不正利用ではないかと警戒されます。

しかし、何枚ものカードを使い分けることで、いざ資金不足となった場合にクレジットカード現金化によって資金調達をしても怪しまれることはありません。
また、締日を分散することで、クレジットカード現金化により資金調達をしたい日に合わせてクレジットカードを選ぶことができます。つまり、締日直後のカードを選べばいいのです。

1枚だけのカードであれば、クレジットカード現金化をしても限度オーバーになってしまいかねないのですが、3枚に分散させれば限度オーバーになる可能性は低くなるのではないでしょうか。

財布のスリム化を目指しませんか?

このようにクレジットカードの枚数は一枚ではなく複数の方が好ましいです。

しかし、多ければいいというものではありません。先ほど述べた通り審査上不利になり、クレジットカード現金化のために有利な組み合わせを作るためのクレジットカード申込ができなくなる場合もあるでしょう。
それだけではなく、クレジットカードの枚数が多くなると財布が重くなり、お出かけの際にカバンが大きくなります。気軽にラクラクお出かけしたくても、財布が足かせになってしまっては面白くないでしょう。

クレジットカードはプラスチックの「板」であり、その大きさは大きくありません。しかし、塵も積もれば山となるとのコトワザのように、枚数が増えると財布を圧迫します。
最近は、カード収納枚数ウン十枚というような財布に人気が集まっていますし、ヴィトンなどのブランド商品でも収納枚数が多いほうに人気があります。

しかし、このような財布は当然高価です。それならば、必要最低限のクレジットカードの枚数に限定して、日によってクレジットカードを使い分ければ、財布の中には締日に合わせたクレジットカード一枚だけです。定期券入れだけで外出可能でしょう。

過大な枚数のクレジットカードは、先ほど述べた通り自分の信用も削り取ります。そのような非合理的な行動を取らず、クレジットカードの枚数を減らすことが、いざという際にクレジットカード現金化をする際に役立つでしょう。

フォアグラ化しがちな財布

自分の財布の中を見てください。
クレジットカードだけではなく、サービス券なども入っているでしょうし、お医者さんの診察券なども入っていないでしょうか。

クレジットカードの枚数が多くなる原因としては、スーパーやガソリンスタンドのハウスカードが挙げられます。ただし、クレジットカード現金化戦略のために持っているなら問題はありません。
必ずしもイオンばかり利用しいるわけではなくても、お客様感謝デーのためにイオンカードを持っている人は多いでしょうし、ガソリンスタンドのカードを持っていないと割高で給油させられることになります。

しかし、必要であることは間違いないとしても、それらのカードを必ずしも常時持ち歩く必要はありません。
例えば、イオンカードは10日締めなので、毎月11日以降に利用し、月初めには締日から支払日が一番長い出光カードを利用すれば、締日も分散できるし、お得さも実感できます。買い物の日などをずらすだけで最大の効果を得ることができるでしょう。

クレジットカードも日によって持ち歩くカードは別にすればいいのです。クレジットカード現金化をする際にも、締日直前のクレジットカードを利用すると非常に不利になります。締日直前のカードは利用しないほうがいいので、自宅に置いておいたほうがいいのです。

クレジットカードは、必ずしも肌身離さず持っていなければいけないものではありません。電車で出かける日にガソリンスタンドのカードはいらないでしょうし、ドライブの日にSuica付きのカードはいらないでしょう。
お出かけの際にはどんな服を着ていこうか、どんな靴やカバンにしようか、そのようなTPOをわきまえた人も財布だけはフォアグラ化していることが多いです。ちょっとアンバランスだと思いませんか?

