Amazonギフト券はクレジットカード現金化に非常に適した金券です。

換金業者はAmazonギフト券を専門に手掛けている金券ショップを選ぶ必要がありますが、一度信頼できる業者を見つければ、その後はスピーディーかつ確実な換金が可能です。
Amazonギフト券の買取はネット上の買取になるため、専門の金券ショップ選びが大切になります。

現実に詐欺被害も出ているので、信頼できる専門の金券ショップを見極めることが一番重要だと言えます。

Amazonギフト券は簡単に買取できない

Amazonギフト券はAmazonが発行しているギフト券です。

Amazonのアカウントに登録することで使えるようになるのですが、Amazon自体がネット上の店舗なのでAmazonギフト券も当然ネットで流通できる形になっています。
具体的にはAmazonギフト券に個別の番号が付されており、その番号をアカウントに登録するのです。

Amazonギフト券をクレジットカード現金化により換金する際には、Amazonギフト券のこのような性格を知っておく必要があります。
つまり、Amazonギフト券を換金する際には、専門の金券ショップに依頼しなければいけません。

ただ、このようなAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップはWEBで探せばいっぱいあります。ただし、ショップの性格上ネット上での店舗が多いため、信頼できる業者の見極めが大切になるのです。
Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップは大別すると2種類あり、1つは直接買取をするサイトであり、もう一つはオークション形式のサイトです。前者は最短10分以内で振込をするスピーディーさが魅力的であり、後者は高換金率が狙えます。

実際にクレジットカード現金化をAmazonギフト券の換金でする場合、換金率も大切ですが、振込のスピーディーさを優先する人が多いと思われます。その観点からすると、直接買取をしてくれるAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップをお勧めします。

最近はAmazonギフト券をクレジットカード現金化の手段として換金しようとする人が増加しており、専門の金券ショップを比較したサイトも増加しています。このようなサイトの口コミ記事をいくつか比較し、自分に合ったサイトを探すことをお勧めします。

紙ではないデメリット

Amazonギフト券は利用価値が高いギフト券ですが、デメリットの一つとして「紙ではない」ことが挙げられます。

信販会社のギフトカードのような「商品券」ではないので、取引がしにくいのです。先ほどAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップの話をしましたが、Amazonギフト券の価値はギフト券についている番号が有効か否かによって決まります。
つまり、Amazonギフト券をAmazonのアカウントに入力しない限り有効性の有無が判断できません。Amazonギフト券を直接買い取る形式のAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップは、何らかの方法で確認をしているはずです。

とはいえ、一度アカウントに登録したらAmazonギフト券自体をアカウントから外すことはできません。残高にチャージされたらAmazonで買い物をするしかないのです。
つまり、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップとはいえ、買い取ってくれる人にAmazonギフト券の有効性を確認してもらった後でない限り、Amazonギフト券の代金支払はできないのです。

Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップは、初回取引の際に運転免許証などで身分確認を必ずしています。これは、古物商の届け出を警察署にしているという理由です。
しかし、それだけではなくAmazonギフト券の有効性確認が紙の形である信販会社のギフトカードより難しいことが大きな要因です。

ちなみに「紙の形」で販売されているタイプのAmazonギフト券もありますが、これはAmazonギフト券の番号が「紙に印刷されているタイプ」であり、紙自体には何の価値もありません。信販会社のギフトカードとは話が違うので勘違いしないようにしてください。

ネットで買取できるメリット

このように紙の形ではないAmazonギフト券ですが、別の面でメリットがあります。

それはネット上で取引ができる点です。

Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップは、ネット上で商売をしています。つまり、店舗を構えている金券ショップにわざわざ行かなくていいのです。
このメリットは結構大きなものがあり、仕事をしているサラリーマンの方が日中新幹線回数券をみどりの窓口に買いに行き、かつ金券ショップまで出向く必要がないのです。

新幹線回数券をクレジットカード現金化の換金対象とすることは多いのですが、あまりに多量の回数券をクレジットカードで購入すると不正利用ではないかと疑われます。当然信販会社から確認の電話があり場合によっては面倒なことになります。
これを防ぐ方法として、信販会社を変えたクレジットカードを使って、いくつものみどりの窓口で新幹線回数券を購入するという方法はあります。しかし、実際にやってみると結構手間がかかります。夏などは大変ですよね。

