本日はamazonギフト券買取で換金する売り手側の話題ではなく、逆にamazonギフト券を安く買いたいと思う方たちのために、確実に格安で購入できるサイトを一挙にご紹介します。

amazonギフト券を格安で購入する方法とは?

amazonギフト券買取サイトがあるのと同様に、amazonギフト券を販売するサイトが存在します。

ただし販売するサイトはギフト券を買うだけではなく、売る事もできるため売買サイトという事になります。

要はamazonギフト券やWEB上で使用できる商品券などに特化した、オークションサイトのようなものです。

こうした売買のマッチングサイトでamazonギフト券を買う事によって、サイトによっては最大で20%オフという格安の価格でamazonギフト券をGETする事が出来るのです。

今やそのamazonギフト券売買サイトも大小合わせて10サイト以上にのぼります。

ここでは各売買サイトを分析した結果、一番安く買えるサイトをランキングベースでご紹介していきます。

購入までの仕組みは?

基本的には簡単な会員登録を行い、好きなギフト券を選び購入するという流れになります。

購入までのステップは以下の通りです

  1. 会員登録を行う
  2. 購入予定額を事前にチャージ(入金)する
  3. 好きな額面のamazonギフト券を購入する
  4. 購入したギフト券コードを自分のアカウントに登録する
  5. 無事登録できたら確定や認証を通知する。(※確定通知をするとチャージ金から購入した分が差し引かれます。または確定通知作業をせずに30分以上経過すると、強制的に購入の確定がされてチャージ金から差し引かれます)

※万一ギフト券が使用済みやエラーの場合は運営または個別メッセージ内でやり取りを行い解決します。一部売買サイトではエラーギフト券に対しての保証を行っているサイトもあります。

以上がamazonギフト券を格安で購入するまでの一連の流れです。

 

少し面倒かなと思うかもしれませんが、会員登録が完了してお金がチャージされている状態であれば、1分ほどで格安のamazonギフト券を購入する事が可能です。

チャージされている状態であれば、サイト内から好きなギフト券を選んで購入ボタンを押せば、amazonギフト券のコード番号が表示されますので、それを自分のアマゾンのアカウントに登録するだけです。(約30秒~1分程度の作業)

また、こうしたamazonギフト券売買サイトの特徴として、共通している事がいくつかあります。(※全てのサイトに当てはまるわけではありません)

売買サイトの主な共通点

  • 会員登録時にSMS認証がある
  • 会員登録時に身分証確認がある
  • ギフト券購入後30分以内に確認しないといけない
  • 使用済みやエラーのギフト券が混じっている可能性がある

一番の問題はエラーギフト券です。

エラーギフト券には大きく分けて2種類+特殊な1パターンあります。

  1. ギフト券コード番号が間違えていた
  2. 既に使用済みのギフト券だった
  3. 詐欺などで取得したギフト券である

1のギフト券コード番号が間違えていた場合は出品者に正しいギフト券コードを教えてもらえれば解決できます。

2の使用済みだった場合が意外とトラブルになりやすく、お互いが証明を出さなければ解決しません。

出品者は使用済みでないと言い張ってきたりする場合がありますので、最終的には売買サイトが中間に入ってジャッジしてくれますがこうしたトラブルはよくある事です。

一番の問題は3の「詐欺などにより取得したamazonギフト券」を購入してしまった場合です。

これはこのページの一番下部に詳細がありますので、売買サイトを利用する上での注意点の一つとして必ず目を通しておいて下さい。

amazonギフト券はどれくらい割引で買えるの?

amazonギフト券がどれくらい割引で買えるのかは、日々のレートによって異なります。

大体の1か月間の平均レートを表にしてみました。

毎月 平均売買レート 平均割引率
1日 90%~92% 8.5%引き
2日~4日 92%~93.5% 7%引き
5日~9日 93%~94% 6.5%引き
10日 92%~93.5% 7%引き
11日~24日 94%~97% 5%引き
25日~31日 93.5%~96% 5.5%引き

1ヵ月を日にち別に相場を見てみると、一番安いのは毎月1日です。1日は月間を通じて一番amazonギフト券が出回る日のため売り手が非常に多く、おのずとレートが下がってくるからです。

需要と供給の中で「供給が強い日」が毎月1日となる訳です。逆に一番高いのは中旬から下旬に掛けてです。amazonギフト券の供給が少ないため価格が高騰する訳です。

ただ、1か月を通してみるとそこまで乱高下はありませんが、例えば月に数百万~数千万円分買うなんて大口の購入者にとっては1%でも非常に大きな差なので、たかが1%といえども侮る事は出来ません。

