目次

お金がないけど消費者金融が使えない。
すぐにお金が必要だけど時間がない。

こんな緊急事態に頼りになるのが、amazonギフト券買取業者とクレジットカード現金化業者です。

しかし実は両者は似て非なるもの、ほんの少し違いがあることをご存知でしょうか。
どんな違いがあって、どちらが有利なのでしょうか。

振込はどちらが早い!?

タイムイズマネー

amazonギフト券買取もクレジットカード現金化もお金に困った人にとっては最後の砦と言えるでしょう。
このような際には、資金不足が差し迫っており、1時間、1分という単位で資金を調達したいと焦っていることが少なくありません。

ただ、こんな時に詐欺師の餌食になってしまうことは珍しくなく、通常は絶対に引っかからないような相手に騙されてしまうことがあります。
amazonギフト券買取もクレジットカード現金化も金額が結構大きく、数万から10万円単位になることがほとんどです。

資金不足が緊急事態ということもあり、引っかかった際のダメージは計り知れないものがあります。

スピードはほぼ互角

amazonギフト券買取も、クレジットカード現金化も現金化の申込みから振込までのスピードはほぼ互角です。

厳密にどちらが有利かと言えば、クレジットカードの決済が通れば資金化できるクレジットカード現金化ですが、amazonギフト券買取店もかなり頑張っており、最近ではほぼ互角という結果が出ております。

もっとも、互角とはいえamazonギフト券買取店の場合は転売しないとamazonギフト券自体の有効性がわからず、買取を実行できません。
そのため、時間によってはamazonギフト券買取の方が遅くなってしまうこともあります。

その点を考慮してみると、スピードはほんの少しだけクレジットカー現金化業者に軍配が上がるでしょうか。

業者によってスピードの違いがある

もっとも、買取スピードは業者によって違いがあり、どこの業者を利用しても同じということはありません。
amazonギフト券買取店も買取に慣れている老舗であれば、かなりのハイスピードで転売しますから、時間を問わずスピーディーな買取ができます。

また、クレジットカード現金化業者も手続を面倒にして「形だけだ」と信販会社に突っ込まれないようにしている面があるでしょう。
カード番号だけを決済システムに載せて、決済が通ったら資金を振り込むというわけではないのです。

優良業者を選ぼう

いずれの方法も基本的にネット上の業者です。
特にamazonギフト券はamazonがネット通販ということもあり、お店もネット上になります。
そのため、詐欺師を排除し、優良業者を選ぶ必要があるのです。

口コミサイトなどで優良業者を探すことになりますが、amazonギフト券買取店もクレジットカード現金化業者も人気がある優良店は決まっているので探しやすいでしょう。

関連リンク:amazonギフト券買取のランキング10

関連リンク:90%以上で現金化できる業者トップ5

どちらも消費者金融より確実で早い

amazonギフト券買取もクレジットカード現金化も共通しているのは審査がない点です。
共に身分確認の為に運転免許証などを写メで送ることを要求していますが、審査ではありません。

消費者金融は審査に時間がかかり、平日の日中しか審査をしてくれないことが少なくありません。
少なくとも深夜には審査がないので、翌日まで待たなければいけないことが少なくないのです。

これに比べれば、amazonギフト券買取やクレジットカード現金化は確実だと言えます。

クレジットカード情報の取扱いの違い

クレジットカードの情報

さて、amazonギフト券買取とクレジットカード現金化の違いは何でしょうか。
両者の一つ目の違いとして挙げられるのは、クレジットカード情報を渡すか否かです。

amazonギフト券買取店はamazonギフト券という価値があるモノを転売するため、買取に必要なものはamazonギフト券の番号だけです。
これに対し、クレジットカード現金化はカード番号を業者に知らせないと決済ができません。
つまり、カード情報を業者に教える必要があります。

現金化を利用したことのない人にとっては若干不安がありますね。

amazonギフト券買取業者にはギフトコード番号だけ

このようにamazonギフト券買取店はクレジットカードの情報を必要としません。
amazonギフト券の購入はクレジットカードでしているでしょうが、どのクレジットカードでamazonギフト券を買っているかは転売には一切関係ないのです。

つまり、amazonギフト券買取店がクレジットカード番号を要求したら絶対おかしいです。
悪徳amazonギフト券買取店と呼ばれる店舗の中には、このようにして相手のカード番号などを入手し、カード詐欺をしていることがあります。
このようなケースで被害に遭っても信販会社の補償制度に合致せず自己負担になる場合があるので気を付けましょう。

