ここ2年ほどで爆発的に伸びてきている、クレジットカード現金化の方法が「amazonギフト券買取で現金化」です。

amazonギフト券の買取を行う業者に、クレジットカードで購入したギフト券を売って現金化する方法が非常に流行っております。

これはクレジットカード現金化がネット上で普及してきた全盛期に、「konozama」という一社だけ(現:amaten株式会社)がamazonギフト券で現金化を行っておりました。

当時は現金化業界の中ではそこまで注目される事もなく、キャッシュバック方式での現金化の影に隠れほそぼそとamazonギフト券の現金化を行っていたようです。

この、konozamaですが、ネーミングも単純明快ですね。逆から読むと「Amazon OK」になります。

そんなamazonギフト券買取での現金化ですが、2013年頃から業者が増えてきました。

それまでは約1社の独占状態でしたが、konozamaが「amaten」という売買サイトを立ち上げたあたりから、ポツポツとamazonギフト券買取を行う業者が増加してきたのです。

なぜこのように業者が増えてきたかというと、それまでは仕入れたamazonギフト券の出口、すなわち売り先が明確ではなかった為です。

基本的にamazonギフト券は、ギフト券コードの売り買いという性質上、一般的な街の金券ショップや質屋では買取ってくれません。

だから、amazonギフト券を大量に買取れたとしても、その買取ったギフト券はヤフオクなどでコツコツ売って行くしかない状況でした。

一日に何百万円分もの現金化する業者が、こんな手間ひまをかけてヤフオクで売買の手続きを踏んでいては全く埒があかない為、なかなか参入する業者がいなかったという状態でした。

そんな状況が「amaten」の台頭によって解消されたのです。このamatenは当時「amazonギフト券の売買専門サイト」として一気に注目された為、現金化業者の多くは買取ったamazonギフト券をこのサイトで簡単に捌く事可能になったのです。

その後は、日増しにamazonギフト券買取業者の数は増え、今では50サイトほどにのぼります。

換金率の低い業者も多数存在しますが、高額で換金することができる業者も多く存在するため、クレジットカード現金化の方法として今一番注目されている手法です。

代表的なamazonギフト券買取業者をいくつかご紹介しましょう。

konozama(コノザマ)

konozamalogo

amazonギフト券買取での現金化業界のパイオニアです。

キャッシュバック方式でのネット現金化全盛の時代に、異色な方法で現金化を具現化した業者です。

amazonギフト券がクレジットカードで購入できる点に着目し、お客へ現金化サービスを提供する事によって法的問題もクリアすることを実践した現金化業者と言えるでしょう。

ただ当時はamazonギフト券自体の認知度や、市場での需要がかなり低く買取っても売りさばく事が困難だったため、よく現金化サービスとして成立させれらるまで伸ばしたなという印象があります。

このように、あくまでも立ち位置としてはクレジットカード現金化業者ではなく、amazonギフト券買取業者としての立場で違法性をなくしているのです。

ただこのkonozamaですが「amaten」の成長の伴って、2014年9月17日に買取業務を終了しメイン業務を「amaten」に完全移行しました。

2015年に入ってから一時期、ほんの一瞬だけですがkonozamaはギフト券の買取業務を復活しました。恐らくamatenへのギフト券出品の為だと思われますが、現在ではすでに閉鎖されております。

金券買取EX

金券買い取りEXのホームページ

ここは、konozamaに次ぐ老舗と言っていいでしょう。

2012~2013年頃から、konozama方式をそのまま模倣し追従した業者です。

konozamaが、amatenにパワーシフトし始めた頃から、SEOランキングなどで上位表され始め台頭しました。

元々クレジットカード現金化の業者であり、現在も並行して「安心ギフト」という現金化業者と、「金券買取EX」というamazonギフト券買取業者としての顔があるようです。

2013年頃から現在にかけて、業界トップクラスの買取実績と、サービスを誇る業者と言えるでしょう。

一時期amazonギフト券買取では断トツの一位でしたが、他のサイトの台頭もあり現在では業界トップではなく、トップクラスという立ち位置に収まっております。

買取の換金率の非常に高く、常に80%後半から90%の買取を行なっているため、クレジットカード現金化とい意味では非常に高額で換金が可能です。

しかし、安心ギフトで現金化する場合はなぜか70~80%台での換金率になってしまうため注意が必要です。これは恐らく運営母体は一緒ですが、現金化業務と買取業務は別ものと分けて運営している影響からだと思われます。

他にもamaten同様に「ギフティッシュ」という売買サイトも運営しておりますので、金券EXでamazonギフト券を買付を行い、ギフティッシュで売っているとい状況です。

まさに「クレジットカード現金化の総合企業」といったところでしょうか。

 

amatera.co.jp(アマテラ)

amatera新

今現時点で、amazonギフト券買取での現金化は、このamateraが業界トップという認識が一般的です。

「amatera(アマテラ)」と「amaten(アマテン)」と名前がで非常に似ているので、元々はamatenにあやかろうとして付けたのではないでしょうか。運営自体は全くの別もののようです。

このアマテラは、amazonギフト券現金化では後発といっていいでしょうが、一気に買取業界のトップに躍り出てきました。

実際にサイトをみると分かるのですが、元おニャン子の生稲晃子さんが実際に会社へ取材に訪れたり、他にも雑誌やネット上で多数掲載された事がキッカケで、注目された買取業者という事になります。

