amazon利用者であれば、知らない人はいないamazonギフト券。

しかし、その利用方法や注意点については知らない人も多いようです。

※有効期限の延長や復活について知りたい方は下のリンクで確認頂けます。

⇒ amazonギフト券の有効期限を2秒で延長する方法

 

有利な利用方法を知ることでamazonの利用がよりお得になる秘訣がいっぱいです。

amazonギフト券買取の存在も知っておくと、いざという時に役に立ちます。

amazonギフト券買取によるamazonギフト券換金をして現金化をすれば、消費者金融の審査を心配せずに資金調達ができるのです。

amazonギフト券はここに気を付けよう

amazonで利用できる商品券であるamazonギフト券は、便利な商品券です。
品ぞろえは世界一であるamazonでの買い物に使えるのです。

今やamazonは百貨店業界ナンバーワンのタカシマヤを上回り、年間売上1兆円を伺う勢いがあります。そんなamazonで使える商品券がamazonギフト券です。

しかし、amazonと言う販売業者がネット上の店舗であることから、amazonギフト券も必然的にネット上で取引されます。そのため、amazon以外の事業者からamazonギフト券を格安で購入する際には、購入する事業者に注意が必要です。

また、ギフト券という名前とは裏腹に紙の形で流通するのではなく、番号で流通している点も特徴です。
利用方法も他の商品券とは違い、ネット上のアカウントであるamazonアカウントに手に入れたamazonギフト券の番号を登録することで利用するのです。つまり、手に入れたamazonギフト券を持っているだけではamazonで買い物はできないのです。

最後にamazonギフト券利用にあたっての一番の注意点を挙げておきます。
それは有効期限があることです。

amazonギフト券の有効期限は、基本的に発行されてから1年間です。
懸賞などでゲットしたamazonギフト券の中には2年間のものもありますが、それは法人がamazonから直接購入したamazonギフト券であり、例外だと考えていただければいいものです。

ただし、期限切れのamazonギフト券もダメもとでコールセンターに電話をすると復活させてくれることがあります。期限切れにしてしまったamazonギフト券を持っている人は一度トライしてみる価値はありそうです。

有効期限がある

amazonギフト券に期限があると聞いてびっくりした人もいるのではないでしょうか。

通常、この手の商品券には期限がありません。信販会社発行のギフトカードであっても、百貨店共通券でもそうです。しかし、それらは紙の形で流通するものであり、紙の形で価値があるものなので有効期限を付けていないのです。

しかし、amazonギフト券は先ほど述べた通り番号管理されています。有効期限を無期限としてしまうと、収拾がつかなくなる可能性があります。紙という実体もなく、ただ単に番号だけに価値があるものですから、どこかで効力を止める必要があるのです。

ただし、利用者にとっては非常に不便なことも確かです。
有効期限によるデメリットを防止する手段として「必要な都度amazonギフト券を購入する」という方法が考えられます。amazonギフト券は格安で買えるサイトがあるため、そのサイトで必要最低限のamazonギフト券を購入すればいいのです。

このようなサイトは怪しげだから利用したくないという人も多いようですが、amazonギフト券は金券ショップのような流通網があり、信販会社のギフトカードのようにamazonギフト券買取店がネット上に多くあります。
このようなamazonギフト券買取店が格安でamazonギフト券を売っている店舗に供給しているのです。

格安でamazonギフト券を販売しているサイトはマッチングサイトと呼ばれ、オークションのような形式でamazonギフト券の販売をしています。

額面の90~95%程度で買えますし、自分のamazonアカウントに登録し、登録できない場合は30分以内にクレームをつければ代金は引き落とされません。利用可能であることを確認してから購入ができるため安心ではないでしょうか。

amazonギフト券によって期限が違う

このようにamazonギフト券は有効期限がありますが、最初にamazonから購入した人が法人であれば有効期限は2年に延びます。また、コンビニで販売されているシートタイプと呼ばれるamazonギフト券は有効期限が3年間です。

シートタイプのamazonギフト券は、格安で販売されているサイトでは流通していませんが、金券ショップでは購入可能です。

ただし、シートタイプのamazonギフト券のうち、有効期限が3年残っているものは流通量が少ないはずです。
シートタイプのamazonギフト券は、コンビニで購入できますが現金払しか受け付けてくれません。金券ショップに流通している金券の多くは、クレジットカード現金化により購入した金券のため、流通量が少ないのです。

それでもシートタイプのamazonギフト券が金券ショップで流通しているのは、買ってしまったものの、利用する機会がなかったり、期限切れ間近になったため無駄にならないように売却したりした場合が多いのです。