カード情報は際限なく悪用される可能性もある

基本的に現金化業者もプロですから、こんな事はほぼありませんが、実際にクレジットカード情報を知っていたら際限なく悪用できてしまいます。

そうなれば自分のクレジットカードで利用できる金額がそのまま悪用されるでしょう。
しかも悪用される場所はたいてい海外です。

自分が行ったことがないどころか、聞いたこともないような国で使われ、信販会社から利用確認の電話があってはじめて気づくことも少なくありません。

先ほど述べたようにクレジットカードの補償制度は自分に大きな過失があると適用されません。
クレジットカード現金化業者にカード番号を教えたと言ってしまったら、保障は絶対適用されません。

ただ今まで長い事この業界のコラムを書いてきましたが、現金化業者経由でカードが悪用されたといった情報は聞いたことがありませんので、そこまで不安を覚える必要はないかもしれませんが。

amazonギフト券買取業者の方が安心か

これらの話を総合すると、万が一の際に被害が少なくなるamazonギフト券買取の方が安全性は高いと言えそうです。
クレジットカード現金化は先ほど述べたように、万一詐欺師にカード番号が渡ると被害額が大きくなってしまいます。

そのため、どちらがいいかとなった場合、amazonギフト券買取業者の方が安心度ではお勧めと言えそうです。

リアル店舗の有無

クレジットカード現金化のリアル店舗

両者の違いの二つ目は、リアル店舗の有無です。
amazonギフト券買取店はネット店舗がほとんどで、リアル店舗は殆どありません。
amazonギフト券の利用も転売もネット上なので当然のことでしょう。

これに対し、クレジットカード現金化業者はリアル店舗がある場合が少なくありません。

最初からWEB限定で運営してる現金化業者も多いですが、元々クレジットカード現金化の発祥は駅前などにある現金化業者ですから、これは必然と言えるでしょう。

他にも街の質屋さんや金券ショップなどがクレジットカード現金化業者になったケースが多いこともあり、リアル店舗が少なくないのです。

ネット上の取引より、実際の店舗があったほうが安心感はあるでしょう。
また、実際に相手と話をして、自分の口座に振込がされたかどうかを、その場で確認することも可能です。

クレジットカード現金化業者はお店を構えてる場合がある

このようにクレジットカード現金化業者はネット上だけでなく、ひっそりと雑居ビルなどの一角でお店を出していることが少なくありません。
この手のお店がどんな素性なのかはわからないことも多いのですが、実際にお店があれば安心できることは間違いないでしょう。

ネット上でクレジットカード現金化をすると詐欺師が多いとよく言われます。
実際にクレジットカード現金化をする際にはビクビクしながら依頼することになることも少なくありません。

目の前で現金化の処理をしてくれればこんな不安はありません。

amazonギフト券買取業者はネットがほとんど

これに対し、amazonギフト券買取業者はネット店舗がほとんどです。
稀に金券ショップがamazonギフト券買取をしていることもありますが、転売する必要があることからその場ですぐ買取ができるとは限りません。

つまり、amazonギフト券買取店は必ずしもリアル店舗である必要はなく、換金スピードが多少遅くなりがちなので店舗に行っても意味がないことが多いのです。

ネット詐欺の被害者は少なくない

実際にamazonギフト券買取やクレジットカード現金化でネット詐欺の被害に遭った人は少なくありません。
先ほど述べたようにクレジットカード現金化で詐欺師に引っかかると被害は非常に大きくなります。

詐欺師は「ひっかけてやろう」と罠を仕掛けています。
その場で決済が終わり、振込まで確認できるリアル店舗なら安心です。

リアル店舗のクレジットカード現金化業者の方が安心か

このように店舗の有無という点で比較すると、リアル店舗の多いクレジットカード現金化業者の方がお勧めです。
やはりネット上の店舗は、気を付けないと詐欺被害に遭います。
詐欺被害に遭ってしまっても何の救済もないことは先ほど述べた通りです。

もちろんクレジットカード現金化をネット上の店舗でやってしまったら、このメリットは期待できません。

買取率(還元率)はどちらが高い!?

