iTuneカードはiPhoneユーザーにとってはお金と同じです。

そんなiTuneカードも景品として配られることが多くなり、転売する人も増えています。
iTuneカード買取店も増えていますから、amazonギフト券同様に現金化の手段としても有望です。

実際に換金率も悪くはありません。

本日はこのiTunesカード買取がなぜ人気なのかと、どうやったら高く換金してくれるお店をみつけることができるかをお伝えいたします。

iTunesカード取扱い業者が増えてきました

まず、ネットで売買取引ができる金券の代表格としてamazonギフト券が挙げられます。

しかし、amazonギフト券の現金化はamazon公式サイト自体が警戒しつつあることも事実です。
そんな中、有望な現金化の手段としてiTuneカードに注目が集まっています。

iTuneカードは、主にiPhone利用者がゲームの課金やソフトのダウンロード代金として利用できるプリペイドカードです。
日本は世界でも有数のiPhone大国です。

そんな中でiTuneカードの人気も同時に高まっているのです。
人気が高まれば買取店の数も増え、同時に競合も発生します。
次第に換金率も上がりつつあり、有利な換金ができるようになりました。

amazonギフト券に次ぐ市場規模

iTuneカード買取店舗では、他の電子マネーなども取り扱っています。
そのようなサイトを見ると、iTuneカードはamazonギフト券には負けるものの、他の電子マネーより取り扱い規模が大きなことがわかります。
取扱量が多いため、買取店のキャンペーンもあり、運が良ければ買取率アップのチャンスもあります。

iTuneカード買取店舗では、iTuneカードのコードを売買対象としています。
iTuneカードをコンビニなどで購入すると、カード形式になっていますが、iPhoneに登録する際にはコード番号を入力するのです。
コード番号の取引なので、amazonギフト券同様にネット上の取引が成立します。

iTuneカード買取店が増加している理由の一つです。

amazonギフト券買取大手も参入

iTuneカード買取店のほとんどはamazonギフト券の買取もしています。
さすがにiTuneカード買取だけでは事業として成立しないのでしょう。
しかし、iTuneカード買取店にはamazonギフト券買取で名を聞くことが多い大手が続々と名を連ねています。
将来有望な証拠と言えます。

iTuneカード買取店が増加すれば、売る側も選択ができます。
また、iTuneカードの買取相場が形成され、売る際の価格を予測できるようになります。
近い将来、iTuneカードもamazonギフト券同様に大きなマーケットが形成されそうですね。

ネット買取店も増えてます

iTuneカード買取店は大手だけではありません。
ネット買取店も増加しています。
中には詐欺師まがいの買取店もありますから、業者の選定は注意する必要がありまする
しかし、ネット経由で売却することができれば、金券ショップなどを探し回る必要はありません。

iTuneカードはクレジットカード支払で購入できます。
amazonでの購入も可能です。
携帯のサイトでも購入できます。
amazonギフト券はamazonでしか購入できません。
しかし、iTuneカードは購入手段が多い点がメリットだと言えるのではないでしょうか。

現金化の手段として有望です。

amazonギフト券と比べると若干劣る換金率

ただし、iTuneカードの換金率はamazonギフト券に比べれば低めです。
流通量に絶対的な差があるため、これは仕方ないと言えるのではないでしょうか。
とはいえ、70~80%程度の換金率は期待できますから、当座の資金不足目的には十分だと言えそうです。

それに、先ほど述べたようなキャンペーンもあります。
iTuneカードの買取店舗が増えていることもありますので、検索サイトで有利な買取店を探してみる価値はあるでしょう。

携帯から購入できるため、クレジットカードを持っていない時にも現金化できます。
休日のちょっとしたお出かけの際にはありがたい存在ではないでしょうか。

7~8割が換金率のベンチマーク

iTuneカードの買取率は店舗によってバラバラのように見えます。
しかし、店舗数が多いことから、次第に買取率は7割前後に収束しています。
金額の大きなiTuneカードであれば、もう少し買取率は上がるかもしれません。
ただし、買取率は口コミサイトで広がるので結果として差は出ないと思われます。

iTuneカードの現金化を考える場合、自分が望む金額と換金額からいくらのiTuneカードが必要かを逆算する必要があります。
その際に、このようなベンチマークとなる基準を知っていると、便利だと言えます。
キャンペーンなどで換金率が高ければラッキーですから、あえて換金せずに自分で使ってもいいのではないでしょうか。