また、Amazonギフト券や新幹線回数券に限りませんが、金券類を金券ショップで換金する際には換金率が重要です。しかし、金券ショップによって力を入れている金券に差があり、換金率に違いが生じます。
この換金率は金券ショップの店頭に表示されていることが多いのですが、基本的にいちいち見て回る必要があります。

しかし、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップなら、ネット上で換金率の確認ができます。
ネット上で取引ができるメリットは案外大きいのです。

換金業者は限定される

もっとも、このような性格を持つAmazonギフト券を買取してくれる金券ショップは限定されます。

Amazonギフト券の有効性を確認する手段が登録しかない以上、買い取ったAmazonギフト券をすぐに転売する必要があり、その手段を持つ必要があるのです。
買取をしたAmazonギフト券をどのようにして転売するかは、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップごとに違いがあるでしょう。大口需要家を持っていればそこに転売できますし、マッチングサイト出品しているかもしれません。

いずれにせよこのような手段やノウハウを持っていなければAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを運営することはできません。
どこの金券ショップでもAmazonギフト券を取り扱えるわけではないのです。

なじみのAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを決めよう

先ほど述べた通りネット上で運営をしているAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップのすべてが優良業者とは限りません。中には詐欺師も混在しています。

そのため、信頼できるAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを探す必要があります。
しかし、一度なじみのAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを見つけることができれば、安心してAmazonギフト券を使ったクレジットカード現金化が可能になります。

確認方法としてお勧めしたいのは、500円程度のAmazonギフト券を換金する方法です。500円程度のAmazonギフト券なら万が一の際にさほど損失はありませんし、懸賞サイトなどの景品でもらうこともできるでしょう。
申込をしてから実際に自分の銀行口座に振り込まれるまでの時間も重要です。いくつものサイトで確認することをお勧めします。

これは、ただ単に安心できるAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを見つけるだけではなく、最初の身分確認手続を省略することが出る点も見逃せません。つまり、よりスピーディーに換金できるのです。

Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップは、もともとクレジットカード現金化を専門で取り扱っていた業者のようです。Amazonギフト券の需要が非常に高まってきたので、こちらへシフトしているというわけです。

Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを探すためのサイトは非常に多くあります。いくつものサイトを確認して、なじみのAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを決めましょう。

Amazonギフト券の換金率は低いのか?

Amazonギフト券の換金率は信販会社のギフトカードや新幹線回数券より低いです。

しかし、新幹線回数券の換金率は結構変動します。ドル箱路線といわれる東京大阪間の換金率は高い時期は97%程度ですが、需要が落ちる時期には95%を割り込み、93%という時期もあります。
信販会社のギフトカードは比較的上位安定しており、97%程度の買取をしてくれます。
ただし、どちらの金券もクレジットカードで購入することは難しいです。

新幹線回数券は、利用額が多額で担当者が「怪しい」と思うと、JRが信販会社に「確認」をしていますし、信販会社のギフトカードはJCBのように店舗で販売しているケースは少なく、多くの場合は信販会社からの通販です。

Amazonギフト券の換金率も変動があり、マッチングサイトを見ると95%を超えている時もあれば、90%前後まで落ちている時もあります。需要がなければ価格が下がるという経済学の教科書通りの値動きをしてくれるのです。
とはいえ、総合的に見るとAmazonギフト券の換金率は新幹線回数券や信販会社のギフトカードより低めです。

しかし、換金率よりスピーディーさを重視するのであれば、新幹線回数券や信販会社ギフトカードよりもAmazonギフト券に軍配が上がるでしょう。換金率が低いとはいえ、両者の差は少ないのです。

微妙な換金率

Amazonギフト券に限ったことではありませんが、金券類の換金率は変動相場制です。需要と供給のバランスで換金率が決まってくるのですが、この換金率の変動は日経の商品欄に記事化されるほど注目されています。

Amazonギフト券の換金率がどの程度か見たければ、Amazonギフト券を取り扱っているマッチングサイトを確認するといいでしょう。マッチングサイトには出品されているAmazonギフト券が並んでいるため一目瞭然です。
Amazonギフト券の換金はスピーディーな直接買取をしてくれるAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップがお勧めですが、マッチングサイトの換金率が上がり始めた時期には、直接買取をするサイトもキャンペーン等で調整をすることが多いようです。