還元率の比較表

では、両者の買取率はどちらが高いのでしょうか。

これは店舗によって違いがあるため一概に言えません。
ただ、amazonギフト券買取は85%~、クレジットカード現金化は80%~というのが多いです。

amazonギフト券買取業者の方が有利であることは間違いありませんが、転売することで換金するため転売ルートの相場によって買取率は変動します。

これに対し、クレジットカード現金化は今も昔も還元率にあまり差がありません。

amazonギフト券買取業者は85~90%

amazonギフト券の買取率は9割が基準です。
これは転売先のオークションサイトで90%から93%程度で転売されていることが影響しています。
オークションサイトで相場が低くなると、90%を下回ってしまうこともあるでしょう。
ただ、めったに80%まで落ちることはありません。

優良amazonギフト券買取店は、サイトに大々的に買取率を表示しているため分かりやすいでしょう。

クレジットカード現金化業者は80~90%

これに対しクレジットカード現金化業者は換金率が80%からというお店が多いです。

ちなみにクレジットカード現金化業者の中には換金率97%というような高買取率を提示している業者があります。
しかし、このような高額な還元率は基本的にあり得ません。ごく少数の超優良店でもせいぜい93%くらいが限界です。

あまりにも高額な還元率や良い事ばかり記載している業者には要注意ですので、近づかない方が賢明です。

もちろん、amazonギフト券買取店も買取率が相場よりあまりに高いお店は、悪徳店舗や詐欺師の可能性が高いので甘い話には注意して下さい。

買取率の低いサイトの利用は致命的

クレジットカード現金化は支払日になったら決済した金額が銀行から引き落とされます。
換金率8割のクレジットカード現金化業者で50万円の現金を手にしようとすると、62万5千円の決済が必要です。
必要額より12万5千円多いのですが、この金額を1か月から2か月後に到来する支払日までに準備しなければいけません。

買取率が低いほど両者の差は大きくなり、カードの支払日にきつくなります。

amazonギフト券買取業者の方が有利か

こう考えると、amazonギフト券買取業者の方が有利だと言えるでしょう。
買取率の差が基本的に10%も開いているので、差を埋めることは難しいのではないでしょうか。

実際にクレジットカードの決済時に請求される金額が、換金額よりあまりに低いと支払ができない可能性も高まります。
amazonギフト券買取の方が有利な理由です。

優良店はどちらが多い!?

優良店マーク

では、amazonギフト券買取店とクレジットカード現金化業者ではどちらに優良店が多いのでしょうか。

amazonギフト券買取店は非常に多くありますが、中でも優良店と呼ばれるお店は10店舗もありません。
しかし、その優良店舗は他の悪徳店舗より目立つ広告などをしているため、わかりやすく口コミサイトなどでの評判も高いです。
つまり、初心者でも探しやすく分かりやすいと言えるでしょう。

これに対し、クレジットカード現金化業者の場合、良いサイトも悪いサイトもごちゃ混ぜです。

どこが優良店で、どこが悪質なお店なのかなかなか見分けが付きません。

優良amazonギフト券買取業者は見付けやすい

優良amazonギフト券買取店は比較的探しやすいです。
口コミサイトが多いこともあり、悪徳サイトは叩かれて消えていきます。
もっとも、名前などを変えて復活するため、再度叩かれて消えるという悪循環です。

これに対し、優良amazonギフト券買取店は、数こそ少ないものの、長い間営業を続けています。
このようなamazonギフト券買取店を探せば問題はありません。

口コミサイトなどをいくつかピックアップすればわかりやすいでしょう。

クレジットカード現金化業者は玉石混合

これに対し、クレジットカード現金化業者は玉石混合で非常に分かりにくいです。
ただ、先ほど述べたようにリアル店舗があるクレジットカード現金化業者なら安心できると言えるでしょう。

リアル店舗があるクレジットカード現金化業者であれば、換金率の問題はあるとしても納得できるまでカードを出さなければ安心できると言えるのではないでしょうか。
クレジットカード現金化業者はそれだけ数が多すぎるという点が見分けにくさの一つでもあります。

詐欺被害はクレジットカード現金化の方が多い

ネット上の店舗で詐欺被害が多いと述べました。
実際に、amazonギフト券買取店とクレジットカード現金化業者のどちらに詐欺被害が多いかと言えば、クレジットカード現金化業者です。

その理由の一つには歴史の長さです。過去を振り返って数えれば期間の長い分クレジットカード現金化業者絡みの詐欺被害は多いです。

ただ直近で詐欺被害が多く報告されているのは、実はamazonギフト券買取の方なんです。

現金化業者は、もはやある程度の実績がある業者でないと残っていないという現状があるため、悪質業者の数は昔に比べて圧倒的に減りました。

その関係上絶対数は現金化業者の詐欺や悪質報告は多いですが、amazonギフト券買取業者も完全に安心できる状況ではないという事も忘れてはいけません。

amazonギフト券買取業者の方が安全か

どちらかといえば、amazonギフト券買取業者の方が安全と言えます。
amazonギフト券買取店にも詐欺店舗も悪徳店舗もあることは間違いありません。しかし、そうした業者徹底的に叩かれることで長続きはしないものです。

詐欺のや悪質な手口に引っ掛からないという点においては、amazonギフト券買取店を頼ったほうが安心して換金できると言えるのではないでしょうか。

どちらが手続き簡単なの!?

