amazonギフト券を少しでも高く換金しよう

クレジットカード現金化の対象としてamazonギフト券を考えた場合、金券ショップで信販会社などのギフトカードや新幹線回数券を換金する場合に比べて換金率は落ちます。

しかし、これらの金券と比べて、amazonギフト券はクレジットカードで購入しやすいことも事実です。つまり、信販会社のチェックを受けにくいのです。

また、amazonギフト券は、専門の買取業者しか買取をしてくれません。買い取ったamazonギフト券が有効かどうかを確認する手段が限られているためです。

しかし、有利なamazonギフト券買取業者を見つければ、気軽にクレジットカード現金化を実行することが可能です。

 

amazonギフト券って換金できるの?

ネットショッピングをする際、品ぞろえが豊富なamazonを利用する人も多いでしょう。

実はamazonにはギフト券があります。ネット上のギフト券なので番号で管理しているのです。

クレジットカードの入会時にamazonギフト券をプレゼントしてくれることも多いのですが、信販会社は必ずしもamazonギフト券をamazonで購入しているわけではありません。

amazonギフト券はamazonのサイトをはじめ、他にもコンビニや専門の金券ショップがあり、金券ショップなら額面の95%程度で販売されています。

最近は割引価格購入できるため、「amaten」や「ギフティッシュ」「ギフトレ」などの売買サイトでの購入者が増えております。

もちろんamazon利用者も購入しています。

このような専門ショップは買取もしています。

買取をしないと供給できないので、ある意味当然のことですが、案外買取業者はいくつかあるものです。

amazonギフト券をamazonで購入し、クレジットカードで決済すればすぐに購入することができます。

購入したamazonギフト券を専門のショップに販売すれば現金で買取をしてくれます。クレジットカード現金化が完了するわけです。

形のある新幹線回数券や信販会社が発行しているギフトカードなどの金券であれば、金券ショップで買取が可能です。

クレジットカード現金化をしようとする人も安心して販売できるでしょう。

ただし、amazonギフト券の買取はネット上での取引になります。amazonギフト券の番号が有効か否かを確認する必要があるためです。

そのため、amazonギフト券の現金化をする際には業者選びが非常に大切です。買取専門の業者もあれば、オークション形式の業者もあります。

amazonギフト券の現金化をする際には、どの業者を選ぶかで換金率に差が出ることは覚えておいた方がいいでしょう。

 

amazonギフト券は商品券

このようにamazonギフト券を買取してくれる業者があることはお分かりいただいたと思います。

amazonギフト券は、信販会社のギフトカードのようにamazon内で自由に使うことができます。

もともとamazonは、同じ商品でも他の通販業者より安い値段で販売していることが多いのです。

価格comなどの価格比較サイトを見ても、家電量販店などより有利に買い物ができるのです。

Amazonの商品カテゴリーを見ていただければわかると思いますが、非常に品ぞろえが豊富です。

Amazonで買えないものはないと言って過言ではないほどです。

amazonギフト券は、そのamazonで支払手段として使うことができる商品券なのです。

 

amazonギフト券買取専門業者は多い

では、amazonギフト券を買い取ってくれる専門業者はあるのでしょうか?

そして、その業者は信用できるのでしょうか?

この疑問を完全に解決することができる手段は、自分で業者を探して少額のamazonギフト券を買い取ってもらうことです。

最近は、クレジットカードのポイント交換をamazonギフト券にしていることが少なくありません。

交換したamazonギフト券を買い取ってもらえばいいのです。

一度取引をしてみると、代金の回収がスムーズにできるかというようなことも実際にわかります。

ネットの口コミ記事も大切ですが、一番確実なのは自分で実際にやってみることです。

ネットでamazonギフト券買取専門業者を探すと、オークション形式の業者と買取専門の業者があります。

どちらが有利かは自分で確認することをお勧めしますが、どちらかと言えばオークション形式の業者が有利だといえそうです。

買取業者の買取率は、多少変動するものの固定されていることが多いです。

これに対し、オークションであれば変動していますから、高い時に売却することが可能です。

買取業者の買取率は、最高でも90%前後です。

これに対し、売買サイトの相場は95%程度です。

手数料として2%程度差し引かれますが、実質93%程度の買取率を期待することができます。

しかし、買取業者が一方的に不利だとは言えません。

クレジットカード現金化をしようとする人にとっては、今すぐお金が必要な人も少なくありません。

そのような場合に相場の高いタイミングを見計らうことなどできません。

買取であれ、オークションであれ、どちらが有利かはその時々によって変わります。

オークションサイトの相場だけを見て手数料のことを忘れると期待外れになりますし、amazonギフト券の相場が高い時に買取業者に売る必要はないでしょう。

amazonギフト券買取専門業者は多いので、タイプの違う業者をピックアップしておくことで、いざクレジットカード現金化の必要が生じたときに有利な現金化ができます。

 

