amazonギフト券買取をする際、いちばん大切なことは信用できるamazonギフト券買取店を探すことです。

しかし、プラスアルファーの知識として、クレジットカード決済の仕組みから、どんな利用方法をしたら効率的にamazonギフト券買取ができるのか知っておくと、より有利です。

資金不足は時期を選ばない

資金不足は時と場所を選びません。
amazonギフト券買取を利用した現金化は、そんなときに非常に役に立つ資金調達方法です。

しかし、ちょっとした知識があるだけで、そんな有利なamazonギフト券買取がより一層有利になります。

amazonギフト券現金化は、amazonギフト券をクレジットカードで購入します。
そして、amazonギフト券を購入した後のクレジットカードの支払日は、締日と支払日のペアで決まります。やり方ひとつで1カ月遅らせることも可能です。

その為には、締日を分散したクレジットカードを何枚か持つことが重要です。

特に事業主の方は、自分の仕事で支払日がいつ集中するかお判りでしょう。
そんなケースでは、自分の支払日直前に締日が来るクレジットカードを持っていると、効率のいいamazonギフト券買取を依頼することができます。

サラリーマンの方であれば、お金が足らなくなりやすいのは、給料日前日ではないでしょうか。
それであれば、その前に締日が到来するクレジットカードを準備しておくことで、給料日前にお金が足らないという場合に対処できるのではないでしょうか。

amazonギフト券買取を依頼するために購入したamazonギフト券の代金は、クレジットカードの支払日に銀行口座から引き落としされます。
確実に引き落としがされるか否かが、その後の自分の信用に直結します。
支払日が遅いほうが、確実に引落をかのうにすることは言うまでないでしょう。

効率的なamazonギフト券買取をして、余裕の支払をしたいものです。

できるだけ支払は遅らせよう

クレジットカードに限りませんが、支払というものはできるだけ遅らせることが鉄則です。

クレジットカードのメリットとしてポイントを挙げる人も多いようですが、根本的なメリットは支払日を遅らせることです。
支払日を遅らせる仕組みは、クレジットカードの締日と支払日の組み合わせによるものであり、毎月到来する締日の1カ月前後後に支払日が到来することで、買い物をした日から支払日まで1カ月から2カ月程度の間が空くのです。

amazonギフト券買取を例に挙げると、セゾンカードでamazonギフト券を月初に購入すると、締日は月末なのでほぼ1カ月間の期間が空きます。
セゾンカードの支払日は締日の翌々月4日なので、さらに支払日は1カ月程度延びます。

こうすることで、月初めにamazonギフト券をセゾンカードで購入すると、支払を最大2カ月以上遅らせることができます。

amazonギフト券買取店のamazonギフト券買取率は9割前後であり、実際にamazonギフト券買取を依頼すると、現金化できた金額の1割程度割増された金額を請求されます。
しかし、2カ月程度の期間があれば、その間に割増された部分の金額を含めた資金調達をすることは難しくないでしょう。

逆に締日直前にamazonギフト券買取をしてしまうと、締日までの期間がほぼゼロになります。
その為、支払日までの期間が1カ月程度に短くなってしまうのです。

amazonギフト券買取に限りませんが、ちょっとした差で支払日が1カ月変わってしまうということは知っておいたほうがいいでしょう。

締日直後の利用がベスト

このようにamazonギフト券買取をする際には、締日直後のクレジットカードを利用してamazonギフト券購入をすることが必要です。

しかし、先ほど述べた通り資金不足は時を選びません。

自分のクレジットカードの締日直後に資金不足になれば有利にamazonギフト券買取を依頼できるでしょうが、締日直前であれば支払日までが短くなり、口座残高をハラハラしながら気にすることになるかもしれません。
その為、締日を気にしたクレジットカードの選定は大切です。

先ほど説明したとおり、資金不足になりやすい日というものは、人によって違いがあります。緊急事態に備えるのであれば、締日を分散したクレジットカードの組み合わせを考える必要もあるでしょうが、枚数が増えすぎるのも考え物です。
そうすると、自分の資金が不足しそうな時期の前に締日が到来するクレジットカードを作っておくことが賢明だと言えそうです。

事業主の方であれば、支払日が月末であれば27日が締日であるエポスカードは非常に心強い味方になるでしょう。
サラリーマンの方であれば、お金が足らなくなるのは給料日の1週間前ということが多いでしょうから、月末が給料日であれば20日が締日のトヨタカードや15日が締日のJCBカードなどがお勧めになるのでしょう。