使っていないクレカはリスク要因

休眠状態になっているクレジットカードは、単に信販会社から警戒されるだけではなく、自分にもリスクが及びます。

クレジットカード現金化のために新規でクレジットカードを申し込む際に休眠カードが多いと変に怪しまれることがあります。信用情報で毎月のクレジットカード利用状況だけはわかるので、利用していないクレジットカードが多いと不利になることがあります。

一時期に多くのクレジットカードを申し込みすぎると審査に落とされる「申込ブラック」という審査落ちの原因がありますが、同じような事態になることがあります。
クレジットカードも発行すればコストがかかります。休眠カードが多い人が申し込んでも信販会社にはメリットはありません。それならば落としてしまおうと判断しても不思議ではありません。クレジットカード現金化のために戦略を立てる際の障害になります。

また、クレジットカードの枚数があまりに多いと紛失のリスクがあります。
自宅内で紛失するならばいいのですが、外出の際にフォアグラ化した財布を落としてしまい中から飛び出してしまうことは少なくないようです。
いつも利用しているクレジットカードであればすぐにわかりますが、持っているかどうかわからない場合は紛失したことすら気が付かないでしょう。不正利用されても気が付かないまま長期間経過して、盗難補償対象期間を経過してしまうこともあるのです。

使っていないクレジットカードを放置することは、自分にもリスクがあることは知っておくべきでしょう。

クレカの整理で財布以外もスリムになる

使っていないクレジットカードの整理をすることで財布の軟化もスリムになりますが、同時に自分の信用もスリムになります。クレジットカードの枚数が多ければ、当然利用限度額の合計も多くなります。

年収と比較して多すぎる限度額は信販会社を警戒させます。一気に使ってしまったら支払ができなくなるためです。
信用情報は開示請求できるので、一度確認してみるといいのですが、自分が申し込みをしているクレジットカードのリストが表示されています。自分が忘れているようなカードも入っていてビックリするかもしれません。

使っていないクレジットカードを一度解約して、その上でクレジットカード現金化戦略を立ててみると、効率的なクレジットカードの組み合わせを作ることができるでしょう。
最近は、銀行がクレジットカードとキャッシュカードのコンビカードを作っていることがあります。三菱東京UFJ銀行は傘下にMUFGカードを持っているためコンビカードを持っています。

このようなクレジットカードを作ると、財布の中がすっきりします。さらに追加のメリットとして銀行の付き合いが多くなり、将来銀行借り入れをする際に審査で有利になります。

このようにしてクレジットカードの枚数を減らすことは財布のスリム化にも貢献します。

最低限のクレカで最大の現金化

クレジットカード現金化で資金調達をする場合も、支払の繰延をする場合も、クレジットカードの組み合わせが大切です。そして、その効果を最大限に発揮するためには限度額を多くしてもらう必要があります。

申込当初から多額の限度額を設定してもらうことはできませんが、更新の際には限度額を再検討しますから利用と支払をきちんとしていれば、限度額を上げてもらえるはずです。
また、入会後半年ほどするとコールセンターなどに頼むとクレジットカードの限度額を上げてくれることがあります。もちろん審査はありますが、案外すんなりと上げてくれるものです。

クレジットカード現金化戦略はバランスが難しいし、人によって年収も違うので一概に言えませんが、クレジットカードの枚数は多くて5枚程度に留めた方がいいでしょう。最大でも7枚程度にしないと自分が管理しきれなくなります。
また、最低枚数は締日を15日と月末に分散した2枚です。10日20日月末と3枚に分散してもいいでしょう。

最低限のクレジットカードで最大限のクレジットカード現金化の効果を発揮したいものです。家計に与える影響はかなりのものになるでしょう。

分散化のメリットは多い

クレジットカード現金化に限りませんが、複数のクレジットカードを利用することで日常生活をお得にすることができます。

希少価値がある20日締めのトヨタカードは一見使い勝手が悪いカードのように見えますが、新車購入ならポイント換算率は1.5%ですし、有効期限は5年なのでトヨタ車を定期的に乗り換えている人には大きなメリットです。
トヨタは日本の乗用車市場で大きなシェアを占めていますから、乗っている人も多いでしょう。そんな人に大きなメリットがあるのです。