ネット経由だから簡単

クレジットカード現金化の方法を選択する際、選択基準はいくつかありますが、その中で結構重要な基準として簡単さがあります。

クレジットカード現金化で新幹線回数券に人気があるのは、比較的容易に購入することができる点と、買い取ってくれる金券ショップが多い点にあります。

信販会社のギフトカードは、換金率こそいいのですが、実際にクレジットカードでギフトカードを買おうとしても、即日送ってくれないようなこともあります。

そのため思い通りの現金化ができない可能性があるのです。

amazonギフト券は、amazonでいつでも購入が可能です。

しかも金額を自分の好きな金額にすることができます。クレジットカード現金化で必要な資金額を入力すれば、無駄な現金化を防ぐことができます。

amazonギフト券のオークションサイトを見ると、1000円単位のギフト券が表示されていることが多いのですが、たまに500円単位や10円単位の端数が付いたものがあります。

実際にこのようなamazonギフト券が売られているのを見れば、金額を自由に設定できることをわかっていただけるのではないでしょうか。

また、売却する際も、業者は全てネットでの取引になりますから、紙タイプの金券を現金化するように、わざわざ店舗をいくつか回って最高価格の店を探す手間を省くことができます。

ネットですべて取引ができる点は、他の金券を使ったクレジットカード現金化に比べると利便性が高いです。amazonギフト券は、換金率が新幹線回数券に比べると低めですが、それ以上に現金化の手段が容易である点が人気の秘密なのです。

 

信販会社を気にしなくていい

amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化の利点の一つに、信販会社を気にしなくていいと言う点が挙げられます。

もちろんノーガードでいいわけではなく、amazonギフト券を買う言い訳を考えておく必要はあります。

しかし、ある程度のギフト券を登録することで気軽にamazonで買い物ができるとか、欲しいものがあるから自分用に買ったとかの言い訳を考えることは難しくないはずです。

Amazonでプレゼントを選ぶ際、服や靴のように価格は同じでも色違いの同一商品が複数ある場合があります。色などは実際に買う人の趣味が反映されるので、下手に自分で商品を選ぶと逆効果になることがあります。

それであれば、商品の金額分をamazonギフト券でプレゼントをして、実際の購入は相手に任せる方法もあるのです。amazonギフト券の額面に端数がついているから必ずしも怪しいとは言い切れないのです。

実は信販会社はJRで新幹線の回数券を買っても、購入した商品をリアルタイムで把握できません。

信販会社にリアルタイムで送られるデータは購入金額だけなのです。

ただし新幹線の回数券などを購入すると、金額などからある程度推測ができるようなので、照会されることがあるのです。JRで売っているものは乗車券なので、10万円単位であれば回数券だとわかるのです。

これに対し、Amazonではいろいろな商品を販売しています。

しかも、amazonギフト券の額面は、先ほど述べた通り自分で自由に決めることができます。

Amazonから金額だけのデータが届いても、amazonギフト券とはわからないことが多いのです。

 

amazonギフト券現金化の活用方法

amazonギフト券現金化をする理由はいくつかあるでしょう。

人によっては、消費者金融でお金を借りたいけど、総量規制の関係で融資を受けることができないと言う人もいるでしょう。

このような場合は下手にヤミ金を利用するのではなく、クレジットカード現金化を利用することで当座の資金を調達することをお勧めします。

また、消費者金融でお金を借りること自体に抵抗がある人もいらっしゃるでしょう。

職場への在籍確認の電話があるから消費者金融を使わないと言う人もいるのです。

中には、支払遅延を起こしてカードローンの利用を停止されている人もいらっしゃるかもしれません。

そのような人たちにとって、比較的容易なamazonギフト券によるクレジットカード現金化は非常にありがたい資金調達方法なのです。

ただし、クレジットカード現金化は、最長でも2カ月程度の期間しか借りることができません。

返済ができないと、信用情報機関に遅延情報が登録されます。

その後のクレジットカード利用に支障が出る場合があるため、絶対に支払をする必要があるのです。

クレジットカード現金化は、金融機関でお金を借りることができない人にとって非常に有用に手段です。

しかし、支払遅延等の問題を起こすと二度と使えなくなってしまう可能性があることは忘れてはいけません。

 