ちょっとした知識なのですが、知っているか知らないかで1カ月も支払日が変わってしまうのです。
Amazonギフト券買取を依頼したものの、ちょっとしてから信販会社から届いた請求書にいきなりamazonギフト券の請求がされていてビックリしたという人も多いようです。

締日と支払日の関係はよく知っておいたほうが賢明です。

締日から支払日が1か月以上のカードを探そう

締日は毎月1回であり、これはどんなクレジットカードでも同じです。

しかし、締日から支払日までの期間は信販会社によって差があります。
先ほど挙げたセゾンカードの場合、1か月と4日間の期間がありますが、JCBカードの場合は、15日締めで翌月10日払いなので、この期間は25日です。

もともと、締日から支払日までの期間は、信販会社が加盟店から送られた販売データを集計するのに必要な期間です。

現在では考えられないのですが、昔はクレジットカードの上にカード利用の伝票を載せて大きな機械で「ガリッ」とこすることでカード番号などを転写していました。
クレジットカード表面でカード番号などが盛り上がる形で表記されていますが、もともとこのようないきさつがあるためです。

そのため、加盟店によっては締日付近の集計が間に合わなかったりして、1か月請求がが遅れることもありました。
現在は、データ送信の形なので考えられないのですが、集計までに25日程度必要だったのです。

ただし、信販会社によってはこの支払期間が長いほど顧客に重宝がられると判断したケースもあります。先ほどのセゾンカードはその代表例で、一時期「締日から支払日まで一番長いカード」と宣伝していました。

実際にamazonギフト券買取をしてもらうにあたり、準備すべきクレジットカードとしては、締日から支払日まで1か月を超えるようなクレジットカードが望ましいのです。

改めて言うまでありませんが、支払日が1日でも遅くなるためです。

amazonはどのクレジットカードも使えます

ちなみにamazonではどんなクレジットカードでも使えます。

最近は手数料の関係もあり、VISAとMASTERしか使えない店舗があります。
JCBやAMEXなどのカードが使えないというケースもありますが、amazonはどんなクレジットカードでも利用可能です。

そのため、締日と支払日のバランスを見て、何枚かのクレジットカードを準備することで、いつ資金不足になっても対応できるようにしている人もいます。

クレジットカードはある程度利用をしないと、休眠カードとして取り扱われます。そのため、休眠カードをいきなり使用し始めると、警戒されることがあります。
そのため、amazonギフト券買取に利用するため作ったカードも、毎月少額でもいいので使用したほうが賢明です。

クレジットカードも審査を経て入会することになりますが、その際に利用される信用情報には毎月の支払状況が表示されています。
利用がない月とある月も表示されるので、休眠カードは信用情報を照会した他の金融機関等にもわかってしまいます。一枚追加でクレジットカードを作ろうとしても、休眠カードが多い顧客は敬遠されかねません。

一度作ったカードは、携帯電話などの支払用に利用してもいいので、毎月利用し続けることがポイントです。

そうすることで、いざ資金不足の際にamazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化をしても、信販会社から不必要に警戒されることがなくなります。

締日を分散してみよう

クレジットカードにより締日が違うことをご存知の人も多いでしょうが、この組み合わせを利用することでクレジットカード利用代金の支払を遅らせることができます。

締日の分散は難しいものではなく、一覧表のようにして紹介したサイトもあります。
一番多いのは、先ほど挙げたセゾンカードのような月末締めのカードです。
次に多いのがJCBやMUFGのような老舗の信販会社が採用している15日です。

この2枚のカードを持っているだけで、締日が毎月2回到来するため、資金不足の際に有利なカードを利用することができます。
また、10日が締日のカードであるイオンカードや、先ほど挙げた20日が締日のトヨタカード、そして月末締日のカードを持っていれば10日おきに締日が到来するため、更に細かく締日に応じたamazonギフト券買取を実行することができます。

締日の分散をすることで、amazonギフト券買取を依頼するだけではなく、自分の生活資金の支払を遅らせる効果もあります。
携帯電話の代金のように、毎月定額の支払が発生するものをクレジットカード払いにすれば、支払を定期的に遅らせることができて、預金残高がその分だけ上乗せされ続ける効果があります。

amazonギフト券買取を計画するだけで、毎日の生活を効率化でき、更に支払を遅らせることで預金残高の上乗せも可能になります。

最近、銀行ではカードローン形式で当座貸越をするサービスがありますが、このようにして預金残高を上乗せしておけば、無利息で当座貸越サービスを利用することができます。

2枚以上のカードを持つ意味

クレジットカードの達人と言われている人の多くは、ポイント還元率を重視し、1年間にキャッシュバックできる金額を競っているようです。

確かにポイント還元率は大切なことではありますが、1%のポイント還元率のクレジットカードを1年間に100万円利用してもキャッシュバックは1万円です。1か月に千円程度と言えばわかりやすいでしょうが、利用額がもっと少なければ千円以下でしょう。

