amazonギフト券は世界最大の通販業者であるアマゾンで自由に使えるギフト券です。

アマゾンの品ぞろえは文字通り世界一なので買えるものは無限大です。最近は、外部の通販業者もアマゾンに出店しているため、amazonギフト券の利用価値は非常に広くなっています。
これほど利用価値が広いamazonギフト券なので、当然「マーケット」が成立しています。

ネット経由で販売されるためセキュリティ上の不安はあるものの、その点をクリアすればクレジットカード現金化の商材として最適だと言えるのではないでしょうか。

 

amazonギフト券現金化の必要性

amazonギフト券の現金化を必要としている人は必ずしもクレジットカード現金化をしたい人ばかりではありません。
amazonギフト券はネット経由で送ることができるという利点がありますから、現金による振込に変わる支払手段となっている場合があります。アマゾンで使えるということは、多くの買い物の決済手段として利用できるわけなので、現金としての役割を持っているのです。
また、クレジットカードの入会キャンペーンなどでamazonギフト券を景品として提供している場合も多いです。何らかの仕事をしてもらった際の謝礼として提供することもあります。

謝礼なら現金のほうがいいじゃないかと思われがちですが、amazonギフト券なら多少の割増支給をする場合もあるので、もらう方にとっても有利な場合があるのです。

また、企業がWEBサイトのSEO対策で記事作成などを依頼する場合、現金で支払うと税金の問題が発生する場合があります。
amazonギフト券で支払っても結果は同じですが、ギフト券で支払えば、支出先はアマゾンだったり、オークション業者だったりするので都合がいいのです。案外このような理由でamazonギフト券が重宝がられています。

しかし、もらった側が必ずしもアマゾンで買い物をする人とは限りませんし、本音は現金で謝礼をもらいたいものです。そのため、amazonギフト券の換金業者が必要なのです。

amazonギフト券の換金業者に対する需要は結構高いのです。

クレジットカード現金化の手段

amazonギフト券をクレジットカード現金化の手段として使うことは難しいものではありません。換金業者はいくつかありますし、ネットで紹介されている業者は信用できる業者です。

ただ、多くのサイトで紹介されている業者は、間違いこそないものの、若干換金率が低いのが欠点です。
amazonギフト券を換金してくれる業者の中には、オークション形式で販売しているところもあり、自分が値付けをして「出品」することになりますが、相場が高ければこちらのほうがお勧めです。

手数料が必要になりますので、手数料を引いた数字で換金率を算定する必要がありますが、売却できればスムーズに振込をしてくれるので便利です。
オークション形式で販売している業者は、同時にamazonギフト券を安く買いたい人に対してオークション会場をネ

ット上で開いています。そのサイトを見れば信用できる業者だとわかるはずです。
もし、それでも確認しないと不安だと思うのであれば、一度自分で少額のamazonギフト券をそのサイト経由で買ってみるといいでしょう。

そうすればサイトが信用できることが実感できるのではないでしょうか。
amazonギフト券の換金業者は、ギフト券の有効性を確認後、代金の振込をしてくれます。現金での受け渡しではないため、クレジットカード引落日に現金化をするとずいぶんと助かるはずです。
手間がかからず、かつ代金回収が簡単という点で、クレジットカード現金化の手段として結構お勧めできます。

期限切れ間近の現金化

amazonギフト券には期限があります。発行後は基本的に1年で有効期限になるため早めの換金が必要です。

コンビニなどのマルチメディア端末で売られているシートタイプのものは有効期限が3年ですが、買取率が低いことが多いです。

一番換金率が高いのはEメールタイプなので、現金化を考えている人は気を付ける必要があります。

有効期限が長いから買取率が高いというわけではないのです。あくまで「流通」に乗り、かつ有効性の確認がしやすいか否かで換金率の差が出るのです。

その観点によればEメールタイプのamazonギフト券が有利です。
期限切れになると、そのamazonギフト券はもう使えませんから、クレジットカードなどのキャンペーンでもらったamazonギフト券の期限には注意する必要があります。

実際には期限が切れたamazonギフト券も期限延長が可能なようです。しかし、アマゾンのコールセンターに連絡をして指示を仰ぐ必要がありますし、必ずしも応じてくれるとは限らないようです。
そのため期限切れ間近のamazonギフト券は早めに現金化したほうが賢明です。