また、イオンカードに限らず、スーパーのハウスカードはたいてい5%引の日を毎月何回か設けています。いつも利用しているスーパーのハウスカードは必携と言っていいでしょう。
最近は信販会社も大型店舗とタイアップしてハウスカードを発行していますし、Amazonのような大型通販業者も同様です。中には楽天のように自らが信販会社になったケースもあります。これらのハウスカードは店舗利用により大きなメリットがあります。

また、エポスカードのように単に丸井のハウスカードだけではなく、提携店舗が多いためお得度がより高くなっているような場合もあります。ちなみにエポスカードも締日が27日で、支払日が翌月27日とクレジットカード現金化戦略に適したカードです。
エポスカードなどのように締日と支払日の組み合わせが個性的なクレジットカードはクレジットカード現金化に適しているのは、締日や支払日のズレを利用した支払の繰延や現金化が可能だからです。

1枚だけのカードを利用し続けるより、分散化したほうが多くのメリットを自分のものとすることができます。

支払は遅らせよう

クレジットカード現金化に限らず、クレジットカード利用の鉄則は支払を遅らせることです。クレジットカードの利点としてポイントによるキャッシュバックを挙げる人が多いのですが、それは本末転倒であり、最大の利点は支払の繰延です。

複数のカードを持っている場合は、締日直後のカードを優先的に利用することで自分の預金残高からお金が流出することを防ぐことができます。ボーナス払いが利用できれば優先的に利用すれば無利息で更に支払時期を延ばすことができます。
事業をしている人は、このような行動を無意識のうちにしています。事業資金をできるだけ留保させ続けることは事業活動をするうえで必須です。資金が流出したら、いくら売上が拡大していても黒字倒産と呼ばれる資金ショートが起きるのです。

家庭の主婦の方には家計簿をつけている人も多いでしょう。しかし、その目的はどうしても家計費の節約に傾きがちです。支払方法を銀行引落にしていると、支払が先行して預金残高が不足しがちです。
クレジットカード現金化の考え方を導入すると、銀行引落されていた資金の支払日が1か月後になります。携帯電話などの支払をクレジットカード払いにする場合、締日直後に請求されるようにすれば2か月の繰延も可能でしょう。

クレジットカード現金化を家計に導入することで、家計自体が企業経営の思考に代わります。資金が流出しにくくなり、筋肉質の家計に代わるでしょう。
そうすることで資金不足になりにくくなり、クレジットカードのキャッシングサービスなどに頼らなくて済みます。

遅らせた資金は運転資金化できる

事業活動をしている人にとって支払繰延による事業資金確保はごく自然な行動です。先ほど述べた通り、この考え方を家計に導入することで預金残高を高レベルに維持することができます。

このような家庭がマイカーローンや住宅ローンを借りる場合、預金残高がいつも維持されているため銀行も安心してお金を貸すことができます。つまり、審査が通りやすくなるのです。

クレジットカードの支払明細をあまり注意して見ていない人も多いかもしれませんが、ちょっと気を付けて確認すると、毎月同じような支出があることに気が付くはずです。
固定費と呼ばれる支出ですが、このような支出は毎月同額が発生するため、支払を繰り延べればその分だけ預金にお金が残り続けます。
家計の見直しでは、このような固定費は真っ先に削減対象になりやすいのですが、削減できなくても支払繰延による効果が期待できるのです。

若い独身の方は、給料日前にお金が足らないということがたまにあるでしょう。このような際に消費者金融のカードローンを利用している人も少なくないでしょうが、マイカーローンなどを利用したい場合に銀行審査で消費者金融の利用は不利になります。

そのようなことをしなくても、クレジットカード現金化の手法で支払を繰り延べさせれば預金残高がある程度のレベルで維持されるため、1週間程度の資金不足には余裕で対応できます。

警戒されずに最高の現金化

締日を基準にしてクレジットカードを分散化すると信販会社も自動的に分散化されます。締日ごとのクレジットカードリストはWEBで検索すると探すことができるため、一度確認するといいのでが、信販会社ごとに締日ははっきり違います。