先ほど述べた通り、クレジットカード利用の最大のメリットは支払を遅らせることです。
現金支払であれば、その場で支払が必要になるのに、クレジットカード払いであればセゾンカードのように2か月以上支払を繰り延べることができるのです。

もちろん、日常生活の買い物は毎日発生します。
朝コンビニで昼食などを買っている人も、締日翌日に1ヶ月分の昼食をまとめて買うことはできないでしょう。プリペイドカードの多くはクレジットカードでは買えませんし、そもそもプリペイドカードは前払なので支払の繰延と逆行する行為です。

そう考えると、締日を分散した2枚以上のクレジットカードを持ち、締日に応じてクレジットカードを利用したほうが合理的だと言えるのではないでしょうか。
やり方ひとつで、毎日の支払の多くを2か月程度先送りすることが可能になるのです。

ポイント重視の方に言わせれば、カードを分散するとポイント獲得の効率が悪くなると言われます。
しかし、締日分散による支払繰延の方が重要だと言えるのではないでしょうか。

信販会社も分けよう

締日を分散すると、たいてい信販会社も別になります。

信販会社を別にしてしまうと、キャンペーンなどのメリットがなくなるという人もいるようですが、信販会社のキャンペーンに喜んで乗ってしまうと、無駄遣いの原因になることはちょっと今までの自分の行動を思い浮かべればわかるのではないでしょうか。

それより、カードを作る際には信販会社も分散することで、amazonギフト券買取を多額にする際に、怪しまれる可能性は一気に減ります。

カードが別でも、信販会社が同一だと、不正利用のモニターは共通で実行されています。つまり、amazonギフト券買取のために大量にamazonギフト券を買う場合、複数のカードで分散して購入していると察知される可能性が高いのです。

これはあまり歓迎すべきことではありません。
100万円のamazonギフト券買取を実行するのであれば、例えばJCBとMUFGで分散すれば、両者で共通の監視システムはないので察知されることはありません。

締日ごとのカードを一覧表のサイトで確認すると、結構複数の信販会社が出ていることが多いです。
締日ごとに1枚のクレジットカードではなく、2枚程度のクレジットカードを信販会社も分散して設定すれば、いざというときに慌てずに対処できます。

ちょっと面倒なように思われるかもしれませんが、いろいろな信販会社を利用することでそれぞれの信販会社ごとで設定しているオリジナルサービスを受けることができるというメリットも捨てがたいのです。

amazonギフト券現金化は支払が遅いほど有利

amazonギフト券現金化は、支払日が遅いほど有利な資金調達方法となります。

他のクレジットカードによる買い物と同じですが、amazonギフト券買取は特に支払日がちょっとでも遅いほど支払資金調達がやりやすくなるため、支払日を遅らせる重要性が高いのです。

クレジットカードで買い物をする場合、たいてい買い物代金の資金調達か支払の目途を付けていることが多いです。そのため、支払日が遅れれば有利ではありますが、締日を間違えていきなり支払日が到来したとしても問題は大きくなりません。

しかし、amazonギフト券買取を依頼した場合には、amazonギフト券現金化の金額はたいてい大きいですし、amazonギフト券換金率が高いとはいえ、amazonギフト券買取による振込額より1割程度高い金額を請求されることになります。
つまり、請求日までに資金を準備する負担が大きくなるのです。

そのため、amazonギフト券買取を依頼する際には、他の買い物のときに比べてより一層締日などを注意しなければいけないのです。

amazonギフト券現金化は、このように支払日をちょっとでも遅らせることで大きなメリットがあります。そのために必要なことは、ここまでで述べた通り、締日を分散したクレジットカードを何枚か準備することなのです。

このことを実行し、すべてのカードをまんべんなく利用していると、いざamazonギフト券買取を依頼する際にも、最長の支払日になるようにクレジットカードを選ぶことができるのです。

