amazonギフト券買取の人気が高まっていますが、一体何が人気なのかと思っていらっしゃる方もいるでしょう。
そんな方にamazonギフト券買取にどんな効果があるかを知ってもらうことは無駄ではないでしょう。
いきなりお金に困ったときにきっと役に立ちます。

9割の買取率の意味

amazonギフト券買取は、クレジットカードを利用した現金化の手法です。

クレジットカード現金化ときくと、ずいぶんと暗いイメージを持つ人もいらっしゃるようですが、やり方ひとつでずいぶんと便利で割のいい資金調達手段になるのです。

amazonギフト券買取は、買取率が9割です。
高いと考えると低いと考えるかは人それぞれでしょうが、amazonギフト券買取のようにスマホだけで短時間に自分の思い通りの金額を調達できるというメリットは大きいです。
他にもクレジットカード現金化の手段はいくつかありますが、スピーディーで換金率がamazonギフト券買取ほどいい手法はありません。

そんなことをしなくても消費者金融を使えばいいじゃないかと言われるかもしれませんが、時間的に余裕があるときであればともかく、緊急でお金を必要としている場面で、審査があり、借りることができるかどうかわからないのは不安です。
支払期日を迎えたのに資金不足だという局面で、審査に通らなければ万事休すです。

大手消費者金融の審査通過率は5割を下回っています。
つまり半分以上の方が審査に通っていないのです。
この現実を目の当たりにして、まだ消費者金融を検討しますか?
それはあまりにもリスキーな選択です。

amazonギフト券買取なら審査がなく、資金化できる可能性は100%です。
クレジットカードを発行してもらった時点で審査は終わっているのですから、追加の審査があるはずがないのです。

amazonギフト券買取の人気の秘密をお分かりいただけたでしょうか。

110万で100万確保

amazonギフト券買取率が9割と述べました。

これは、amazonギフト券買取が有利であることを意味しますが、同時に実際にamazonギフト券買取をする際、余りに多くのamazonギフト券を購入する必要がないことを意味しています。

具体的に考えてみますと、100万円の資金調達が必要な際に必要なamazonギフト券は110万円です。
細かい話をすると、110万の9割は99万ですが、約100万円と考えればいいでしょう。

商品券の換金ならもっと割がいいと言われるかもしれません。
信販会社のギフトカードなら換金率が95%を軽く超え、97%とか98%で換金できます。
しかし、100万円の資金調達に必要な信販会社ギフトカードは103万円です。
その差は7万円です。
たかが7万円、されど7万円かもしれません。

しかし、信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入することは、現在難しくなっています。現金なら難しくないんですけどね…
なぜなら、ご存知の通り信販会社は「Stop現金化」とキャンペーンをしているのです。
単に盗難カードの不正利用を防止するだけではなく、クレジットカード現金化自体を防止しようとしているのです。

amazonギフト券買取もクレジットカード現金化であることに変わりありません。
しかし、amazonギフト券の購入は、amazonギフト券買取に利用するeメールタイプの場合はクレジットカードによる購入だけです。

他の方法で購入できない以上、不正利用の警戒は必要ですが、「Stop現金化」の対応を信販会社はできません。

商品券は実行が難しい

このように信販会社ギフトカードをクレジットカードで購入することは難しくなっています。

信販会社のギフトカードをクレジットカードで購入しようとすると、信販会社の営業所で購入するか通販形式での購入になります。
しかし、通販形式の購入は、申込から1週間程度経たないと送ってくれません。
しかも、クレジットカードの利用日は申込日なので、締日に申し込んで一番長い支払期間を確保するというクレジットカード現金化の鉄則を使えません。

また、信販会社の事務所は平日の昼間しか開いておらず、使い勝手が非常に悪いですし「Stop現金化」というポスターの貼ってある事務所でクレジットカード現金化のために信販会社のギフトカードを購入するのは結構度胸が必要です。
JCBだけは提携店舗の一部でクレジットカードによるJCBギフトカードの購入ができます。もっとも、頻繁に購入しようとしても、JCBではショッピング枠の中に「金券購入枠」を設定しているため、ショッピング枠をフル活用した現金化はできません。

また、一昔前に大人気だった新幹線回数券は現在換金率が下がっています。
JR各社が導入しているスマホを利用した新幹線切符の価格が新幹線回数券と競合状態になっているためです。

もっとも、グループ旅行では新幹線回数券は依然として人気が高く、金券ショップでも人気商品なのですが、スマホ利用の場合より安くしないと売りにくいので、買取価格が下がっているのです。