必然的にamazonギフト券を格安購入できるマッチングサイトではEメールタイプのamazonギフト券しか販売されておらず、期限切れのリスクが生じます。そのため、amazonギフト券を購入する際には、必要な都度購入したほうがいいのです。

amazonギフト券を格安で購入できるマッチングサイトには多くのamazonギフト券が準備されていますが、その全てがEメールタイプです。せっかく購入したamazonギフト券が有効期限切れではもったいないですよね。

期限切れでも復活可能

あまりお勧めする方法ではありませんが、amazonギフト券はコールセンターに電話をすると復活させてくれる場合があります。

ただし、amazonではamazonギフト券の流通を禁止しています。
期限切れになった理由を聞かれた際に「マッチングサイトで買ったら有効期限がほとんどなかった」とは間違っても言わないようにしましょう。登録を忘れていて登録したけど期限切れになったとでも言っておけば安心です。

なお、amazonのコールセンターではamazonギフト券の期限を復活させる際、アカウントを確認して、アカウント自体に問題がないかを確認しているようです。つまり、一度登録したamazonギフト券である必要があります。

コールセンターでは、過去にamazonギフト券の期限延長などを申請していないか、支払に問題がないかというようなことを確認しているようです。ほとんどの方は問題なく延長してくれるでしょうが、たまに拒否されることがあります。
また、このような方法で期限切れを復活させているため、未登録のamazonギフト券をコールセンターに電話をしても相手にしてくれませんから要注意です。

マッチングサイトで購入したamazonギフト券は、すぐにamazonアカウントに登録して有効性の確認をすることが必須です。

使わなければ早めに売りましょう

最近はamazonギフト券をいろいろな景品とすることが多くなりました。

以前はコンビニで利用できるクオカードが人気でしたが、送付する際に郵送料がかかり、企業の販促費が大きくなるデメリットがありました。
これに対し、amazonギフト券ならEメールタイプなので郵送料は無用です。

ただ、もらった側が必ずamazonを利用するとは限りません。
企業の販促目的であれば有効期限は2年かもしれませんが、それでも使うかどうかわからなれば早めに売ることお勧めします。

Amazonギフト券はアマゾンの品ぞろえが豊富なので使い勝手はいいのですが、他の通販サイトを利用している人にとっては無用の長持になりかねません。
Amazonギフト券買取サイトは探せば数多くあります。長年amazonギフト券買取を業としているサイトもあり、その様なサイトであれば安心して買取依頼をできるでしょう。

amazonギフト券は金券としての性格があるため。換金可能です。Amazonギフト券買取サイトを利用して、使うかどうかわからないamazonギフト券換金をすれば自分のお小遣いが増えます。

無駄がないamazonギフト券

amazonギフト券はお釣りが出るから無駄がないと言われることがあります。
もちろんamazonで買い物をしてお釣りが出ることはありません。
しかし、amazonギフト券は他の商品券のようにお釣りが出ないから、端数は現金化クレカで決済して欲しいという事はありません。

先ほど述べた通り、amazonギフト券は自分のアカウントに登録する形で利用します。登録したamazonギフト券の額面以下の買い物をした場合であっても、残額は次回の買い物に利用する事ができます。

amazonギフト券はアカウントに登録されてはじめて効力が生じます。そのため、アカウントに登録されればデポジットのようなものであり、他のamazonギフト券の残高と混同されるのです。個別の証券に価値がある信販会社ギフトカードとは話が違うのです。

このような利用方法ができるため、amazonギフト券は無駄がないのですが、額面以下の買い物をしてもアカウントに残額は残るため「お釣り」が出ると言われるのです。
もちろんamazonギフト券の額面いっぱいまで無駄なく利用できるという意味では、お釣りが出るという表現は間違っていません。

例えば、先ほど述べたマッチングサイトで1万円のamazonギフト券を購入したとしましょう。おそらく9,500円程度で購入できるのではないでしょうか。
自分のサイトにこのamazonギフト券を登録し、9,500円の買い物をしても自分のアカウントには500円の残額が残ります。音楽でもビデオでも購入できます。

ただし、有効期限には要注意です。

使うかどうかをまず判断しよう

amazonギフト券を購入しようとする場合、自分がamazonで買い物をするかどうかの判断が重要です。期限があるamazonギフト券なので、使う予定がなければ買っても無駄です。期限切れになったamazonギフト券に価値はありません。

