普段の買い物やネット通販、公共料金支払いなど便利に活用できるのがクレジットカードの魅力です。

しかし、クレジットカードの活用方法はそれだけにとどまりません。
実は、クレジットカードの利便性を最も活かせるのは海外旅行です。

両替などの面倒な手間を省いて安全に支払いができ、気軽にお買物や食事なんかも可能です。日本に比べて海外はクレジットカード先進国が多く、特に観光地であればあるほどクレジットカード利用は当たり前なのです。

この辺では、日本はかなりのクレジットカード後進国なのです。

以前、クレジットカード海外キャッシングについて記事をUPしたところ、予想以上に反響がありましたので、本日もクレジットカードの海外利用について少し書きたいと思います。

 

決済方法はいつもと同じ

海外での決済といっても手順は国内と変わりません。

支払いを求められたらクレジットカードで払う旨を伝え決済手続きをしてください。

日本国内ではサインレス決済ができる店も多いですが、海外では基本的にサインは必須です。

特に高額の買い物をする場合、クレジットカードで支払うことで信用が担保されるというメリットもあります。

偽札の危険性が高い一部の国では現金による高額決済が嫌われる可能性があるので、支払い時に余計なトラブルを防止したいのならクレジットカードで支払いましょう。

セキュリティには要注意

日本国内でもクレジットカードのセキュリティ被害は増加していますが、海外では日本とは比べ物にならないほどカード犯罪が多発しています。

一見安全そうな店がこっそりと客のクレジットカード情報を盗み取るスキミングに加担しているということも珍しくありません。クレジットカードを利用する時は決して気を抜かないでください。

クレジットカードの決済は必ず目の届く範囲で行わせるのが原則です。

理由をつけてカードを店の奥に持ち込もうとしたりこそこそと隠れてカードを扱うようなそぶりを見せたら厳重に抗議してください。

カードのスキミングは10秒もあれば完了してしまうほど単純な作業です。

相手の手にカードがある間は絶対に目を離すべきではありません。

セキュリティを万全にしておきたいのなら、カード裏面のサインはアルファベットではなく漢字で署名しておきましょう。

アルファベットのサインは偽造されやすいですが、漢字のサインなら偽造の危険性は格段に低くなります。

現地通貨の調達にもクレジットカードが役に立つ

海外の買い物でも便利なクレジットカードですが、旅行中に現金が必要になる場面は少なくありません。

ある程度は手元に現地通貨を用意しておきたいものですが、現地通貨の調達にもクレジットカードは役に立ちます。

国際ブランドと提携している海外ATMでは、現地通貨をキャッシングで借りることができます。

預金を引き出すのと同じ感覚でキャッシングできますから、初めての方でも戸惑う心配はいりません。

キャッシングなのでもちろん利息は発生しますが、帰国後速やかに返済すれば最低限の金利負担だけで抑えることができます。

両替の手数料を考えれば決して高くはありません。

キャッシングで適用されるレートはクレジット会社独自のレートですが、手数料も込みで総合的に比較すればお得なレートで現地通貨を手にすることができます。

必要になった時に随時キャッシングすることもできるので、海外ATMを有効活用してください。混雑する両替所での待ち時間も節約できます。

便利な付帯保険

クレジットカードで旅行代金を支払うと付帯保険の対象になります。

海外で病気やけがになった時の治療費や盗難補償、荷物紛失の損害など様々な補償が無料で受けられるのでとてもお得です。

クレジットカードを利用すれば、別途旅行保険に入る必要はいらなくなります。

カード会社によって保障の範囲や上限金額などに差があるので、どの程度までカバーしてくれるのかは事前に必ずチェックしておきましょう。