クレジットカード現金化専門業者は換金率8割

では信販会社の警戒から逃れてクレジットカード現金化をする方法はないものでしょうか。

昔から、クレジットカード現金化の決済専門業者は存在します。
ブランドバッグなどを新品で購入し、質屋さんなどに持ち込む例は少なくないものの、換金率は7割を切っており、調達資金に対する支払額が多く過ぎて支払不能に陥ることが多いのです。

100万円をブランドバッグなどで資金調達しようとすると、140万円程度のブランドバッグなどを購入する必要があり、最長でも2か月後には請求が来るクレジットカード現金化では支払日に資金調達することが困難なのです。

これに対し、クレジットカード現金化の専門決済業者は8割程度の換金率で資金調達をしてくれるため都合がよかったのです。
もっとも、8割とはいえ100万円の資金調達をするためには125万円の決済をする必要があり、amazonギフト券買取の110万円に比べると負担は非常に大きいことは事実です。

ブランドバッグなどの商品を利用した資金調達に比べれば、支払日に資金確保ができる可能性は高いでしょうか、それでも負担が大きなことは間違いありません。
この意味でもamazonギフト券買取の9割という買取率は有利ではないかという事ができます。

amazonギフト券買取に限りませんが、クレジットカード現金化は資金調達ができればいいというもではなく、最終的にクレジットカードの支払を完了させて初めて完了するものです。

支払の見込みがないままamazonギフト券買取などのクレジットカード現金化をすることは、一種の詐欺行為です。

スピード買取がamazonギフト券買取のメリット

amazonギフト券買取は9割という、丁度いい具合の換金率が人気の秘密ですが、他にも人気の秘密があります。

amazonギフト券買取は、amazonギフト券を購入し、amazonギフト券買取店に買取依頼をするものです。
amazonギフト券はネット上で発行され、その番号に価値があります。
amazonギフト券には紙のタイプで発行されるものもありますが、紙自体には何の意味もなく、番号が重要であることは変わりありません。

つまり、amazonギフト券買取はネット上で成立するのです。
そのためamazonギフト券買取店はネット上で取引を行います。

もちろんamazonギフト券買取店は「古物商」なので、最初の取引の際には運転免許証などで身分確認などをしますが、それは最初だけであり2回目からはamazonギフト券買取店にamazonギフト券番号を連絡するだけです。
つまり、amazonでamazonギフト券を購入し、それをそのままamazonギフト券買取店に転送するだけなのです。

ちょっと考えていただければわかる通り、スマホ上だけで簡単にできるため処理はスピーディーです。
また、amazonギフト券買取店は、買取をしたamazonギフト券を人気のあるamazonギフト券マッチングサイトに出品し、瞬時に売り切ります。

そのため、amazonギフト券買取依頼をしたamazonギフト券の真偽もすぐにわかります。
こうしてamazonギフト券買取ができれば代金をすぐに振り込むことができます。

amazonギフト券買取のメリットは、このような仕組みによるハイスピードの買取なのです。
お金に困っているときにこのスピード感は最大の贈り物と言えるのではないでしょうか。

困ったときはスピード第一

お金に困っているときに一番大切なことは何でしょうか。
換金率でしょうか?
違いますよね。
スピード換金ですよね。

amazonギフト券買取はこの条件を満たしています。
消費者金融では即日融資ができると宣伝をしています。
最近は嫌がられている職場への在籍確認の電話も省略していますから、審査さえ通ればスピーディーに資金調達ができるでしょう。

しかし、先ほど述べた通り消費者金融の審査通過率は5割を切っています。
大手の中には40%~45%という商売が成立するのかと心配になるような審査通過率のケースもあります。
いくら即日融資だと宣伝していても、こんなに審査通過率が低ければ、確実性がなくて資金不足の際にあてにできません。

だからamazonギフト券買取に人気が集まっているのです。

お金に困っている時は「藁にもすがる思い」で資金調達方法を探すものです。
そのような時にネットで「甘い話」があると飛びついてしまいます。

しかし、世の中に「甘い話」などありません。
たいてい裏があり、詐欺師に引っかかったり、危険なアルバイトやヤミ金だったりするものです。

amazonギフト券買取は実績があるamazonギフト券買取店がamazonギフト券を確実に現金化してくれる頼もしい相棒です。
お金に困り、資金調達方法がなくて、どうしようかと呆然としているような際に、amazonギフト券買取店はあなたを助けてくれます。

