急な資金調達が必要な時に確実にアテにできるamazonギフト券買取ですが、あまり多額の資金調達には実は向きません。

もちろん、やろうと思えばできないことはないのですが、amazonの一つのアカウントで一度に購入できるamazonギフト券の金額が50万円ですからこの金額が一つの目安になります。

そのため、多額の金額をamazonギフト券買取で調達しようとするとamazonのアカウントを複数作る必要がありますから、ちょっと大変です。

ただ、一般的に我々がamazonギフト券買取を利用して資金調達をする場合、その金額は10万円程度が多く、よっぽどでなければ50万円を超えることはないでしょう。

家電製品がいきなり壊れたとしても、最近は家電量販店で何でも買えますし、当然クレジットカードで購入できます。

お勧めはしませんが、支払が苦しければリボ払いという手もあります。

しかし、飲み会の会費などに基本的にクレジットカードを利用することできません。※これも出来ない事はないかもしれませんが、状況や人間関係によっては顰蹙を買う恐れがあります。

amazonギフト券買取を利用するケースとしては10万円程度を想定すればいいと思われます。

あまりに多額のamazonギフト券買取を実行すると、amazonや信販会社が多少は怪しみますから、注意が必要ですが10万円とか20万円程度ならほぼ怪しまれることはありません。

自営業者の方が資金不足に備えるため、いくつものamazonのアカウントを作る必要があるのに対し、サラリーマンなど一般の方であれば自分がいつも利用しているamazonのアカウントを利用すればいいだけですので気楽だと言えるでしょう。

 

10万から50万迄がベスト

一つのamazonアカウントで無理なく購入できるamazonギフト券は、先ほど述べた通り50万円程度です。

これ以上買おうとするとamazonのチェックに引っかかる可能性があります。

amazonはamazonギフト券の転売を禁止しているため、一応amazonギフト券の購入に目を光らせています。

信販会社はご存知のとおり「Stop現金化」のキャンペーンをしています。
あまりに多額のamazonギフト券買取を実行すると、どちらかが確認の電話などをしてくることがあります。

これに対し、あまり少額のamazonギフト券買取を依頼すると、amazonギフト券買取率が下がります。

amazonギフト券買取店としては、1万円のamazonギフト券も5万円のamazonギフト券も売買の手間は同じです。
それならば、当然5万円のamazonギフト券買取が割のいいのは当然です。

では50万円のamazonギフト券を一発でamazonギフト券買取店にamazonギフト券買取を依頼するとamazonギフト券買取率が高いのかと言われるかもしれませんが、残念ながらそのようなことはありません。
それほど高い額面のamazonギフト券は需要がないため、逆に嫌がられる可能性が高いです。

理想は1~3万円程度の額面のギフト券を複数枚で売ることが最善です。

また、amazonでは今まで利用したことがないクレジットカードでamazonギフト券を購入しようとすると、ギフト券番号発行を24時間保留されることがあります。(基本的に順次保留解除されますので基本的には問題ありません)

amazonギフト券買取を準備する際には、amazonのアカウントで利用しようとするクレジットカードで何らかの買い物をする必要があります。

必ずしもamazonギフト券を購入しなければいけないという話ではなく、何か買えばいいのです。

 

自営業者の資金需要に完全に対応できない

このような性格があるamazonギフト券買取なので、自営業者の資金需要には完全に対応できません。サラリーマンの方のように10万から20万程度の資金調達であればいいのですが、自営業者の方は100万円単位です。

買取店は100万だろうが500万だろうか上限なく買取ってくれますが、これは我々売る側の問題です。

自営業者の方にはamazonギフト券を自分が持っているゴールド(プラチナ)カードで、100万円単位で購入しようとする場合がありますが無謀すぎます。

カードの利用状況によりますが、信販会社が不正利用ではないかと疑って電話をしてきます。
落ち着いて「接待用だ」というような機転を利かせればいいのですが、慌ててしまって口ごもったりすると本当にカードの不正利用だと思われて、amazonギフト券の購入ができないばかりか、クレジットカードの利用を止められてしまいます。