しかし、使わなくなったamazonギフト券は、amazonギフト券買取業者が買取をしてくれます。とはいえ、amazonギフト券買取業者も額面通りに買取をしてくれるわけではありません。額面通りにamazonギフト券買取をしていたら商売になりません。

amazonギフト券買取業者はamazonギフト券自体の相場に関わらず、額面の9割程度で買取をしていることが多いです。つまり、amazonギフト券を購入したものの、使わなければ額面の9割でamazonギフト券換金をすることになるのです。

とはいえ、このような方法でamazonギフト券換金をするのはちょっともったいない話です。

amazonの品揃えは、当初は本やCDなどに限定されていましたが、最近は食料品や家電製品も販売しています。カメラ類も販売しており、100万円近くするような高級カメラも販売しています。
このようにamazonは幅広い品揃えなので、amazonギフト券をもらったものの使い道がなく、amazonギフト券買取業者に換金をするという事は少ないと思われます。

しかし、他の通販サイトを利用している人にとっては、amazonは使い勝手が悪いと感じるケースもあるでしょう。通販サイトによっては利用額に応じてランクを付けているケースも多いので、ランク維持のために買い物を集中化させている人もいるでしょう。

自分の買い物パターンを検討し、amazonで買い物をする見込みがなければ、amazonギフト券がいくら格安で買えるとしてもamazonギフト券を購入することはやめた方が賢明です。

amazonギフト券っていつまで使えるの?

amazonギフト券には有効期限があると述べましたが、この有効期限は実際にamazonで利用するまでの期間です。人によっては、アカウントにamazonギフト券を登録すればOKと考えている人もいるようですが、違いますから注意が必要です。

アカウントに登録したamazonギフト券が使えなくなってしまっては意味がありませんので、先ほど述べた通りコールセンターに電話をすることで復活させることができるのです。

amazonギフト券の有効期限が1年間というのは短いじゃないかと思われるかもしれませんが、もともとギフト需要で販売しているため、もらった人は自分の欲しいものをamazonですぐに購入することが前提なのです。

Eメールタイプのamazonギフト券は、このような理由で有効期限は1年間です。1年もあれば好きなものをAmazonから選べるだろうという話です。法人の場合は、広告宣伝という目的もあるので、有効期限を延ばしているのです。
また、個人的に自分のアカウントに登録するのであればコンビニでシートタイプのamazonギフト券を購入すればいいわけです。こちらの有効期限は3年間ありますから、ゆっくりと利用できるのではないでしょうか。

amazonギフト券には自分のアカウントに直接チャージできるタイプのものもあります。しかし、このタイプも有効期限は1年です。
シートタイプ同様に3年にしてくれればいいのでしょうが、Suicaなどのようなオートチャージもできるため、いつも残高を気にせずにamazonを利用したい人にはピッタリかもしれません。

amazonギフト券は額面の全額が利用可能

有効期限があるamazonギフト券ですが、このようなデメリットだけではなく、メリットもあります。
アカウントに直接登録するため、端数が出ないのです。

アカウントにチャージする形式ですから、額面の全額をもれなく利用できます。お釣りが出ると言うような話がある理由の一つでしょう。
額面の全てを利用できることは、有効期限というデメリットを上回るメリットがあるため、amazonギフト券の人気は高いです。

amazonギフト券のマーケットはamazonギフト券買取サイトのようにamazonギフト券現金化をしたい人がAmazonギフト券換金ができる環境があって初めて成立します。
amazonギフト券が欲しいという人はamazon自体の売上が上がるとともに増加しており、amazonギフト券自体のマーケットを形成しているのです。

また、このようにamazonギフト券供給サイトがあることは、マッチングサイトでamazonギフト券を格安で購入することができることを意味しています。
現在、amazonギフト券のように額面より低い金額で買い物をしても端数をお釣りとして返してくれる金券は少なく、百貨店共通券程度ではないかと思われます。そのため、百貨店共通券は、信販会社ギフトカードに比べると人気があり、買取率も高いのです。

額面の全額を利用できるamazonギフト券は使い勝手がいいので人気が高まります。そのためamazonギフト券買取サイトが多く存在し、そのことがさらにamazonギフト券買取需要を後押ししています。