クレジットカード現金化を資金調達のために利用すると、先ほどから何度も述べているように信販会社から警戒されます。そのため、何度も金券購入をしていると当然電話確認をされたりするのです。

しかし、一度だけであれば怪しまれる可能性は低いですし、万が一電話確認があっても自分で使うんだと言って不自然ではありません。これに対し、同じ信販会社に対して二回も三回も同じ言い訳をすれば当然怪しまれます。
クレジットカード現金化で資金調達をする際には、連続して同じ信販会社のカードは使っていけません。カードは違っても信販会社が同じであれば監視体制は一元化されているのです。

これに対し、締日が違えば信販会社も違うので、カードを変えてちょっとまとまった金額をクレジットカード現金化により調達することができます。

通常、個人名義のクレジットカードで100万円単位の資金調達をクレジットカード現金化ですることは無理があります。しかし、20万ずつ5枚のクレジットカードを利用すれば100万円の調達が可能です。

クレジットカード現金化により、最高の結果を怪しまれずに実行することができます。

使い分けで日常生活もお得にしよう

クレジットカードの分散はクレジットカード現金化だけではなく、他のメリットもあります。

先ほど挙げたエポスカードは、マルイのハウスカードですが、大手外食チェーンのロイヤルホストや各種カラオケ店の値引もしてくれます。マルイの店舗は一定地域に偏っている傾向にありますが、店舗がなくても値引などのメリットがあれば利用価値はあります。

トヨタ車には用がないという人もトヨタカードは全国ネットで展開しているジェームズという自動車用品店でお得に利用できます。ジェームズは必ずしもトヨタ車でなければ利用価値がない店舗ではありません。

イオンカードのメリットは改めて言うまでありませんが、提携カードの種類が非常に多いため、一枚で二つも三つもメリットがあるケースもあります。イオンカードのリストは一度確認する価値があります。

老舗と言われるJCB・MUFG・ニコスといった信販会社も提携カードの多さでは負けていません。特にMUFGは日本最大のメガバンクである三菱東京UFJの直轄信販会社です。将来の銀行取引を考えると一枚持っていて損はないでしょう。

ちなみに老舗信販会社のJCBは、考えようによってはクレジットカード現金化に最適です。
なにしろブレイガイドなどでJCBカードを利用してJCBギフトカードを購入できるのです。もちろん支払方法は一括払いだけではなく、リボ払いも可能です。

「Stop現金化」とクレジットカード現金化防止キャンペーンをしていても、現実はこんなものです。

クレジットカードはたまに変えよう

クレジットカードを一つのカードに決めて使い続けることもいいのですが、最近は信販会社間で競争が激しく、サービスが向上したカードも増えています。クレジットカード現金化だけではなく、ポイントも欲しいという人であれば、新しい高還元率カードも魅力的でしょう。

また、最初は都合がいいと思って使い始めたクレジットカードであっても、使い始めると使い勝手が悪くなることもあります。
例えば、20日締めのトヨタカードを使っていたもの、トヨタ車は買わないし自動車用品はジェームズ以外の店舗を利用するのであれば、あまりトヨタカードにこだわる必要はないでしょう。
ひょっとしたら月末の支払資金のためにクレジットカード現金化をすることもあるかもしれませんが、その際は27日締めのエポスカードが有利かもしれません。

信販会社も顧客獲得競争が激しいです。そのため、新規入会キャンペーンを積極的に実施していることも多いです。オリコカードのように多くの種類のクレジットカードを発行していると、違うカードに入会するたびに、入会キャンペーンを利用できることもあります

ただし、基本は支払の繰延であり、できる限り締日と支払日のバランスをとることが必須です。この条件を満たすことができるカードであれば変更してもいいでしょう。

発想の転換

クレジットカード現金化を支払の繰延として利用する場合、何枚か持っているクレジットカードの組み合わせだけでできる場合があります。信販会社がマチマチならそのようなことができるのです。