おまとめローンのつなぎ資金

amazonギフト券現金化をする人の中には、おまとめローンのつなぎ資金として使う人もいます。

おまとめローンとは、自分の借金を一つの消費者金融などに一本化することですが、融資限度額が少ないとすべてのローンを一本化できません。

銀行や消費者金融のおまとめローンを利用すればいいのかもしれません。

しかし、案外審査が厳しい点と、宣伝されている割に金利が下がらないことも事実です。

それならば、一つだけカードローンを残して、他のローンをすべて完済してしまえばいいのです。

消費者金融の増枠審査は、契約者の借入残高ではなく、カードローンの契約残高で判断します。

そのため、他の消費者金融などを完済・解約して、残高をゼロにするのが、審査に通るために一番必要な条件なのです。

しかし、それを実行しようとしても一時的に完済させるための資金が必要です。

残そうとするカードローンに融資余力があればいいのですが、もしなければどこかから借りる必要があります。

このような場合、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は非常に有用です。

上記のとおり換金率は必ずしも良くありませんが、返済の目途が立っているため、返済が危ぶまれることはありません。

増枠審査をクリアして利用限度額を上げれば、クレジットカードの決済日に返済することができます。

消費者金融の増枠申請は、必ずしも即日審査とはいきませんが、それでも2カ月あれば十分でしょう。

 

審査に通らない場合の借入手段

事情は人それぞれでしょうが、今日どうしてもお金が必要な場合は、どこかで資金調達をする必要があります。

しかし、消費者金融であれ、銀行であれ、お金を借りる以上は審査があります。

審査に通らない限り借入はできないのです。

いつもクレジットカードなどの支払をきちんとしていれば、審査を恐れる必要はありません。

しかし、信用情報機関のデータに支払遅延月がいくつかあるようだと審査に通らない可能性があります。

しかも、一つの消費者金融で通らないからと別の消費者金融に申し込むと、申込実績は信用情報機関に残りますから、何かあるのではないかと審査に落とされることがあります。

このような場合にamazonギフト券を利用したクレジットカード現金化を利用することで、当座の資金調達が可能です。

クレジットカード現金化は、改めて審査をすることなく資金調達ができる手段なのです。

既存のショッピング枠を使ってお金を借りようとする方法なので、気軽にできるのが利点です。

amazonギフト券の買取業者は、amazonギフト券の番号確認後にすぐに送金してくれます。

amazonギフト券の購入は、クレジットカードのショッピング枠を使って決済することになりますが、これを現金化することで資金調達するわけなのです。

もちろん、信用情報機関のデータをこれ以上悪化させないために、支払期限にはきちんと支払ができるように対応することは必須です。

 

消費者金融が使えない場合

消費者金融には、総量規制といわれる融資制限があります。他の無担保ローンも併せて年収の3分の1以上は貸さないという融資制限です。

そのため、借りたくても借りることができない事態に陥ることがあります。

このようなときにお金がどうしても必要だという場合にもamazonギフト券を利用したクレジットカード現金化を利用することで、当座の資金調達が可能です。

クレジットカード現金化には総量規制のような融資制限がありません。

しかも、ショッピング枠を使うわけですから、クレジットカード利用枠を最大限に利用することができます。

消費者金融の多くは、総量規制ギリギリまで融資をしてくれないことが多いです。

特に大手はその傾向が強いため、総量規制に近づくにつれて次第に借りる相手は中小規模の消費者金融にシフトすることになります。

できるだけ早期に返済して、総量規制の枠内に収まる借入残高に収めたいものですが、お金が必要な時はどうしても重なります。

総量規制の枠に収まるまでの間、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化でしのぐことも一つの方法だと言えるでしょう。

しかし、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は一種の緊急処置です。

クレジットカードの締日翌日にamazonギフト券を購入しても、最長2か月後には支払日が到来します。

支払日に遅れると、信用情報機関に支払遅延のデータが付くというだけではなく、自分の資金繰りが狂い始めることが多いのです。

信販会社がクレジットカード現金化を警戒しているのは、2か月ごとに支払期限が到来するため、自転車操業になってしまうことなのです。そして結果として支払不能や債務整理に陥ってしまうことを恐れているのです。