優良なamazonギフト券買取店は、依頼者の期待に応えてスピーディーなamazonギフト券買取を実現してくれます。

ギリギリの資金繰りでも対応可能

amazonギフト券買取は、自営業の方に人気がある資金調達方法です。

ちょっと工夫と事前準備が必要ですが、いざとなったら100万円単位の資金調達をすることができます。
個人の自営業者の方は大手の下請けであることが多く、何かと立場が弱くて資金繰りに窮していることが多いです。

資金繰り表を作成していないようなこともあり、ちょっとしたことで資金繰りの危機が訪れます。
また、得意先からの入金と取引先に対する支払が接近していることもあり、俗に言われる「資金繰りの谷間」が生じやすい傾向にあります。

この資金繰りの谷間が個人の自営業者を破たんさせる原因になることは結構多く、得意先からのちょっとした資金繰りの延長要請に応えられず支払不能となり、取引先から相手にされなくなってしまい、事業廃止となってしまうのです。

しかし、amazonギフト券買取は、このようなギリギリの資金繰りに対しても効果があります。
amazonギフト券買取店は、先ほど述べた通りスピーディーなamazonギフト券買取と買取資金の振込を実現しています。

先ほど述べたamazonギフト券のマッチングサイトに対する出品だけではなく、大口需要家に対する直接納品ができるため、amazonギフト券自体の有効性がすぐに確認できます。

amazonギフト券は、その性格上amazonのアカウントに登録しないと有効かどうかわかりませんが、大口需要家に渡せばすぐに有効か否かがわかります。
そのため、スピーディーな買取を実現することができます。

ギリギリの資金繰りでもamazonギフト券買取の手段を確保しておけば安心です。

朝のamazonギフト券買取で午後には資金化

消費者金融の即日融資は、朝の通勤電車で申込をして、審査に通れば午後には資金が自分の銀行口座に振り込まれます。

消費者金融の無人機店舗などでローンカードをもらってもいいでしょう。
しかし、審査に落ちたら意味がありません。

amazonギフト券買取もスピーディーについては消費者金融に負けてはおらず、最短10分で換金できると宣伝しています。
大口需要家を顧客に持っていれば、amazonギフト券買取を依頼されたamazonギフト券を需要家にすぐに転送すれば有効性の有無はわかるため、有効ならばすぐに振込可能です。

もし、マッチングサイトに出品するとここまで都合よくamazonギフト券買取が実現しないかもしれませんが、マッチングサイトとは午後から夕方にかけて参加者が増加するため、その日のうちに売り切ることは可能です。
amazonギフト券マッチングサイトは多くあるので一度探してみることをお勧めしますが、たいていいつでも取引は成立しています。

しかし、参加者が増加するのは午後から夕方です。
amazonでは最近日用雑貨や食料品を取り扱うようになり、しかもamazonプライムを申し込んでいれば即日配送ができます。

そのため、奥様方が午後になるとamazonをみて欲しいものがあるとマッチングサイトで「格安amazonギフト券」を購入して、amazonの買い物に使うのです。

そのため、朝にamazonギフト券買取店にamazonギフト券買取を依頼すれば、午後にはamazonギフト券買取代金が自分の銀行口座に振り込まれると考えていいでしょう。

amazonギフト券買取店はスピード買取で競合している

amazonギフト券買取を利用する人の多くは、このように資金不足の人が多いです。
そのため、一刻でも早く資金が欲しくてamazonギフト券買取を利用しているのです。

amazonギフト券買取店では、そのような要望に応えることができるように努力をしていますが、amazonギフト券買取店同士でも買取スピードが競合状態になっています。

amazonギフト券買取店ならどこでもスピーディーにamazonギフト券買取ができるというものではなく、amazonギフト券のマッチングサイトにどのような値付けで出品するかも技量の一つです。

また、先ほど述べた通りamazonギフト券には大口需要家がいます。
日本の日用品を本国で売りさばきたい中国人のバイヤーが多いと言われていますが、最近は中国の入管が厳しくなり、個人輸入のような形で日本のものを購入することが難しくなっているようです。

しかし、それでも大口需要家が消えることはなく、amazonギフト券マッチングサイトに出品するamazonギフト券買取店より有利な立場でamazonギフト券買取をと実現しています。
amazonギフト券買取に人気が集まっているため、最近は1週間に1件程度のamazonギフト券買取店が開業していると言われています。

その中には、昔にamazonギフト券買取で顧客とトラブルが多く「悪徳amazonギフト券買取店」と言われて退出したamazonギフト券買取店が「看板」を変えて出店した例もあります。