ただし、買い取る側も期限切れ間近のギフト券を買取してしまうと自分が損をする可能性がありますし、オークション形式のサイトで売却する場合も価格を相当下げないと相手にされない可能性があります。要するにかなり不利になるわけです。
とはいえ、短いとはいえ期限が残っているのにみすみす期限切れを待つことは避けるべきであり、早めに換金業者に持ち込むべきでしょう。
もちろん金額が少額であり、自分で使えるものであれば、自分で使うのもいい方法です。

謝礼を現金化

ブログ記事のアクセスを多くするために記事の更新を頻繁にしていることがあります。
そのためには、運営主がせっせと記事を作成する必要がありますが、多くのサイトを運営しているとそのような余裕はありません。

手っ取り早いのは他人に任せる方法です。

そのような需要にこたえるためのライティングサイトが世の中にはいくつかありますが、その中には記事作成の謝礼をamazonギフト券で出している場合があります。
最初から現金でもらえばいいのですが、サイトによっては謝礼のレートをamazonギフト券でもらうとかなり有利にしているケースがあります。
この場合、ひょっとしたらアマゾンで使うことがあるかもしれないということでamazonギフト券を選択することが多いのです。

現金を自分の口座に振り込んでもらったほうが最終的には有利ですが、amazonギフト券の場合は振込手数料がかかりませんし、値引販売しているオークションサイトもありますから報酬支払側からは重宝がられています。
また、もらう側も現金振り込みで手数料を引かれるよりは、満額もらったほうがいいですし、アマゾンで使えるので利用価値は非常に高いです。

ライティングサイトによってはamazonギフト券でしか報酬支払いをしていない場合もあり、その場合は選択の余地がありません。
このような謝礼をamazonギフト券でもらったものの、やっぱり現金で欲しいなという場合には現金化の必要があります。

余ったギフト券の現金化

amazonギフト券をもらったものの使わないという人も少なくないでしょう。
通販業者はアマゾンばかりではなく、楽天やヤフーもあります。

通販を利用する際、複数のサイトを利用するより一つに集中したほうがポイントゲットという観点でも有利です。そのため、アマゾンは使わないという人も少なくないはずです。
そんな人がamazonギフト券をもらっても意味がありません。使い道があるからと思ってもらった場合でも、実際には使わなかったということは十分あり得ます。

そんな人が無理にアマゾンで買い物をしても、その時限りになってしまうので中途半端な買い物になってしまいます。
ほとんどのamazonギフト券は1年程度経過すると有効期限切れとなります。それではもったいないので、早めに換金業者で換金する必要があります。
もらったamazonギフト券は、使う見込みがあるか否かを早めに判断し、使わないなと思ったら早期に現金化することが大切です。

 

誰がamazonギフト券を買取るのか?

このようにamazonギフト券は買取業者による換金が可能です。しかし、買取業者はamazonギフト券をどうやって売りさばくのでしょうか?

この疑問はすんなりと解決するはずです。

amazonギフト券はヤフーオークションで額面以上の価格で落札する場合があるほどの人気です。ちょっと特殊な手段が必要ですが、額面以上でヤフーオークションを使って落札してもメリットがあるケースがあります。

このような特殊な例は別として、利用範囲が広いamazonギフト券を額面以下で買うことができればメリットがあると考えている人は多いはずです。

アマゾンは他の通販業者に比べて価格競争力が高く、お値打ちに買い物ができます。
特に高額商品についてこの傾向が強く、プロにも人気が高い一眼レフタイプのデジカメを量販店ではなく、アマゾンで買う人は少なくありません。

そのような人は、アマゾンでの買い物がさらにお得になるamazonギフト券の割引購入は魅力的なはずです。そのため、amazonギフト券のオークションサイトは非常ににぎわっています。
これに対し、買取専門店は大口需要家に対してamazonギフト券を売りさばいていると考えられます。

先ほど述べたヤフーオークションで額面より高く落札される話は特殊な例であり、あまりの期待できませんが、事情が分かっている業者であればトライしているかもしれません。

 