額面の全てが無駄なく使えるAmazonギフト券のメリットがこのような結果を生み出していると言っていいでしょう。

でも登録したら戻せません

amazonギフト券にはもう一つデメリットがあります。
それは一度アカウントに登録したら戻せないという点です。

アカウントに一度登録したものの、やっぱり使わないからamazonギフト券買取業者にamazonギフト券換金をしようとしても基本的に無理なのです。

ただし、amazonギフト券買取業者の中には、アカウントごと買い取ることでアカウントに残っているamazonギフト券買取を可能にしているケースがあります。
ちょっと考えていただければわかる通り、アカウントごと買取をすれば、そのアカウントで買い物をすることでアカウントに登録されているamazonギフト券を利用する事ができます。
他に買い取ったamazonギフト券をそのアカウントに登録し、ある程度の残高になったら転売すれば重宝されるのではないでしょうか。

とはいえ、このようなことができるのはamazonギフト券買取業者や金券ショップのように販売ルートを持っている事業者に限られます。一般の人が同じことをするのはさすがに無理があるでしょう。

amazonギフト券は、一度登録したら戻せないので、継続的にamazonを利用している人でなければ利用直前に登録することをお勧めします。また、同時にamazonギフト券自体の購入を利用寸前にすることは言うまでありません。

amazonギフト券ってどうやって買うの?

ではamazonギフト券はどのようにして購入するのでしょうか。

購入方法はいくつかあります。
通常はamazonのサイトで購入することが多いのですが、コンビニで有効期限が長いシートタイプのamazonギフト券を購入することもできます。

また、先ほど挙げた通り、amazonギフト券のマッチングサイトから購入することも可能です。
amazonギフト券は、流通経路が確保されているため、amazonギフト券買取をする換金業者から出品されたものを買うわけです。

Amazonギフト券をマッチングサイトで購入する場合、額面での購入をすることはなく、大体90%~95%で購入するわけですが、実際に購入することができる金額は購入する日の相場で決まります。

マッチングサイトで購入するだけではなく、最近は友人同士の支払手段としてamazonギフト券を利用する場合もあります。少額の支払に限定されるでしょうが、景品などでもらったamazonギフト券を現金の代わりに使うのです。

どのような方法で購入した場合であっても、amazonギフト券は自分で使うのであればアカウントに登録することが必要です。登録しなければ多額のamazonギフト券を持っていても支払手段として使うことはできません。

もちろんamazonギフト券をamazonギフト券現金化の手段としてamazonギフト券買取業者で換金するならば登録をしてはいけません。登録したら基本的にamazonギフト券買取業者は買取をしてくれません。
すべきことは登録ではなく、amazonギフト券買取業者に対して再送信形式でamazonギフト券をメール送信することでしょう。この一連の手続きはすべてスマホ上で可能です。

amazonで買おう

amazonでamazonギフト券を購入するのは不思議な話ではありません。

自分で利用するつもりなら、Suicaのようにオートチャージの設定をしておくと、音楽やビデオを好きな時にダウンロードして楽しむことができます。
また、贈り物としてamazonギフト券を利用するなら、いくつものタイプのamazonギフト券が準備されています。自分で印刷する方法や印刷物の形になったものを送ってもらう方法などがあります。

amazonプライムを申し込んでいれば、amazonの買い物はすべて送料無料で特急配送をしてもらえます。もちろん印刷物の形になったamazonギフト券でも同様です。

amazonで購入できるamazonギフト券にはいろいろなタイプがあります。

もし、事業用に多量のamazonギフト券を購入するのであれば、単価をいくらに設定するかにもよりますが、クレジットカードで購入することをお勧めします。支払金額が大きいので少しでも支払が遅いほうがいいためです。
事業をしている人であれば無意識のうちに支払を遅らせる方法を考えているでしょうが、クレジットカード現金化の対象とすることでうまくいけば2か月程度の支払遅延が可能です。もちろん一括払いであれば手数料などはかかりません。

また、購入したamazonギフト券をamazonギフト券の買取業者に売り、資金化する方法も考えられます。
この場合は、あまり少額のamazonギフト券を購入するとamazonギフト券買取業者が面倒になるためやめた方がいいのですが、多額すぎると信販会社から何に使うものかと聞かれる可能性があります。

千円程度のamazonギフト券を100枚購入し、10万円のamazonギフト券現金化を実行するのであれば、万が一信販会社から何か聞かれても、販促のために交付するという言い訳が可能です。

とはいえ、amazonギフト券はその気になればいいわけは何とでも言えるため、信販会社のギフトカードや新幹線回数券をクレジットカード現金化の対象にする場合ほど気を使う必要はないでしょう。

コンビニで買おう

amazonギフト券はコンビニでも購入できます。

コンビニで購入する際には、amazonギフト券の支払は現金払いになることが多いため、クレジットカード現金化の手段して利用することは無理です。
しかし、自分のために利用するのであれば、コンビニで現金払いをしてamazonギフト券を購入する理由は十分にあります。