しかし、同じ条件なら他のカードのほうが有利だということもあります。

月末締めのカードの多くは、支払日が翌月の27日です。しかし、先ほど挙げたエポスカードは27日締めで支払日は他のカード同様に翌月の27日です。
月末の支払に資金不足が発生した場合には、エポスカードでクレジットカード現金化をすればいいのです。更に都合がいいことにエポスカードは信販会社が「エポスカード」という信販会社であり、他のクレジットカードと独立しています。

つまり、他のカードとの重複がなく、何枚ものクレジットカードをクレジットカード現金化の手段として利用していても、エポスカードを使えば重複していることが分かりません。
つまり、信販会社からのチェックを恐れる必要がないのです。

また、月末締めのクレジットカードを利用している人なら、支払日が翌々月になるセゾンカードや出光カードもお勧めです。利用代金が1%引きになるポケットカードは1日締め、翌月1日という特殊な支払日のパターンです。

支払の繰延を狙うなら、ポケットカードで支払を1%引きにしてもらえば繰延だけではなく、ポイント管理無用の高還元率カードとして利用できるでしょう。ただし、金券購入時には1%引きにならないので注意が必要です。

このようにクレジットカードの中には、他のクレジットカードより魅力的な内容のものが多くあります。見直すとともに変更することで、より効率のいいクレジットカード現金化が可能になるでしょう。

申込の度にキャッシュバック

クレジットカードを申し込む際には、通常は信販会社のWEB経由で申し込むことが多いでしょう。WEBの新規入会キャンペーンで商品券などをもらった経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかし、世の中にはもっと上をいくサービスがあります。

広告代理店が企画しているアフィリエイトサイトを経由してクレジットカードを申し込むと、ただ単にそのサイトを経由して申込をするだけでキャッシュバックがもらえます。もちろん、WEBの新規キャンペーンは有効です。
二重でキャンペーンメリットをゲットすることができるため非常に効率がいいし、キャッシュバックの金額が5千円から1万円と非常においしいことも特徴です。

しかし、こんなことをして信販会社は大丈夫だろうかと心配になります。
アフィリエイトサイトに登録しているクレジットカードを見ていただくとわかるのですか、キャラクターカードが多いことがわかるはずです。日常的に利用するのは気恥ずかしいほど派手なデザインのクレジットカードが案外多く発行されています。

結局、申込者が少ないクレジットカードの入会者数を増やすことが目的なのです。

新しいクレカはサービスも新しい

とはいえ、新しく企画されたクレジットカードは斬新なアイデアのものが多いです。

リボ払い専用カードのような使い方に注意が必要なものもありますが、MUFGスマートのように還元率は低いものの、1年に一度自動的にキャッシュバックされるものもあります。このカードは携帯電話代金を決済すると還元率が上がるので狙い目です。

また、ポイント還元率は高いもののポイントの使い道がないと言われていたリクルートカードも、リクルートポイントがローソンのPontaポイントに交換できるため利用価値が急拡大しました。

このように新しいクレジットカードはサービスが充実しています。
新しいクレジットカードを企画すると、信販会社の中には先ほど挙げたアフィリエイトサイトで「食いつき具合」をテストすることも多いようです。このようなサイトをチェックしていると、一風変わったクレジットカードを探すことができるでしょう。

クレジットカード現金化のために有利なカードを見つけましょう。

リボ専用カードのメリットを使い尽くそう

先ほど利用方法に気を付けたほうがいいと説明をしたリボ払い専用カードですが、欠点として利用額の全てがリボ払いになってしまうことが挙げられます。
ポイント還元率が良かったり、年会費有料カードのサービスなのに年会費が無料になったりする理由はリボ払い手数料、つまり利息収入があるためです。改めて言うまでありませんが、利息を支払うのは利用者です。