高額商品を割引購入

amazonギフト券はアマゾンの買い物で使えるギフト券ですが、アマゾンで高額商品を買いたい人にとってはこんなに有利な取引はありません。

ギフト券を使ったお得な買い物は、他にもよく見られます。

百貨店共通商品券を額面の1%から2%引きで購入し、割引のない百貨店の商品を事実上の値引購入する人がいます。
百貨店の発行しているクレジットカードならもっと有利だと言われるかもしれませんが、いくつもの百貨店をハシゴしたい人にハウスカードは向きません。結局、百貨店共通商品券が人気になるのです。

また、クレジットカードを使ってしまうと際限なく買ってしまうため、買い物予算を限定する意味で、百貨店共通商品券しか使わないという人も少なくありません。とかく買いたいものや誘惑が多い百貨店なので、賢い選択だと言えるでしょう。

しかし、アマゾンならアマゾン内でほとんどの商品を購入できます。百貨店などで目星をつけた商品をアマゾンで探せばいいのです。支払は割引購入したamazonギフト券を使えばいいのですから随分お得な買い物ができるのではないでしょうか。

特に電化製品などは、どこで買っても商品内容は同じです。この手の商品を家電量販店でチェックし、実際の商品を確認し、実際にはアマゾンで買っている人は少なくないはずです。
ただでさえ安いアマゾンの価格がさらに安くなるのですから、こんなおいしい話はありません。巷にあふれる「節約術」にもこの手の方法はよく出ています。

 

仕入代金として利用

アマゾンは個人向けの商品ばかりを扱っているわけではありません。事業主が自社で売る商品や消耗品を仕入れている場合があります。

マニア向けの商品を販売している事業主の方は、アマゾンで売っている商品の存在を知らない人に対して、自分の知識を使って付加価値を付けて売ることがあります。

アマゾンの商品説明が悪いわけではありませんが、あまりにディープな内容はアマゾンの守備範囲を超えます。アマゾンで売っている商品アイテム数は多いため、自分の知識をトッピングすることでより魅力的にすることができるのです。
趣味のブログを開設している人の中には、このような情報を提供していることがあります。アフィリエイトの形でアマゾンと契約している人もいるでしょうが、自分で販売している人も少なくありません。
一般企業の消耗品購入手段としてアマゾンを使っている会社も少なくありません。分厚いカタログを配布して御用聞きのような商法で消耗品を販売している業者もありますが、アマゾンならもっと安く販売できますし、配送もスピーディーです。

どの商売も同じですが、原価は安いほうがいいに決まっています。同じものを安価に購入できるアマゾンで、割引購入したamazonギフト券で支払をすれば絶好のコスト削減策となるはずです。

企業や事業主がamazonギフト券を利用する際は、その購入規模はかなり大きいです。このような大口需要家がいることから、amazonギフト券のオークションサイトでは50万円という高額のギフト券が普通に落札されているのです。
クレジットカート現金化をする際に50万円という高額の現金化が可能であれば、資金調達も手軽にスムーズにできるでしょう。

amazonギフト券ならこのようなことが可能になるのです。

 

欲しいときにすぐ買いたい人

アマゾンには多くの商品アイテムがあるので、自分の欲しいものがたいてい見つかります。クレジットカートで購入する人も多いでしょうが、amazonギフト券を割引購入してチャージする人も多いです。

そのほうがお得だからです。

特に買うものを決めていなくても、ある程度の金額をチャージしておけば、買いたい時にすぐ買い物ができます。買いたいときにお得な条件で買い物ができるのですから、アマゾンの利用頻度も上がるでしょう。

amazonギフト券をこのような形式で貯めておく人は、最初は景品などでもらったamazonギフト券を使い道のわからないままチャージしていたのでしょうが、次第に便利さに気がついいた人が多いようです。

買い物をアマゾンに集中させることで、amazonギフト券を多く買う必要があります。最初はアマゾンでギフト券を買っていたかもしれませんが、有利に購入できるオークションサイトの存在を知った人はそちらで買うようになります。

クレジットカードのポイント還元率は、アマゾンで年会費が必要なAmazon MasterCardゴールドを使ったとしても2%です。年会費無料のAmazon MasterCardクラッシックなら1.5%です。他のクレジットカードならもっと換金率は低いでしょう。

