今までamazonギフト券はタイプ別に1~3年の間で有効期限が異なっておりました。

非常にシンプルなんですが、実はややこしいと言われていたamazonギフト券の有効期限が突然一律で10年に延長されたという情報をキャッチしました。

実際に調べた結果と注意点をお伝えします。

もう自力で期限切れを延長する必要はない!

調べてみたらすぐに判明しました。全部発行から10年になってる!

確かにヒッソリとアマゾンの公式サイト「Amazonギフト券細則」の中にも以下のような記載が追加されておりました。

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年です。

いつの間にかという感じで何の通知もなく10年間に延長という訳です。

有効期限が長くなることは非常に良い事であり改悪ではないのでユーザーの我々としては大歓迎ですが、今後もこうした細かい変更が突然あるかもれないので逐一チェックをしていきたいと思います。

 

amazonギフト券の有効期限10年延長の注意点

ここで注意したいのが2017年4月23日以前に発行されたamazonギフト券の有効期限は従来通りということです。

実際に以前の有効期限は以下の通りです。

Eメールタイプ 発行(購入)日より1年間
シート(印刷)タイプ 発行(購入)日より3年間
カードタイプ 発行(購入)日より1年間
チャージタイプ 発行(購入)日より1年間
法人向けタイプ 発行(購入)日より2年間

最長でもシートタイプの3年だったものが一気に一律10年間に延長されました。

さすがに10年あれば忘れていない限り絶対に使いきるでしょう(笑

恐らく当サイトでも紹介しているamazonギフト券の有効期限延長の裏ワザで、期限切れの有効期限を延長依頼する人が多かったことも一因かもしれませんね。

という訳で、2017年4月24日(月)以降に発行されたamazonギフト券の有効期限は一律でこうなります

amazonギフトカードタイプ 2017年4月24日以降
Eメールタイプ  

 

一律で発行日より10年

シート(印刷)タイプ
カードタイプ
チャージタイプ
法人向けタイプ

もうタイプ別に有効期限を確認する必要もありませんし、10年という長期間になったため今後は有効期限切れを心配する事はほぼなくなったという事になります。

これで益々amazonギフト券の利便性が高まり、更に需要が増えていきそうです。

それでは今後も良いamazonライフをお過ごして下さい。

 

追記:ちなみにamazonギフト券の「発行日」について、Amazon公式サイトでは以下のように定義されております。

ここで、「発行」とは、Eメールタイプ、印刷タイプ等のAmazon.co.jpより電子的に送信されるタイプのものについては送信した時点、グリーティングカードタイプ、ボックスタイプ等のAmazon.co.jpより配送されるタイプのものについては発送した時点、チャージタイプ等のAmazon.co.jpがお客様のアカウントに直接登録するタイプのものおよびPOSAカードタイプについてはご購入いただいた時点、シートタイプおよび法人向けタイプについてはアマゾンが第一次的な取扱先に対してアマゾンが定める方法によりAmazonギフト券を送信、発送または有効化した時点をそれぞれ意味しています。