 

面倒な手続なしでお金を借りたい

消費者金融を利用した経験がないけど、消費者金融に対して警戒感を持っている人も少なくありません。

そのような方が資金不足になった場合、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は一つの資金調達手段になりえます。

調達したい金額によりますが、10万円程度の金額であれば、わざわざ消費者金融に申込をして、審査や職場への在籍確認の電話を受けるより賢明な選択だといえます。

また、クレジットカードにはキャッシング枠があり、消費者金融より審査は緩めです。しかし、この場合も職場への在籍確認の電話がある場合があるため簡単に頼ることはお勧めできません。

それにボーナス月を翌月に控えているものの、バーゲンで売っている服を買いたいと思った時などに、いちいち消費者金融の審査をうけるのは面倒でしょう。

amazonギフト券の換金率は業者を選べば93%程度は期待できます。

10万円のamazonギフト券を購入すれば10万円弱の現金化が可能です。

利息として2か月間で7千円の支払が必要になる計算にはなりますが、面倒な手続が不要になると考えれば、必ずしも高いとは言い難いでしょう。

クレジットカード自体の審査はすでに終了しているわけですから、改めて審査の必要はありません。当然職場に信販会社から電話がかかることはあり得ません。面倒なことを考える必要はないのです。

また、近い将来に自動車ローンや住宅ローンなどを借りる計画をしている人は、消費者金融などで借金をした経歴があると審査で不利になる可能性があります。

このような場合、自分の信用情報はできるだけきれいにしておいたほうがいいのです。

特に銀行は住宅ローンの審査をする際、消費者金融の借入枠が設定してあると不利になることが多いです。

借金体質の人ではないかと警戒されるためです。

今後何度か借入をするかもしれないという場合であれば別ですが、一度だけであればamazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の方がお勧めです。消費者金融への申込は、自分の信用情報に案外影響するものです。

 

amazonギフト券を買い取る金券ショップ

amazonギフト券の買取業者をネットで検索すると、結構多くの業者がヒットします。

先ほど述べた通り、買取専門店とオークション形式の専門店に大別されます。

先ほど述べたとおり、両者ともに長所と短所がありますから、一概にどちらがいいとも言い難いので、自分の都合のいい業者を選択することが必要です。

ただし、amazonギフト券の買取は、ネット上での取引という性格上、詐欺被害にあいやすいことは忘れてはいけません。警戒しすぎるほどの警戒心を持って業者選びをすることが大切です。

また、このことは業者側も危惧しているわけであり、購入したamazonギフト券の効力を確認しない限り代金を振り込んでくれることはありません。

一般的に買取専門店は、振込が素早いのですが最初の取引では警戒されるためか、ちょっと遅めです。

とはいえ、翌日になるようなことはありません。

これに対し、オークション形式の店舗は買取をしてくれる人がいない限り現金化できません。

低い価格で出品すればすぐに買い手がつきますが、それでは意味がありません。

また、落札後も落札者がamazonギフト券の有効性を確認しない限り入金されません。

amazonギフト券を買い取る金券ショップはいくつもありますが、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の目的を明確にしないと、不利な条件で取引をすることになってしまいます。

ネットなどでどんな業者があるかを情報収集して、一番有利で自分の都合にあった業者を探すようにしたいものです。

 

換金率90%がボーダーライン?

クレジットカード現金化の手段としてamazonギフト券を使うことは、信販会社に怪しまれにくいという意味でお勧めの方法です。しかし、その反面、他の金券に比べると換金率が低いと言う欠点もあります。

買取業者によって換金率が異なるのですが、現実的な還元率としては90%がボーダーラインではないかと思われます。

これを下回ってしまう換金率、例えば85%のような場合ですとクレジットカードの締日翌日にamazonギフト券の換金をしても2か月間で、amazonギフト券の15%のお金を追加で準備しなければいけないためです。

単純計算ですが、年利率90%という法外な利率になるため、換金率があまりに低い場合は換金自体を避けたほうが賢明です。

また、amazonギフト券の換金方法として、amazonで買い物をしてそれを売却すると言う方法を紹介しているサイトもありますが、古物の換金率は5割から6割と非常に低いです。