この微妙な換金率をどう考えるかは、人によってマチマチでしょう。クレジットカード現金化は資金が不足している時にするものですから、必ずしもAmazonギフト券の相場が高い時期と連動しているとは限りません。

しかし、マッチングサイト等でAmazonギフト券の価格動向を大まかであっても把握していれば、なじみのAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップでキャンペーンなどをしているかどうかの予想が付きます。
多額のクレジットカード現金化をAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップでする場合は、ちょっとした換金率の差で換金額が変わります。Amazonギフト券で将来クレジットカード現金化をするかもしれないならちょっと注意していたほうがいいでしょう。

資金不足は時期を選ばないと言われています。しかし、家計でも事業でも資金繰り管理をしっかりしていれば、必要資金がどの時期に増加し、資金繰りが苦しくなるかは予想が付きます。
Amazonギフト券の換金率が不利な時期には、クレジットカード現金化をしても不利なので資金繰りを調整してアマゾンギフト券の換金をしないように努力するという調節も必要なのではないでしょうか。

買いやすさとのトレードオフ

Amazonギフト券の換金率の低さは、クレジットカード現金化のデメリットではありますが、先ほど述べた通り換金率の高い金券は買いにくいというデメリットがあります。

どんなに換金率が高くても、買えなければクレジットカード現金化をすることはできません。これに対し、Amazonギフト券をクレジットカードで購入することは難しくありません。信販会社から確認されても言い訳は簡単です。
また、スマホ上でAmazonギフト券を購入し、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップで換金すれば、手間もかかりません。何度もみどりの窓口に行く必要はありませんし、1週間も待ちされて信販会社からギフトカードを買う必要もありません。

クレジットカード現金化のサイトを見ると、新幹線回数券などを購入して、金券ショップにもっていくという内容の記事をよく見ますが、実際にそのようなことをするのは大変です。
金券ショップに積み上げてある新幹線回数券や信販会社のクレジットカードを見ると「持ち込む人は大変だったろうな」と思いたくなりますが、Amazonギフト券ならそのような苦労はいりません。

換金率が多少低くてもAmazonギフト券がクレジットカード現金化で人気がある理由です。買いやすさとのトレードオフと言えるのではないでしょうか。

買取相場は変動する

Amazonギフト券の買取相場は変動しています。特にマーケットがあるわけではないのですが、相場を確認したければマッチングサイトが換金率の指標として有効でしょう。

ただし、すべてのマッチングサイトのデータがそろっているわけではなく、市場を形成しているほどの規模ではありません。
とはいえ、クレジットカード現金化でAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップでどの程度の買取率で買取をしてくれるかは重要です。

なじみのAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップを一つ作ればいいのでしょうが、誰しも「もっと条件のいいところはないものか」と考えたくなるものです。あまり欲張らない方がいいのですが、どの程度の換金率が「適正」かの判断基準になるでしょう。

このようにAmazonギフト券の相場が変動する理由として考えられるのは、Amazonギフト券の需要の増減ではないでしょうか。

もともと一定の取引量はあるAmazonですが、有名なゲームソフトの発売日などはその商品を買いたい人が集中します。Amazonは販売力があるので、供給先もAmazonを優先しています。
新商品を少しでも早く買いたいという人は、Amazonで予約をするのが定番のようで、発売日にはAmazonプライムで届いたゲームで人より先に遊び、誇らしげにブログにアップするという人も少なくないのではないでしょうか。

当然Amazonでの支払いに使えるAmazonギフト券の需要が増しますし、額面より安く購入できるマッチングサイトの利用者も増加するでしょう。事実上値引ができる点もAmazonの魅力です。

このようにしてAmazonギフト券の買取相場は変動しているのです。

商品の換金より絶対有利

Amazonギフト券はこのようにクレジットカード現金化では非常に有用な方法です。

クレジットカード現金化でちょっとまとまった資金が必要な場合、金券で調達するのは無理があるからと、ブランドバッグなどを購入して換金業者に換金してもらうことがあります。ただし、換金率は高くても8割程度、通常は7割程度です。
クレジットカート現金化の専門業者に換金を依頼しても8割が上限なので、Amazonギフト券の方が有利だと言えます。