しかし、リボ払い専用カードであっても毎月の支払額を最大限まで上げることで、一括払いカードのように利用することができます。また、本当にリボ払いを利用したければ、支払額を変更できるため融通が利くクレジットカードだと言えます。
クレジットカード現金化により資金調達をすると利用額が増加します。一回払いを基本とすべきですが、場合によってはリボ払いを一部利用することも考える必要があるでしょう。

このような場合でも、リボ払い専用カードであれば、必要最低限の金額をリボ払いにすることができます。
毎月の支払は一括払いのようにして、手数料を支払うことなくメリットを最大限に利用し、いざというときにリボ払いにするのがリボ払い専用カードの一番賢い利用方法です。

日常生活で使いこなせることが大切

クレジットカード現金化のためにクレジットカードをいくつか申し込みをしても、肝心な日常生活で使えなければあまり意味がありません。

先ほどからJCBカードを例に挙げていますが、実はJCBカードが利用できる店舗はVISAやMASTERに比べると少ないのです。
どうもVISAやMASTERが手数料率をセットで下げている様子があり、大手飲食店などでJCBが使えなくなっていることが増えてきました。また、もともとJCBはVISAやMASTERより手数料率が高いので、使えない店舗も少なくありません。

そのため、JCBオリジナルカードをどうしても利用したい場合は別として、日常生活で使いこなそうとしたら、VISAやMASTERを選択することをお勧めします。MUFGやニコスなどの老舗信販会社ではJCBよりVISAやMASTERを前面に出しています。

JCBはクレジットカード現金化でギフトカードを買うという場合には、信販会社の直営店舗などで買わなくてもいいという利点がありますが、他の特徴を比べてみるとVISAやMASTERの方が買い勝手はいいでしょう

クレジットカードは複数がお勧め

クレジットカード現金化を実行する際には、先ほど述べたように締日の差を利用した支払が基本なので、最低でも締日をずらした2枚のクレジットカードが必要です。できれば、15日と月末付近で2枚ずつ信販会社をずらして作れば更に効果的です。

複数のクレジットカードを作る際は、一気に申込をすると「カード詐欺を企んでいるのではないか」と警戒されるため、最低でも3か月程度はずらして申込をしたほうが賢明です。
先ほど挙げたアフィリエイトサイトでクレジットカードを申し込むと、キャッシュバック目的で何枚も一気に申し込みたくなるものですが、4枚目程度から審査で落とされるようになります。

この「申込ブラック」の基準は信販会社によってマチマチですから、一概に言えません。まったく気にしていないのではないかと思われるケースもあるし、非常に敏感に対応する信販会社もあります。
どちらがいいのかは一概に言えませんが、続けて申込をすることは信販会社にあらぬ疑いを与えることになりかねません。やめた方が賢明です。

そのため、クレジットカード現金化を実行しようと考えるのであれば、出来るだけ早めに準備を開始したほうがいいのです。
クレジットカード現金化の実行には複数のクレジットカードが必要ですが、何事もやりすぎると問題が生じます。できるだけ目立たないようにそっと進めることが肝心でしょう。

締日分散で家計改善

支払を繰り延べることで資金を外部に逃がさないアイデアは事業主の方であれば多く持っていらっしゃるのではないでしょうか。

そんなアイデアを家計にも応用することで、資金が家庭に留保することになります。
預金残高が多いと、クレジットカードの支払日にも残高不足になるのではないかとビクビクするようなことはなくなります。
最近は銀行で普通預金に当座貸越の機能を付けたカードローンを提供していますが、金利が15%程度と安くはなく、あまり利用しないほうが賢明です。また、このような貸越機能を付けてしまうと頼りがちになり、必要のない利息支払が増加するものです。

外部からお金を借りるのではなく、自分の家計で浮いたお金を預金上に留保させることが家計改善の第一歩です。節約することも大切ですが、資金が家庭の預金に留保していないとせっかくの節約の効果が見えにくくなってしまいます。
クレジットカード現金化の支払繰延機能を最大限利用するためには、先に挙げたような締日の分散がベストの方法ではないでしょうか。