日常生活でも有利になります

もちろんクレジットカードの締日が長いことは、日常生活でも大きなメリットをもたらします。

ただ単に支払日までの期間が長くなるだけではなく、資金が留保されるため、口座残高の底上げに貢献します。

そして、このことは資金不足になりにくい状態を作ります。
いざとなったらamazonギフト券買取を依頼すればいいのでしょうが、できれば自己資金でちょっとした資金不足を回避したいものです。

amazonギフト券現金化は、便利な資金調達方法であることは間違いありませんし、amazonギフト券換金率は、低いわけではありません。
しかし、2か月後に1割増しの支払を請求されることは確かであり、できるだけ利用しない方がいいのです。

携帯電話や有料テレビの視聴料のような定額の支払は、クレジットカードで最大に支払日を遅らせるメリットを受けることができます。
定額の支払額だけ、支払が残り、2か月後に支払日が到来するように締日を工夫すれば、銀行口座から資金が流出しにくく、あたかも自分の口座残高が増加したかのような錯覚に襲われるのです。

amazonギフト券の買い方

amazonギフト券買取の際にamazonでamazonギフト券を購入することになりますが、その際特に難しい手続きはありません。

普通にamazonで買い物をするのと同じ感覚でamazonギフト券を購入することができます。

amazonギフト券買取によりamazonギフト券現金化をしようとする場合、基本的にEメールタイプと言われるamazonギフト券を購入することになります。
ただし、amazonで販売されているほとんどのamazonギフト券はEメールタイプなので心配することはありません。

amazonギフト券が表示されているサイトを見ると、「注文後すぐお届け」というタイトルとともに「Eメールタイプ」と表示されています。
クリックするとEメールタイプのamazonギフト券がたくさん出てくるのでびっくりするかもしれません。

グリーティングメールのような形で相手に贈られるため、いろいろなイラストが準備されています。
結婚や出産、お誕生日などイラストの種類はいろいろとあるので、どれを使ってもかまいません。シンプルなタイプのギフト券デザインもありますが、イラストの種類によって値段が変わるようなことはありません。

もっとも、amazonギフト券買取店にしてみれば、amazonギフト券の番号が大切であり、イラストの有無でamazonギフト券買取率が変わることはありません。

amazonギフト券買取店にamazonギフト券買取を依頼するのであれば、Eメールタイプのamazonギフト券が必要であるという事だけ覚えておけば十分でしょう。

Eメールタイプを買おう

このようにamazonギフト券買取にあっては、Eメールタイプのamazonギフト券が必要です。

他にもamazonギフト券のタイプはありますが、「チャージタイプ」と呼ばれる自分のアカウントに自動的なチャージされるタイプのものを選んでしまうと、amazonギフト券買取店に売ることができなくなってしまうので注意が必要です。

Eメールタイプタイプにはイラストだけではなくアニメーションが出てくるタイプのものもあります。実際にプレゼントとして贈るのであれば、こちらはインパクトがあるでしょう。
実際に買わないとしても、再生することはできますから、一度見てみると面白いです。

とはいえ、目的はギフトではなくamazonギフト券買取です。
シンプルなタイプの方がメールを受ける方は助かります。
自分はキレイな方が見栄えがいいかなと思ったとしても、受けるamazonギフト券買取店は、おびただしい量のメールを受けていますから、ファイル容量が大きいアニメーションタイプのamazonギフト券を送ると、迷惑がられる可能性があります。

amazonギフト券で重要なことは、amazonギフト券の番号と有効期限です。

この2点がわかっていれば、イラストのきれいさや、アニメーションの面白さは全く重視されません。できるだけシンプルなタイプのamazonギフト券を利用したほうがいいでしょう。

ちなみにEメールタイプのamazonギフト券を購入する際の支払方法はクレジットカードだけです。
正にクレジットカード現金化のために準備された金券だという事ができます。

万が一に備えて言い訳を考えよう

とはいえ、信販会社も金券購入がされたと分かると不正利用の可能性があり、ウォーニングが出るようです。

金額やそれまでの利用状況から「おかしい」という判断がされると、信販会社の担当者が本人確認の電話をすることが多いのです。
信販会社も内部規定があるので、一定条件に合致したら電話をしなければいけないので、仕方ない話でしょう。

もっとも、金額基準で電話をしているようなので、一度に50万円とか、100万円のギフト券を購入しなければ警告は出ないと思われます。
もちろん休眠カードでいきなりamazonギフト券を10万円単位で購入したら警戒されることは間違いないので、その点だけは気を付ける必要があります。

ただし、もし信販会社から電話があったとしても必要以上の心配はいりません。
クレジットカードでしか買えないamazonギフト券なので、信販会社側も不正利用でなければそれ以上の追及はしません。