先ほどボーダーラインを90%と述べましたが、この場合でも10万円のamazonギフト券の換金をしても次回の決済日までに1万円の追加資金を準備する必要があります。

年利率換算をすれば60%ですから、かなり高利の借金をすることになります。

クレジットカード現金化をする場合、クレジットカードで一番利用枠の大きなショッピング枠を使うことになるため、有利な現金化が可能になります。しかし、決済日には資金不足で苦しむことにもなりかねないので、換金率には特に気を配ることが大切です。

 

キャンペーンを狙おう

amazonギフト券の買取業者は、たまにキャンペーンで1%程度換金率を上げることがあります。

amazonギフト券10万円当たり、千円ということになりますが、金額が大きくなると無視できない差になります。

ただし、このキャンペーンはamazonギフト券の買取相場によって変動することが多いです。

amazonギフト券の買取業者としてWEBで有名な店舗に「amatera.co.jp」があります。この業者の基本的な買取率は最大でも90%です。

しかしamatera.co.jpも時期によってはキャンペーンを実施しています。

他の業者も同様で、2%程度換金率を上げてくれたり、カタログギフトをくれるケースもあるようです。

ただし、買取業者のキャンペーンはオークション形式の業者との買取率を埋めることが目的のようです。

amazonギフト券のオークションサイトとして、「amaten」という業者があります。

この業者のサイトを見ると、95%から98%程度の範囲内で販売価格が提示されています。

ただし、3.5%の手数料が必要なため、事実上の換金率は91.5%から94.5%ということになります。

買取業者がキャンペーンで93%という数字を提示していたら、オークションでも手数料を引いた手取ベースで、その程度の買取率で成立していると考えればいいでしょう。

ちなみにオークション業者では、販売価格を自分で設定することができます。ただし、あまりに高いと売れませんし低すぎると換金率が悪化します。

WEBに表示されている販売中のamazonギフト券の販売価格をチェックして販売価格を決めればいいでしょう。

 

大切なのは換金率

amazonギフト券を現金化する際にどの業者にするかはいくつか基準があるでしょう。

今まで述べたことを整理すると、

  1. 信頼できる業者
  2. 換金率がいい業者
  3. 入金が速い業者

 

などが考えられます。

しかし、この中で一番優先すべき項目は、②の換金率です。

amazonギフト券を現金化してくれる業者の中には、換金率が90%を割っている業者があります。この場合、かなり割の悪いクレジットカード現金化になります。

信頼できる業者であることは大切ですし、入金があまりに遅ければお金が必要な時に間に合わないかもしれません。

しかし、換金率が低いと決済日に資金が準備できない危険性が高くなります。

必要な資金を準備するために必要なamazonギフト券が多くなるためです。

例えば、10万円の資金が必要な際にamazonギフト券の現金化をしてみる場合を考えてみましょう。

換金率が95%であれば106,000円ほどの現金化でいいでしょう(100,000÷0.95=105,263円)。

しかし、換金率が90%なら111,111円になりますし、85%なら117,647円とドンドン膨れ上がります。

クレジットカード現金化で一番気を付けなければいけないのは、決済日に支払ができなくなることです。

そのためには決済日の支払額を少しでも少なくする必要があります。

だから、一番大切なことは換金率だと言う話をしているわけです。

お金が足りないと後先のことを考えずにクレジットカード現金化をしたくなるものですが、決済ができなくなったら更に問題が大きくなることは忘れてはいけません。

既に述べた通り、信販会社は、クレジットカード現金化を警戒しています。amazonギフト券の支払が原因で支払遅延になったような場合は、信販会社の対応はかなり厳しいと考えたほうがいいでしょう。

 

買取業者のチェックは複数サイトで行おう

amazonギフト券の買取業者は一つだけではありませんが、どんな業者があるかはわかりません。

ネットで検索すれば複数の業者がヒットしますが、比較は難しいでしょう。

その際は、業者の比較サイトをチェックしてみることも一つの方法です。

ただし、サイトの記事が業者の紹介になっているようなこともありますから、一つだけではなく複数の比較サイトをチェックすることをお勧めします。

複数の比較サイトをチェックすることで、検索だけではヒットしなかった業者を探すことができるかもしれません。

ただし、最終的には自己責任での選択になることは忘れないようにしてください。

 