Amazonギフト券の換金率は9割を超えており、マッチングサイトであれば93%程度は期待できるのではないでしょうか。もっとも、マッチングサイトは換金率に拘ると売れにくく、早期売却を優先すると換金率を下げるしかなく不利になります。
それならば、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップで買取を依頼して換金してもらった方が絶対に有利です。マッチングサイトより換金率が低いとはいえ、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップとさほど差はありません。

少なくとも、ブランドバッグなどの商品を換金してクレジットカード現金化をするよりも、Amazonギフト券を専門の金券ショップで換金してもらった方が絶対に有利です。
また、言うまでありませんが、商品の買取よりもAmazonギフト券の換金の方が楽に実行できます。

何処で現金化するのがベストか?

Amazonギフト券の換金は専門の金券ショップでしかできません。

しかし、Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップは先ほど述べた通り、マッチングサイトと直接買取と2つの種類があります。どちらがいいのか迷うところです。

見かけ上だけで考えればマッチングサイトのほうがいいように見えますが、手数料を差し引かれますから、事前に手数料や振込手数料のルールは確認したほうがいいでしょう。

直接買取の店舗は、事前に少額のAmazonギフト券を換金してみて様子を見ることをお勧めします。同時に身分確認もされるでしょうから、2回目以降のAmazonギフト券を利用した換金の際には便利になるでしょう。

マッチングサイトと直接買取のどちらがいいかは人によって判断は分かれるでしょうが、クレジットカード現金化を目的とするのであれば直接買取のAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップがお勧めです。
マッチングサイトは換金率が多少高くても、売れなければお金は自分の口座に振り込まれません。個人的に余ったAmazonギフト券を換金するならマッチングサイトでもいいのでしょうが、緊急性を伴うことが多いクレジットカード現金化には適しません。

そのため、マッチングサイトは自分が個人的にAmazonギフト券を利用したい場合に使うサイト、クレジットカード現金化では直接買取をしてくれるサイトで換金をしてもらうという感じで使い分けたほうがいいでしょう。

また、直接買取のAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップの全てが同一の換金率とは限りません。随時行われているキャンペーンの有無も比較し、一番有利だと判断したAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップで換金するといいでしょう。

何を優先するかで変わる

このようにAmazonギフト券を換金する場合にどこを利用するかは、その利用目的によって変わります。

急いでいる場合は換金率より換金スピードの方が優先であり、直接買取のサイトのほうがいいわけです。
新幹線回数券や信販会社のギフトカードの方が、高い換金率だと分かっていても、実際にクレジットカードでこれらの金券を買うことは難しいですし、金券ショップを探す必要性もあるでしょう。

そのため、換金率にかなりの差があるものの、クレジットカード現金化の専門業者に換金を依頼することが多いのです。クレジットカード現金化の専門業者は、換金率は低くてもカード決済が通ればすぐに振込をしてくれます。

クレジットカード現金化をする人は、お金がすぐに必要な人です。それにも関わらず手元にお金がないからクレジットカード現金化によって資金調達をしようとしているのです。
資金不足が予想されているものの、実際に資金が必要になるのはまだ先だというのであれば、あえてクレジットカード現金化をすることはないでしょう。それまでの間にできることは多くあるはずです。

しかし、そのような余裕がないからクレジットカード現金化で資金調達をしようとするわけです。急いでいる人に対して、落札されたら入金しますというルールのマッチングサイトは合わないのです。

少額のAmazonギフト券を換金してみよう

Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップがすべて安心できるという保証はありません。ネット上の話ですから、詐欺師としては仕事がやりやすいのです。

そのため、いきなり10万円とか50万円とかの高額なAmazonギフト券を換金するのは危険すぎます。何事も準備が必要です。
準備と言っても難しいものではなく、口コミ記事などで評判がよさそうなAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップをいくつか探し、少額のAmazonギフト券を換金してみればいいのです。その際の対応も選定基準と言っていいでしょう。

優良なAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップなら、問題なく自分の銀行口座に換金額を振り込んでくれるでしょう。