最近は情報漏えいのニュースをよく聞きます。最近はJTBが狙われたとニュースになっていました。
狙われた企業側は謝罪をして終わりですが、これがクレジットカード情報などの場合、ハッカー側に永遠にデータが残されますからクレジットカードの解約が必要になります。

amazonにも同様の事故が起きないという保証はありません。
amazonギフト券をamazonで購入する際にはクレジットカード番号かネット送金が必要です。いずれの方法もいざとなったらハッカーの餌食になるでしょう。

そのような自体を回避するためには、amazonギフト券をコンビニで購入し、その番号を自分のアカウントに登録すればいいのです。
amazonギフト券はamazonのサイトでクレジットカード決済により購入することができるにもかかわらず、どうしてわざわざコンビニで現金で買うのだろうかと不思議に思う人も多いでしょうが、このような理由です。

ネット上のセキュリティが脆弱になりつつある現在では、自分の身を守るためにこのような防御策も必要だと考えている人もいるのです。

マッチングサイトで格安で買える

格安でamazonギフト券をゲットするという見出しのブログ記事は、この方法を紹介しています。運が良ければ額面の9割程度でamazonギフト券を購入できますし、実際に登録できなければクレームを付けることもできます。

ネット上の取引が危険だからと、現金支払でコンビニから支払をする人もいれば、このようにマッチングサイトを経由して有利な方法でamazonギフト券を購入しようとする人もいます。
このようなマッチングサイトは、最近amazonが食料品販売も始めたことから、主婦の節約術として有名になりました。ネットの記事だけではなく、書籍でも紹介されていますから、見たことがある人もいるのではないでしょうか。

マッチングサイトはネットで検索すればいくつか探すことができます。
しかし、実際にオークションが成立している規模の取引があるサイトは少ないです。
運営している人が慣れていないという点もありますが、実際の供給が間に合っていないことも一因です。

amazonギフト券はamazonギフト券の買取業者がamazonギフト券換金をすることでマッチングサイトに供給されている量が多いのです。
amazonギフト券買取率は大体90%~95%程度なので、マッチングサイトではもう少し高めの換金率で出品されているのです。

マッチングサイトでamazonギフト券を購入するのはネット上だから怖いなという人もいるかもしれません。相手の素性がわからないからというのであれば、一度少額の購入から始めてみてはいかがでしょうか。

友達との交換もできる

気の合った友人なら、お金の貸し借りをamazonギフト券で決済することも可能です。amazon利用者は結構多く、アカウントを作っていない人であっても、一度アカウントを作れば自分の欲しいものを買うことができるためメリットがあるのです。

それに、amazonの取扱アイテムは非常に拡大しているため、amazonギフト券を手に入れて無駄になるということがなくなっています。
懸賞やアンケートのお礼などでもらったamazonギフト券をamazonギフト券買取業者にamazonギフト券換金してもいいのですが、amazonギフト買取業者の換金率が約9割なので、友人同士であれば額面で交換したいものでしょう。

amazonギフト券は、有効期限さえ気を付ければ利用価値が高く、通貨として利用できる条件が整っています。最近は信販会社のギフトカードをドラッグストアで利用できると評判ですが、おつりが出ない点がデメリットだと言われています。

amazonギフト券は、その利用方法がアカウントに登録して、自分の利用可能額を増加させるものなので、使い残しが出ても次回の買い物に利用することができます。使い残しが無駄にならないことがわかっているため、安心して現金の代わりにできるのです。

友達との交換対象としてamazonギフト券は安心して利用することができます。

利用価値が高いamazonギフト券

amazonギフト券に限らず、金券の価値は利用できる範囲の広さで決まります。
信販会社の発行するギフトカードは、おつりが出ないにもかかわらず人気があるのは、利用できる店舗を信販会社が拡大しているためです。

amazonギフト券も信販会社のギフトカードに負けないほどの人気がありますが、この人気はamazonで取り扱っている商品が増加しているためです。
つまり、ドラッグストア並みの品揃えがあるため、信販会社のギフトカードと同じ程度の利用価値があると考えられているためです。

ただし、amazonギフト券には泣き所があります。
有効期限です。

発行から1年間で失効してしまうamazonギフト券は、長期間保管することができません。
これに対し、有効期限のない信販会社のギフトカードはきれいに保管しておけば、ずっと貯めておいても問題なく贈答用などに利用できます。