クレジットカードも一工夫してみよう

amazonギフト券を利用してクレジットカード現金化を考えるのであれば、それなりに戦略が必要です。

手元にあるクレジットカードを利用してamazonギフト券を購入してもいいのですが、ちょっと落ち着いて考えるだけで有利な現金化が可能です。

クレジットカード現金化に的を絞れば、締日から支払日までの期間が長いカードが有利です。

セゾンカードなどがクレジットカード現金化によく利用される理由の一つが、この期間が1か月以上あることなのです。

また、クレジットカードを利用する人の目的としてポイントが挙げられます。

最近は高還元率カードが多くなりましたから、使ってらっしゃる人も少なくないでしょう。

しかし、キャッシュバックを受けることができるのは案外遅いので、大きなメリットとは言えません。

一番重視すべきことは、締日から支払日までの期間ではないでしょうか。

この観点でクレジットカードを探してみると、有利にクレジットカード現金化ができるはずです。

また、クレジットカード現金化をしたい時期は、お金が必要な時のはずです。

クレジットカードの締日は月末が多いのですが、必ずしもお金が必要な時期が月初めとは限りません。締日を分散させることも必要でしょう。

同一の信販会社が発行しているクレジットカードを何枚も持っていて、クレジットカード現金化を何度もしていると怪しまれる可能性があります。

締日ごとにクレジットカードを分散するのであれば、できるだけ信販会社も分散したほうがいいでしょう。

 

どんなクレジットカードが有利か?

クレジットカードでamazonギフト券を購入すると、購入額が請求日に引き落としされます。

当然のことですが、後先のことを考えずにお金が欲しいからとクレジットカード現金化を考えている人は、このことを忘れていることが多いです。クレジットカード現金化で一番大切なことは、実際の支払日に確実に支払をすることなのです。

その観点からすると、20万円の請求をされるのと、請求日に少しでも値引をしてくれるのとでは準備する支払資金の調達という点で違いが生じます。

もちろん締日から請求日までの期間が長い方が有利なのは当然ですが、実際の支払のことを気にする必要もあるのです。

 

Amazon MasterCardは有利か?

ご存知の方も多いと思いますが、amazonもクレジットカードを発行しています。Amazon MasterCardのことです。

発行している信販会社は三井住友カードですが、年会費の有無でamazon利用に対して1.5%又は2%のポイントが付き、ポイントはそのままamazonでの買い物に利用できます。

年会費が必要なゴールドカードはAmazonプライム付きとはいえ10,800円と高額なので現実的ではなく、年会費無料のカードの方が有利です。ゴールドカードは還元率が0.5%高いのですが、逆算すると200万円以上の買い物をしないと割に合いません。

年会費無料のカードは還元率が1.5%なので、10万円ごとに1,500ポイント貯まります。ただし2,500ポイントごとしか交換できないので、すぐに貯まったポイントを使いたければ17万円程度の現金化をする必要があります。

ただし、締日が月末なのに対して、支払日が26日とちょっと早めなのが難点です。

もし20万円のamazonギフト券をAmazon MasterCardで購入すると、3千円分のポイントが付きます。93%で換金すると手取収入は18万6千円になります。

ここで実質的な支払額を19万7千円と考えると、利息相当額は1万1千円で支払猶予期間は57日となります。実質的な利率は年利換算で39%となります。大手消費者金融の利率に比べるとかなり高いのですが、不当に高いとも言い難い水準ではないでしょうか。。

消費者金融を使うことができれば、わざわざクレジットカード現金化を利用することはないはずです。そのことを考えれば、Amazon MasterCardを使ったamazonギフト券の現金化は悪い手段ではないでしょう。

 

値引き型のカードは案外強い

しかし、amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化に利用するクレジットカードは他にもあります。

その中でお勧めしたいカードにP-ONEカードがあります。

ご存知の方も多いでしょうが、請求の都度1%引きになるカードです。20万円の利用であれば19万8千円の請求になるわけです。

先ほどのAmazon MasterCardでは、amazonでしか使えないポイントでの還元ですが、P-ONEカードは請求額自体から値引きをしてくれるため、実際の支払額が減額されると言う点で強みがあります。

つまり、20万円のamazonギフト券を購入した場合にAmazon MasterCardでは、20万円の請求がされるのに対し、P-ONEカードであれば19万8千円の請求しかされないわけです。

クレジットカード現金化の最大の問題点は、信販会社からの請求日にきちんと支払ができるかどうかです。そのことを考えれば、少しでも支払額が少なければありがたいと言えるのではないでしょうか。

P-ONEカードは毎月1日という中途半端な日が締日です。そして、支払日は翌月1日なので、2か月間ぴったりの支払猶予期間です。

20万円のamazonギフト券をP-ONEカードで購入し、93%で換金すると実質金利は36.8%となります。安くはありませんが、締日翌日にamazonギフト券を購入してすぐに換金すればそれほど高利率とは言えないのではないでしょうか。

 

高還元率カードは有利か?