アカウントとクレジットカードを分けて、利用すればいいのですが、先ほど述べた通り、いきなり新しいクレジットカードでamazonギフト券を買おうとすると問題が生じます。

新しく作ったアカウントでamazonギフト券をいきなり購入しても怪しまれる可能性があります。
結果として問題なくamazonギフト券を購入できるかもしれせんが、万が一何らかの事情でamazonギフト券を購入できなくなってしまうと資金調達ができず、事業の支払ができなくなてしまう可能性が出ます。

自営業者にとって支払遅延は事業継続ができなくなる可能性がある重大な問題です。慎重な対応が求められる理由と言えます。

 

ちょっとした資金不足に最適

しかし、サラリーマンや一般人の我々あればこのような多額の資金調達はいらないでしょう。

ちょっとした資金不足に対処するだけならamazonギフト券の購入は難しくありません。

以前の記事にもありましたが、amazonギフト券買取には準備が必要であり、そこで一番大切なことは信頼できるamazonギフト券買取店を探すことだと述べました。

自営業者の方であれば、これに加えてクレジットカードを何枚も申込み、それに対応したamazonのアカウントを作るとともに、休眠アカウントにならないようにたまにペアにしたクレジットカードで何か購入することが必要になります。

必ずしも多額の買い物が必要なわけではなく、事業用で必要な消耗品などを購入すればいい話ですが、管理をしていかなければいけないのは大変だと言えるでしょう。
サラリーマンの方ならこのような手間は無用です。信用できるamazonギフト券買取店を探して、自分の資金不足の時期に合わせたクレジットカードを一枚準備しておけばスタンバイOKです。

更に念を押すなら、自分が決めたamazonギフト券買取店に数千円程度のamazonギフト券買取を依頼しておけば、身分確認などの手続が手短に終わります。

資金不足が生じた際に、自分が利用しているamazonのアカウントでamazonギフト券を購入し、amazonギフト券買取店から聞いたメールアドレスにamazonギフト券を転送すればいいのです。

30分程度で自分の口座に資金が振り込まれるでしょう。審査がないから自分の信用情報に影響は生じません。

クレジットカードの利用残高が上がるので、次年度以降のランクアップが期待できるかもしれませんね。

 

この金額なら返済に困らない

amazonギフト券買取で問題になるのは2か月程度後にやってくる支払日です。

自営業者の方がamazonギフト券買取で資金調達をすると、その場はホッとしますが、支払日が近づくと資金確保に走り回ることになります。

amazonギフト券買取は、単に支払の繰延という効果しかありません。

何かを生み出すわけではないのです。1か月から2か月という支払猶予期間の間に資金確保をするのが目的です。

自営業者の方は、100万円単位のamazonギフト券を購入している場合も少なくありません。当然、それだけの規模の仕事をしているわけですから資金調達ができないわけではありませんが、確実に支払を間に合わせるのは大変です。

しかし、サラリーマンの方が資金調達をするのはせいぜい10万から20万程度なので、さほど資金調達に困ることはないでしょう。

実際にamazonギフト券買取を利用するのは5万程度のことが多いでしょうし、amazonギフト券買取率の関係で実際に必要な金額以上にamazonギフト券買取を実行していることも少なくありません。
その場合であれば、余剰資金を無駄遣いせずにクレジットカードの支払口座に入金しておき、不足額だけ入金しておけばいいのです。

支払を確実に完了すれば、自分の信用力がアップすることは確実です。

 

上手く活用しよう

amazonギフト券買取は上手く活用することで、資金調達やクレジットカードの信用をもグッとあげてくれる役割などメリットは様々です。

カード会社からはポイントも付与されて、気付けばマイルやポイントも使用できるという一石二鳥にも三鳥にもなりうる便利なツールです。

だからこそ、少しだけ基礎知識をもってamazonギフト券買取を行ってもらいましょう。

ほんの少しの差が大きな差となりますので、当サイトのランキングや各記事の情報を元に自分なりのamazonギフト券買取ライフを楽しんでみて下さい。