実際にamazonギフト券のマッチングサイトで出品されているamazonギフト券を見ると、10万円から20万円程度のギフト券出品が最高であり、それ以上の出品はあまり見られません。
100万円の資金需要があれば、10万円のギフト券を11枚購入すればOKです。
そうすれば、11人にamazonギフト券を贈ったと言えるでしょう

ちなみにEメールタイプのamazonギフト券は送りたい相手の「Eメールアドレス」に送信することになります。
同じアドレスに2つのギフトを送ることは不自然です。

そのため、無料メールアドレスを15個くらい持っていると、自然にamazonギフト券の大量購入が可能でしょう。

支払日が遠いカードを使おう

先ほどから述べているように、amazonギフト券買取を依頼する際、amazonギフト券の購入は、締日直後のカードを選ぶことが大切です。

ポイントゲットのためにクレジットカードは一枚にまとめているという人も多いようですが、amazonギフト券買取では不利になることが多いです。
そのため、複数の締日を分散したクレジットカードを使うことが大切なのです。

もちろん、メインとするカードでポイントを狙うことはいいのですが、amazonギフト券を購入する際に利用残高不足では意味がないので、最低でも20万円程度のショッピング枠を残しておいたほうがいいでしょう。

このようにamazonギフト券買取を意識するのであれば、クレジットカード選びで最優先すべきは、支払であり、ポイントではないのです。
ポイントゲットを重視する人の中には、amazonギフト券買取は、購入するamazonギフト券の金額が高額になるため、ポイントが貯まるという副次的メリットを強調する人もいるようです。

しかし、amazonギフト券買取で最優先すべきことは、クレジットカードの支払日までに資金確保をすることです。クレジットカードの支払をきちんとして、やっとamazonギフト券買取が完了するのです。

そのため、ポイントゲットより支払の確実性を重視すべきなのです。

コンビニで買っても意味はありません

ところでamazonギフト券は、コンビニでも販売しています。

手軽に購入できるので、コンビニで買えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、コンビニでamazonギフト券を購入しても全く意味がありません。
基本的にコンビニでamazonギフト券のような金券を購入すると、支払は現金かプリペイドカードになります。

セブンイレブンのnanacoはクレジットカードによるチャージ可能であり、締日直後にチャージをし購入するという裏技もありますが、1回のチャージは2万9千円、1日に3回と制限されているため、多額のamazonギフト券現金化には対応できません。
他のコンビニではプリペイドカードによる購入もできないことがあります。

このようにamazonギフト券買取をする際、amazonギフト券を購入する手段は、事実上amazonで購入する方法に限られます。

ちなみにamazonで購入するEメールタイプのamazonギフト券は、相手に再送信できます。
再送信とは、最初に発行されたEメールに記載されたamazonギフト券番号を無効にして、新しい番号を取って再度指定メールアドレスに送信することです。

送信後すぐにamazonギフト券買取店に届くため、amazonギフト券買取店としては、他の人がその番号を利用している可能性を完全に否定できます。
つまり、安心してそのamazonギフト券買取が可能になり、アカウントなどに入力する必要がなくなるのです。

当然、amazonギフト券買取を依頼した顧客に対しても、すぐにamazonギフト券買取代金を送金することができます。余計な心配がいらないので、スムーズに処理が進むのです。

多くのamazonギフト券買取店では、再送信ができるタイプのamazonギフト券であれば信頼できるためamazonギフト券買取率を上げたり、10分程度で送金したりと言うサービスを実施しています。

つまり、amazonギフト券買取を依頼するのであれは、コンビニなどでamazonンギフト券を購入する必要がないのです。

amazonギフト券の売り方

amazonギフト券買取を依頼する際、最大の問題点は、どこにamazonギフト券買取を依頼するかという事ではないでしょうか。

amazonギフト券買取店は、ネットで検索すれば多くヒットするでしょうが、その中には詐欺師も混じっていますし、amazonギフト券買取率を不当に低くする悪徳業者も混じっています。

amazonでも警告していますが、amazonギフト券を送信すると倍の金額のamazonギフト券で返すというキャンペーンをしているサイトもあるようです。
もちろん少し考えていただければわかる通り、そのようなことはあり得ません。
つまり、amazonギフト券番号を送信したまま、何の返事もないのです。

このような詐欺師に引っかからないためには、amazonギフト券買取店を紹介した口コミサイトを確認するのがベストの手段と言っていいでしょう。
そして、目星をつけたamazonギフト券買取店に一度試し売りをしてみるのです。

amazonギフト券買取店は、最初のamazonギフト券買取の際に必ず身分確認をしていますが、一度しておけば2回目からは無用であり、緊急事態にもスムーズな対応が可能です。