とはいえ、amazonギフト券買取店同士で競合があり、その競合がamazonギフト券買取自体の評判を挙げるのであれば競合も歓迎すべきことでしょう。

ホドホドの買取率とスピードの両立

このようにamazon買取は、ホドホドのamazonギフト券買取率と非常に速い買取スピードの両立を実現している現金化の手法です。

ところでamazonギフト券買取店がamazonギフト券マッチングサイトに出品していると聞くと、自分でやってみようとする人もいるかもしれません。
しかし、この方法はスピードという点では非常に不確実になります。

なぜなら、amazonギフト券買取店はamazonギフト券のマッチングサイトでどのように売れているかをチェックしており、サイトを見ている人が「飛びつく」価格を設定しているためです。

amazonギフト券のマッチングサイトを見ると、取引が成立していくamazonギフト券の中になかなか取引が成立せずに滞留しているamazonギフト券があります。
このようなamazonギフト券は出品の際の値付けが高くて、入札する人がいないのです。

amazonギフト券買取店は、このようなミスを犯すことはありません。
出品価格を直近の落札価格を見て設定し、落札し損ねた人が飛びつくような価格で出品するのです。
もっとも、こんな絶妙な値付けを誰でも付けることはできません。
amazonギフト券買取店はamazonギフト券買取のプロであると同時に、出品のプロでもあります。
素人が手を出さない方が賢明です。
少なくとも急いで資金が必要な際にすべきことではないでしょう。

amazonギフト券買取を依頼する人に選ばれるamazonギフト券買取店は、amazonギフト券買取率が高い店舗ではなく、スピードが速いamazonギフト券買取店なのです。

優良なamazonギフト券買取店とは、ホドホドのamazonギフト券買取率とハイスピードのamazonギフト券買取を実現している店舗なのです。

ある朝の危機

amazonギフト券買取を必要とする時はどんな時でしょうか。

残念ながら、あまり歓迎すべき時ではありません。
資金繰りの非常事態など起きないほうがいいのです。
災害対策として、いろいろと手段を講じている人も多いでしょうが、無駄に終わった方がいいことは間違いありません。
しかし、そんな願いもむなしく緊急事態はやってきます。

個人事業主や中小企業にとって得意先からの入金日はホッとする日であると同時に一抹の不安を持ちつつ迎える日でもあります。
通常9時から10時には入金があるはずなので、その時間帯に入金があることを確認してホッとするわけです。
事業主の方によっては、その日のうちに資金確保をして取引先に対する支払をすることもあるでしょう。

しかし、もし入金がないと大騒ぎです。
まず得意先に連絡をして、事情を確認します。
その際、得意先が資金繰りが悪化して今日の振込は無理だというような回答があると更に大騒ぎです。

支払資金がなければ得意先に支払ができません。
資金繰りの面からするとあまり好ましい事ではないのですが、取引先に対する配慮から得意先からの入金日に支払をしてしまう事業主の方は案外多いのです。

得意先に連絡が取れて、事情が確認できればマシですが、一番怖いのは連絡が取れない場合です。
事業主や代表者がすぐに得意先に向かうのですが、既に債権者が周囲を包囲していて近づけないことが多いです。

もちろんそんな際には相手は夜逃げをしてしまっています。

資金が入ってこない

資金繰り的には非常に不安定ですが、入金日と支払日が同一であることが少なくありません。

資金繰りの管理が苦手な事業主の方は、支払を忘れると大変だからと売上代金入金とともに支払をして、残ったお金を自分の生活費に取っていくという方針を取っていることが案外多いです。

この方法は、自分が稼いだお金が毎月明確になり仕事の励みになるという点では優れた方法です。
しかし、資金繰りを管理するという観点では最悪です。

資金繰りのキモは、回収は早く、支払は遅く、に尽きます。
この鉄則を守ることで資金繰りを確実にすることができ、万が一の事態にも慌てずに対応できます。
しかし、入金と支払が同時に発生すると、入金が滞ると支払ができないというデットエンドに陥ります。

特に支払先が自分より零細な事業者であったり、自分の従業員に対する給与支払であったりすると遅らせることはできません。
資金が入ってこないという前兆をキャッチすることは簡単ではなく、どんな事業主も自社の危機を早めに表示することはありません。
そんなことをすると風評被害で必要以上の不安を取引先に感じさせ、取引停止や債権回収が始まってしまうのです。

支払が遅れるからとその日に通知をする事業主も常識がないと言われるかもしれませんが、このような事情があるのです。
また、連絡がつかないようなケースについては、得意先では既に債務整理専門の弁護士を依頼して準備万端となっていることが多いです。