オークションサイトでamazonギフト券を買えば、余裕でもっと高い割引率で買うことが出来ます。どちらが有利かは言うまでないはずです。

 

買取店

amazonギフト券を必要としているのは供給元である買取店も同様です。

通常の金券ショップ同様で、商品がなければ商売にならないためです。
amazonギフト券は、その性格上どの金券業者でも買取できるわけではなく、需要を把握して、そこに供給できる手段がある業者しか買取をしてくれません。

買取店の買取率は差があり、90%を超える買取率を表示している業者もあれば、85%程度という業者もあります。また、再販売のしやすさという観点からアマゾンギフトカードの種類によっても換金率は異なります。
買取店ではありませんが、オークション業者に出品する方法は買取率が高くなる可能性があるので有利だと言われています。

一般個人がamazonギフト券を割引購入しようとする場合に有効ですが、不特定多数の人が参加するオークションなので価格は変動します。需要が多ければ換金率は高くなりますし、逆のパターンもあります。

時期によっては97%程度という新幹線回数券の買取価格に近い換金率で取引が成立していることもあります。ただし、オークションのため出品手数料が3%から4%程度必要になります。

オークションなので取引規模が大きいほうが有利ですが、オークションサイト自体は当然オープンになっていますから、一度自分の目で確認するといいでしょう。

最初は少額のamazonギフト券を売ってみて、安全を確認してから取引するといいかもしれません。
いずれにせよ、ネット経由での売却になるので、業者選びは慎重にする必要があります。

 

買取の形式

amazonギフト券の買取形式はいくつかあります。大別すると業者に売る方法と個人売買があります。個人間取引はある程度知った仲間同士での取引になりますが、若い方であれば余ったamazonギフト券を友達に分けてあげたことがある人もいるでしょう。

金券という方法ではなく、番号だけで取引ができるので気軽に売買できるのがamazonギフト券の利点です。

買ってすぐに自分のアマゾンアカウントに入力すれば有効かどうかがわかる点も一つのメリットです。
取引の簡便性と安全性を両方備えたamazonギフト券の取引は、金券売買の方法としては非常に便利だと言えます。

クレジットカード現金化の手段としても、手軽にアマゾンからギフトカードを購入することができ、かつ流通経路が充実していますから、スマホ上からでもクレジットカード現金化ができます。

急いでお金が必要な際は、自宅でパソコンを操作している余裕がないことも多いでしょう。

そんな際にスマホ経由でamazonギフト券を購入し、そのまま買取業者に売却すれば当面の危機を脱出することができます。
amazonギフト券を使えば、新幹線回数券などを利用した方法ではありえないほどスピーディーで自分の手間もかからないクレジットカード現金化の手法にできます。

 

買取専門店

ネットでamazonギフト券の買取専門店を探せば、いくつもの業者がヒットします。
大手の金券ショップもネット上でamazonギフト券の買取を開始していますから、人気のほどがわかるでしょう。
買取専門店では、あらかじめ提示された買取率で買取をしてくれます。買取率が確実なので、自分で必要な資金の額から逆算して、いくらのamazonギフト券が必要かがすぐわかります。

amazonギフト券は金額指定ができますから、必要な金額を指定して購入すれば無駄のないクレジットカード現金化が可能です。新幹線回数券のように額面金額を指定できず、換金しすぎによる無駄や資金不足が出ることがないのです。
買取専門店の一番ありがたい点は、amazonギフト券の有効性が確認できると、スピーディーに振込をしてくれる点です。最初に買取依頼をする際には運転免許証などで身分確認をしますが、2回目以降はすぐに振込をしてくれます。

クレジットカード現金化の専門業者も、amazonギフト券の買取専門店同様にすぐに資金を振り込んでくれます。しかし、振り込んでくれる金額は決済額の8割程度で割がいいとは言えません。

額面の9割程度で買取をしてくれる上に、振込もスピーディーな買取専門店はお金に困った際の救世主になってくれるでしょう。

 

オークション

このようにamazonギフト券の買取専門業者はスピーディーに換金できる点がメリットです。
しかし換金率が悪い点がちょっと惜しいです。これは買取業者が他に転売することを前提にしているため、あまり換金率を上げることができないためです。