簡単

では、amazonギフト券買取店とクレジットカード現金化業者のどちらが簡単に資金化できるのでしょうか。

クレジットカード現金化業者はすべてやってくれる

クレジットカード現金化業者は相手の信用度は別として、クレジットカード番号を預ければ、現金化をすべてやってくれます。
一応、手続上は物品販売ということになっていますから、通販のようなサイトに誘導されます。
しかし、そこでカード番号を入力すれば換金を全てやってくれるのはありがたいと言えるでしょう。

実際にやってみると、クレジットカードで買い物をしているようなものであり、そのキャッシュバックとして自分の銀行口座に振り込んでくれるのです。

amazonギフト券は自分で購入手続きを行う必要がある

これに対し、amazonギフト券買取店はamazonギフト券を転売することで換金しますから、amazonギフト券が必要です。
つまり、amazonギフト券は買取を依頼する人が自分で買ってくる必要があります。

じゃあamazonで必要な金額だけ買えばいいのね、と気軽に10万円単位のamazonギフト券を購入すると、発行が保留されることがあります。
そのアカウントで新規利用のクレジットカードでamazonギフト券を購入しようとすると、最長24時間発行が止まる場合があるのです。

amazonはクレジットカード現金化行為を許可していません。
当然、amazonギフト券買取店に転売することも禁止しています。
多額のamazonギフト券を購入するのは難しいと言われることもあるのです。

信販会社がチェックしている

では、どうしてこんなことになっているのでしょうか。

実は信販会社は「Stop現金化」とスローガンのように現金化を警戒しています。
現金化の手法は盗難カードの現金化と一緒であり、犯罪防止の意味もありますが、同時に支払不能を防止することも狙っているのです。

先ほど述べたようにクレジットカード現金化は換金額と1か月から2か月後に到来する支払日の支払額に差があります。
その差額を準備できないと支払不能になるのです。

こんなこともあり、金券をクレジットカードで購入すると信販会社から電話がかかってくることもあります。

トラブル防止ならクレジットカード現金化業者が有利か

こんな面倒な話を回避するのであれば、クレジットカード現金化業者に最初から依頼した方がいいだろうと思うのは自然な話です。

amazonギフト券買取店は安心できると人気がありますが、amazonギフト券を購入する段階でトラブルが発生することもあります。
トラブル防止の観点からすれば、クレジットカード現金化業者を選んだ方がいいでしょう。

結局のところ一体どっちが良いの!?

amazonギフト券買取とクレジットカード現金化どっちを選ぶ?

さて、このようにamazonギフト券買取店とクレジットカード現金化業者には長所も短所もあります。
どちらかが一方的に優れているわけではないのです。

ただ、実際にクレジットカード現金化をする際、どちらか一方を選ばなければいけません。
どちらがお勧めかはその人の考え方によるかもしれませんが、まとめてみるとこんな感じではないでしょうか。

換金率重視ならamazonギフト券買取業者

換金率重視の方はamazonギフト券買取業者が有利です。
1割の差はやはり大きく、より少ないクレジットカード利用額で希望する換金額を実現できます。
利用限度額などの問題もあり、無尽蔵にクレジットカードの利用はできません。
限られた限度額を有効活用するなら、amazonギフト券買取店がお勧めです。

簡単にしたいならクレジットカード現金化業者

もし、クレジットカード現金化を簡単にしたいなら、クレジットカード現金化業者の方がお勧めです。
換金率に差はあるものの、簡単にできるだけでなく、トラブル防止の観点からもクレジットカード現金化業者は有利でしょう。
気になるお店も、リアル店舗を選び、換金率などの条件で納得できてからカードを出すようにすれば問題はありません。

換金率の違いはスムーズなカード支払につながる

もっとも換金率が高ければ、同じ金額であっても実際に信販会社から請求される金額に差が出ます。

10万円の換金を希望する際、買取率9割のamazonギフト券買取店なら11万2千円でいいのに対し、クレジットカード現金化業者なら12万5千円なのです。
現金化をする際には気づかないでしょうが、請求明細を見るとショックを受けます。

amazonギフト券買取店の方が、決済日にスムーズに支払ができるのです。

総合的な結論はamazonギフト券買取業者利用がお勧め

つまり総合的に考えればamazonギフト券買取店の方がお勧めです。
信販会社のチェックやamazonの警戒をクリアする必要があるものの、そのようなわずらわしさを超える換金率というメリットがあります。
クレジットカード現金化は実際に支払ができなければ、意味がないのです。