どれだけ回収できるかは別として、当座の資金は自分で準備する必要があります。

得意先の夜逃げ

得意先に夜逃げをされると連鎖倒産の危機に直面します。

先ほど述べた通り、入金と支払を同一の日としなくても、入金が入ってこなければ必然的にやってくる支払日には資金不足で支払ができません。

夜逃げをしたり、自己破産をしたりした得意先から回収できる債権はゼロに近く、そのほとんどは貸倒となります。
回収できる資金も実際に入金されるのはいつになるかはわかりません。
しかし、自分の事業まで連鎖倒産させるわけにはいきません。

こんな際に役に立つのがamazonギフト券買取です。

往々にして、事業主の方は商工ローンなどの金融機関に頼りがちですが、商工ローンも金融機関なので貸金回収ができないと判断すれば貸してくれません。
特に得意先が夜逃げをしたという事態は、連鎖倒産の可能性が高いので商工ローンがリスクを取れるとはいえ、融資に及び腰になることは言うまでありません。

これに対し、amazonギフト券買取ならば、審査がないので確実に資金調達ができます。
どの程度の資金が必要かという問題はありますが、とりあえずamazonギフト券買取で資金を確保できれば一安心できると言っていいでしょう。

amazonギフト券買取はクレジットカード現金化であり、2か月程度すると信販会社から請求があります。
そのため、あまり長期間の資金調達はできません。

しかし、今日、又は明日というような支払期限が迫った支払を実行し、不安を持っている取引先を安心させ、事業を継続させつつ資金確保の方法を考えることになります。

amazonギフト券買取依頼の準備

amazonギフト券買取はこのように緊急事態に対応できます。
しかし、amazonギフト券買取はある程度の準備が必要です。

ネット上の取引であるamazonギフト券買取なので詐欺師の存在を否定できません。
そのため、信頼できるamazonギフト券買取店を探す必要があります。

また、amazonギフト券を買うamazonにアカウントを作り、対応するクレジットカードを作る必要があります。
クレジットカードは資金繰りの危機が起きる直前に締日が到来すると、支払日までの期間を引き延ばすことができます。
資金繰りの危機は得意先からの入金日なので、その直前に締日が到来するクレジットカードを探せばいいのです。

最近は、このような観点からクレジットカードを分類しているサイトがありますから利用すると便利です。
サイトの管理人さんへのお礼の意味を込めて、そのサイト経由でクレジットカードを申し込むといいのではないでしょうか。

また、amazonのアカウントづくりも一工夫必要です。
amazonギフト券はamazonのアカウントで申込をしますが、新規登録をしたクレジットカードではamazonギフト券をすぐに購入することができない場合があります。
一応amazonではamazonギフト券を転売することを禁止しています。
amazonのアカウントで購入するamazonギフト券はクレジットカードでしか購入できないため、不正利用の温床となることを警戒しているのです。

そのため、新しく作ったクレジットカードを登録したamazonのアカウントで少額でもいいので定期的に何か購入する必要があります。

危機一髪

amazonギフト券買取を利用することで資金繰りの危機を回避することができます。

このような危機は起きない方がいいものであり、amazonギフト券買取の準備が無駄だったと後で言えるような事態になることが一番好ましいです。

事業をしている以上、得意先から仕事をいただかないと事業継続はできませんが、代金を回収しないと事業が継続できないことも事実です。
危険があると判断した得意先からは早期に距離を取り、他の得意先を開拓して自分の事業を守る必要があります。
また、得意先はできるだけ分散することで、万が一の際にamazonギフト券買取で賄う資金を少なくすることができます。

amazonギフト券買取は非常事態に頼りになる資金調達手段ですが、必ずしも万能ではありません。
資金調達ができるとはいえ100万円単位の資金調達が事実上の限度ですし、そもそもクレジットカードにはショッピング枠であっても限度額があります。
そのため無尽蔵にamazonギフト券買取をすることはできないのです。

先ほど述べた通り、amazonギフト券買取をするためにはある程度の準備が必要ですが、いくつかのamazonアカウントを持ち、複数のクレジットカードでamazonギフト券買取を実行することがいざという時に余裕をもって対応できる秘訣です。

amazonでは複数のアカウントを持つことを禁止していますが、それでも本人確認などをしているわけではないので、抜け道は多くあります。

支払資金確保

amazonギフト券買取によって資金確保ができると一安心です。

連鎖倒産の危機は回避できますし、取引先からの信頼も取り戻せるでしょう。
得意先の危機にも関わらず支払を実行したことは、得意先からの信用を更に深める効果もあると言っていいでしょう。