とはいえ、すぐに利用するのであれば、有効期限がさほど問題にはなることはありません。
amazonギフト券のマッチングサイトで有効期限の長短にかかわらず、9割程度でamazonギフト券が売れているのは、amazonで利用できるからです。

amazonギフト券はamazonで買い物ができる金券です。amazonの品ぞろえが良ければ、黙っていても価値が出ます。

金券ショップなどに行くと、信販会社のギフトカードや百貨店共通券は額面とほとんど変わらない価格で販売されていますが、一部の店舗でしか利用できない飲食店などの金券は額面をかなり下回る価格で販売されています。
このような金券は金券ショップでも買取率が低く、たいてい9割を下回っています。

amazonギフト券の優位性を物語る話ではないでしょうか。

amazonの品揃えは世界一

amazonジャパンの年間売上高が1兆円近くになり、百貨店のエースである高島屋を抜いたというニュースは、時代の推移を示すものです。

amazonの品ぞろえは、初期とは大きく変わり、食料品や電化製品にまで進出しています。本国であるアメリカでは更に多くの商品を販売しているようであり、日本でも更に多くのアイテムが登場するでしょう。
ドローンを使った配送も検討中であることから、生鮮食料品のようなスーパーが取り扱っていた商品もタイムリーに配達してくれます。

amazonの品ぞろえが充実しているため、amazonギフト券の利用場面が多くなり、欲しがる人が多くなり、結局価値が上がるのです。
amazonギフト券は有効期限があるにもかかわらず、人気がある理由は品ぞろえの多さなのです。

また、このようにamazonギフト券に人気があることは、amazonギフト券が換金に適していることの証明でもあります。
実際にamazonギフト券のマッチングサイトでamazonギフト券が大量に出品されているのは、クレジットカード現金化によりamazonギフト券換金をしているためです。

amazonギフト券買取サイトが大量にamazonギフト券買取をしてくれるのは、需要があるためです。マッチングサイトの存在がなければamazonギフト券買取サイトがあれほどたくさんできないでしょう。
amazonの品ぞろえが豊富であることはamazonの人気を高め、結果としてamazonギフト券の価値を上げているのです。

新商品購入はamazonがベスト

人気アイドルなどの新作CDはたいてい取り合いになります。
初回限定版となれば人気も高いのですが、予約をしてもなかなか買えないと言われています。

しかし、amazonで注文をすると買えるのです。
街のお店では入荷数が限定されているので、すぐに品切れになるのですが、販売力が強いamazonなら入荷数が多いため簡単に品切れになりません。
だから新商品購入ならamazonがベストだと言われているのです。

このようにamazonは他の店舗に比べて競争力があります。
先ほどamazonの売上が1兆円近くになったと述べましたが、その増え方は半端ではありません。前年対比10%以上の伸び方なのです。
成長力があるため、amazonに商品を供給する業者もその影響力を無視できません。

そんな人気のamazonで利用できるamazonギフト券の人気も当然上がるわけで、amazonギフト券を格安購入できるマッチングサイトに人気が出るわけです。
必然的にマッチングサイトにamazonギフト券を供給しているamazonギフト券買取店も買取を強化する事となります。amazonギフト券買取店は、amazonの人気が高まると同時に仕事量も増加するのです。

お金に困った際には、このようなamazonギフト券買取需要の高まりを無視する手はありません。amazonギフト券買取業者はamazonギフト券を求めていますから、クレジットカードで購入したamazonギフト券換金先として最適です。

amazonの人気が高まるとともに、クレジットカード現金化の手段としてamazonギフト券買取も注目されるようになっています。

食料品も買える

amazonでは食料品も買えるようになりました。

食料品は、他のamazonにおける取り扱いアイテムとはちょっと違いがあります。
CDや書籍は万人にとっての必需品ではありません。しかし、食料品は万人にとっての必需品です。つまり、購入者が多いのです。

amazonの売上が拡大していますか、この原因として食料品の取り扱いを始めたことも挙げられます。電化製品やカメラの購入単価は高いですが、それほどバンバン売れるわけではありません。
しかし、食料品は購入単価こそ高くないものの、リピーター需要が多く、結果として売上高がかなり増加します。しかもamazonプライムに申し込んでいれば、少量の購入でも送料無料になること多いです。