この欠点を解消してくれるのがamazonギフト券のオークション業者です。
amazonギフト券を安く買うことかできるため、実際に買う側としてこの手のオークション業者を利用したことがある人も少なくないでしょう。

オークションに出品し、落札後契約成立されるとすぐに代金は振込されます。手数料は差し引かれますが、一般的に買取専門店より有利に売ることができます。

ただし、オークションにも欠点があります。
落札されないと振込がされないのです。

当然のことですが、確実に落札してもらおうとすると値段を下げる必要があります。値段を下げればすぐに落札してもらえるでしょうが、手数料を引くと買取専門店の方が有利だったということにもなりかねません。
また、オークションサイトなので「相場」で値段が決まります。運よく高い時もあれば、逆に安い時もあります。どちらに転ぶかは運次第です。
つまり不確定要素が大きいのです。
このようなメリットとデメリットを認識したうえでamazonギフト券のオークションサイトを利用する必要があります。

 

個人間取引

友達と余ったamazonギフト券を売買することもあるでしょうが、もう少し範囲を広げてヤフーオークションなどに出品する方法もあります。

amazonギフト券は他の紙の形式である金券と違って落札後に「送料」がかかりません。また、ヤフーオークションでは支払にヤフーポイントを使うことができます。懸賞などで小口のポイントを集めて使い道の広いamazonギフト券に交換する需要は多いです。
小口のamazonギフト券でなければ需要はありませんが、額面より高い値段であっても落札される例が多いようです。

もっとも、千円程度のamazonギフト券に限って発生する需要であり、大口であればこのような逆転現象は起きません。大口のamazonギフト券を買うほど多くのヤフーポイントがあれば別の使い道があるのです。
そのため、個人間取引は自分の知り合い等とするのが一番でしょう。

この場合に売買されるamazonギフト券の金額は大きくないでしょうから、クレジットカード現金化という面ではあまり期待できません。

ヤフーオークションで額面以上でamazonギフト券を売れるという話を聞いた人であっても、その仕組みと理由がわかればクレジットカード現金化には向かないとお判りでしょう。

 

クレジットカード現金化なら買取専門店

このようにamazonギフト券の買取方法にはいろいろとあります。
では、どの方法が一番クレジットカード現金化に適しているのでしょうか。

換金率だけを考えればオークションサイトのほうが有利だといえそうですが、売れなければ意味がありません。急いで換金したければ換金率を下げて販売する必要があります。手数料のことを考えればちょっとリスクが高いといえるのではないでしょうか。
個人間取引は相手を選ぶ必要がありますし、知人相手に金額的にあまり大きな金額を換金することはできないでしょう。

そのような観点からすると一番いい方法は買取専門店だという結論に達します。買取専門店であれば、換金率は保証されていますから、いつ換金のためにamazonギフト券を持ち込んでも現金化が可能です。

クレジットカード現金化は時間との勝負であることが多いです。そのような緊急事態にいつでも手軽に買取対応をしてくれるamazonギフト券の買取専門店は非常に心強いということができるのではないでしょうか。

 

アマゾンで何ができるか?

amazonギフト券はアマゾンで自由に使えます。この利点を生かしてクレジットカード現金化を効率よくする方法はないでしょうか。

アマゾンは品揃えが多いため、自分の知識を総動員することでちょっと変わった換金方法を考えることができます。
必ずしもamazonギフト券を利用することなく、クレジットカード現金化をすることが可能な場合も考えられます。その方法を考えるためにネットでの検索をすることで驚くべき換金方法ほ見つけることができるかもしれません。

amazonギフト券を単にクレジットカード現金化の対象とする場合であっても、換金業者を選べば換金率を上げることが可能です。クレジットカード現金化のタイミングや資金が必要な時期にもよりますが、ちょっと待つことで換金率が上がる可能性もあります。

また、アマゾンではキャンペーンも実施しています。このキャンペーンを利用することでアマゾンポイントがつきますから、クレジットカード現金化の効率を若干ながら上げることもできます。

ひょっとしたら

アマゾンでは新商品発売と同時に一定の商品を確保しますから、市中に出回っていないはずの新ソフトなどを入手することができます。

予約制であることが多いため、あらかじめ予約をすることが必要ですが、クレジットカード現金化が必要であると思われる時期に予約のみしておくことで対応可能です。
必要なければキャンセルをしてもいいですし、人気商品であれば購入してすぐに転売すれば利益が出る可能性もあります。