このことは今後の事業継続に当たって非常に大きなメリットとなります。
災い転じて福となすというコトワザ通りではないでしょうか。

しかし、amazonギフト券買取で資金確保をすると、先ほど述べた通り最長でも2か月程度経過すると支払日が到来します。
得意先の支払が遅れたというだけであれば、得意先からの入金を待てばいいのですが、実際にこのようなケースでは得意先の夜逃げという場合が多いです。

昔の事業者の中には、このような際に1か月程度経ってから「迷惑をかけました」と一部でも支払資金を持ってくるケースがあったようですが、最近はそのようなことをしようとしても債務整理専門の弁護士がストップをかけます。
そのため夜逃げされてしまったら資金回収は不可能と見切りをつけて、資金確保の努力をしなければいけません。

2か月というと支払猶予期間としては長いように思えますが、実際にはずいぶんと短いのです。
また、2か月と申し上げましたが、必ず信販会社の締日と支払日の関係はチェックする必要があります。
締日が間違っていると支払日が1か月違ってきます。

2か月後だと思っていた請求日が1か月後だったら最悪でしょう。

得意先の行方

得意先が夜逃げをすると、たいてい債務整理の弁護士が自己破産などの手続を始めています。

自己破産とはいえ、そのような状態にある事業主に資金があるわけがないので、自己破産後にすぐ「破産廃止」になります。
分配する資産がないため破産手続を打ち切って免責にしてしまうのです。

一応裁判所からは債権の届け出をしろと言われますし、届け出をしないとその後の通知などが一切来ないため、税金の計算をする際に貸倒として申告計算で引いてもらうことができなくなります。
忌々しいですが届け出は必要です。
その後裁判所からは分配できる資金がないという通知が来るため、あきらめるしかないでしょう。

得意先が自分の知り合いだったりすると、実家などに乗り込んで取り立てをしたくなりますが、下手をすると弁護士から刑事事件として告発されかねないのでやめた方が賢明です。
弁護士は破産者のために働いているのであり、債権者のために働いているわけではないのです。

このように得意先の行方が分からないままamazonギフト券買取のために購入したamazonギフト券支払資金確保をしなければいけません。
資金確保の方法としてはいろいろと考えられますが、デッドラインである支払日は絶対に守る必要があります。
また、最終的に支払資金を確保できなければ、リボ払いで逃げることも考えられますが、支払期間が延びるためできるだけやめた方が賢明です。

また、リボ払いに変更する際にはたいていの信販会社は支払日の1週間前に変更手続が必要です。万が一に備えてこの期限もチェックしたほうがいいでしょう。

自己資金の準備は必要か?

自己資金があれば最初からamazonギフト券買取などしないだろうと言われそうですが、緊急事態に冷静な思考能力は低下しています。

落ち着いて考えてみたら、自己資金があり、それでamazonギフト券の購入代金をある程度支払えるというのであればそのほうがいいでしょう。
しかし、自己資金を安易に全額投入することはお勧めできません。

最終的にリボ払いにするしかないというのであれば、自己資金を投入した方がいいのですが、今後の事を考えると最後の砦でもある自己資金の投入は最終手段と考えるべきでしょう。

資金確保の手段としては、他の得意先に対する資金融通や仕事量の拡大依頼、取引先に対する支払の繰延や支払方法の変更を依頼することが考えられます。
また、資金繰り表の作成をすることで、資金繰りをちょっと工夫するだけで何とか支払ができる事もあります。
得意先に対して支払日の変更を依頼し、それで資金が浮いてamazonギフト券買取に使ったamazonギフト券の支払ができるのであればそうすべきでしょう。

事業主の事業内容にもよりますが、同じ事業種目でいくつかの得意先があるならば、別の得意先も自社の危機はわかってもらえるかもしれません。
取引先に無理をお願いすることも可能ですが、出来ればまず得意先に支払日の前倒しや前貸しを依頼することをお勧めします。

また、自分の資産を売却することで資金確保をすることも一つの方法です。
さすがに自宅を売却することはできないでしょうが、自家用車をいったん売却することも一つの方法です。
最近は車買取店を自宅に一斉に呼び、オークションのように競わせる方法もあります。ネットで調べてみるといいかもしれません。