ネットで見たあの調味料、あの食材、というような人気が出そうな商品をamazonは見逃しません。必ずamazonのラインナップに含まれているでしょう。そんな自分の欲しい食料品がamazonにはあるのです。
食料品購入の際は「ついで買い」が多く、調味料だけのつもりが他の食材も一緒に買ってしまうことが多いのです。配送もしてくれるので楽だという事も一因でしょう。

amazonギフト券の格安購入は、食料品購入の際に威力を発揮します。
便利なamazonですが、スーパーに比べると多少価格は高めです。
しかし、5%から10%引きと言う格安でamazonギフト券を購入すれば、スーパーとの価格差は完全に逆転します。5%引きの日はあっても、1割引きの日はスーパーにはありません。

amazonギフト券の需要が高まることは、amazonギフト券買取店の仕事も増加することも意味します。amazonギフト券換金による資金調達がしやすくなった大きな要因は、amazonの食料品取扱にあると言えるのではないでしょうか。

amazonギフト券自体に需要がある

このようにamazonは他の店舗やネット上の販売業者に比べてかなりのアドバンテージを持っています。同時にamazonで支払ができるamazonギフト券の需要も高くなってきたのです。

amazonギフト券の需要がいかに高くても、供給がなければ格安でamazonギフト券を購入できません。マッチングサイトの存在がamazonギフト券の人気を支えていると言っていいでしょう。
そして、そのマッチングサイトにamazonギフト券を供給しているのがamazonギフト券買取店です。amazonの人気とamazonギフト券の人気がリンクしているように、同時にマッチングサイトやamazonギフト券買取店の人気も上がっています。

しかし、amazonギフト券買取店の人気がいかに上がっても、amazonギフト券自体が集まらなければ意味がありません。amazonギフト券買取店も競争が激しくなっており、キャンペーンも盛んです。

amazonギフト券買取店がamazonギフト券買取を強化すると、amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化もやりやすくなります。amazonギフト券換金による資金調達は、資金繰りに困ったときの特効薬になるでしょう。

amazonギフト券のように需要がある金券はクレジットカード現金化の手段として有用です。特にスマホ上ですべて処理ができるamazonギフト券現金化は、クレジットカード現金化の方法としてベストの手段です。

amazonギフト券は現金化に最適

このようにamazonギフト券はクレジットカード現金化の手段として最適です。
他の金券に比べて換金方法が簡単なことが一番のメリットでしょう。

amazonギフト券現金化をする際には、amazonでamazonギフト券購入し、amazonギフト券買取店でamazonギフト券換金をすればいいのです。
amazonギフト券の購入は、言うまでなくネットで可能です。amazonギフト券買取店で買取をしてくれるのはEメールタイプと呼ばれる譲渡が簡単なタイプであり、コンビニで買えるタイプではありません。

そして、購入したEメールタイプのamazonギフト券は、amazonギフト券買取店に送信します。amazonギフト券を購入した自分のアカウントから送信すればよく、簡単にできます。
そして、amazonギフト券買取店はamazonギフト券がきちんとアカウントに登録できるものであることが確認できれば代金を振り込んでくれます。

このように一連の手続がスマホ上でできるため、お金が足りなくて困ったときには非常に有効な手段として使うことができます。
amazonギフト券現金化は、クレジットカード現金化の手段として最適なのです。

amazonギフト券は買取確実

amazonギフト券現金化のメリットとして、amazonギフト券買取が確実であることが挙げられます。

先ほどから述べている通り、amazonギフト券は需要が多く、マッチングサイトには多くのamazonギフト券が持ち込まれて売買対象になっています。サイトを見ればわかる通りスピーディーに取引されるので需要も増えます。

ただ、それならマッチングサイトに出品すればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、それはあまりお勧めできません。
マッチングサイトの画面を見ていただければわかると思いますが、amazonギフト券の販売価格は出品ごとに差があります。高すぎれば手を出す人はいませんし、安すぎればすぐに売れるものの、自分の手取りが少なくなります。

すぐに売れて、かつ安すぎないamazonギフト券換金率を自分で探すのは至難の業です。
amazonギフト券現金化をしたい場合は、資金化を急いでいる、つまりすぐにでもお金を借りたいという場合が多いでしょう。欲張って高い換金率で出品してしまうといつまで経ってもamazonギフト券換金ができず、amazonギフト券現金化が遅れます。

それならば、最初からamazonギフト券買取店にamazonギフト券買取を依頼したほうが賢明です。
amazonギフト券買取店は、マッチングサイトに出品しているだけではなく、他の販売ルートも持っています。スピーディーにamazonギフト券換金をしたければプロの知識を利用するのが賢明です。