これに対し、詐欺師まがいのサイトであれば、申込をする際に相手の対応がどことなく怪しげで、自然と警戒心が働くことが多いです。それは相手が電話で話しているだけでも良くわかります。ちょっとでも怪しいと思ったら深入りしないことが大切です。

口コミ記事を確認する際には、複数の口コミ記事を探すことをお勧めします。人によっていい悪いの判断には差がありますから、ある人は推薦していても、他の人はそうでないことがあります。

Amazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップも一人ですべての仕事をしているわけではなく、時間帯によって複数人での対応をしていることがあります。対応する人が複数であれば、顧客の受ける印象にも多少なりとも差があるのは仕方ないでしょう。
しかし、その対応の差があまりに激しかったら、そのAmazonギフト券を取り扱う専門の金券ショップはやめた方が賢明と言っていいでしょう。

スピード重視なら買取専門業者がお勧め

先ほどから申し上げているように、クレジットカード現金化を利用しようとする人は、換金率よりスピードを重視していると思われます。そのため、Amazonギフト券の換金の際にも直接Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップをお勧めするのです。

ただし、マッチングサイトでもスピード重視の売却ができないことはありません。
しかし、それをしようとするとマッチングサイトで表示している表を監視している必要があり、場合によっては自分の提示する換金率を訂正する必要があります。

要するに、売れ筋の換金率がその時点での「時価」であり、それ以上の換金率を提示しても買う人はいないのです。仕事をしながらクレジットカード現金化をしようとする人に、そのような芸当を期待する方が無理でしょう。
Amazonギフト券を買い取ってくれる専門の金券ショップが、どのタイミングでどの程度の換金率を提示するかは、経験とかがあるので難しいものではないかもしれません。その意味ではマッチングサイトがベストの手段と言えるかもしれません。

しかし、普通の人にそれは無理と言っていいでしょう。

そのためクレジットカード現金化をAmazonギフト券でするのであれば、直接Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップにすべきでしょう。

換金率重視ならマッチングサイト?

Amazonギフト券をもらったものの使う見込みがなく換金したという場合、換金自体を急ぐわけではありません。換金率が高くて買い手がつかなければ、その段階で換金率を変更すればいいと言うわけです。

そのような恵まれた事情であればマッチングサイトのほうがいいかもしれません。

もらったAmazonギフト券ですから、換金だって慌てなくてもいいでしょう。額面も多額ではないでしょうから、急ぐ理由はどこにもありません。ちょっとでも高く売れればラッキーだという感覚ならばマッチングサイトの方がいいと言えます。

しかし、先ほどから述べている通りクレジットカード現金化は、急いでお金が欲しいという人が対象です。換金を急いでいるわけですからマッチングサイトでは無理があるのです。

換金率よりスピ―ド重視の方がマッチングサイトを選択すると、希望する時期に資金調達ができず大変なことになりかねません。

Amazonギフト券は現金化の有望なツール

Amazonギフト券はAmazonと言う1つの店舗でしか使えないにもかかわらず、Amazon自体の利用者が多く人気が高いです。

そのAmazonギフト券は流通経路が確保されているため、新幹線回数券同様にクレジットカード現金化の換金対象物として人気が上がりました。
Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップは、Amazonギフト券を利用してクレジットカード現金化をしようとする場合に必要です。この金券ショップが多く存在していることもAmazonギフト券の価値を上げていると言っていいでしょう。

また、Amazonギフト券はネット上で取引されるのでスマホやパソコン上でクレジットカード現金化ができます。換金業者であるAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップもネット上の業者なのです。

Amazonギフト券はクレジットカード現金化をするにあたって欠かすことができないツールと言えるのではないでしょうか。

買取してもらわないと始まらない

クレジットカード現金化をするにあたり、何が大切かと言えばクレジットカードで購入したものを買い取ってくれる買取店舗があることです。換金できなければクレジットカード現金化は成立しないのです。

クレジットカード現金化においては、従来は新幹線回数券や信販会社のギフトカードが有名でした。しかし、最近はこれらの金券をクレジットカードで購入しようとすると信販会社から電話があり、購入目的をいろいろと聞かれるようになりました。
そのため、そのような電話確認を避けたい人は、ブランドバッグなどの商品の換金やクレジットカード現金化の専門業者に決済を依頼するようになりました。