使わないiTunesカードに最適

もちろんiTuneカードの換金は現金化に留まりません。
景品などでもらったものの、使わないというケースもあるでしょう。
全ての人がiPhoneを利用しているとは限りませんし、利用している人も課金されるサービスを利用しているとは限りません。

そのような人にとっては、iTuneカードは使い物になりません。
コード番号取引のiTuneカードなので、多少汚れていたとしても換金には問題はありません。
自宅で引き出しの隅などに眠っているiTuneカードがあったら早めの換金をお勧めします。

登録済のAmazonギフト券も換金可能

iTuneカードの換金は思わぬ用途があります。
その一つとして、登録してしまったamazonギフト券の換金手段が挙げられます。

amazonギフト券はいったん登録すると換金できません。
こんな場合は、amazonギフト券でiTuneカードを購入し換金することで割は悪いもの、無駄を最低限に留めることができます。
登録済のamazonギフト券も全く無駄にはならないのです。

amazonギフト券を買いこんで登録したものの、利用することがなくなってしまうことがあります。
また、現在は有効期限が10年ですが、1年の頃のamazonギフト券は期限切れ間近です。

お薦め業者

iTuneカードの換金業者はネットで検索すれば簡単に探すことができます。
しかし、サービスの良し悪しは実際に利用しなければわかりません。
ただ、口コミ記事がいいサイトであれば期待できるはずです。
そんなiTuneカード買取店を3つほど挙げてみました。

 

▼買取本舗

iTuneカードに限らず、amazonギフト券などの買取をしてくれる大手買取店です。

買取本舗のメリットは、銀行によって24時間の振込対応ができる点でしょう。

楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行限定ですが、大手銀行なので口座を持っている人も少なくないでしょう。
特に土日でも振込可能なので、休日のデートなどでお金が足らなくなったような緊急事態にも余裕で対応できます。

肝心な買取率は70%以上と表示されているだけですが、これは買取本舗の転売価格に依存しているためです。

現時点では全国で一番高く買取してくれる業者です。

平均的には75~83%が主な換金率のラインです。

時期によってはかなりの高買取率が期待できますから、一度トライしてみる価値は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

「買取本舗」公式URL:http://gifthonpo.net/

▼アマプライム

amazonギフト券などの買取もしている買取店です。
最初に身分確認などをする必要があるため、ちょっと手間がかかります。
ただ、ネット買取店なので試し売りをしてみたいという人も多いでしょう。
その際に身分確認も一緒に終わります。
2回目からは最短5分で振込されます。

iTuneカードの買取率は70%程度です。
買取本舗より割が悪いように思えますが、確実にiTuneカードを買取ってくれるという安心感があります。

申込をしてiTuneカードを売れば、自動的に自分の口座に振り込んでくれます。

振込指示などの手続はいらないので、クレジットカード支払日に残高不足という場合に最適です。
日中は仕事で忙しく、サイトを見ている余裕がないという人にはお勧めだと言えるのではないでしょうか。

「アマプライム」公式URL:https://amaprime.net/

▼ギフティッシュ

iTuneカードだけではなく、amazonギフト券やGooglePlayカードなどの電子マネーを取り扱っています。
単なる換金サイトではなく、オークションサイトなので自分で売価を決めることができます。

ただ、他に安い価格で出品されているiTuneカードがあればそちらから優先的に売れることはお判りでしょう。
販売手数料は1%と低めの設定なので、運が良ければかなりの高値で売ることができます。

時間帯や日によっても価格差が生じます。
出品のタイミングや額面によって売れ行きは異なります。
ちょっとコツが必要かもしれません。

ただ、一般的な買取店より換金率は高めになる傾向があります。
買取によるロスを最低限に抑えたい人にはお勧めです。

平均すると約80%前後で換金する事が可能ですが、売れた後は1%の手数料や振込手数料が発生する為、総合的な換金率でいうと通常の買取店とあまり変わらないかもしれません。

「ギフティッシュ」公式URL:https://giftissue.com/ja/