多数の口コミサイトや、ランキングサイトで上位に位置する業者です。

ある意味現金化業者としては珍しく、キャンペーンや感謝祭を頻繁に行っており、実際に換金率での大還元や豪華商品のプレゼント企画なんかも行っている唯一の業者です。

換金率も常に90%前後を誇るため、amazonギフト券で現金化するならまず真っ先に押さえておかなければならない業者の一つです。

 

買取ライフネット

logo

このサイトも後発組の一つです。

まだ2015年12月現在で言えば、まだ一年未満の買取業者ではないでしょうか。

当初は新規のサイトという事で、amazonギフト券を現金化するには少し不安が残る業者という見方でしたが、実際にはそんなことはなく、しっかりしたサービスを受けられると評判です。

実際にamazonギフト券現金化のジャンルでは、検索結果でも上位に表示され、アマテラ同様多くの口コミサイトでも評価が高い業者の一つです。

amazonギフト券現金化の初心者でも、安心して利用できる業者の一つだと思います。

 

買取本舗(旧ギフト本舗)

gifthonpo1

このサイトもまだ新しい買取業者ですが、かなりの買取実績と、交換率で今非常に注目されている業者の一つです。

大きな特徴の一つに、amazonギフト券だけではなく、「iTunesカード」の買取や「GooglePlayカード」の買取を行なっている、唯一の業者です。

amazonギフト券買取では業界トップクラスですが、「iTunesカード」と「GooglePlayカード」の現金化では断トツで全国1位です。

amazonギフト券の買取を行なう業者は今や非常に多く存在しますが、iTunesやGoogleはまだまだ買取れる業者が少ないというのが理由の一つです。このジャンルは買取が非常に難しく市場もまだまだ成熟し切っていない事も理由になっております。

そんな中でも非常に高額で買取を行なってくれる為、人気の高い業者の一つです。

amazonギフト券の換金率が最低でも87%保障という事で、誰でも安心して現金化する事が出来るのではないでしょうか。

 

以上が、amazonギフト券を現金化する上で、代表的なサイトとなります。

もちろん他にも多数の買取業者が存在します。

まだまだ隠れた名店もあるのでしょうが、やはり安心して利用するなら間違いのない業者を選ぶことが大切になってきます。

 

amazonギフト券の種類

amazonギフト券には約3種類あり「Eメールタイプ」「カードタイプ」「印刷タイプ」というものがあります。

img_amazon

Eメールタイプはその名の通り、購入後メールでギフト券が送られてくるタイプになります。

カードタイプは、グリーディングカードタイプとも呼ばれ、AmazonのWEB上でも購入する事が出来ますが、コンビニなどで売っているのが有名です。

印刷タイプは、WEB上及びコンビニなどの印刷機にて、プリントアウトしたタイプのものを言います。

他にも「法人発行タイプ」というものがありますが、これは一般的には企業のプレゼント企画用やアメニティとし利用されるようです。

この3種類(厳密には4種類)の違いは何かという点ですが、これはただ姿かたちが違うというだけで、この全てのタイプには「ギフト券コード」といわれる、16~17文字の英数字でできたコードが付帯されております。

このコードこそがamazonギフト券で最も重要な部分なのです。

amazonギフト券を現金化するには、このコード番号を売って現金に変える事になるのです。

基本的に、この中3種の中でもEメールタイプのamazonギフト券が、一番換金率が高く買取ってもらう事ができます。

しかし、実際には大事なのはギフト券コードの売り買いという事で、カードタイプだろうが印刷タイプであろうが、本来違いをつけること自体が全く無関係だという事なのです。

しかしなぜか、Eメールタイプだけは少しだけ換金率が高いというのが現状です。

ただ最近ではこのような背景もある事から、どのギフト券タイプでも一律の換金率で現金化する業者が増えてきておりますので、自分が持っているギフト券のタイプと、業者のタイプ別換金率は先に確認する事が必要です。

 

PINCOMでもamazonギフト券が買える

ここ1年ほどで、「PINCOM」という株式会社ウェブマネーが提供する「キャリア決済サービス」でも、amazonギフト券が買えるようになったのです。

20141204_bnr

キャリア決済とは、毎月の携帯電話の支払いと一緒に請求してもらえる決済機能です。

これによって、実はクレジットカードを持っていなくても、携帯電話を持っているだけで「現金化」する事が可能になったのです。

その影響もあり、amazonギフト券で現金化する利用者が非常に増えております。

クレジットカード現金化から、「携帯電話現金化」

カードで現金から、「スマホで現金」といった感じで以前以上に、気軽に現金化する事が出来るようになったのです。

良くも悪くも簡単にamazonギフト券を購入し現金化できるようになってしまった為、際限なく現金化する人も増えているようです。

現金化はある意味借金と一緒ですので、使いすぎにはくれぐれも注意が必要です。

 

amazonギフト券現金化のまとめ

ざっとここまでamazonギフト券買取業界や、クレジットカード現金化についての詳細を書いて参りました。

現金化自体はもうクレジットカードが普及した数十年前からありますが、amazonギフト券買取での現金化自体はまだここ5年ほど。

それも特に普及したのはここ1、2年というから驚きです。

特にamazonギフト券は、最近詐欺などにも悪用されているので、良くも悪くも今後更に注目されていくジャンルになっていくのではないでしょうか。

amazonギフト券現金化は、従来のクレジットカード現金化とは少し異なり、きっちり棲み分けがされているという点にも注目です。

一般的なクレジットカード現金化よりも違法性がなく、更に高額で換金が可能という点が何よりもamazonギフト券現金化の最大の強みです。

ただ、携帯電話などからでも簡単に利用しやすいため、使いすぎには最新の注意を払って下さい。