現在、売買サイトによっては最大20%オフまで出品する事ができますが、amazonギフト券の最大割引率はほぼ10%です。やはり、売る方もあまり安くは売りたくないですからね。

amazonギフト券を格安で買う事のできるサイト一覧です

サイト名 出品数の多さ エラー割合
amaten(アマテン) 多い
ギフティッシュ 平均
アマオク 多い
ギフトレ 少ない
アマクロ × 少ない
あるじゃん 平均
ギフル 多い
べテルギフト 少ない
アマ市場 × 少ない
アマオーク × 少ない
ギフトブラザー 少ない

ご覧のように今現在ざっとですが、11サイトほど稼働しております。

amazonギフト券売買サイトの厳選11の特徴と注意点

amaten(アマテン)

特徴

何といってもamaten(アマテン)は、amazonギフト券売買サイトのパイオニアであり一番歴史の古い売買サイトです。

そのため、出品数はどのサイトよりも群を抜いて多いのが特徴です。常に豊富なamazonギフト券が出品されているため、自分に合った額面のギフト券を購入する事ができます。

実はこのamatenですが、一切顧客対応をしないなどのサービスに問題があり一時期ユーザーが完全に離れ、なんと毎日数千万円の取引があったにもかかわらず、出品数0という氷河期を経験したこともあり現在では少しユーザー寄りのサービスを行うようになり現在復活した形です。

メリット

  • 枯渇する事がないくらい豊富なギフト券が出品されているので、いつでも安くamazonギフト券を購入する事が可能です。
  • 売り手も買い手もユーザーが多いので、すぐに取引を成立する事ができる。

デメリット

amazonギフト券の出品数も多く一番有名な売買サイトのため、様々なユーザーが多く詐欺師たちの出品も非常に多いのが問題です。

ユーザーへのサポートが非常に悪くトラブルの対応を責任持ってくれないので、何か問題があっても泣き寝入りのケースが多い。

▼amatenの公式サイトはこちら

 

ギフティッシュ

特徴

amatenに次ぐ老舗売買サイトです。

非常にユーザー数も多く出品も多いサイトです。

ただ運営母体のグループ内にクレジットカード現金化などの運営も行っており、自社で買取ったamazonギフト券の出品が多いと思われるのが特徴です。

出品が多い割にはエラーギフト券も少ない方だと思うのですが、公式サイトに記載されている「不正ギフト券の報告」がいつみても常に0件なのでこれが何の指標なのかは不明です。

メリット

  • 出品数が多いので安定して安いamazonギフト券を購入する事ができます。
  • 出品手数料が1%と安いので、売り手にとっても重宝するサイトです。

デメリット

  • ユーザーサポートがしっかりしていないので、エラーやトラブルの報告なども個人間で解決してくれとの返答が多い。
▼ギフティッシュ公式サイトはこちら

 

アマオク

特徴

アマオクも売買サイトの中では老舗の部類に入ります。

出品手数料が平均3~4%の時代に、出品手数料の無料キャンペーンを行うなど価格競争を仕掛けたサイトとしても有名です。

今の出品手数料格安時代の先駆け的なサイトでもあります。

一番の特徴はアマオクは業界の中でも一番エラーギフト券が多く出品されているサイトでもあります。

詐欺で取得されたamazonギフト券も多く出品されている事から、相場より安いギフト券の出品も多いですが購入には注意が必要です。

メリット

それなりの出品数があるため、いつでもamazonギフト券を安く買う事ができる

 

デメリット

購入してもエラーになるamazonギフト券が非常に多いです。

詐欺師の出品者も多く、トラブルになるケースが一番高いとされるサイトでもあります。

▼アマオクの公式サイトはこちら

 

ギフトレ

特徴

ギフトレも老舗サイトであり多くのユーザーを抱えるサイトです。CMを売ったりとアクティブに活動するサイトの一つです。

出品数はamatenやギフティッシュを比べると見劣りしますが、エラーギフト券が少ない事で有名です。

また電話サポートもあるため何かエラーやトラブルになったときしっかり対応してれるので安心です。

メリット

  • エラーが少ないので格安でも安心してamazonギフト券を買える。
  • サポートがしっかりしているのでトラブルにも強い。

デメリット

  • まれに品切れ状態があるので購入できない時がある
  • 出品手数料が3.3%と高いので売り手にはメリットの少ないサイトです
ギフトレの公式サイトはこちら

 

ギフル

特徴

まだ新しい売買サイトですが、既に多くの出品数を抱えるほどに成長してきたサイトです。

波はありますが、多い時にはギフトレにに匹敵するほどの出品があるほどです。

メリット

  • 穴場的なサイトなので、稀に掘り出し物の格安amazonギフト券が購入する事ができる。

デメリット

  • 全体的な相場は他よりも常に少し高めなので、優先順位は低いサイトでもあります。
▼ギフルの公式サイトこちら

 