商工ローン融資申込

資金確保の方法として商工ローンの融資も考えられます。

しかし、先ほど述べた通り商工ローンも連鎖倒産の危険性がある事業に対する資金貸付は慎重になりがちです。
とはいえ、一通り支払いを済ませた上で、商工ローンに融資の依頼をすれば、少なくとも資金繰りがひっ迫していて瀕死の状態ではないと分かってもらえるでしょう。
つまり、多少なりとも融資に前向きになってもらうことができるのです。

別の融資手段としては、自分の親族に対する資金融通も考えられます。
ちょっと言いにくい話でしょうが、背に腹は代えられないとも言います。
もし可能であれば、返済期限をきちんと示して資金融通を依頼することも一つの方法でしょう。

また、公的な貸付制度も検討するといいでしょう。
商工会議所などで経営指導を受けていれば、マル経融資の利用ができますし、他の公的な融資制度もあります。
連鎖倒産の危機にあるという事なら公的融資の対象も多いでしょうから、ネットで調べるだけで有利な融資を探すことができるのではないでしょうか。

このようにして、支払期限まで1か月から2か月しかないという超短期間の資金調達であるamazonギフト券買取を、もっと長期間の融資に変更することが可能です。
資金繰りの目安がこのようにしてつけば、一安心と言えるのではないでしょうか。

請求日に無事返済

資金確保ができれば完璧ですが、無理であれば不足部分をリボ払いにすることで請求日には無事に支払が完了します。

amazonギフト券買取はamazonギフト券買取資金を確保して終了ではなく、信販会社からの請求額を期日に支払って初めて完了します。

amazonギフト券買取は自己破産への第一歩と言う人がいますが、amazonギフト券買取をして支払を逃げてしまう人が少なからずいることが原因です。
しかし、このようなことは決してしてはいけません。

逃げた得意先は自己破産をすることで官報に一生その事績が載り続けます。
また、官報を見た詐欺師やヤミ金が自宅に来たり、ダイレクトメールが届いたりします。
自己破産などの債務整理を多く手掛けている弁護士は、官報に載ると面倒だから転居しなさいとアドバイスすることがありまが、このような理由です。
現在の官報は、デジタル官報なので過去のデータであっても検索をすることですぐに見つけることができるのです。

また、自己破産をすると官報に載りますが、どういうわけかその事実は近所に広がります。
図書館などに行くと毎日新聞を読んでいる人たちがいます。
時間つぶしをしている人が結構多いのです。
そのような人たちが官報を見て興味を示すのが自己破産欄です。
住所と氏名が載っているため、自然と近くの住所を探してしまうのです。

そこに自分の近所の人が出ていると・・・
あっという間にうわさが広がります。
自分はそのような目に合ってはいけません。

綱渡りは避けよう

このようにしてamazonギフト券買取の準備をしておくことで、万が一の際にも連鎖倒産などの危機を回避することができます。

しかし、その前にできる事があったのではないでしょうか。
先ほど、入金日と支払日を一緒にしてはいけないという話をしました。
連鎖倒産をしている事業主や会社は、このバターンが多いです。

資金繰りの谷間という話もしましたが、特に問題がない時でも当座預金などの残高が少額になる時期がどうしても発生します。
しかし、このような「谷間」をできるだけなくし、資金残高が1か月を通じてフラットになることが資金繰りを安定化させる手段と言えます。

資金繰りが安定していれば、万が一どこかの得意先から資金が入ってこなくても、次回の支払日までに余裕があり、他の得意先からの資金も入るため、資金ショートする危険性が低いのです。

これに対し、入金日と支払日が一緒だと入金がない瞬間に資金ショートです。
手形を発行している場合、一回目の不渡りになりますから、その瞬間に自社の連鎖倒産の危機も発生するのです。

資金繰りの綱渡りは平時であっても危険が多いのですが、得意先の倒産などの非常事態になると自分の事業まで即死状態になります。

できるだけ早く改善することを強くお勧めします。

入金日と支払日を一緒にしない

先ほどから述べている通り、売上代金の回収日と支払日を同一の日にすることは大変危険です。

得意先も支払日は厳守するはずですし、最近は自動支払ができる銀行が増えているため間違いは起きないと言っていいでしょう。
しかし、昨今のニュースを見ていただければわかる通り、大銀行であってもネットバンキングの不具合が生じることがあります。つまり振込をしたのに入金がないという事になるのです。

銀行はこのような際にも何も責任を取りません。預金の約款にそのように書いてあるためです。
しかし、自分の事業は連鎖倒産や即死状態になる危険性があります。
得意先が倒産するようなことはあってはなりませんが、それだけではなく他にもリスクが生じるのです。