試し売りをした際の相手の対応で、amazonギフト券買取店の質がわかります。

なお、少額のamazonギフト券買取率は低いことが多いです。なぜなら、少額のamazonギフト券買取をして再販売をしてもamazonギフト券買取店のマージンが低いためです。
つまり、9割と表示されている店舗でも、もっと低いamazonギフト券買取率によるamazonギフト券買取になります。

もっとも、優良なamazonギフト券買取店は、その際はきちんと事前に説明をしてくれます。

最初は少額のamazonギフト券買取に留めよう

口コミ記事で評判がいいamazonギフト券買取店を見つけ、覚えておくこともいいのですが、いきなり多額のamazonギフト券買取を依頼することは危険です。

口コミ記事での評判がいいという事は、少なくとも詐欺師ではないのでしょうが、amazonギフト券換金率が思ったより低かったり、振込手数料や買取手数料を取られる可能性がゼロとは言えません。
最初のamazonギフト券買取は、このような可能性があるので少額に留めたほうがいいのです。

また、amazonギフト券買取を依頼する際は、資金的な緊急事態です。1分1秒でも早くamazonギフト券買取資金を振り込んでもらいたいものです。

先ほど申し上げた通り、amazonギフト券買取店は最初に身分確認をするため、amazonギフト券買取に要する時間が多くかかります。
とはいえ、実際には10分程度長くなるだけなのですが、急いでいるときの10分と言うのは非常に長く感じるものですし、初回取引なので不安も大きいでしょう。

そのような理由もあるので、最初に目星をつけたamazonギフト券買取店に試し売りをすることで「本番」では、不要な不安を覚えないようにしたほうがいいのです。

最初に少額のamazonギフト券を試し売りすると聞いて、意味があるのかと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、amazonギフト券買取で一番大切なことは、資金不足の際に、いかにスムーズにamazonギフト券買取店でamazonギフト券現金化をするかなのです。

amazonギフト券買取業者の選択で成否が決まる

amazonギフト券買取店の成否は、amazonギフト券買取店選びで決まると言っていいでしょう。

amazonギフト券買取を依頼する相手は、amazonギフト券買取店であり、自分が選んだamazonギフト券買取店が悪い事業者だったら、効率的なamazonギフト券買取は実現できません。

amazonギフト券買取店の良し悪しの判断は人によって決まります。
しかし、いいか悪いかの判断は人それぞれでしょう。
そのため、口コミ記事の内容がすべて正しいとは限りません。

amazonギフト券買取店の良し悪しを口コミ記事だけで決めるのではなく、試し売りをすることで実際にamazonギフト券買取店と取引してみることが大切なのです。

しかし、一度amazonギフト券買取店を決めてしまえば安心です。
自分が気に入ったamazonギフト券買取店があれば、今後amazonギフト券買取をそのamazonギフト券買取店に依頼すればいいわけです。

先ほど述べた、締日や信販会社を分散して複数のクレジットクレジットカードを準備することや、いざという際の言い訳などを考えておくことで、資金不足の際にも慌てずに迅速な対応ができます。
資金不足が事業の存続にかかわる個人事業者にとって、こんなありがたい資金調達方法はないでしょう。

amazonギフト券買取は取扱金額が大きいので、amazonギフト券買取店選びは非常に重要です。

紹介が多くてよい口コミ記事が多ければ安心

amazonギフト券買取店を選ぶ際に、口コミ記事が大きなツールになります。

ただし、口コミ記事を見る際には、一つだけではなく、出来るだけ多くのamazonギフト券買取店の口コミ記事を見る必要があります。

amazonギフト券買取店の口コミ記事は多くありますが、先ほど述べた通り、いいか悪いかの判断基準は人それぞれです。
ちょっとしたamazonギフト券買取店の不手際が悪評価につながることもありますし、相手の対応がいいため肝心なamazonギフト券換金率のことを忘れていることもあります。

amazonギフト券換金率は9割が一つの評価基準ですが、今までクレジットカード現金化専門業者に8割程度の換金率で資金調達をしてもらっていた人にとっては、85%のamazonギフト券換金率でも「高還元率」と思えてしまうようです。

amazonギフトギフト券買取には、一つの相場があり、その相場が9割なのです。

また、amazonギフト券買取をする場所として、amazonギフト券買取店だけではなく、amazonギフト券のマッチングサイトもあります。
しかし、このamazonギフト券マッチングサイトはamazonギフト券買取をするにあたり、あまりお勧めできません。