信販会社のガードは比較的甘い

信販会社では「Stop現金化」としてクレジットカード現金化をシャットアウトする努力をしているようです。新幹線回数券などをクレジットカードで購入しようとするとJRは信販会社に確認するため、クレジットカード現金化の手段としてはやりにくくなっています。

しかし、amazonギフト券ならこのような心配は少ないです。
amazonギフト券の利用範囲は、新幹線に乗るだけしか使い道がない新幹線回数券に比べると非常に広いです。もし、信販会社から電話確認があったとしても、プレゼントに利用すると言えばそれ以上追及のしようがありません。
もし、それが限度いっぱいの50万円のamazonギフト券であっても「知人が液晶テレビを買おうとしているため、品ぞろえが多いamazonで買えるようにamazonギフト券を贈ってあげる」といえば、それで十分でしょう。

信販会社は、必ずしも本気でクレジットカード現金化を撲滅しようとは考えていません。クレジットカードの不正利用の手段として利用されているため、そちらを警戒しているのです。
信販会社のチェックがあっても、本人確認がきちんとできて、それなりの言い訳ができれば心配する必要がありません。

必ずしもガードが甘くなるわけではありませんが、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は、他の金券購入に対する信販会社の対応に比べれば、結果として比較的甘くなってしまうのです。

買取店舗は増えている

amazonギフト券買取店舗は増加しています。
全てのamazonギフト券買取店舗が安心できるという保証はありませんから注意する必要はありますが、競争率が激しくなることはamazonギフト券現金化によりamazonギフト券を換金しようとする人には朗報でしょう。

amazonギフト券買取店舗は、昔から営業している店舗は90%程度の買取率が多いのですが、新規の店舗は競合上93%の買取率を提示しています。
ただし、あまりに高い買取率のamazonギフト券買取店は危険です。商売として成立しないためです。
amazonギフト券のマッチングサイトではamazonギフト券の換金率が変動していますが、それでも上限は95%程度です。そこから逆算すると、93%程度がamazonギフト券買取店の買取率の上限と言えるのではないでしょうか。

amazonギフト券買取店が増加していることは、amazonギフト券現金化がしやすくなることを意味しているのです。

換金率は決して悪くない

amazonギフト券買取店では、amazonギフト券買取率を90%~93%程度でamazonギフト券買取をしています。

もちろん信販会社のギフトカードに比べれば買取率は低いです。

しかし、このことだけでamazonギフト券現金化は割が悪いと言い切れるでしょうか。
クレジットカード現金化により信販会社のギフトカードを換金しようとすれば、信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入する必要があります。しかし、現在信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入する手段は限られています。

信販会社のギフトカードを購入するためには、信販会社の支店・ネット販売、又は特約店で購入することになります。特約店の多くは現金支払しか受け付けないので、信販会社の支店で買うことになります。
しかし「Stop現金化」と言っている信販会社でクレジットカード現金化のために信販会社のギフトカードを購入するのは度胸がいります。支店自体も多くはありません。

もちろん実際に信販会社のギフトカードを、出産祝いのお返しなどに使うカップルは少なくありませんし、ラッピングは自分たちで考えたいというケースは少なくありません。そのような言い訳をすればいいだけの事ですが、買いに行く時間帯は平日昼間だけです。
そのため、信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入する事は現実的ではないのです。購入できなければ、クレジットカード現金化どころではありません。

これに対し、amazonギフト券買取を利用したamazonギフト券現金化は難しくありません。先ほど説明した通り、すべてスマホ上でできてしまうのです。

利便性の高さと9割程度の換金率を合わせて考えれば、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化は悪いamazonギフト券換金手段とは言えないのではないでしょうか。

まとめ

amazonの人気拡大は、amazonギフト券の人気拡大につながっています。
同時にamazonギフト券の需要が増加いればamazonギフト券買取サイトの人気も高くなり、amazonギフト券現金化が更にしやすくなります。

amazonギフト券には一つの市場が形成されています。
もっとも、amazon自体はそのような市場形成を望んでおらず、再販売したことがわかれば登録した後であってもamazonギフト券の効力を停止すると表明しています。実際に停止した事例もあるようです。

しかし、amazonギフト券の流通が拡大して、amazon利用者が増加することはamazonにとっても悪い話ではないはずであり、格安amazonギフト券を利用した方法はネット上に多く紹介されています。

amazonギフト券換金によるamazonギフト券現金化は衰えるどころか今後拡大の一途をたどることでしょう。amazonギフト券に対する需要が集中しているのに、amazonギフト券買取が減少するわけがないためです。