入金と支払を一緒にすれば、確かにお金のことを考えずにいられるでしょう。
資金繰りの管理が面倒だったり、自分一人で事業をしていたりして経理の事は何もできないというケースでは、都合がいい資金繰り対策であることは事実です。
しかし、何かあった際には取り返しのつかない事態になります。

大切なことは自分の事業を守ることではないでしょうか。

支払を遅らせる秘訣

入金と支払を同じ日にすることは危険だという話をしました。

では、どちらを動かしたほうがいいのでしょうか。

非常事態には得意先に事情を話して対処してもらったほうがいいと述べました。
非常事態でもあり、対処してもらいやすいのは自分より立場が弱い取引先ではなく得意先だからです。

しかし、今後の取引条件の変更は得意先には言いにくい事も確かです。
なぜなら理由がないためです。
下手なことを言えば発注先を変えられてしまいかねません。

そのため、得意先に支払日を変更すると通知するのが一番いい方法です。
もっとも、相手とタイミングは選ぶべきであり、材料仕入などをする販売店であれば相手も受け入れやすいでしょう。
しかし、作業を依頼している外注先は給料支払いの関係があるため、支払日を遅らせることは取引先の資金繰りを悪化させます。

当然、相手からの抵抗も大きいですし、そんなことで仕事をしてくれなくなったりしたら大損害と言えるのではないでしょうか。
得意先に対する支払日を変更するタイミングは、すぐにできる相手と「時間と説得」でジワジワと変更する相手を分ける必要があります。

こうすることで資金繰りの谷間を少なくすれば、amazonギフト券買取の出番も少なくなります。

非常事態に備えた資金確保

このように対処することで、緊急事態に自分の事業も即死状態になることを防ぐことができます。

そして非常事態に備えて、資金確保の方法を準備することも大切です。
資金確保の準備としては、ここまでで述べているamazonギフト券買取も大切ですが、いざとなったら車を売却するとか、他の売却できそうな資産をピックアップしておくという対策も必要です。
このようにして自己資金を確保して、いざという時にはそこから拠出するという対応の準備は大切です。

また、あまりおススメする方法ではありませんが、親族との関係を良好にして自分の事業に関する理解をしてもらうことで、いざという際の資金融通をしてもらえる環境を整えることも一つの手段かもしれません。

また、事業主や社長さんが消費者金融などに申込をすることも一つの防衛手段と言えるでしょう。
消費者金融の審査は厳しいので、申し込んでも審査に通るとは限りません、
緊急事態にそのようなことはできませんが、いざという際に備えて準備するという観点であればお勧めできる方法の一つでしょう。

クレジットカードでも最近はカードローン機能を持っているケースがあります。
いざという際に備えて審査をお願いすることも大切ではないでしょうか。

このような方法をいくつも確保することで、いざという際に慌てずに対処をして自分の事業を守ることができます。

amazonギフト券現金化の準備

そして、amazonギフト券買取は最後の砦として事業や会社を守ります。

しかし、先ほど述べた通りamazonギフト券買取を依頼する際には、amazonギフト券買取店を探したり、利用するクレジットカードを締日に気を付けて決めたりする準備が不可欠です。

このような準備をしっかりすることでamazonギフト券買取をスムーズに進めることができます。

なお、amazonギフト券買取店は古物商の届け出をしています。
そのため買取の際には身分確認のために免許証の確認などをしており、最初の取引は時間がかかったり、手続が面倒だったりします。

そのようなデメリットを避けるためには、amazonギフト券買取店を決める際に試し売りをすることをお勧めします。
試し売りができるamazonギフト券買取店は多く、それができるかどうかは優良なamazonギフト券買取店がどうかを判別する手段とも言えます。

別に多額のamazonギフト券買取をしてもらう必要はありません。
500円とか1000円のamazonギフト券買取をしてもらえばいいのです。
ただし、その場合のamazonギフト券買取率は4割とか5割と非常に低くなります。

しかし、amazonギフト券買取店選びの最終チェックといざという時にスムーズにamazonギフト券買取を実行するためであれば悪くない話だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

amazonギフト券買取の準備をすることで、個人事業主の緊急事態における資金繰りを助けることができます。

しかし、amazonギフト券買取はamazonギフト券買取率が9割と高いとはいえ、100万円の資金調達に対し、クレジットカードの請求額は110万円と負担は軽くありません。

amazonギフト券買取により助けられることは事実ですし、自分の事業を守るためにamazonギフト券買取の準備は必要です。

とはいえ、できるだけ利用としない方が有利であることは間違いなく、事業をしている以上は、まず資金繰りの改善が必須です。