ただし、ある意味これはギャンブル的な意味合いを持っています。
人気ソフトであっても、いわれるほど人気が盛り上がらないこともありますし、品薄状態の時期が非常に短いこともあります。

うまくいけば品薄の時期を狙って利益を出して売り抜けことも可能ですが、逆に買い叩かれるような事態にもなりかねないのが欠点です。

また、ゲームソフトに比べるとブランドバッグはそれなりに人気があり、安定した買取率になります。
通常ヴィトンなどのバッグは定価の8割程度で買取をしてくれます。ただし、新品同様であることが必要であり、お店で買った状態そのままで買取店に持ち込む必要があります。

せっかくだからちょっと中を見てみようかなと思って包装を開けてしまうと、新品同様となり6割程度の換金率になってしまう可能性があります。

しかし、ヴィトンにも限定品があり、場合によっては大人気になることがあります。

このような商品を予約することができれば、ひょっとしたら転売することで利益が出る可能性があります。たいていは限定数しか販売しないのでオークションなどに出品されるとかなりの価格で落札されます。
アマゾンでヴィトンを売っているのかと思われる人もいらっしゃるでしょうが、検索すればわかるとおり並行輸入で販売されています。

もちろん他のブランドも販売されているためチェックしてみるといいでしよう。
ちなみにアマゾンでは特急宅配サービスとしてアマゾンプライムというサービスがあります。年間3,900円で1年間このサービスを受け続けることができます。

ゲームソフトなどは一日の違いで換金価格が変わることもあります。自分の買い物でも使うことができるため検討の余地があるかもしれません。

 

リサーチと知識が現金化を助ける

とはいえ、ゲームソフトやブランドバッグなどは、それらについての知識がある人でないと換金対象物をうまく選ぶことはできません。そのため、自分がよく楽しんでいるゲームの新製品などをターゲットにするといいでしょう。

ファッション雑誌をよく読んでいらっしゃる人であれば、ヴィトンなどのブランドがどのような販売戦略を考えているかの情報を知っている人もいるでしょう。

自分の知識がクレジットカード現金化に大きく役立つことは珍しいことではありません。むしろ、自分の得意分野で商材を探すことで、ただ単にamazonギフト券でクレジットカード現金化をするよりいい結果が出ることがあるのです。

また、換金する際にもリサーチが大切です。
amazonギフト券をクレジットカード現金化の対象とする場合でも同様ですが、換金をどの店でするかによって換金額や換金率は変わります。当然有利な店舗で換金することになりますが、そのためにはリサーチが必要です。
最近はネットで情報を得ることができますから、時間をかけて歩き回ることは必要なくなっています。しかし、ネットの情報をえるためには根気が必要です。

面倒だなと思われる人も多いでしょうが、クレジットカード現金化を成功させるためには必要なことです。

 

手堅いギフト券の現金化

このように人より優れた知識がある人は、amazonギフト券をクレジットカード現金化の対象にするより有利な方法を探すことができます。根気があればさらに有利に喚起間が可能でしょう。
とはいえ、そのような知識がない人も少なくありません。

そのような人がゲームソフトやブランドバッグなどの転売をするのはやめたほうが賢明でしょう。つまり、amazonギフト券を換金したほうがいいのです。
amazonギフト券の換金は今まで述べたとおり結構割のいい換金対象です。ただし、新幹線回数券などと比べると換金率に波があります。

オークションサイトを見ているとわかるのですが、人気がある時期には98%程度で落札されている時があります。その反面96%前後でしか落札されていない時期もあります。
長期的にデータを収集してみると結構いい資料が取れるのではないでしょうか。
amazonギフト券を自分がクレジットカード現金化をする際のひとつの候補としてあげておけば、他の金券類との比較ができるでしょう。

買取店の買取率はオークションサイトより低いのですが、オークションサイトの買取率が高くなると対抗上買取率を上げる場合があります。キャンペーンの形での還元をすることが多いようですが、ひとつの指標としてチェックするといいかもしれません。

 