ただし、これらの換金率は7割から8割と低く、タイムリーな資金化ができたとしても、その代償は非常に大きく、クレジットカード現金化をしたものの肝心な支払日に支払ができないという人も増加してしまいました。
その対応策として現在脚光を浴びているのがAmazonギフト券です。

金券と言う意味では、Amazonギフト券も新幹線回数券も変わりませんが、Amazonギフト券は販売量が多く、その使途もマチマチであり信販会社がチェックしにくいので人気が出てきたのです。
Amazonギフト券は流通経路が明確にあり、Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップもいくつもあります。競合他社との競争で換金率アップのキャンペーンがあるほどで、買取に適した環境になってきたという事ができそうです。

このようにAmazonギフト券はクレジットカードで購入することが容易であり、かつ買取をしてくれるAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップも存在することからクレジットカード現金化に適した換金物だということができます。

流通経路が確保されているから現金化可能

換金できるという事は流通経路が確保されていることを意味しています。

Amazonギフト券を例に挙げれば、Amazonで買い物をする人は少しでもAmazonギフト券を安く買う事ができれば有利になります。
Amazonは取扱品目が多くなってきたので、Amazonギフト券の需要も増えてきており、安く買うことができるという情報もWEB上で広がっています。その手段として有名なのがマッチングサイトです。

マッチングサイトとは、Amazonギフト券を欲しい人と売りたい人を文字通りマッチングさせるサイトで、感覚としてはオークションのようなものです。Amazonギフト券の出品者は換金率を提示し、それに納得した買い手がいれば落札されるというものです。
マッチングサイトで取引されるAmazonギフト券の量は、Amazonから直接買ってアカウントに登録される量に比べれば、はるかに少ないでしょう。しかし、そのような流通経路があるという情報がAmazonギフト券の価値を上げるのです。

このようにして流通経路が確保されたAmazonギフト券は、クレジットカード現金化の換金物として理想的な存在になりつつあります。
クレジットカード現金化は常時するものではありません。あくまでも非常手段として使うべきものであり、そのために事前準備をしておくことが大切なのです。

WEBなどでクレジットカード現金化に適した換金物を紹介されていたとしても、いざクレジットカード現金化の必要が生じた時に、その換金物の換金方法がなかったら意味がないですし、購入してしまっていたとしたら大損害です。
Amazonギフト券は流通経路が確保されていますから、そのような心配は一切無用です。Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップ同士で競合が起きるほどの競争関係があるマーケットなので消滅するようなことは考えられません。

マッチングサイトを見れば、今日も多くのAmazonギフト券が売買されています。
流通経路が確保されているからこそ、いざとなったらAmazonギフト券をクレジットカードで購入し、Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップに売ることができるのです。

換金業者は一つにしよう

Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップはいくつもあり、換金率には差があります。考えようによってはいくつものAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップに登録をしておいて、換金率が一番いいショップに売ればいいと考える人もいるでしょう。

しかし、その方法はあまりお勧めしません。

確かに先ほど述べた通りAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップは、競合が起きるほどの数があります。しかし、それ以上の悪徳業者が存在していることも事実です。
ネット上では詐欺行為が起きやすいです。相手の顔も見えず、WEB上でしか判断できないため相手の素性など分からないのです。

そのような観点からすると、Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップは一つだけと決めたほうが賢明です。

また、クレジットカード現金化をする時は、資金不足のため自分自身にも余裕がないことが多いです。判断能力が鈍っているのです。火災や地震などの際に冷静な判断ができないのと同じことです。
そのため、クレジットカード現金化をする際は、できるだけ面倒なことを考えずに済むようにしたほうがいいのです。

確かに、他にもっと割のいい換金対象物があるかもしれません。もっと有利なAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップがあるかもしれません。
しかし、そのようなことを判断している余裕は、クレジットカード現金化を必要としているときにはないはずです。

事前準備をしっかりしておいて非常事態に備えることがクレジットカード現金化を成功させるコツです。Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップは1つにしたほうが賢明です。