その理由はamazonギフト券買取にかかる時間が長くなりがちだからです。

amazonギフト券買取店もamazonギフト券のマッチングサイトに出品していますが、相場を知っているので、彼らが出品するとすぐに落札されます。
しかし、相場を知らない人が出品しても、他のamazonギフト券と比べて価格が高すぎたりして落札が遅れます。

最悪の場合、買ってくれる人が現れずamazonギフト券買取が実現できないこともあります。
とか言って、今度は低い金額で出品すると今度は売り急ぎという事でamazonギフト券換金率が下がります。

資金不足の際に、必要な資金をスピーディーに確保できなければ意味がありません。
このようなリスクがあるamazonギフト券マッチングサイトは、急いで資金調達がしたい場合にはお勧めできないのです。

amazonギフト券買取業者は固定しよう

amazonギフト券買取店を一つ探せば、amazonギフト券買取をいつでも実現することができます。

しかし、このようなamazonギフト券買取店を探すことは結構手間がかかります。
それに、一つamazonギフト券買取店探せば、それ以上探してもあまり意味はありません。手間が余分にかかるだけです。

そのため、ひとつamazonギフト券買取店を決めたら、そのamazonギフト券買取店が廃業したりしなければ、変えない方が賢明です。

優良なamazonギフト券買取店の多くは、amazonギフト券買取率を固定しています。
先ほど説明したamazonギフト券マッチングサイトでは、amazonギフト券の価格が変動しています。しかし、そこでの「相場」に関わらず優良なamazonギフト券買取店ではamazonギフト券買取率は一定なのです。

amazonギフト券買取率が一定であることは、いつamazonギフト券買取を依頼しても同じ割合でamazonギフト券買取を依頼できます。

つまり、必要資金により調達しなければいけないamazonギフト券の金額がわかるため、いちいちamazonギフト券買取店のサイトでamazonかギフト券買取率をチェックする必要がないのです。

資金不足の際は時間が足りません。ちょっとでも手間がかからない方法でamazonギフト券買取をしたいものです。

使い過ぎに注意

amazonギフト券買取は、クレジットカード現金化の方法として非常に優れています。

しかし、amazonギフト券換金率が9割という事は、支払の際には調達した資金の1割増しの金額を請求されます。
一時的な資金調達のためにamazonギフト券買取を利用するわけですが、クレジットカードの支払日には間違いなく支払をしないと自分の信用が落ちます。このような事態は絶対に避けなければいけません。

amazonギフト券買取に限りませんが、とかくクレジットカード現金化は、資金調達ができない人が自転車操業になってしまう一歩手前の状態だと言われがちです。
しかし、計画的なamazonギフト券買取を依頼することで、このような事態を避けることができます。

amazonギフト券買取は、amazonギフト券買取店からamazonギフト券買取にかかる資金を振り込まれて終わりではなく、amazonギフト券購入代金をきちんと決済できて終了なのです。

消費者金融などでは「ご利用は計画的に」という宣伝がされています。
このことは、amazonギフト券買取によるamazonギフト券現金化でも同じです。

使い過ぎは厳禁です。

amazonギフト券換金は便利ですが…

amazonギフト券買取は便利な資金化の手法ですが、簡単なだけに易々と利用したくなることも現実でしょう。

しかし、amazonギフト券買取率は9割であり、実際にクレジットカードの支払の際には1割をプラスした金額が請求されるのです。

実際にamazonギフト券買取を依頼する際には、自分が必要とする資金から逆算したamazonギフト券を購入することになるでしょう。

例えば、100万円の資金調達が必要であれば、100万円を0.9で割った1,111,111円のamazonギフト券が必要です。
もっとも、実際には1円単位の端数の付いたamazonギフト券は、amazonギフト券買取店も買い取りにくいでしょうから、実際には110万円のamazonギフト券を購入することになるでしょう。

しかし、調達した99万円と、請求される110万円の差額である11万円は一種の利息なので、元金である99万円と利息11万円を合計した110万円をクレジットカードの支払日にきちんと口座引落ができる状態になっていることが必要です。

クレジットカードによっては、利用日から支払日まで2か月を超えることもありますが、実際には1か月半程度が最長であり、クレジットカードの締日によっては1か月程度と言う場合もあるでしょう。
こうなると実際に支払が難しくなることも考えられます。

リボ払いによって支払を繰り延べることも一つの方法でしょうが、支払が際限なく長くすることも考えられますし、カードによっては他の買い物ができなくなることもあり得ます。