お金に困ったらアマゾン

アマゾンでクレジットカード現金化をしようとすると、amazonギフト券を思い浮かべる人も多いでしょう。
しかし、アマゾンの商材はいっぱいあります。

ブランドバッグに限らず、デジタルカメラなども揃っています。しかも価格競争力がありますから、買取を依頼しても換金率を高く維持することができます。
また、アマゾンのクレジットカードを申し込むと最初に2千ポイントもらえます。このポイントは商品購入に使うことができますから換金率を提げる手段になります。
ちなみにこのクレジットカードは月末締めで支払日は翌月26日です。セゾンカードでクレジットカード現金化をしている人が、信販会社を分散させて現金化しようとすると際、三井住友が信販会社であるこのカードはお勧めの一枚といえます。

また、アマゾンでは楽天ほどではありませんが、キャンペーンをしています。そのようなキャンペーンに乗ることで有利な換金率になる場合もあります。

 

手軽にできるアマゾン現金化

アマゾンでクレジットカード現金化をする場合、換金対象物を多く販売しているため有利です。アマゾンを日常的に使いこなしている人であれば、どの商品が他の店舗より割安であるということも知っているでしょう。

アマゾンにはアマゾンが販売している商品だけが紹介されているわけではありません。場合によっては別の業者のほうが安く販売している場合もあります。品薄でアマゾンでは売っていなくても、他の業者で販売しており、高換金率のチャンスになっていることもあるでしょう。

他のサイトを見ることなくアマゾンだけで換金対象物を探すことができれば効率のいいクレジットカード現金化ができるのではないでしょうか。
必ずしもamazonギフト券だけがクレジットカード現金化の手段ではないのです。

 

ギフト券の現金化は確実

とはいえ、アマゾンでクレジットカード現金化をしようとする際に一番確実なのはamazonギフト券でしょう。
amazonギフト券が他の金券と違う点は金額を指定することができる点です。

クレジットカード現金化をする場合、まず気をつけるべきことは必要最低限の現金化に留めることです。少なすぎては意味がないことは当然として、大は小をかねるとばかりに多めに換金してしまうと請求書をみて真っ青になります。
自分の必要とする金額をしっかりと認識した上で、amazonギフト券の買取業者やオークションサイトでどの程度の換金率になっているかを調べることが大切です。

どの買取業者にするか決まったら、換金率から逆算していくらのamazonギフト券を買うか決めるのです。
その際、一番買取店で有利に買取をしてくれるEメールタイプの再送できるタイプにすることは忘れてはいけません。

このようにすることで手堅くクレジットカード現金化をすることができます。
また、アマゾンはネット通販業者なので、アカウントを一人でいくつか持っても問題はありません。アカウントを作る際に住所の入力が必要ですが、物を買うわけでなければ適当な住所でいいです。
なぜこのような話をするかといえば、クレジットカードでamazonギフト券などを購入すると怪しまれる可能性があるためです。

そのため、アカウントを複数つくり、フリーメールも使用するクレジットカードも別にすることで怪しまれないようにする必要があるのです。

ただし、ホットメールなどのフリーメールを作ることは難しいことではないですし、住所は自分の実家などにしてもいいでしょう。アカウントを作る際に確認されるのはメールアドレスにメールが届くかどうかの確認だけであり、住所の確認まではしないのです。

 

アマゾンを使い尽くそう

自分に商品の知識があれば転売をすることで利益を出すことも可能です。
原価ぎりぎりでの販売であっても換金率としては非常に割のいい現金化ができます。

自分にどれだけの知識があるかにかかっていますが、ノートパソコンやデジタルカメラなどのように大きさの割に値段が高いものはクレジットカード現金化の対象としてはチャンスです。同様の理由でブランドバッグなどもお勧めなのです。

この方法の利点は、クレジットカード現金化を警戒している信販会社をやり過ごすことができる点です。
先ほど、アカウントを複数設定する利点について述べましたが、それでもアカウントをすべて使い尽くし、さらにクレジットカード現金化をしたいという場合にはリスクが生じます。

このように信販会社からチェックされるリスクを排除するためには、商品購入のほうがいいのです。
高額商品を購入すると信販会社から電話があることがありますが、これはクレジットカード現金化を警戒しているのではなく、不正利用をチェックしているので心配要りません。変にあわてると別の意味で警戒されてカード利用を一時停止されることがあるので注意が必要です。