世の中には高還元率と宣伝されているクレジットカードがあります。

とはいえ、一般的な年会費無料カードでは高還元率とはいえ1.5%が限界です。つまり、Amazon MasterCardと条件は同じです。

また、高還元率カードのほとんどはポイント交換の手続をしないとキャッシュバックを受けることができません。amazonギフト券を購入した請求とともにポイントが付いたとしても、そのキャッシュバックをamazonギフト券の支払に充てることはできないのです。

高還元率カードを使えば、amazonギフト券の現金化は有利だと言われることがありますが、この時間差のことを考えれば必ずしもそうとは言い切れません。

ただし、ライフカードのように誕生日月にポイント付与率が5倍になるような場合はちょっと話が別です。

また、Orico Card THE POINTのように入会から半年は還元率が2%になるカードも狙い目です。

 

ライフカードの締日は毎月5日ですが、引落銀行によっては翌月3日が支払日となります。

また、オリコカードは月末締めで翌月27日支払です。締日から支払日までの期間はまあまあと言うところではないでしょうか。

ただし、オリコカードに入会してからいきなりamazonギフト券を10万円単位で買えば、利用額が大きすぎて怪しまれる可能性があります。カードが手元に来たら千円程度でもいいので、2か月から3か月間は、毎月一度は利用してみることが大切です。

こうすることでデータ上は「お得意先」になるのです。利用実績というものは案外大切なのです。

 

換金率の悪さをどうカバーするか?

ここまでで述べたように、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は、amazonギフト券の換金率が実質的に上限93%と思われますので、あまり割がよくありません。

しかし、新幹線回数券や信販会社のギフトカードより手軽にクレジットカード現金化ができると言う利点があります。

amazonギフト券買取業者やオークションの換金率は自分で変えることができません。

もし、何とかしようとしたければ現金化の手段であるクレジットカードを工夫することが大切です。

先ほど述べたとおり、クレジットカードの選定は非常に大切ですが、世の中にはいろいろなクレジットカードがあります。

手持ちのクレジットカードが何枚もあれば、それを使うのも一つの方法かもしれません。

どんなクレジットカードを使えばamazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の欠点を克服することができるのでしょうか。

 

締日翌日に買取してもらおう

amazonギフト券を利用してクレジットカードの現金化を試みる場合は、利用するクレジットカードにも一考の余地があります。

基本的な現金化の手法は、締日翌日にamazonギフト券を購入してギリギリまで支払日を遅らせることです。すでに述べたとおり、クレジットカード現金化では、支払を遅らせることが一番大切なのです。

そのため、締日から支払日までできるだけ長い期間のクレジットカードが基本ですが、締日が月末ばかりのカードを持っていては、月の中ごろに現金化をしたい場合不利になります。

セゾンカードなどの締日から支払日が長いと言われているカードは、月末締日のものが多いです。

これに対し、締め日から支払日まで1か月を切っているJCBは締日が15日です。

月の後半に現金化をしたい場合、セゾンカードを使うと翌々月4日が支払日ですが、JCBなら15日締めの翌月10日払いなので、翌々月10日が支払日です。

6日間の違いですが、支払資金を調達する猶予が伸びるわけですから、この差が明暗を分けることがあります。

クレジットカード現金化の手法から、どのようなクレジットカードを揃えておけばいいのか、あるいは枚数はどの程度がいいのかということを考えることで、ずいぶんと結果が異なります。

 

締日を分散してみよう

クレジットカード現金化の手法から考えれば、締日から支払日までの期間が長いカードが一番です。

先ほど挙げたセゾンカードだけではなく、出光カードは月末締めで翌々月7日支払ですから、更に有利だと言えるでしょう。

しかし、月末締めのクレジットカードばかり集めても先ほど述べたとおり、月の中ごろ現金化したい場合には不利です。

15日締日のクレジットカードとしては、先ほど挙げたJCBの他にも三井住友カードやUFJカードなどがあります。

しかし、いずれも翌月10日払いなので支払猶予期間は1か月を切ります。

先ほど、換金率85%なら年利90%というと述べました。すごい高利率だと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、これはamazonギフト券購入から2か月後に支払うことを前提にしています。