リボ払いを利用する事はできる限り避けるようにして、可能な限り支払日までに請求額を準備することが大切です。

使い過ぎると微妙な換金率が厳しく思えます

このように便利なamazonギフト券買取も、使いすぎることで9割と言う低くはない換金率であっても支払が厳しいと思われることもあります。

事業者の方が、資金繰りの谷間にamazonギフト券買取を利用し、クレジットカード請求日までに売上代金の回収ができるようであれば特に問題はないでしょう。
しかし、回収予定の見込みが外れたりすると、すぐに資金繰りに影響しますから、amazonギフト券買取のためにクレジットカード決済をすることが難しくなります。

そのようなことを回避するためには、資金繰り表をしっかり作成し、万が一一つの得意先からの入金が遅れた場合には、どうすればいいかという対処ができるようにしておくことが大切です。
amazonギフト券買取は使い勝手がいいので、どうしても使い過ぎになりがちです。

ついつい多めにamazonギフト券買取を依頼してしまいがちですが、先ほど述べた通りクレジットカードの決済が終了して、初めてamazonギフト券買取が完了するのです。

amazonギフト券買取を依頼する前に、本当に必要な金額に留めることと、信販会社からの請求日までに資金をいかに確保するかの見通しを立てることが第一です。

日常生活は支払繰延で預金残高を確保しよう

個人の方が買い物代金の支払のためにamazonギフト券買取を依頼する場合信販会社からの請求日がいつになるかを確認する必要があります。

先ほど説明した通り、締日と支払日の関係から、請求日はすぐわかるでしょうし、amazonギフト券買取を依頼するためにamazonギフト券を購入する日を利用するクレジットカードの締日直後にすることも大切です。

事業用資金のように多額のamazonギフト券買取を依頼するわけではありませんから、出来る限り日常生活で必要な生活費を繰り延べることで資金を捻出することも大切です。

生活費の中でクレジットカード支払いができる者は結構多くあります。
携帯電話やネットのプロバイダーだけでなく、電気・ガス代もそうですし、保険代や有料放送の視聴料も同様です。これらの代金をクレジットカードで支払うことで支払繰延が可能になり、一時的であっても資金が預金に留保されます。

もちろんこれらの資金は1か月後から2か月後に支払をしなければいけませんが、それまでに節約をして給料などから資金を捻出することでamazonギフト券買取によるamazonギフト券購入額を減らすことができます。

最近は、固定遺産税や自動車税などもクレジットカードで支払うことができます。このような税金は金額が大きく、現金支払をすると結構預金残高を減らします。

しかし、クレジットカードで支払をすれば支払の繰延により、預金残高が維持され、amazonギフト券買取を依頼する時期を遅らせることができます。

支払見込がなければ使用禁止

amazonギフト券買取は、このように最終的にクレジットカードの決済代金を支払わなければ完了しません。

そして、もし支払見込がなければ、amazonギフト券買取を利用してはいけません。

では、どうすればいいのでしょうか。

買い物がしたいけどお金がないというのであれば、その買い物をしてはいけません。
支払の見込みがないのに買い物をしてはいけないのです。
お金を貯めるか、amazonギフト券買取による支払日に支払ができる見込みができるまで待つべきでしょう。

もし、クレジットカードや消費者金融などの支払ができないのであれば、債務整理をする必要があります。

債務整理は暗いイメージがありますが、一般的に言われるほど暗いイメージではありません。もちろん明るいものではありませんが、必要以上に嫌悪するものでもないのです。
債務整理を専門にしている法律事務所に相談すると、多くの場合、任意整理と呼ばれる利息カットの方法で契約変更する交渉をしてくれます。

しかし、それだけでは対応できないほど債務が大きいと、自己破産のような法律に基づいた債務整理をすることになります。

ここで問題になるのが、クレジットカードの話です。
ご存知の方も多いでしょうが、クレジットカード現金化は信販会社の規約で禁止されています。ただ単に買い物代金だけで支払不能になったのであれば、債務整理はある程度スムーズに進みますが、規約違反はタダでは済みません。

支払見込がなければamazonギフト券買取を依頼してはいけません。

まとめ

amazonギフト券買取は、便利な資金調達方法です。

手間をかけずに案外割のいい換金ができるため人気が高いのです。

しかし、せっかくamazon買取をするのであれば、もう少し効率的にしてみたいものです。

そのような意識を持つだけで、請求日を一日でも先に延ばし、請求日には確実に支払ができます。