 

クレカのポイントも現金化のネタ

クレジットカード現金化をする人は、クレジットカード自体のポイントも結構な量になるでしょう。

クレジットカード現金化を繰り返すことはお勧めできませんが、以前現金化してからしばらく経って再度クレジットカード現金化をする必要が生じることがあります。
クレジットカードのポイントはキャッシュバックに利用することもできますが、請求代金の支払に充てることもできます。

クレジットカード現金化をする際、P-ONEカードのように請求額から一律1%引きという請求が一番ありがたいのですが、ひとつのカードでクレジットカード現金化を繰り返すことは危険です。
しかし、別のカードであっても高還元率のカードであればキャッシュバックも大きいので有利ですし、請求額に充てることができれば支払日に準備する資金を節約でき、資金繰の上で有利になるでしょう。

クレジットカードのポイントは請求月に付きます。そのため、通常は請求金額のためにはならず次回以降に使うことになります。しかし、アメックスのように請求とともにポイントが付き、かつそのポイントで支払代金に充てることができる場合もあります。

アメックスのポイント還元率は0.3%と非常に低いし、ご存知のとおり審査も厳しいため一概にお勧めできません。しかし、支払代金を減らすことができる有利さは他のカードにはないメリットだといえます。

 

アマゾン現金化の例

アマゾンでノートパソコンを買うとしましょう。
パソコンを新品で売却する際、買取業者は保証書に販売店のスタンプなどが押されている状態を嫌います。しかし、アマゾンでパソコンを買っても保証書にスタンプを押しません。つまり、一番いい状態で売却できるのです。

買取店では新品のノートパソコンをアマゾン購入価格の7割から8割で買取しています。

また、アマゾンではたまにメーカーとタイアップをして割引セールをしています。
最近は東芝が対象になっているようでモノによっては4千円引きになっていることがあります。

たったの4千円かと馬鹿にしてはいけません。14万円程度のパソコンなので、これだけで3%の差が出るのです。
デジタルカメラの換金率も似たような水準で、アマゾン購入価格の7割から8割です。キャノンやニコンのデジタル一眼レフカメラで「フルサイズ」と呼ばれるちょっと大き目のカメラは定価が高いです。

キャノンのEOS5Dというカメラをアマゾンで買うと26万円程度します。買取店ではこのカメラを21万程度で買取をしてくれます。

最近ニコンのプロ用カメラでD4というカメラが新発売されていますが、このカメラはアマゾンで69万します。結構高いのですが品薄なので、買取店でも買取率を公表していません。
他店舗との競合上表示していないためと思われるので高い換金率が期待できます。このような時期は現金化のチャンスなのです。

 

まとめ

クレジットカード現金化で一番有利だと言われるのは新幹線回数券などの金券ですが、実際に現金化をする際には金券ショップが開店している平日の昼間に行動する必要があります。

また、金券をクレジットカードで買うためにはみどりの窓口などで買うことになりますが、ご存じのとおり最近は信販会社がクレジットカード現金化を警戒しているため簡単に買うことができなくなっています。

そこで最近スポットライトを浴びているのがamazonギフト券です。
amazonギフト券は紙の形ではなく、番号管理されているギフト券です。

一部のギフト券はギフトカードとして紙の形をしていますが、カード自体には価値はなく、ギフト券として使うことができるのは番号部分なのです。
ネット通販であるアマゾンなのでギフト券もネット上での販売になります。

比較的簡単に購入することができ、額面の設定も自由にすることができます。
クレジットカード現金化の手段としてamazonギフト券を利用する際には、自分が必要な金額を指定することができるため無駄がないという点もメリットだと言えます。

新幹線回数券や、信販会社のギフトカードは金額が決まっているため、自分が必要な額に満たなかったり、多すぎたりすることがありますが、amazonギフト券ならそのような心配はありません。

一般のサラリーマンの方が、無理なく平日にクレジットカード現金化をしようとする場合にamazonギフト券を使った現金化はお勧めできる方法だと言えそうです。

もちろんアマゾンで他の商品を購入して換金する方法も、amazonギフト券だけを何度も繰り返す危険性を回避する補助手段として有効です。