ちょっとしたことですが、家計支出のほとんどをクレジットカード現金化の対象にして、支払繰延のブランをうまく作れば、預金残高はいつも安定しています。
ファイナンシャルプランナーと言われる方が作る家計改善プランにはいろいろなものがありますが、ベストの方法は自分自身で作るプランです。クレジットカードの機能を最大限に生かして家計改善を図りたいものです。

クレジットカード現金化を組み合わせた資金繰り

資金繰りがあまり上手でない家庭は、現金支払が多くなって預金残高がいつもひっ迫しています。残高不足を恐れるためにクレジットカードのキャッシングサービスや消費者金融のカードローンを利用する人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、このような対応をしていると自然と預金残高が減っていきます。
少なくとも携帯電話などの通信費や電気代などの公共料金はクレジットカード現金化の対象として、クレジットカードで支払をすべきでしょう。
家計も企業も資金繰りが必要であることは同じです。

資金繰りのためには、現金がどのように流入しているか、どのように流出しているかを検討する必要があります。現金支払が多い家庭は、流入した現金が預金に滞留することなく、すぐ逃げてしまいます。これではいつまで経ってもお金は貯まりません。
買い物を現金主義でしている家庭の中には、現金支払の方が安く買い物ができると考えている家庭もあります。確かに、現金支払に限定して安い値段で提供しているスーパーなどもあります。

しかし、そのようなスーパーと普通のスーパーと値段はあまり変わりません。得をしているのは利用者ではなく、現金が早く流入する事業者の方です。
クレジットカード現金化を活用した家計管理をすることで、家計の資金繰りがかなり楽になるはずです。

アッと驚く組み合わせ

現在持っているクレジットカードをすべて見直し、締日を分散させるとこのように資金が流出しません。

例えば、セゾンカード・イオンカード・トヨタカードを組み合わせてみましょう。

セゾンカードは月初めから10日まで利用します。6月利用として考えてみると、この支払は8月4日です。
続いて、6月11日から6月20日まではイオンカードを利用します。締日は7月10日で支払は8月10日です。
続いて、6月21日から6月30日まではトヨタカードを利用します。締日は7月20日なので支払は8月17日です。

つまり、6月の家計費の支払がすべて8月になるのです。同様に7月の支払は9月になるので、6月に支払っていたはずの資金も、7月に支払っていたはずの資金も、2か月分預金残高として留保をされるのです。

締日を3分割した例ですが、別のカードでも似たようなことは可能です。締日をニコスの5日、JCBの15日、エポスの27日と分散してもていいでしょう。クレジットカード現金化の資金繰延を最大限に利用できます。
クレジットカード現金化と言うと、どうしても金券を購入して換金することをイメージする人が多いようですが、自分の支払うべき資金をこのようにして繰り延べることも可能なのです。

自己資金を使ったクレジットカード現金化なら、信販会社は文句を言いません。積極的に利用しているのですから、優良顧客としてくれるはずです。ポイントなどのランクアップや上級レベルへのカードへのステップアップも可能でしょう。
利用限度額も上がるでしょうし、サービスも向上します。上級カードは年会費も高いですが、使い勝手や利便性を考えればクレジットカードの年会費は案外安いものです。元を取ることも難しくありません。

ぜひ、自分のオリジナルの組み合わせを作り、効率的なクレジットカード現金化を実行して家計の改善を図っていただきたいものです。

まとめ

クレジットカード現金化のためにはクレジットカードを複数持つことは必須です。
しかし、ちょっと面倒だなと思われるかもしれません。

とはいえ、組み合わせを工夫することで、自分の生活がびっくりするほどお得になったり快適になったりします。

信販会社も過当競争なので他社と違った魅力を出そうとしています。
ポイントも大切ですし、キャッシュバックも魅力的でしょう。しかし、それだけに目を捕らわれると大切な本質を見逃してしまう可能性があります。

自分の持っているクレジットカードを一度全部見直してみてはいかがでしょうか。