もし、同じことをJCBカードですると支払猶予期間はもっと短くなりますから、年利率換算では97.7%とほぼ100%に近くなります。ただし、支払日のことを考えればJCBカードの方が遅い支払日になる場合もあるのです。

話をまとめると、amazonギフト券を利用してクレジットカードの現金化を試みる場合は、締日を分散して複数のクレジットカードを持っていたほうがいいと言う結論になります。

申し込む人の信用にもよるので、一概にはお勧めできませんが、5日締めのイフカード、10日締めのイオンカード、先ほど述べた15日締めのカード、エポスカードのように27日締めのカード、そして月末締めのセゾンカードと何枚かを持っているといいでしょう。

 

amazonギフト券の買取業者は複数比較しよう

amazonギフト券を現金化する際のオークションサイトも買取業者も一つだけではありません。

複数あるので比較することが大切です。

先ほど換金率は上限が93%程度と述べましたが、オークションサイトなどでは時期によっては高めの換金率で取引されていることがあります。いくつかの業者を比較することでメリットがある可能性は否定できません。

また、買取業者はキャンペーンをしていることがありますから、いくつかの業者を探すメリットは大きいです。

特に新規会員に対するキャンペーンはよくありますから、チェックする価値は大きいでしょう。

オークションサイトは、販売手数料率に差があります。先ほど述べたamatenは3.5%ですが、別の「Giftissue.com」は2.14%です。販売価格にはさほど差はありませんから、Giftissue.comの方が有利だと言えそうです。

また、業界で一番と言われているamatera.co.jpの最高買取率は90%です。しかし、ギフトチェンジという業者は93%の買取率です。しかも新規顧客は1%買取率を上乗せしてくれます。

もちろん、amatera.co.jpは安心感もありますし、振込のスピードも速いです。

また、紙ベースの商品券や回数券のような金券を換金するより、amazonギフト券の現金化には不安が多いはずです。

金券ショップより信用が重視されるのです。

そう考えると、一概に換金率が若干低いだけで悪い業者だと言えないことも事実です。

amatera.co.jpも定期的にキャンペーンをしているようなので、その時期に現金化をするならチャンスです。

 

信販会社のキャンペーンを活用しよう

信販会社はクレジットカードの新規顧客を獲得するために、常時何らかのキャンペーンをしています。

先ほどオリコの例を挙げましたが、他のクレジットカードでも新規キャンペーンをしています。ただし、期間限定のことが多いためネットで探す必要があります。

効率的にそのようなクレジットカードを探したいのであれば、GetMoneyのようなポイントサイトも便利です。

新規顧客が欲しい信販会社が特別にキャッシュバックをつけて入会させてくれるサイトです。

新入会キャンペーンと、特別キャッシュバックの二重取りができますから結構おいしいです。

Amazon本家が発行しているAmazon MasterCardは、新規申込者全員に2千円分のポイントをプレゼントしています。

いつもキャンペーンをしている楽天カードやエポスカードであれば、時期によっては7千円程度のキャッシュバックを出すキャンペーンをしています。

最近はイオンカードがイオン銀行とのコンビカードである「イオンカードセレクト」をキャンペーン対象としています。

大々的にキャンペーンをしている信販会社の多くは、JCBやニコスのような大手ではなく、独立系の信販会社です。

信販会社も分散させた方がいいと先ほど述べましたが、その観点でもこれらのクレジットカードはお勧めです。

イオンカードの締日は10日なので、他のカードのように月末ではありません。

締日の分散という点でもお勧めできます。

 

まとめ

amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化は、信販会社のギフトカードや新幹線回数券より、換金率が悪いデメリットがあります。

その反面、クレジットカードを使った購入がしやすいため、手軽にクレジットカード現金化をできるメリットもあります。

金券をもってショップを回ることを考えればずっとお手軽なはずです。

クレジットカード現金化をするときは、お金が足らないけど借りる先がないという時でしょう。

そんな時に、あまり手間や時間をかけている余裕はないはずです。

今まで挙げたように、amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化のデメリットを縮小する方法を見つけることでより効率よく活用することができるのです。

また、基本的にamazonギフト券換金率が高い業者は存在しません。

オークション形式の店舗に表示されている販売価格が「時価」なのです。これわり低すぎるのは論外ですが、高すぎる場合は何かおかしいと疑うべきでしょう。

ネットですべて完結できるamazonギフト券を使ったクレジットカード現金化なので、できるだけ効率よく、かつ安全に現金化したいものです。