詐欺業者には要注意

ネット上で取引されるAmazonギフト券の売買には詐欺師の存在も無視できません。簡単にバレるような手口を詐欺師は使いませんから見分けることは難しいです。

先ほど述べた通り、電話などをした際の相手の口調や対応が判断の境目になりますが、WEB上の口コミ記事をいくつも確認していくつか絞り込むことが最良の方法だと言えるのではないでしょうか。
WEBの口コミなどあてにならないという人も多いでしょうが、実際に利用した人の声を聞くことができるのは口コミ記事だけであることも事実です。

ただし、一つのWEBだけで判断するのも危険であり「おとり」である可能性は否定できません。そのため、複数のサイトを見る必要があるのです。
ちょっと面倒ではありますが、クレジットカード現金化ではAmazonギフト券を10万円単位でAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップに換金してもらうことになります。万が一でも詐欺師の餌食になってしまったら取り返しがつきません。

詐欺師を見分ける有効な手段として少額のAmazonギフト券を換金してもらうことを挙げました。優良なサイトを見ていると最低金額が500円でも換金対象にしてくれて、かつ振込手数料も無料です。

500円のAmazonギフト券を換金して振込手数料まで支払っていたらAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップとしては赤字でしょう。詐欺師であればそのような換金は問答無用で断りますし、買い取ってくれても振込をしてくれないでしょう。

そのような方法でも詐欺師かどうかを見極めることは可能だと言えるのではないでしょうか。

多額の現金化にはベストの手段

クレジットカード現金化においてベストの換金物は、換金率が高くて多額の購入が可能なものではないでしょうか。

換金率が高いという条件であれば新幹線回数券や信販会社のギフトカードがベストです。時期にもよりますが、大体95%以上の換金率は望めます。ただ、残念なことにクレジットカードによるこれらの金券は、多額の購入が難しくなっています。

これに対し、Amazonギフト券は、換金率こそ新幹線回数券や信販会社のギフトカードより劣るものの、50万円までと決められていることから、あまり信販会社から目を付けられることはありません。
また、Amazonギフト券を購入する際、Amazonのアカウントも利用するクレジットカードも別にすれば、怪しまれずに何度もクレジットカード現金化を実行することができます。50万円のAmazonギフトカードを2回買えば100万円の換金が可能なのです。

新幹線回数券化でもこのような芸当は可能です。しかし、50万円もの新幹線回数券と言えば東京大阪間の回数券を6冊買う必要があります。
これほどの額になると、みどりの窓口や信販会社の担当者にチェックされる可能性は高いです。しかも、100万円のクレジットカード現金化を実行するのであれば、これをもう一回、別のみどりの窓口でもする必要があります。ちょっと現実的ではないでしょう。

Amazonのアカウントはメールアドレスさえ変えればいくつでも作ることができます。
住所など適当でも構わないので、NICOS用・MUFG用・三井住友用などといくつかのアカウントを作り、いざという時には全てのアカウントで50万円ずつAmazonギフト券を購入すればいいのです。

Amazonギフト券は多額のクレジットカード現金化を可能にします。

信販会社を経由しなくても買える

Amazonギフト券は信販会社の発行するギフトカードと違って、Amazonに注文すると瞬時に届きます。信販会社を経由する必要がないので変に気を使わなくて済みますし、嫌がらせのように送付は1週間後とされることもありません。

消費者金融の即日融資同様にタイムリーな対応ができるのがAmazonギフト券の強みです。そして、Amazonギフト券を買取するAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップもスピーディーに処理をしてくれます。

クレジットカード現金化を必要とするときは時間との勝負であることが多いです。そんな際に1週間後しか送れませんと言うような信販会社のギフトカードに意味はありません。

Amazonギフト券はクレジットカード現金化に適していると言われる理由の一つがここにあります。

Amazonギフト券には多額の需要がある

改めて言うまでありませんが、Amazon利用者の数は日ごとに増加しています。

新しく食料品を取扱品目に入れたことで更に利用者も利用額も増加しています。
そんなAmazonで自由に利用できるAmazonギフト券にも多くの需要があります。
この多大な需要こそがAmazonギフト券の流通量を増加させています。

Amazonギフト券の需要が多ければ、供給が必要です。
WEB上のAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップは、そのような需要をお得に実現するために存在しています。このような金券ショップが「不要なAmazonギフト券」を買い取ってくれるからAmazonギフト券の需要を満たすことができるのです。