べテルギフト

特徴

べテルギフトはまだオープン間もないサイトですが、最近人気が高まってきたサイトです。

まだまだ出品数は少ないですが、意外と安いamazonギフト券が豊富にそろっている事で注目を集めております。

このままの調子で行ければ大手にも食い込んでいける可能性のあるサイトの一つです。

メリット

  • 格安のamazonギフト券の出品が多く揃っているので他のサイトよりも安く買える

デメリット

  • 出品数自体が少ないため売り切れが多い。
  • 身分証の確認がなく利用できるため、今後エラーギフト券や詐欺師の出品が多くなる可能性がある。
べテルギフトの公式サイトはこちら

 

以上が、2017年現在amazonギフト券を格安で購入する事のできる売買サイトの一部詳細です。

最後に、amazonギフト券を格安で購入するにあたっての注意点お伝えしておきたいと思います。

詐欺ギフト券を購入してしまったら

この最悪のケースですが、実は購入したその時はアカウントに登録が完了して普通に使う事が出来ます。

また、購入前も購入後もどれが詐欺で取得したギフト券かは誰にも分かりません。

詐欺で取得したamazonギフト券とは?

昔でいうワンクリック詐欺や、アダルトサイトの詐欺請求やその他架空請求で、支払いをさせる際に振込や送金の代わりにamazonギフト券を購入させそれを換金する事で現金を手にするという詐欺師たちの手口です。

こうした違法な方法で取得したamazonギフト券が世の中に出回っているという事実があるのです。

このような詐欺で取得したamazonギフト券を購入してしまうとどうなるのでしょうか。

最悪なのはアカウントに登録した後の話しです。

その時はお買い物をしたり実際に利用できるのですが、それが詐欺によるamazonギフト券と発覚した場合、以下のような処置がされます。

いつ詐欺取得のギフト券という事が分かるの?

格安で購入したamazonギフト券が、実は詐欺行為によって取得されたギフト券という事が判明するのは、詐欺に合った被害者が詐欺に気付き警察やアマゾンにamazonギフト券を騙し取られたと通報し、その該当のamazonギフト券が使用停止となるのです。

以下の状況の時に分かるのです。

  1. 突然自分のアマゾンのアカウントが凍結する。
  2. チャージしてあったギフト券の残高が突然なくなっている。
  3. メールや電話でアマゾンから通知がくる。

この3つのパターンのいずれかに当てはまった時は、購入したギフト券が詐欺行為によって取得されたamazonギフト券だった可能性が高いという事になります。

また、詐欺行為で取得されたギフト券であっても被害者が通報しなければ何も判明しませんので、実は気付かないうちに詐欺ギフト券を購入している可能性が非常に高く、氷山の一角とも言われております。

もし凍結とかされたら対処方法はあるの?

残念ながら現在はありません。完全に運が悪かったと思うしかありません。

また、1、2年前など少し前までは、ある程度アマゾンも配慮をしてくれたのでアカウントの凍結やギフト券の没収などは行わなかったのですが、現在のアマゾンは公式に外部サイトで取得したギフト券は、詐欺行為で取得したギフト券以外であっても基本的に認めないという旨を公開しております。

以下、アマゾン公式サイトから抜粋

下記をはじめとする、Amazon.co.jp が承認していない転売サイトにおいて、詐欺など不正取得の可能性のあるAmazonギフト券が販売されている事例が多数報告されています。

・amaten  https://amaten.com/
・アマオク! https://amaoku.jp/
・giftissue http://giftissue.com/

Amazon.co.jp では、細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)、および無効化を随時行っております。そのため、未承認のサイトから Amazon ギフト券を購入された場合、お手持ちの Amazon ギフト券が予告なく使用できなくなる場合があります。当サイトが承認していない転売サイトからのご購入は、お控えいただきますようお願いいたします。

不正行為防止とお客様の安全なお買い物のため、ご理解とご協力をお願いします。

【その他の未承認サイトの例】
ギフトレ (https://gifttrade.jp)
amaqlo (https://amaqlo.com/)
ギフル (https://giftapple.jp/)
amafan (https://amafan.jp/)
あるじゃん (http://arujan.biz/)
新栄ギフト (http://www.shinei-gift.com/)
アマ市場 (https://amaichiba.com/)
プリペ (https://puripe.net/)
ギフトバンク (http://www.syoppingwaku-genkinka.net/)
アマゾンギフト買取 七福神 (http://ama-shichifuku.net/)
ギフトダイレクト http://www.gift-direct.com/

 

このようにamazon側も本来は黙認していた売買サイト上で、詐欺取得のamazonギフト券が多く乱立したことから遂にアマゾンも重い腰を上げましたが、実際にはどこから購入したギフト券かは得する事ができないため、基本的には本当に詐欺などで通報があったamazonギフト券以外凍結や没収する事が出来ないというのが現状です。

しかしながら、いつこのように凍結や没収されても文句を言う事ができないため、amazonギフト券を格安で購入する祭はこうしたリスクを理解した上で利用するようにしましょう。