クレジットカード現金化は多額の資金が必要な場合もあるでしょう。
そのような場合、少額の需要しかない金券マーケットであれば多額の需要に応えることはできません。大きな需要があるAmazonギフト券だからこそ安心してクレジットカード現金化の換金物として利用する事ができるのではないでしょうか。

Amazonギフト券には多くの買取需要がある

このように多くの需要があるAmazonギフト券なので、Amazonギフト券を買取する専門の金券ショップはAmazonギフト券を売ってくれる人を探しています。多額のAmazonギフト券を供給してくれるクレジットカード現金化は大歓迎でしょう。

買取需要が多ければ、クレジットカード現金化をしても心配なく換金できます。いざという時に頼りにならなければ緊急事態に対応できないのです。
お金が不足しているという緊急事態に対応する手段として、消費者金融の即日融資を挙げる人もいます。しかし、消費者金融に申込む際には審査が必要であり、審査に通らなければお金を借りることはできません。

これでは緊急事態に対応できません。しかも、消費者金融も審査にほとんど通るのであればいいのでしょうが、上場している大手消費者金融の有価証券報告書を見ると、審査通過率は40%から50%と非常に低いです。
消費者金融は総量規制という融資制限があるため。貸したくても貸せないというジレンマがあるでしょうが、実際にこのような数字を見せられると、緊急事態に頼りにすることはできないと思い知らされます。

これに対し、クレジットカード現金化には改めて審査はありません。既に審査済みのクレジットカードを利用してAmazonギフト券を購入するだけです。確実に購入できて確実に換金できるので緊急事態に頼りにすることができるのです。

自営業者の方にお勧め

Amazonギフト券はAmazonが発行していますが、ギフト用として販売されているEメールタイプのAmazonギフト券は「ギフト先」をAmazonギフト券を買取する専門の金券ショップにするだけでクレジットカード現金化が可能です。

簡単にクレジットカード現金化を実行できますし、先ほど述べ通りアカウントと信販会社を分散したクレジットカードを利用すれば、自分の信用に応じた最大限のクレジットカード現金化が可能です
このような方法で、多額のクレジットカード現金化を容易にできる方法は他にないでしょう。

100万円単位という多額の運転資金が必要な自営業者の方は、資金不足が事業の廃業に直結しかねません。しかし、その割にいざという際に助けてくる金融機関も少ないので、当座の資金不足に備えて多額の預金をしている人も多いようです。
そのような不安要素を解消するためにAmazonギフト券を利用したクレジットカード現金化はお勧めです。

Amazonギフト券は、ここまでに述べたようなメリットがいっぱいです。新幹線回数券などに比べれば換金率は劣りますが、最低でも9割程度の換金率は望めます。
換金性の確実さとスピードと言うクレジットカード現金化の必須条件を十分満たしているのです。

資金面では弱い立場に立たされがちな自営業者の方だからこそ、緊急事態に備えた資金調達方法が大切になります。緊急事態の対応は地震のような災害だけではなく、お金に関する災害にも備える必要があります。

Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化は、自営業者の方にとって心強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

Amazonギフト券は、現在クレジットカード現金化をしようとする人にとって最高の換金物と言っていいでしょう。

もちろん50万円のAmazonギフト券をクレジットカードで購入したら信販会社から電話があるかもしれません。しかし、Amazonギフト券は実際にギフト需要として成立しており、好きなものを買えるからと受け取る方からも好評です。
そんなAmazonギフト券ですから、クレジットカード現金化をする際にも心配せず実行することができます。言い訳がしやすいのです。

信販会社のギフトカードは使いにくいので、ギフト需要としてはAmazonギフト券より劣っています。しかし、ある程度の威厳があるので重宝されているだけです。そのことは信販会社から確認の電話があった際に言い訳がしにくい事も意味しています。
信販会社のギフトカードで家電量販店を利用させることは不自然です。そんな言い訳をしたら信販会社はきっと警戒するでしょう。

これに対し、Amazonギフト券であれば「好きな家電製品を買わせるために贈る」と言えば言い訳として成立します。実際にそのような目的でAmazonギフト券を利用している人も少なくありません。

Amazonギフト券はクレジットカード現金化の換金物としてベストの存在です。